LINEで告白は成功する?彼の気持ちを掴むテクニックを伝授します♡

LINEでの告白を成功させたい!好きな人に気持ちを伝えたい。けど、面と向かって告白する勇気がない…。直接面と向かって思いを伝えることに躊躇するならLINEでの告白はいかがでしょうか。テクニック次第では、真剣さをしっかり伝えられるのです。

著者:
公開日:
LINEで告白は成功する?彼の気持ちを掴むテクニックを伝授します♡

LINEでの告白を成功させたい!

好きな人に『好き』の気持ちを伝えたい。相手のことが好きで好きで仕方がないけれど、面と向かって告白する勇気がない…。恋愛中にそう悩む女性も少なくありません。

直接面と向かって思いを伝えることに躊躇するならLINEでの告白はいかがでしょうか。男性によってはLINEでの告白に『あり』『なし』を定義する人もいますが女性のテクニック次第では、真剣さをしっかり伝えられるのです。

恋愛成就のためにおすすめしたい方法や『あり』『なし』について解説します。

LINEでの告白はあり?なし?

気持ちを伝える時、多くの女性が『LINEでの告白はありなの?なしなの?』と戸惑うことでしょう。自分はLINEでの告白もありだと思っていても、好きな人はなしだと思っていたらどうしよう…。

LINEでの告白は直接対面せずに済むというメリットがある反面、手軽さがあるがゆえのデメリットもあるのです。LINEでの告白を成功に導くには、『なし派』の男性をも納得させるテクニックが必要です。

 

 

あり・なし①好きな人なら『あり』

1つめは『好きな人ならあり』だというもの。男性は、好きな人からの告白であればどんなものだって嬉しく感じるよう。LINEでも何でも『好きだと伝えてくれたこと』だとか『これからカップルとして恋愛がスタートする事実』を考えて『あり』だと感じるのです。

例えLINEでの告白なんてなし、だと思っている男性であっても、相手の好きな人になっていれば『なし』も『あり』になるのです。これから自分の気持を伝えようと考えている女性は、告白までにいかに相手に興味を持ってもらえるか、ということがカギを握るのです。

『なし派』の男性の意識を『あり派』に変えていきましょう。

 

あり・なし②流れによっては『あり』

2つめは『流れによってはあり』です。告白を成功させるには、その時のシチュエーションや告白までの流れをいかにスマートにできるかがポイント。

『流れによってはあり』だと答える男性の心理の根底にあるのは、『本音を言えば直接告白されたいけれど、いいムードが流れているならあり』だというもの。

効果的に恋愛の甘いムードを演出して、LINEでの告白を『あり』に導きましょう。

 

あり・なし③軽い感じがするので『なし』

LINEでの告白あり・なし3つめは『軽い感じがするのでなし』です。LINEでの告白に『なし派』だと公言する男性の多くが、生真面目な体育会系タイプの男性。

どんなことに対してもきちんと誠意を見せて欲しい、筋道を通したい、と考えるタイプなので比較的ハードルの低いLINEでの告白に『なんだか軽い感じがする…』『誠意を感じられない』と判断しがち。

LINEでの告白に対して『なし』だと言う男性の思考を『あり』に変えるには、誠実な文章と直接言えなかった理由を添えて、真っ直ぐな思いを伝えることが効果的です。

 

LINEで告白された時の男性心理

LINEでの告白は、あり派となし派に別れるもの。では、女性からLINEで思いを告げられた時、世の中の男性たちは一体どのような心理に陥るのでしょうか。

ここでは、LINEでの告白をありorなしだと思う男性の心理を紐解きます。男性の心理の根底を理解することで、LINEでの告白を『なし』とする男性の意識を変えることができるかもしれません。

LINEでの告白を成功させて恋愛成就させるためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

 

心理①女性の勇気が嬉しい

LINEで告白された時の男性心理は『女性の勇気が嬉しい』というもの。LINEでの告白に対して『あり』『なし』という意見で別れるとしても『告白をしてくれた事実』を嬉しく思う男性がほとんど。

自分に対して恋愛感情を持ってくれる人がいる、というのは男性女性問わず嬉しいものですよね。どんな告白であっても『恋愛感情の有無』を嬉しいと感じるなら、LINEでの告白だって成功する可能性は大きいのです。

男性心理を効果的に刺激するような文面で告白を成功させましょう。

 

心理②LINEの方が返事をしやすい

LINEで告白された時の心理は『LINEの方が返事をしやすい』です。2人の関係や男性の恋愛感情によっては、告白をされてすぐに返事ができない場合だってあります。

例えば、今まで幼馴染やただの友達だと思っている女性から告白された、だとか、気の利いた返事をしたいけれどいいセリフが思いつかない。そんな時に『LINEの方が考えて返事ができるので、返事がしやすい』と感じるよう。

LINEのメリット部分を大きく感じるポイントではないでしょうか。

 

心理③社会人の告白にLINEは嫌

LINEで告白された時の心理は『社会人の告白にLINEは嫌』だというもの。几帳面で自分にも他人にもストイックな男性に多いこの心理的特徴ですが、男性によっては『社会人なんだからきちんと面と向かって思いを伝えるべき』だと考える人もいるようです。

LINEで告白をするなんて学生みたい…と躊躇してしまうのでしょう。そんなLINEでの告白をなしだと感じている男性には、誠意の込もった文面で『本気の恋愛感情』を伝えましょう。

LINEでの告白を成功させるには、どれだけ真剣な思いを伝えられるかが大切なのです。

 

LINEでの告白を成功させる方法

LINEでの告白に対する『あり派』と『なし派』の意見や男性心理について触れましたが、次のステップでは『LINEでの告白を成功させる方法』を紐解いていきましょう。

LINEでの告白に違和感を感じる相手が『好きな人』であっても、女性の告白の次第では好きな人の価値観や意識を変えられるのです。ここでは、LINEでの告白を成功させる方法を3つ解説します。

 

方法①相手の状況をリサーチ

LINEでの告白を成功させる方法は『相手の近況をリサーチする』です。片思いの恋愛を成功に導くには、相手の状況や心理を把握しておく方がベスト。

例えば、自分の中でいくら告白の気持が高まっていても、相手が仕事やプライベートで忙しく恋愛モードでない時に告白するのは危険です。告白するタイミングを間違えると、LINEに返事すらもらえないかも。

今が告白にベストなタイミングかどうか好きな人の状況を事前にリサーチしておきましょう。

 

方法②夜のまったりタイムに告白

LINEでの告白を成功させる方法は『夜のまったりタイムに告白する』です。LINEでの告白は、相手と顔を合わせないでいい分、相手の状況が見えないからこそ難しいというポイントがあります。

相手が忙しい時間帯に告白をしても、相手の心には響きづらくなる可能性も考えられます。LINEで効果的に告白し恋愛を成功に導くには、夜のまったりタイムに伝えてみましょう。

夜であれば仕事から帰ってきて肩の力が抜ける『リラックス状態』が考えられるので、告白の成功率もおのずと上がるのです。

 

方法③自然に恋愛話に持っていく

LINEでの告白を成功させる方法は『自然に恋愛話に持っていく』というもの。告白を前提にLINEをスタートさせたとしても、いきなり『話があるんだけど…実は◯◯君のことが好きです』と、やみくもに突っ走るのはNG。

とくに、LINEでの告白をなし派だとする男性にとっていきなり過ぎる告白は余計に不信感を煽ってしまうことに繋がります。

自然な流れで恋愛の話に運ぶなら『最近、週末は何をしているの?』という会話に持っていき『彼女とかできたかな…?』と、相手の今の恋愛事情を聞くことで流れを作り出すのです。

 

LINEでの告白を成功させるテクニック

LINEでの告白を成功させるには、方法や流れを掴むことも大切ですが『効果的な恋愛テクニック』を取り入れることも必要。効果的にテクニックを取り入れることで、LINEでの告白の成功率を上げられるはず。

ここでは、LINEでの告白を成功させ恋愛成就に向けて進むためのテクニックをご紹介します。LINEでの告白に対して『あり派』『なし派』にも通用するテクニックですので、近々告白を考えている女性はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

テク①ラブソングをプラスする

LINEでの告白を成功させるテクニックは『曲や画像をプラスする』というもの。例えば、LINEで好きな人に思いを伝える時、短いメッセージと共に『自分の思いの代名詞ともいえるラブソング』をプラスするのです。

片思いの切ない時によく聞いた曲、もしくは自分の気持ちとリンクする曲をプラスして『私の気持ちです。よかったら聞いてください』と添えて告白するのもおすすめ。

ラブソングでなら自分の大きな思いをストレートに伝えられるのです。

 

テク②あえてスタンプは付けない

LINEでの告白を成功させるテクニックは『あえてスタンプは付けない』です。LINEでの告白をなしだとする男性に多い理由は『LINEでの告白では軽い印象がする』というもの。

真剣な告白にスタンプを付けると、それだけでフランクさがアップしてしまいます。ですから、真剣なメッセージをきちんと伝えられるように、この時ばかりは絵文字やスタンプを封印させましょう。

スタンプなしのメッセージで思いの強さを伝えられるはず。

 

テク③年上にはシンプルさで勝負

LINEでの告白を成功させるテクニックは『年上にはシンプルさで勝負する』です。好きな人が年上の男性だった場合、可愛さを演出しようと絵文字いっぱいのメッセージを送るのはNG。

年上男性は、年下の女性の知的な部分にギャップを感じたり好印象を抱くものです。ですから、年上の好きな人にLINEで告白をする時は、シンプルで誠実なメッセージで真剣な思いと大人な一面をアピールしましょう。

年上にはシンプルさで勝負をすると恋愛成就の確率が上がるのです。

 

LINEで告白をする時の注意点

LINEで告白をしようと思った時、思いの強さだけでやみくもに突っ走るのは危険です。独りよがりな告白では、思いが伝わるどころか好きな人に不信感を与える恐れもあるのです。

せっかく勇気を振り絞って告白するのですからなんとしてでも恋愛成就に導きたいもの。ここでは、LINEで告白する時の注意点を解説します。LINEでの告白を考えている女性は、ぜひ参考にしてみてください。

 

注意点①『返事はいつでもいい』はダメ

LINEで告白をする時の注意点は『返事はいつでもいいはダメ』です。LINEで恋愛感情を伝える時、どうしても相手の反応が気になるはず。顔が見えないからこそ、相手が自分の告白に対してどう感じているのかが気になるのです。

そんな時に、相手に嫌われたくないからと『返事はいつでもいいから!』と言うのはNG。LINEでの告白はただでさえ返事を先延ばしにされてしまいがち。

そんな状況の中で自分から『返事はいつでもいい』と予防線を張ってしまうと、人によっては1週間どころか1ヶ月余りと先延ばされてしまうこともあり得るのです。

 

注意点②冷たい文面に注意

LINEで告白をする時の注意点は『冷たい文面に注意』です。相手との関係性にもよりますが、LINEでの告白に絵文字やスタンプを付けるのは避けるべき。とくにLINEでの告白をなし派だという人が相手だと、なおさら絵文字やスタンプは控えるべきです。

だからこそLINEでの告白は、色味がなくどこか冷たい印象を受けるもの。LINEでの告白で誠実さを伝えるには、絵文字が使えない分冷たい雰囲気になるのです。

絵文字やスタンプ無しで誠実さを伝えながら柔らかさをアプローチするには、口調を『ですます調』にするよりも『好きなの…』や『……』を効果的に活用しましょう。

 

注意点③付き合う意思を確認する

LINEで告白をする時の注意点は『付き合う意思を確認する』です。LINEでの告白に対して『脈あり』を思わせる返事をされた時こそ要注意。

例えば『告白してくれてありがとう。嬉しいよ』という返事が返ってきた時、『それってどっち?付き合うの?スルーされただけ?』と、疑問だらけになることもあるはず。

『付き合おう』『これからよろしくね』という言葉がなく戸惑う場合は、『付き合ってくれる?』と可愛らしく聞き付き合う意思があるのかどうか確認した方が良さそうです。

 

LINEで真剣な思いを伝えよう

LINEで告白をするといっても告白は告白。今後の関係性が変わるのではないか、避けられるのではないか、と不安なるでしょう。

LINEでの告白を『軽い感じがするからなし』とする男性も少なくありませんが、LINEでの告白には面と向かって言えない大きな気持ちが隠れているのです。

そんな真剣な思いをきちんとわかってもらえるようにLINEでの告白を成功させるポイントをしっかり押さえましょう。LINEでの告白が成功し好きな人と付き合うことができるよう心より祈っています。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告