じゃがいもを使った副菜レシピ特集!簡単なのにボリューム満点の人気料理をご紹介

じゃがいもで簡単な副菜料理まとめ☆じゃがいもはスーパーでまとめて売られることが多いのでおうちに余ることがあります。そんな時に副菜のレシピを知っているととても重宝しますよね。今回は、話題のじゃがいも料理をたくさん紹介します!

著者:
公開日:
じゃがいもを使った副菜レシピ特集!簡単なのにボリューム満点の人気料理をご紹介

じゃがいもで簡単な副菜料理☆特集

じゃがいもは美味しくて節約料理にもなるのでたくさん使いたい食材ですよね。でもあまりじゃがいも料理を知らないと言う人も多いのではないでしょうか。

じゃがいもはスーパーでまとめて売られることが多いのでおうちに余ることがあります。そんな時に副菜のレシピを知っているととても重宝しますよ。

そこでここでは話題のじゃがいも料理をたくさん紹介しますので、美味しく召し上がっていきましょう!

じゃがいもで簡単な副菜料理《炒め》

副菜に!じゃがいもとちくわのソースきんぴら

副菜に!じゃがいもとちくわのソースきんぴら

yukirichi119

にんじんとごぼうのきんぴらは知っていますが、じゃがいもとちくわのきんぴらレシピは珍しいのではないでしょうか。

きんぴら系のレシピはとても簡単に作れるのでたっぷりとストックしておきましょう。

味付けはソース風味となっているので子供でも喜んで食べてくれること間違いなしです。

仕上げに黒ゴマをたっぷりと会えて香ばしさをプラスしてみてください。

詳しいレシピはこちら


 

 

話題の副菜!サバとじゃがいものカレー炒め

話題の副菜!サバとじゃがいものカレー炒め

ai.ouchigohan

こちらのレシピは人気のサバ缶を使って作る簡単な洋風の副菜です。

味付けはカレー粉とサバだけでも十分においしいのでぜひたくさん作ってみてはいかがでしょうか。

じゃがいもを千切りにするのは少し大変ですが、先にピーラーで薄く切っておけばとても簡単に作れます。

この料理はおもてなしのパーティーメニューとしても活用できるのでぜひ試してみてくださいね。


 

副菜に大人気!角切りジャーマンポテト


このバターを使った洋風の副菜はおつまみとしても活用できて、しっかりとした味わいなのでお箸が止まらなくなる料理です。

じゃがいもは先にレンジで加熱して柔らかくしておくので、炒めるときに崩れないように気をつけながら混ぜていきましょう。

またベーコンの旨味がしっかりと感じられる副菜となり、心もお腹も大満足のレシピとなっています。

詳しいレシピはこちら

 

人気のじゃがいも料理!絶品のり塩バターポテト


このレシピはみんなが大好きなテイストとなり、おやつとしても重宝する副菜となるでしょう。角切りしたじゃがいもに青のりやあおさをたっぷりとかけて塩とバターで味付けをしていきます。

子供のお弁当の副菜としても活用でき、少し入っているだけでも嬉しい気持ちになるでしょう。じゃがいもはそれほど厚く切っていないので早く熱が通って柔らかくなりますよ。

詳しいレシピはこちら

 

美味しい副菜に!ピーマンとじゃがいもの炒め物


細切りしたじゃがいもを先に揚げ焼きにしていき、後でピーマンを合わせて簡単に炒めていく話題のレシピとなっています。味付けは醤油などでなじみのあるテイストで和風に。

この料理は食材がとても安いので節約にもつながります。ピーマンの程良い苦味がじゃがいもの甘さとよくマッチして一緒に食べることで最高においしく味わえるでしょう。

意外な組み合わせですが作ってみるとはまるほどおいしい副菜となります。

詳しいレシピはこちら

 

副菜料理に!じゃがいもと卵のケチャップ炒め


味付けにケチャップとソースを使用しているので子供が大好きな副菜となります。簡単に仕上げることができるので忙しい朝のお弁当の副菜としても重宝しますよ。

ふんわりした卵が決め手で、じゃがいもの柔らかさと卵がうまくバランスが取れていてやみつきになる副菜です。

ケチャップを使用しており見た目が少し赤くなってしまうため、仕上げにパセリなどをちらしておしゃれに見せていきましょう。

詳しいレシピはこちら

 

じゃがいもで簡単な副菜料理《煮込み・揚げ》

人気の和風料理じゃがいもとインゲンの甘辛煮

人気の和風料理じゃがいもとインゲンの甘辛煮

yukirichi119

このレシピはじゃがいもとインゲンの煮物で、甘辛く煮ているのでほっこりした味わいが感じられます。

他のおかずのテイストを邪魔しないこの絶品煮物は中華料理でも合わせやすいので、いろいろなものに合わせてみてはいかがでしょうか。

じゃがいもを粉ふきいものような作り方をしているので昔ながらのおいしい味わいを楽しめます。

詳しいレシピはこちら


 

和風の副菜!じゃがいもとひき肉のそぼろ煮

和風の副菜!じゃがいもとひき肉のそぼろ煮

s214k417

簡単に面取りしたじゃがいもを、ひき肉と一緒にじっくりと煮込んでいくことで煮崩れしないおいしい副菜が出来上がります。

お箸でじゃがいもを刺すとすぐにお箸が通って柔らかいという感触がすぐに分かるでしょう。

このような和風のテイストはやはり日本人の口に合い、どのような献立にも合わせやすい副菜です。

盛り付けるときはじゃがいもを先に盛り付け、後でひき肉を上からかけて上品に仕上げていきましょう。


 

人気の副菜レシピ!ちくわとじゃがいもの煮物


このレシピはお家にある食材で作れるような簡単な副菜です。特にちくわは4本入りのものが多く使い切れないことがあるので、このような料理を知っているととても重宝しますね。

味付けも白だしベースとなっていてやさしく仕上げています。そのため濃いめのおかずと合わせてもちょうどバランスが取れてうまくマッチしますよ。

作り置きをすると5日間ほどは冷蔵庫で保つため、たっぷりとストックしておくのも良いかもしれませんね。

詳しいレシピはこちら

 

中華風レシピ!焼きそば入りコロッケ

中華風レシピ!焼きそば入りコロッケ

hana.tana

このレシピは一見たこ焼き風ですが焼きそばが中に入っています。

じゃがいもで丸く形を整えて簡単に上げていけば表面がカリカリしたコロッケ風に仕上がりますよ。

まるで屋台のようなこの副菜は子供たちも大喜びする料理となるでしょう。

ソースとマヨネーズをお好みでたっぷりとつけて召し上がってみてくださいね。

たまにはこのような副菜があると子供たちも楽しんで食事ができるでしょう。

詳しいレシピはこちら


 

絶品の人気料理に!じゃがいもの一口コロッケ

絶品の人気料理に!じゃがいもの一口コロッケ

yuukitohikari

コロッケと言えば俵型の大きな形を作りますが、たまにはひと口サイズのコロッケをいくつか作って盛り付けてみてはいかがでしょうか。

小さいものが何個もあるとボリュームもアップして豪華に見えるかもしれません。

コロッケはじゃがいもを大量消費するためお家にたくさんあるときに役立つレシピですよ。

副菜としても使えるのでぜひ活用してみてはいかがでしょうか。


 

シンプルな副菜に!じゃがいもの肉味噌がけ

シンプルな副菜に!じゃがいもの肉味噌がけ

yukirichi119

この季節は人気の新じゃががたくさんスーパーに出回り始め、皮まで美味しく食べられる話題のレシピがたくさんあります。

特にこの料理はじゃがいもの形を利用してそのまま皮ごと使っていくのでボリューム感も出ますよね。

皮にも栄養がたくさん含まれているため新じゃがの場合はなるべく皮も召し上がるようにしてみてください。

この料理は中華料理にも合う副菜となっています。

詳しいレシピはこちら


 

じゃがいもで簡単な副菜料理《焼き》

美味しい副菜に!ほぐし鶏のほくほくガレット


このガレットレシピは細切りしたじゃがいもをこんがりと焼いて、チーズと鶏肉を上からかけて食べる副菜です。作る工程はとても簡単なので誰でもすぐに作れます。

ほぐし鶏はあらかじめストックしておくといろいろな料理に使えるのでとても便利ですよ。

この料理はビールのおつまみとしても重宝するので居酒屋風メニューを作りたいときに役立ちます。

詳しいレシピはこちら

 

 

じゃがいもをたっぷり使った副菜!ロスティ

じゃがいもをたっぷり使った副菜!ロスティ

3boo_foo_woo

ロスティと言うのはスイスの人気名物料理でじゃがいものおいしさが感じられるレシピです。

じゃがいもを切ったら水にさらさずに使用することで、澱粉質が固まって上手くまとまってくれます。

じゃがいもに早く火を通すためには薄くスライスした方が良いので、スライサーを使ってから細切りにしていきましょう。

じっくりとじゃがいもが透明になるまで焼き上げ、きつね色になるまでしっかりとフライパンで焼いていきます。


 

簡単なもちもち副菜に!海苔チーズポテト


マッシュしたポテトの中にチーズを入れてきれいに丸い形に整えてからソテーしていくレシピです。まるで芋餅のようなモチモチした食感がたまらなく美味しく、子供も喜んで食べてくれるでしょう。

じゃがいもはレンジでしっかりと柔らかくなるまで加熱してから使用するので、火傷に気をつけながら作ってくださいね。手で食べやすいように海苔を挟んで食べましょう。

詳しいレシピはこちら

 

洋風の副菜に!話題の新じゃがマヨチーズ焼き

洋風の副菜に!話題の新じゃがマヨチーズ焼き

ai.ouchigohan

このじゃがいも料理は新じゃがを使って皮まで美味しく召し上がる副菜です。

レシピはとてもシンプルで半分にしたじゃがいもに、マヨネーズとベーコンをのせてトースターやオーブンで焼いていくだけで完成します。

あらかじめじゃがいもはレンジで少し柔らかくしておくと早く仕上がりますよ。

パーティー前の前菜としても活用する副菜なのでぜひ覚えて作ってみてはいかがでしょうか。


 

簡単な副菜に!ツナとじゃがいものクロケット


この料理はコロッケなのに揚げないレシピなのでヘルシーに食べられる副菜ですよ。

カリカリになる秘訣は、パン粉にオイルをまぶして形成したじゃがいもにくっつけてオーブンで焼いていくため仕上がりがカリっとなるのです。

ツナと一緒に混ぜ合わせているのでツナの旨味が口の中に広がって絶品となります。ケチャップやソースなどをつけて召し上がってみてください。

詳しいレシピはこちら

 

人気の副菜!焼くだけ料理のガーリックポテト

人気の副菜!焼くだけ料理のガーリックポテト

hana.tana

このレシピは油で揚げずにオーブンで焼いているのですが、仕上がりが揚げるよりもカリッとなりクセになる食感を味わえます。

やはり大量に油を使うとなると後処理が大変なのでこのようなレシピがあるととても助かりますよね。

洋風や中華料理とも相性が良いので副菜としてこのじゃがいもを使ったポテトを添えてみてはいかがでしょうか。

ガーリック風味のポテトはでいくらでも食べられますね。


 

じゃがいもで簡単な副菜料理《サラダ》

副菜のレシピに!ブラックレーズンのポテサラ

副菜のレシピに!ブラックレーズンのポテサラ

yukirichi119

この作り方はいつものポテトサラダではなくブラックレーズンを使用して、少しアレンジしています。

甘酸っぱいレーズンが入ることで良いアクセントとなって、気がついたらなくなっていたと言うことになるかもしれませんね。

このおしゃれな副菜は、パーティーのときに活用できるので人数分よりも多めに作っておきましょう。

ブラックレーズンがない場合は通常のレーズンでも大丈夫です。

詳しいレシピはこちら


 

洋風の副菜レシピに!ジャーマンポテトサラダ

洋風の副菜レシピに!ジャーマンポテトサラダ

tmytsm

献立にこのボリューム満点の副菜があると食卓が豪華に見えますよね。

ジャーマンポテトにマヨネーズとゆで卵を加えてポテトサラダ風に仕上げていく人気の料理です。

じゃがいもはしっかりと焼き目をつけているため、いつものポテトサラダとはまた一味違った味わいを感じられます。

この副菜があればさっぱりしたおかずでも合いますよ。


 

人気の副菜レシピに!絶品明太ポテトサラダ


じゃがいもと明太子がたっぷりと入ったこのサラダは、みんなが大好きな副菜となります。

和風のような洋風のような不思議な味わいが感じられ、おいしいと食べているうちになくなってしまうでしょう。

大量に明太子を購入した際はこのポテトサラダを作って豪華に仕上げてみてはいかがでしょうか。毎日作ると高くついてしまうので特別な日に作ってみても良いかもしれませんね。

詳しいレシピはこちら

 

シャキッとポテトと卵のサラダ


すべてレンジで作っていくこの副菜のレシピは、火を使わないため洗い物も少なくなります。

じゃがいもは細切りにしてレンジで加熱しますが、お好みの硬さにしてシャキシャキ感を出していくのも良いかもしれませんね。

また卵もレンジで加熱していきますが様子を見ながらふわふわになるまで加熱してみてください。和風の献立を考えたときにこの副菜があればうまくバランスが取れますよ。

詳しいレシピはこちら

 

中華の副菜に!じゃがいもと桜海老のナムル


少し変わったアレンジ料理ですが、この副菜は桜エビがとても香ばしく感じられ絶品です。じゃがいもは細切りにしてから水にさらすことでさらっとした食感になります。

水にさらさずそのまま使用してしまうと、べちゃべちゃした感じになってしまうので気をつけてくださいね。

いつものナムルに飽きてしまった時はこの桜エビを使ったナムルの副菜を試してみてはいかがでしょうか。

詳しいレシピはこちら

 

じゃがいもとチーズの柚子胡椒和え


副菜は柚子胡椒がたっぷりと入っていて良い香りが楽しめます。またチーズと一緒に和えているので少しおつまみ的な副菜にも便利ですよ。

10分くらいで簡単にできてしまうので、あと何か一品欲しい時に活躍する副菜となるでしょう。仕上げに刻み海苔をたっぷりとかけておしゃれに盛り付けてみてくださいね。

詳しいレシピはこちら

 

じゃがいもで簡単な副菜料理☆まとめ

これらの紹介してきたレシピは、どれもじゃがいもの良さを引き立てて美味しく召し上がれる副菜ばかりです。

簡単にできる副菜があれば毎日の献立にも役立ちますよね。それぞれの調理法を試してみてお気に入りの副菜を見つけてみてはいかがでしょうか。

これでお家にじゃがいもがたくさんあっても芽が出る前に消費できますよ!

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告