電話での告白を成功させる秘訣はタイミングにアリ!失敗しないためのポイント解説も

ずっと恋焦がれてきた大好きな人。 相手の顔を直接見て告白をする勇気はない、だけど募る思いを伝えたい。そんなときに一役買ってくれるのが「電話」です。 今回は「電話」で告白をすることを考えている人におすすめな内容をご紹介します!

公開日:
著者:
電話での告白を成功させる秘訣はタイミングにアリ!失敗しないためのポイント解説も

著者名

MooooN

MooooN

平成2年生まれのO型です。恋愛・結婚についての記事が得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

ずっと恋焦がれてきた大好きな人。そんな相手に告白をしようと決心したのはいいけれど、もしも予想外の反応が返ってきたらどうしよう。嫌そうなりアクションをされたらきっと辛くて立ち直れない……。

そんな風に思ってしまう人もきっと少なくありませんよね。相手の顔を直接見て告白をする勇気はない、だけど募る思いを伝えたい。そんなときに一役買ってくれるのが「電話」です。

電話でしたら、直接相手と会話をすることができますが顔を会わせる必要がない分、メンタルへの負担も少なくて済みます。今回は「電話」で告白をすることを考えている人におすすめな内容をご紹介します!

電話で告白しても気持ちは伝わる?

恋愛1

やはり告白をするなら直接伝えるのが一番!そう考える人も少なくありません。ですが「電話での告白なんてNGだ!」なんて考える人はそうそういません。

電話での告白に対して、気持ちが伝わりづらいと考えている人もいますが、電話でもきちんとポイントさえ押さえれば「好き」だという熱い気持は十分相手に伝えることができるのです。

電話で告白をする際のノウハウを的確に押さえて、大好きな相手に自分の気持ちをしっかり伝えましょう!

 

広告

 

電話で告白する理由・心理【男女別】

恋愛2

直接ではなく、LINEでもなく、なぜ電話というツールを使って告白をしようと思ったのか。

電話での告白を受けた方は、少なからず疑問に思ってしまうことですよね。

しかし、電話での告白を選んだ人にはその人なりの思いや考えがあるのです。なぜ電話というツールを使って告白をするのかは、男性と女性でも根本的な部分は共通していますが、少しだけ理由や心理に違いがあるのです。

では、電話で告白をする理由や心理を男女別で見ていきましょう。電話で告白をする男性、女性の気持ちが理解できるはずです。

 

【男性】「LINEはなし」でも「電話ならあり」だと思っている

電話で告白をする男性の理由や心理の中に「LINEはなしだけど、せめて電話ならありかな?」と考えているというものがあります。

最近では恋愛に対してなかなか積極的に行動できない男性が増えていますから「直接顔と顔を合わせて告白をする」ということに、男性はハードルが高いと感じてしまうようです。

直接会って告白をするとなると、相手のタイミングや時間の都合へも配慮しなければいけませんから、電話でなら相手の状況に遠慮しないで済むと考えているようです。

また、文面だけの簡易なLINEだと軽すぎて気持ちが上手く伝わらないから「なし」でも、電話でなら自分の気持ちが伝わるのでは?と考えている男性も多いようです。

 

【女性】片思いをしている状態が不安で仕方ない

女性が告白のツールで「電話」を使うには、男性と違って「自分に自信がない」場合が多いようです。

片思いを長くしていることによって、相手への思いが大きくなり過ぎてしまったために、自分への自信がなくなってしまうようです。

長い片思いの末、直接告白をしてフラレてしまった時「もう自分の心が粉々に砕けてしまう」という恐怖のような気持ちがあるのも、電話での告白を選択する女性心理の特徴のひとつです。

電話での告白でも十分に気持ちを伝えることができますので、片思いをしている「自信の無さ」に怯んでしまうのではなく「頑張って行動を起こす」ということが重要なのです。

 

電話で告白された時の心理【男女別】

恋愛3

やはり告白をされるなら直接顔を合わせてからの方がいいの?電話での告白は上手くいかない?電話での告白を考えている人にとって、電話で告白をされた人はどんな気持ちになるんだろうという不安は消えないものですよね。

相手に対して真剣な気持ちを持っているからこそ、電話での告白がしっかり伝わるのかどうか気になるところですし、やはり直接の告白じゃないと受け入れてもらえないのかな?と不安に思ってしまうのでしょう。

ここでは、電話で告白をされた時の心理を男女別にご紹介します。電話で告白をされた人の意見が気になる時には、ぜひ参考にしてくださいね!

 

【男性】気になる人からなら「あり派」が多数

男性は、「気になる人からの告白であれば何でもあり!だと答える人が圧倒的に多いです。

なぜなら、気になる人が自分に告白をするほどの好意を抱いてくれていた、という事実だけでもとても嬉しいことだからです。

もしも電話告白をしてくれたのが「気になる人」ではなかったとしても、自分に気持ちを伝えてくれたということ自体が、男性にとってはとても喜ばしいことなのです。

もしも男性に電話告白をしようと考えている女性は、ぜひ思い切って自分の気持ちを電話で伝えてみてはいかがでしょうか。

 

【女性】頑張ってくれている気持ちが伝わる

電話で告白をされた女性の心理として最も多いのが「頑張って気持ちを伝えてくれた」ということです。

電話というものは、実際にはなかなか勇気の要ることなのです。

直接目で見なくても、電話越しに相手のリアクションや空気感というものは伝わってきます。それに、電話ならではの緊張感というものもありますよね。

それを踏まえて、告白をするために電話をかけてきてくれた男性の勇気に「ありがとう」という感謝の気持ちを抱く女性の割合はとても多いのです。

 

電話での告白を成功させるための秘訣

恋愛4

電話での告白の仕方には、押さえておいた方が良い秘訣やポイントがいくつか存在します。

「直接会うわけでもない」けれども「直接会話をしないというわけでもない」そんな「電話」という少し特殊なツールを使って告白をするのですから、電話告白の前にはしっかりその秘訣やポイントを学んでおきましょう。

ここでは、告白を成功させるために気をつけておきたいポイントと、告白を成功させる秘訣を2つに絞ってご紹介します。

大好きな人に電話で告白をしようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください!

 

電話をかける時間やタイミングに注意

電話での告白を成功させる秘訣は何と言っても電話をかける時間帯と相手のタイミングです。

電話告白で一番困ってしまうのが「今電話かけても大丈夫かな?」というところではないでしょうか。

電話ですと、事前に約束を取り付けていたわけでもないし、その日の相手のスケジュールを把握している訳でもありません。

ですからタイミングを合わせて「今日電話をする時間がとれるのかどうか」ということさえわからないのです。

しかも告白となると、ほんの数十秒で終わるような用件ということではありませんから、大体1時間くらいは時間を押さえておきたいものです。

ですから、電話告白をする前にはLINEやメールで前もって「話したいことがあるんだけど、今日の夜でも電話できるかな?」と、相手に投げておくと良いでしょう。

そうすると、相手も「すぐに済む用事ではなさそうだな」とある程度の時間を確保してくれるはずです。

 

顔が見えないからこそ告白のセリフは慎重に

電話での告白を成功させる秘訣として大切なのが「告白のセリフ」です。大好きな人へ募り募った思いを伝えるのですから、伝えたいセリフはきっとたくさんあるでしょう。

しかし、自分の心の中の気持ちを「言葉」にするのはなかなか難しいことなのです。

どのようなセリフだと自分の気持ちにしっくり当てはまるのか、どんなセリフだと相手に自分の気持ちがうまく伝わるのか、気持ちをセリフとして変換するときには戸惑うことがけっこうあるのです。

ですから、電話をかける前にはぜひ自分の伝えようとしているセリフを文章に書き起こしてみてください。

文章にしてそれを自分の目で精査することで、まとまりのあるセリフを生み出すことができるのです。

顔が見えない電話での告白だからこそ、しっかりとした丁寧なセリフが相手の心を動かすことができるのではないでしょうか。

 

失敗しないための重要なポイント

恋愛5

電話での告白だって立派な告白です。直接会って告白をすることが「告白の全て」ではありませんよね。

しかし告白には「成功」と「失敗」どうしてもこの2つの結果がついてくるものです。

電話での告白は、相手もあなたの表情や仕草が見えない分どうしても伝わりずらい分「直接会ってからの告白」よりもハードルが高くなってしまいます。

ですが、「相手の声をすぐ側に感じる電話だからこそ良い」という意見もあります。

電話告白を失敗しないために重要なポイントをしっかり押さえておきましょう。

 

雑音が入らないように電波の良いところで!

電話での告白が失敗しないために重要なポイントは電波の良いところで電話をするということです。

もしも電波の悪いところで電話をしてしまうと、電話に雑音が入ってしまう可能性があります。

告白の最中に雑音が入ってしまうと、お互いの声が聞き取りにくいという問題が起きてしまいます。

せっかく「好き」という気持ちを相手に伝えようと決心して電話をかけたのですから、雑音なんかに邪魔されたくはありませんよね。

それにもしも雑音だけでは収まらず、万が一電話が切れてしまったら告白の空気も台無しになってしまいます。

電波状況に関する問題は、あなただけの問題ではありませんが、あなたが電波の状態を気をつけておくことで、電話に雑音が入ってしまったり電話が途中で切れてしまうといったトラブルを防げるのではないでしょうか。

 

充電は満タンにしておく

電話の使用に欠かせないのが充電です。電話で告白をする場合、どうしても電話が長くなってしまうことが予想されます。

あなたからの告白に相手も戸惑うことでしょうし、すぐには答えが出せないかもしれません。

もしかすると、電話での告白は無言で過ごす時間の方が長くなってしまうかもしれないのです。

そんなときにあなたの充電不足という不注意で電話が切れてしまうなんてことになったら、相手に対して示しがつきませんよね。

電話で告白をしようと考えている人は、電話をかける前に充電が満タンであるかどうか確認をしてから電話をするようにしましょう。

充電に対して不安がなければ、多少の不安は解消できるのではないでしょうか。

 

電話での告白を成功させたいなら焦ってはダメ

恋愛6

電話で告白をする際、告白を絶対成功させたいと願うからといって焦ってはダメです。

焦る気持ちは物凄いエネルギーをもたらします。あなたが焦れば焦るほど、電話告白にとっては悪循環なトラブルが発生しやすくなるのです。

告白をしようと決心している時にはもちろん誰でも緊張していますし、極度の不安と戦っているような心理状態となっています。

だからこそ、平常心を保つように努力することが大切なのです。

電話での告白にどうしても焦ってしまいそうだという人は、なぜ電話告白で焦ることがダメだとされているのか、そのダメな理由についてしっかりと学んでいきましょう。

 

電話での告白で焦るのは逆効果

電話での告白で焦るのがダメな理由のひとつは、焦りは逆効果な働きを引き起こすからです。

例えば、電話で告白をした時に電話越しに伝わる相手の反応がイマイチだった。そんなときはついつい焦ってしまうものです。

相手の表情が実際に見えない電話ならではの問題ですが、そんなときに焦って「なんか変な空気にしちゃったね。ごめんね。返事はまた今度!」と、まくし立てるように電話を終わらせてしまうと、告白をされた相手としてはなんだか腑に落ちない気分になってしまうのです。

焦らずにもう少し相手の反応を見ていれば良い返事が聞けたかもしれないのに、焦って電話を終わらせてしまうことで、相手もあなたに対して不信感を感じてしまうかもしれません。

気持ちが伝わりづらい電話告白だからこそ、相手の反応を十分に観察することが重要なのです。

 

相手が電話に出ないときは折り返しを待つ

電話で告白をしよう!と、勇気を出して相手に電話をかけたにも関わらず相手が電話に出ない時は、ゆっくりとした気持ちで相手からの折り返しの電話を待ちましょう。

相手が電話に出ないからといって必要以上に焦ってしまってはダメです。相手が電話に出ないからと、その後何度も電話をかけるということだけは絶対にNGです。

相手には相手のタイミングがあり電話に出ない事情があるのですから、相手の状況が落ち着くまでドッシリと構えて待つということが大切なのです。

電話に出ない相手を追い詰めるのではなく、相手の反応をしっかりと待ってタイミングを見極めることが電話告白を成功させるコツでもあるのです。

 

電話での告白で相手にしっかり気持ちを伝える方法

恋愛7

告白の仕方を「電話で」と決意した時は、相手に自分の気持ちをしっかり伝える方法を考えましょう。

電話というものはお互いに表情が見えないため、自分も相手も「相手の状況を探ろう」としてしまいます。

ですから、相手に気を遣わせないためにもあなたがしっかりと自分の気持ちを伝えるということがポイントなのです。

あなたの気持ちがしっかりと伝われば、相手もあなたの意図や心理状態を探ろうと構える必要もなく、相手を安心させてあげられることになります。

 

会話の流れをしっかり把握して!

電話での告白を成功させるためには、会話の流れをしっかり把握するということが重要なポイントとなります。

電話での告白は「自分も相手も顔が見えずに声だけでやりとりをしている状況です。

ですから、会話の流れをきちんと把握して流れを掴んでおかないと、気持ちを相手にうまく伝えるどころか「何が言いたいのかよくわからない」と思わせてしまう可能性もあるのです。

どんなに勇気を出して告白をしても、気持ちが伝わらなければその努力や勇気も水の泡だということになってしまいかねません。

電話告白での会話の流れを把握するということは「自分が電話をかけた理由」「相手に対する自分の気持ち」「相手と付き合いたいという自分の思い」そして「相手の返事」この4点を、うまく一連の流れとして伝えなければなりません。

もしも緊張のあまりイメージした「流れ」が飛んでしまいそうな人は、メモに書いて「そのメモをチェックしながら」告白に挑むと良いでしょう。

このような対策をとることができるのも「電話告白ならでは」のメリットではないでしょうか。

 

電話で素直な気持ちを告白しよう♡

あらゆるツールが発達した現代でも、電話での告白の仕方に抵抗がある人もまだまだ少なくありません。

ですが、電話での告白だってれっきとした告白ですし「自分の気持ちを相手に伝えたい」という勇気はとても素晴らしいものです。

電話告白には電話告白特有のメリットやデメリットがあります。そのメリット、デメリットをいかに克服して自分にとって有利なものにするかが電話告白を成功させるためのポイントなのです。

電話での告白の仕方のポイントをしっかり押さえて、あなたの素直な気持ちを相手に伝えてくださいね♡

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告