結婚相手に求める年収はどれくらい?理想の条件と現実のギャップとは

結婚適齢期になり『そろそろ結婚を…』と考え始めたときに、やっぱり気になるのが相手の年収。今回は、結婚相手を探そうと考えている女性が把握しておくべき『年収』について解説します。

公開日:
著者:
結婚相手に求める年収はどれくらい?理想の条件と現実のギャップとは

結婚相手に求める年収とは?

結婚適齢期になり『そろそろ結婚を…』と考え始めたときに、やっぱり気になるのが相手の年収。とくに結婚後は仕事をやめて専業主婦になりたい、と望む女性にとって結婚相手の年収や世間の一般男性の平均収入はかなり気になるポイントではないでしょうか。

今回は、結婚相手を探そうと考えている女性が把握しておくべき『年収』について解説します。収入の条件と現実の収入にどれほどのギャップがあるのかきちんと知ることが、条件のいい結婚への近道に繋がるのです。

女性が結婚相手に求める年収

女性が結婚相手に求める年収

女性が結婚相手に求める年収は、一体いくらが妥当なのか気になるもの。男性たちの平均年収といってもよくわかりづらいものですよね。そろそろ結婚相手を…と考えている女性にとって、相手の収入はとても大切なポイントでしょう。

ここでは、世の中の女性たちが結婚相手への条件とする『平均年収』を解説します。結婚相手に提示する条件と現実の『男性の平均収入』を知って、上手に婚活を進めましょう。

 

 

相手への条件:400万

結婚相手の業種にも寄りますが、30代男性の平均年収は約350万〜400万と言われているので、結婚相手への年収の条件としては妥当なところだと言えるでしょう。

ただ、年収400万だと、単純計算で月の収入は33万円前後です。夫婦2人なら一般的な生活を送れる収入ですが、子どもが生まれて月の支出が増えると、ギリギリラインの年収となるかも。

とくに子供が幼稚園に上がる頃には教育費、養育費もグッと増えることから、夫婦2人以上の生活となるとギリギリの生活水準と言えます。

 

相手への条件:500万

女性が結婚相手への条件の一般的な年収が、500万円です。500万だと、結婚適齢期の30代男性では比較的高めの年収だと言えます。月の収入で見ると41万円で月の収入と考えてもやや高めです。

男性の年収が500万円くらいあると、専業主婦を望む女性でも専業主婦になる希望を叶えやすくなります。子供が中学、高校と進むにつれて塾に通ったり部活を始めたりと、月の収入はそのままに出費ばかりが増える状況になったときは、妻もパートに出て収入を補う必要が出てくる場合もあります。

 

相手への条件:600万

結婚相手へのやや高めな年収の条件が、600万です。月の収入で50万円ほどで、一般的なサラリーマンの給料としてはかなり収入が高めの男性だと言えます。

また、30代で年収が600万の男性の全体の割合は、全体の5〜10%未満で、35歳未満になると5%未満にまで下がってしまいます。結婚相手の年収としてはなかなかハードルの高い年収だと言えます。

相手への収入の条件として月の収入が50万代の男性を探すのは、かなりの時間と努力が必要です。

 

専業主婦で暮らせる結婚相手の年収

専業主婦で暮らせる結婚相手の年収

『結婚したら専業主婦になりたい』と考えている女性も少なくありません。できたら夫だけの収入で安心したいですよね。でも結婚相手への条件を『専業主婦にしてくれるぐらいの年収』と提示するのは厳しいかも。

結婚適齢期である30歳〜34歳までの男性の平均年収は300万円ほど。35歳〜39歳まででも350万〜400万円ほどなので、夫婦2人の内はいいとしても子供の成長と共に相手の収入・年収と現実のギャップに戸惑う可能性が高いです。

 

平均収入:500万

専業主婦で暮らせる結婚相手の年収は、500万円です。年収500万円だと、月の収入は約41万円で、夫婦2人と幼児1人の家庭であれば、比較的ゆとりのある生活が送れると言えます。

養育費や教育費、食費や雑費などの子供関連の支出が増えてくる中学生や高校生頃までは、年収500万、月にして41万ほどならば安心して専業主婦として生活できるはず。

ですが、これはあくまで『手取りの収入』なので、税金やその他経費を差し引く前の収入とするとこの給料以上の収入が必要です。

 

平均収入:600万

専業主婦で暮らせる結婚相手の年収は、600万だと子供が高校、大学と進んでも専業主婦として安心です。年収600万だと、月の収入が50万となるので30代男性の平均年収のはるか上をいく収入だと言えます。

30代で年収600万の収入がある男性のパーセンテージはかなり低いので、現実的に考えると結婚相手の条件だと提示するのは厳しいでしょう。

月の手取り収入が50万となると、税金や保険料が引かれる前の給料で65〜69万となりかなり厳しい条件なのです。

 

平均収入:700万

専業主婦で暮らせる結婚相手の年収は、700万だと、リッチな専業主婦として生活できるはず。ですが、30代男性の平均年収の2倍以上の年収なので、現実的に考えると、年収700万の独身男性を探すのは厳しめですよね。

結婚相手の条件として『平均年収が700万程度の男性』だと、相手の年齢やバツありかどうかといった、別の条件で妥協ポイントが生まれることもあります。

 

年収400万円の結婚相手との生活レベル

年収400万円の結婚相手との生活レベル

30代男性の平均年収は、350万〜400万円とされています。子供がいない夫婦であれば、高額なローンの返済などがない限り平均的な生活が送れるはず。ですが、歳を重ねるごとに出費も増えていくことから、お互いの支出が収入を圧迫することもあります。

例えば、お互いの大学時代の学費をローンとして返済している、だとか、車や家のローンで収入を支出が圧迫している、といった場合は、夫だけでなく妻も働きに出て世帯の年収を補う必要があるでしょう。

 

30代男性の平均年収

年収400万は30代男性の平均年収。そろそろ結婚相手を…と考えているアラサー女性の『結婚相手の条件』として妥当なところだと言えるでしょう。

アラサーになると、結婚の条件を反対に男性から突きつけられることもあるのが現実です。ですから、現実的に結婚相手への条件を考えたときに『平均年収400万』という条件が現実味を超えるか超えないかのボーダーラインだと言えるのです。

平均年収400万を条件として婚活を進めると、婚活も有利に進んでいくでしょう。

 

生活に必要な収入の最低ライン

年収400万の結婚相手との生活レベルは、『生活に必要な収入の最低ライン』だと言えるでしょう。年収400万の収入だと月の収入が33万円。社会保険や控除などの条件にも寄りますが、総支給が33万円だとすると手取り収入は月に26万前後となります。

月に26万前後の収入だと、お互いのローンの返済状況や生活水準への価値感次第では、ギリギリのラインとなることも考えられます。年収400万の生活を結婚前にきちんとイメージしましょう。

 

共働きが必要

お互いに、個人的な月の支払いや夫婦のローン返済がないといった好条件の場合だと、結婚相手だけの収入で生活が可能なはず。

ですが、家賃や光熱費、食費や通信費などの支出を考えると、夫の年収が400万だと、ゆとりのある生活を送るには共働きをして妻にも世帯の収入をサポートしてもらう必要があるでしょう。

現実的に考えると、夫婦で協力し合いながら家庭の収入を補い合うことが定番です。

 

理想の年収の男性と結婚するには

理想の年収の男性と結婚するには

結婚適齢期である30代男性の平均年収は350万〜400万程度。地方にいけばさらに平均年収が下がってしまうのが現実です。そんな現実を把握した上で結婚相手の年収に条件をつけるとしたら、何の努力をしないままでは解決しないはず。

年収・収入の高い相手を結婚相手の条件とするなら、かしこく女性自身が努力をして、好条件の男性のハートを射止めなくてはいけません。理想の結婚相手を見つけるポイントとして参考にしてみてくださいね。

 

現実に目を向ける

理想の年収の男性と結婚するには、何よりもまず現実に目を向ける必要があります。現実を知らないままに『結婚相手の条件は、年収600万』だとか『欲張りを言えば年収800万は欲しい』と願うのは危険です。

30代男性の平均年収が350万〜400万だという現実をきちんと理解することで、年収600万、800万の男性と条件のひとつとして選ぶのはいかに厳しいことかわかるはず。

現実を見ることで、結婚相手への収入の条件を緩和させたり、女性として高みに立つ努力を続けることができるのではないでしょうか。

 

理想的な給料の企業へ就職

理想の年収の男性と結婚するには、理想的な給料の企業へ就職すること。やみくもに婚活をしながら、年収の高い男性を条件として探すのはかなり厳しい道となるでしょう。自分自身が給料の高い企業に入社することで、必然的に理想的な給料の男性との出会いを増やすのです。

結婚するまでの自分自身の収入もグッと上げられますし、何より理想的な給料の男性との出会いが叶います。給料の高い企業だと、就職するハードルが高くなるので、あえて正社員は狙わずにパートの事務員として企業に入社する、という方法も視野に入れるといいかも。

 

生活に必要な最低収入を把握

理想の年収の男性と結婚するには、生活に必要な最低収入を把握することです。収入が高い男性を結婚相手の条件とするのはいいのですが、現実的な『生活に必要な収入を把握していない』のは危険です。

とくに婚活中のアラサー女性だと、20代半ばまでの若い女性に比べて飛躍的に婚活の条件が厳しく見られますので、年収の高い男性を結婚の条件とするのは周囲に『高望み』だと判断されてしまいます。

30代夫婦の生活に必要な最低収入は、年収350万前後だと、しっかり意識して婚活を進めていきましょう。

 

結婚相手の年収まとめ

結婚相手の収入や年収は、婚活女性であればどうしても気になるもの。結婚は一生を左右するものですし、いくら愛情があって結婚をしても、金銭感覚の違いやトラブルで離婚に追いやられる現実だってあるのです。

結婚相手に求める平均年収の条件をはじき出すには、まず『自分がどんな水準の生活を理想とするのか』をよく考え『現実的にそれは叶いそうな条件なのか』を詳しく分析していくことが大切なのです。

未来の旦那さんのお金事情をよく考えていきましょう。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告