グラタンだけじゃ物足りない!腹ペコキッズも大満足の絶品『副菜』BEST24

子供が大好きなグラタンですが、それだけでは栄養面を考えると副菜がある方が安心します。またグラタンには様々な種類がありマカロニグラタンやシーフードグラタンなど、その時の内容に合わせて副菜を組み合わせていくとバランス良くなりますよ。

著者:
公開日:
グラタンだけじゃ物足りない!腹ペコキッズも大満足の絶品『副菜』BEST24

グラタンの簡単副菜のサイドメニュー☆

グラタンは子供が大好きな料理ですよね。しかしグラタンだけではお腹を空かせた子供が満足できないかもしれません。栄養面でも考えると副菜がある方が安心します。

またグラタンには様々な種類がありマカロニグラタンやシーフードグラタンなど、その時の内容に合わせて副菜を組み合わせていくとバランス良くなりますよ。これらの紹介する副菜を参考にして献立を作ってみて下さい!

グラタンの簡単副菜のサイドメニュー《炒め》

グラタンの副菜に桜エビと春菊のオイスター炒め

グラタンの副菜に桜エビと春菊のオイスター炒め

ai.ouchigohan

小松菜と桜エビをふんだんに使ったこのレシピは、ささっとオイスターの調味料で炒めていくだけなので簡単に作れます。

ミートグラタンのようなお肉をメインとしたおかずの場合、味付けもしっかりとした付け合わせがおすすめです。

先にフライパンで桜エビを香りよく炒めていくことで小松菜にもエビのエキスがしっかりと染み渡ります。

詳しいレシピはこちら


 

 

パタンのお供に!にんじんとえのきのぺぺろん

パタンのお供に!にんじんとえのきのぺぺろん

ai.ouchigohan

サイドメニューにこの炒め物があるとお腹も満足できる献立になるでしょう。

チーズがたっぷりとかかったグラタンはあっさりめの副菜とよく合うのでぜひ組み合わせてみてはいかがでしょうか。

にんじんの形もえのきと同じように細く切ることでそれぞれの食感を楽しめますよ。

たっぷりのニンニクとほんの少し唐辛子を加えてシンプルに召し上がってみてください。

詳しいレシピはこちら


 

グラタンに!れんこんとじゃこのペペロン炒め

グラタンに!れんこんとじゃこのペペロン炒め

aya_aya1128

出典:instagram.com

このレシピは薄く切ったレンコンをニンニクと唐辛子で炒めていく副菜です。じゃこの塩気が程良い旨味をプラスしてくれて飽きない美味しさとなっています。

グラタンに合わせる付け合わせとしてこのような塩気の強い副菜があるとうまくバランスが取れますね。

作り方も簡単なので副菜に困った時はこの料理を作ってみてはいかがでしょうか。

詳しいレシピはこちら


 

グラタンにはベーコンと豆苗の塩バター炒め

グラタンにはベーコンと豆苗の塩バター炒め

ai.ouchigohan

サイドメニューにパパッと作れる副菜があるといろいろな献立にも役立ちますね。もう一品この料理があるだけで食卓の豪華さも変わってきます。

この料理はグラタンの種類関係なく、どのようなものにも合わせられるので簡単に作ってみてください。

ベーコンの旨味がちょうど良い調味料となるため絶品の副菜になりますよ。


 

グラタン料理の献立にちくわとピーマンの塩炒め

グラタン料理の献立にちくわとピーマンの塩炒め

ai.ouchigohan

このレシピがあればこってりしたチーズグラタンにも合わせやすく、ボリューム満点の献立になります。

ちくわはおうちの冷蔵庫にあまりがちな食材なので、ピーマンと一緒に合わせて手早く炒めて副菜を作っていきましょう。

ピーマンとちくわは同じ厚さに揃えることで見た目も美しくなりますよ。仕上げにたっぷりの白ゴマをふりかけて香ばしく召し上がって下さい。


 

グラタンに!ピーマンとかまぼこのおかか炒め

グラタンに!ピーマンとかまぼこのおかか炒め

ai.ouchigohan

もう一品何か欲しいと思った時はピーマンとかまぼこの副菜はいかがでしょうか。

調味料は旨味がたっぷりと感じられるおかかを使用しているためそれだけでも美味しく召し上がれますよ。

レシピもそれほど難しくないのでいちど覚えたら後は目分量でも作れます。かまぼこは少し小さめにカットして食べやすくしてみてください。

詳しいレシピはこちら


 

グラタンにはこれ!角切りジャーマンポテト


サイドメニューにおすすめな料理が角切りしたじゃがいもベーコンと一緒に炒めていくジャーマンポテトです。グラタンとこの副菜はどちらも洋風なので合わないはずがありませんよね。

何かイベント事やお友達を呼んだときにこの献立を作ってあげると喜ばれるでしょう。シーフードグラタンのようなあっさりして食べられるものと合わせるのがおすすめです。

詳しいレシピはこちら

 

グラタンにほうれん草とツナのオイスター炒め


献立のおかずがポテトグラタンのような炭水化物の多い料理にするときは、副菜にほうれん草を使ったレシピがおすすめです。とてもあっさりと食べられるのでチーズをたくさん使った濃厚なおかずによく合いますよ。

またほうれん草はアク抜きをする必要がありますが、それさえしっかりと行っておけば使いやすい食材です。栄養価も高いので積極的にほうれん草を副菜に使ってみてくださいね。

詳しいレシピはこちら

 

グラタンの簡単副菜のサイドメニュー《煮物》

グラタン料理に!アジと彩り野菜の南蛮漬け

グラタン料理に!アジと彩り野菜の南蛮漬け

gucci_fuufu

栄養満点なこの副菜はレンコンや人参ピーマンなど好きな野菜をアジと一緒に南蛮漬けにしていくレシピです。

おかずがグラタンだけでは栄養が偏ってしまう時もあるので、このような副菜があると良いでしょう。

最初に味を揚げ焼きにしてから野菜と調味料と一緒に煮込んでいく調理法なので味が簡単に染み込みおいしさが増しますよ。

冷めても美味しく召し上がれるので作り置きにぴったりです。

詳しいレシピはこちら


 

 

グラタンのサイドメニューに!鶏皮煮込み

グラタンのサイドメニューに!鶏皮煮込み

yuukitohikari

鶏の皮を使用したこの副菜は、コラーゲンたっぷりの美容に役立つレシピです。

鶏の皮はスープ自体に旨味を与えてくれる食材なので、鶏肉を使った時は捨てずにストックしておきましょう。

こんにゃくや人参、ごぼうなどたくさんの野菜も一緒に煮込んでいるため野菜の甘みも感じられる副菜となります。

グラタンと一緒にこの料理があるとお酒も進みそうですね。


 

グラタンの副菜!じゃがいもといんげんの甘辛煮

グラタンの副菜!じゃがいもといんげんの甘辛煮

yukirichi119

じゃがいもの副菜がストックにあれば、グラタンの献立にもう一品簡単に使えますね。

時間が経つと味がよく染み込んでいく料理なので、ストックようにたくさん作っておくと何かと便利です。

いんげんの食感も良いアクセントとなり、どこか懐かしい味わいが感じられるレシピとなります。

じゃがいもをお箸で刺すとすぐに崩れてしまう位柔らかく煮込んであります。

詳しいレシピはこちら


 

グラタンのサイドメニュー!厚揚げのおろし煮

グラタンのサイドメニュー!厚揚げのおろし煮

ai.ouchigohan

この料理は厚揚げ豆腐を使用して大根おろしと一緒に煮込んでいく作り方です。

大根おろしの甘みが厚揚げに吸い込まれ、ひと口食べたらジュワッと旨味が口の中に広がりますよ。

ほんの少しゆずの皮をのせて香りよく召し上がってみてください。彩りにスナップえんどうやさやいんげんなどを添えると上品に見えますね。

和風のグラタンに合わせてみてはいかがでしょうか。


 

グラタンの付け合わせにレンコンと油揚げの煮物


レンコンは少し大きめにカットしているため歯ごたえが感じられるレシピとなっています。煮物系の副菜はとても簡単にできるのでグラタンを焼いている間にぱぱっと作れますよ。

また油揚げはまとめて売られることが多いのですが、先に熱湯のお湯で油抜きをしてから水分を取り冷凍保存しておくといつでも簡単に使えます。レンコンの使い道がわからないと言う時はこの副菜を作ってみましょう。

詳しいレシピはこちら

 

グラタンの副菜に!里芋といかくんの煮物


里芋を購入したけれど使いきれずにすぐにダメにしてしまうと言うときは、このいかくんと合わせた副菜をグラタンのサイドメニューにいかがですか?里芋は皮つきのまま茹でて串が通ったら皮を向くようにしましょう。

皮をむく時は滑りやすいため軍手などを使うととても簡単に剥けますよ。いかくんを使用したレシピは旨味も感じられるのでおすすめです。

詳しいレシピはこちら

 

グラタンにおすすめ丸ごとかぶのトロトロ煮

グラタンにおすすめ丸ごとかぶのトロトロ煮

ai.ouchigohan

かぶを使った副菜をこってりした料理のサイドメニューにすると、ちょうど味のバランスも取れます。

特にかぶを丸ごと使用してじっくりと煮込んでいく煮込み料理は、かぶの優しい味わいが感じられて心もほっとしますよ。

かぶは大根と同じような感じで扱えるため、火にかけてもすぐ柔らかくなりおすすめの食材です。

グラタン料理を作るときは一緒にかぶも煮込んでみてはいかがでしょうか。


 

簡単なレシピ!厚揚げとキャベツのサッと煮


献立のおかずがグラタンだと言う時は箸休め的な副菜も必要になりますよね。キャベツと厚揚げをささっと煮込んだ簡単な料理は、あっさりと食べられて栄養も満点なのでグラタンと合わせて食べたい副菜です。

キャベツは煮込むことで甘みを増しスープまで全部飲みたくなる美味しさになります。また切り昆布も入っている分、だしの旨味が感じられますよ。

詳しいレシピはこちら

 

グラタンの簡単副菜のサイドメニュー《焼き》

グラタンと簡単に!ほんのり甘い厚焼き卵

グラタンと簡単に!ほんのり甘い厚焼き卵

gucci_fuufu

この厚焼き卵の付け合わせがあると何故かほっとする献立になりますよね。食べ応えもありお腹も満足できるのでグラタンの献立にぴったりです。

レシピは出汁がベースとなっていますが砂糖もほんの少し入れることで優しい味わいとなり、子供たちも喜んで食べてくれる副菜となるでしょう。

グラタンはホワイトソースなど作る手間がかかってしまうので副菜は簡単にできるレシピが良いですね。

詳しいレシピはこちら


 

 

グラタンのサイドメニューに!豆腐ステーキ

グラタンのサイドメニューに!豆腐ステーキ

yuukitohikari

とにかくボリューム感を出したいと言う時は、豆腐1丁丸ごと使用してフライパンでこんがりと焼いていく副菜がおすすめです。

特に絹ごし豆腐など柔らかいものを使用すれば食べた時の食感も口の中でトロリと溶けて絶品となりますよ。

ポテトグラタンのようなごろごろした食材が入っているおかずの場合は、このような料理があると嬉しいですね。

仕上げに大根おろしとしらす、ネギをたっぷりとかけてお好みのタレで召し上がってください。


 

グラタンの副菜に!鶏むねときのこの和風仕立て

グラタンの副菜に!鶏むねときのこの和風仕立て

gucci_fuufu

簡単にもう一品副菜を作りたいと言う時は、このキノコと鶏肉を使った焼き物が簡単なのでおすすめです。

レシピにたくさんのキノコ類を使うことでキノコの旨味が感じられて思わず箸が止まらなくなります。

和風仕立てなのでシーフードグラタンのようなあっさりとしたものに合わせやすいですよ。

また鶏むね肉を使用している分、ヘルシーなのでダイエット向きの副菜でもあります。

詳しいレシピはこちら


 

グラタン料理にはこれ!塩麹の大根ステーキ

グラタン料理にはこれ!塩麹の大根ステーキ

ai.ouchigohan

少し厚めに切った大根を塩麹に漬け込んだ副菜で、サイドメニューにおすすめの一品です。

通常の塩を使用するより塩麹を使った方が旨味がアップするため、ぜひおうちで活用してみてはいかがでしょうか。

ホワイトソースをたっぷりと使ったグラタンとこのあっさりめの副菜があれば、うまくバランスも取れる献立となるでしょう。

大根は少し焦げやすいので気をつけながらじっくりと焼くのがポイントです。


 

グラタンに!アスパラのオイル蒸しチーズ風味

グラタンに!アスパラのオイル蒸しチーズ風味

ai.ouchigohan

見た目もかなりおしゃれなこの副菜は、グラタンの献立の時にぴったり合う料理となります。サラダ感覚で食べられるため野菜嫌いな子供も食べてくれるでしょう。

またアスパラを焼いて仕上げに粉チーズをかけていくレシピなので、洋風のおかずに合わせやすい副菜です。

アスパラの上にゆで卵を乗せるとインパクトがあり、お店で食べているような感覚になるかもしれませんね。


 

グラタンの付け合わせに!ピーマンの焼き浸し


ピーマンはなんとなくスーパーで購入してしまう食材ですが、使いきらないうちにしわしわになってしまうこともあるのではないでしょうか。そんな時はこのレシピを使用して簡単にピーマンの焼き浸しを作ってグラタンと合わせていきましょう。

シンプルなのにピーマンのおいしさがより引き出されてくせになる味わいですよ。副菜として手軽に作れるのでぜひピーマンがあるときは作ってみてくださいね。

詳しいレシピはこちら

 

おもてなしに!かぼちゃとベーコンのキッシュ風


少し手の込んだ料理をグラタンと合わせて、おもてなし用に献立を作ってみてはいかがでしょうか。グラタンのサイドメニューにこのかぼちゃのキッシュがあるだけでも、かなりの料理上級者に見えるかもしれませんね。

しかし作ってみると意外と簡単にできるのでいろいろな食材でアレンジも利く副菜となっています。こんがりと焼き上げたキッシュは絶品の美味しさとなるでしょう。

詳しいレシピはこちら

 

副菜を簡単にもう一品!はんぺんの枝豆焼き


はんぺんをつぶして枝豆と合わせ、お団子のようにしてからフライパンで焼いていくレシピです。少し手の込んだグラタンを作るときはこのような5分で簡単にできる副菜があると献立作りに重宝しますよね。

この副菜はお弁当としても役立つものなので小さく丸めて焼き上げ、ストックしておくと便利です。枝豆の綺麗な色合いがインパクトのある副菜となるでしょう。

詳しいレシピはこちら

 

グラタンの簡単副菜のサイドメニュー☆まとめ

この副菜があればどのような種類のグラタンを作ってももう安心ですね。これらのレシピは手軽にでき、グラタンを焼いている間に作れるものなのでぜひ献立に1品加えてみてください。

まだまだ肌寒い日が続く時は熱々のグラタンがあると心も体もリラックスしてほっとしますよね。食材を変えながらグラタン料理をたくさん作っていきましょう!

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告