告白のセリフ特集♡言われて嬉しい言葉を男女別に大調査しました!

告白のシチュエーションはどうしたらいいんだろう、など考え込んでしまう人も少なくないでしょう。自分の気持ちをストレートにぶつけたいけれど、せっかくなら相手に嬉しいと感じてもらえる告白のセリフを伝えたいですよね。今回は、告白が成功しやすいセリフのコツをご紹介します。

公開日:
著者:
告白のセリフ特集♡言われて嬉しい言葉を男女別に大調査しました!

ずっと好きだったあの人に募る思いを伝えたい……、恋をすれば男性でも女性でもこのように感情が抑えきれなくなるときがあるのではないでしょうか。

ですが、いざ告白となると不安ばかりが押し寄せてくるものです。

自分の「好き」という熱い気持ちをどのように伝えればいいのか、告白のシチュエーションはどうしたらいいんだろう、など考え込んでしまう人も少なくないでしょう。

自分の気持ちをストレートにぶつけたいけれど、せっかくなら相手に嬉しいと感じてもらえる告白のセリフを伝えたいですよね。

今回は、告白が成功しやすいセリフのコツをご紹介します。

告白はセリフが重要です♡

恋愛

告白を成功させるには、自分の「好き」という気持ちをストレートな形でぶつけることが大切です。

ですが、それだと少しありきたりな告白になってしまいますよね。

せっかくなら相手の記憶にずっと残るような、印象強い告白のセリフで伝えたいものです。

それに、告白のセリフや告白のシチュエーションを駆使するというのは、告白の成功率を上げるためにとっても重要なことなのです。

例えば、もしも「いい人だけど、好きってまではいかないな」と思っている人に告白されたとしましょう。

もしも単純な告白のセリフで告白されたとしたら、自分の気持ちを第一に考えて、結果的に振ってしまうことになると思いませんか?

ですが、もしもあなたの心にグッと刺さるようなセリフやシチュエーションで告白をされた場合「付き合ってみてもいいかも……」そう心が揺れ動かされるはずなのです。

 

男性が言われて嬉しい告白のセリフ3選

恋愛2

男性は、女性と比べてストレートに「好きだ!」とぶつけられるよりも、少し捻ったセリフで告白をすることをおすすめします。

なざなら、告白のセリフでいかに相手の男性心理をくすぐれるか、ということがポイントになるからです。

また男性は、友達関係が長く、その女性に多少興味があったとしても「好きではないな」と思っている女性の告白を、なかなか受け入れられない傾向にあります。

付き合っている内に好きになれるかも、と考えがちな女性とは大きく違うところですよね。

ですので、脈ありか判断が微妙な感じの男性に告白をするときこそ、告白のセリフが成功のカギを握るのです。

ここでは、男性が言われて嬉しい告白のセリフを3つご紹介します。女性の皆さんはぜひ参考に取り入れてみてくださいね♡

 

「○○さんの性格が私の理想そのものなんです」

男性が言われて嬉しい告白のセリフ1つめは「相手の内面や性格の長所」を褒めるワードを取り入れた告白のセリフです。

例えば「○○さんの頼りになる男らしいところ、すっごくすっごく好きなんです」とストレートなセリフを伝える。

また「○○さんの性格そのものが私の理想なんです」というセリフを、男性の目をまっすぐ見つめながら告げる、というものです。

ここでポイントなのが、男性は「自分のことを全肯定される一言が嬉しい」ということ。

「性格そのものが好き」だとか「理想そのもの」というセリフに嬉しいと感じてくれるようです。

「性格そのものが好き」なんて言われたら、どれだけ男性の内面を重視して肯定しているのか、というアピールポイントになるのです。

 

「デートをしていて楽しかった♡」の一言が嬉しい

男性が言われて嬉しいと感じる告白のセリフに、とての単純明快な内容の告白のセリフがあります。それはズバリ「デートをしたときのことを褒める」ということです。

男性は、世間の自己評価にけっこう敏感なところがあります。

これが男性のプライドにも関係しているところなのですが、告白をするときに男性のその自尊心を刺激するセリフで伝えてみましょう。

極めて単で分かりやすいのが「あなたとのデートは楽しい」というキーワードです。ですから、告白のときは「好き」という気持ちを伝えた後に「〇〇さんとデートをしていて楽しかったです♡」というセリフを笑顔で言ってみましょう。

「自分の企画したデートを喜んでもらえた」と、たった一言のセリフで男性は嬉しい気持ちになるのです。

 

「○○さんに愛されてみたいなぁ……」

「○○さんに愛されてみたいなぁ……」このセリフを告白で使うのは、なかなかハードルが高いですよね。

少し大人な雰囲気を感じるセリフなので、彼と自分の関係性を把握してから、このセリフを告白で使うか検討することをおすすめします。

ですが、このセリフは告白において男性心理をかなり効果的に揺さぶることができるのです。

「あなたに愛されてみたい」これだけストレートな表現にドキッとしない男性はほとんどいないでしょう。

ですが、この告白のセリフは「からかってるのかな?」と思われがちなセリフにもなりやすいので、このセリフを告白に使うときは「どれだけ真剣な眼差しで見つめられるか」ということが成功へ大きく関わってきます。

彼から目を逸らさないで、少し困った顔で彼の目を熱く見つめてみると良いでしょう。

 

女性が言われて嬉しい告白のセリフ3選

恋愛3

女性心理と男性心理はやはり違いますから、男性が言われて嬉しい告白のセリフと女性が言われて嬉しい告白のセリフは全く違うといっても過言ではないでしょう。

男性への告白のセリフは「相手のプライドや自尊心をくすぐる」ことで効果を発揮しますが、女性への効果的な告白のセリフは「いかに男らしさをアピールできるか」そして「どれだけ自分のことを受け入れてくれるか」ということが、告白成功のカギを握るのです。

女性は男性と違い、普段強な態度をしている女性でも心の中では「男性には頼りたいし甘えたい」という気持ちを持っています。

ですから、もしも意中の女性に告白をするときは、ぜひこの2つのポイントに注意して告白のセリフを考えてみてください。

 

ストレートに「好き」と一言

女性が言われて嬉しい告白のセリフは「好き」という言葉をいかに男らしく簡潔に伝えられるか、ということが重要です。女性は遠回しなセリフで告白をされると「で、何が言いたいの?」という気持ちになってしまいます。

それどころか「回りくどいセリフの男は女々しくてイヤ」という風なマイナスなイメージを持たれてしまいかねないのです。

せっかく頑張って告白のセリフを考えたのに、残念な結果になってしまっては辛いですよね。

ですから、女性に想いを伝えるときはストレートなセリフで「好きだ。付き合ってほしい」と、男らしくビシッとキメることで告白成功への道が開かれるのです。

 

「君の弱さも愛したい」

どんなに普段強くたくましく生きているように見える女性でも、心の中はやはり「乙女」です。

男性に守られたいし、愛されることで安心感を得たいと思ってしまうものなのです。

ですから、女性への告白のセリフでかなり効果的なのが「君の弱さも全部守っていきたいし愛していきたいんだ」というセリフです。

できたら告白のシチュエーションにもこだわりたいところですが、このセリフひとつでグッと男性の株は上がります。

例え告白が失敗に終わったとしても、告白のときにこんなセリフを言ってもらえたら、きっとずっと忘れられません。

何年か経っても、ふと「あんなセリフで告白をしてくれる男性を振って、もったいなかったかなぁ」なんて思い出してもらえる男性になることでしょう。

 

「こんなに人を好きになったことはないんだ」

女性は、男性の「一番特別な存在」になることに嬉しいと感じてしまうものです。

例えば恋愛中、何気ないときに「元カノってどんな女性だったんだろう」だとか「元カノのこと、どれぐらい愛してたんだろう」なんて、どうでもいいことでネガティブになってしまうことってありませんか?

女性は「彼にとって最高の女でありたい」という願望が根底に潜んでいるのです。

ですから、告白のときに「こんなに好きになれる人は君が初めてなんだ」と、熱いセリフで告白をされるとキュンとなってしまうことでしょう。

女性が嬉しいと感じる告白のセリフを考えるのであれば「君は特別」「君が俺の最高峰」であることをアピールできるセリフで告白をすることをおすすめします。

 

かわいい告白のセリフとは

恋愛4

告白を成功させるためのシチュエーションや告白のセリフは、男女で大きな違いがありますが「男女共にウケる」かわいい告白のセリフがあるということをご存知ですか?

かわいいセリフで告白をされたら、キュンとなってしまいますし思わずOKしてしまうかもしれません。

ここでは、男性心理・女性心理に関係なく「相手をキュンとさせるかわいい告白のセリフ」をご紹介します。

かわいい告白がしたいという人は、ぜに参考にしてみてくださいね♡

 

一言でキュンとさせる

かわいい告白のセリフ1つめは「一言で相手をキュンとさせる告白のセリフを駆使する」ということです。

例えば、相手と何気ないお喋りを楽しんでいるときに「ねぇねぇ、突然なんだけどさ、話があるんだ。聞いてくれるかな?」と切り出しましょう。

相手が「何?」と聞き返してきたタイミングで、ゆっくりゆっくり言葉を選びながら「自分が相手をどれだけ好きになったか」ということを話します。

そして最後の決め手の一言。相手を振り返りながら満面の笑顔で「好きになっちゃった」と伝えてみましょう。

これは意外にも男性がやっても効果的な方法ですので、かわいい告白をしたいという人はぜひ試してみてください♪

 

好きの気持ちを全力でアピール

かわいい告白のセリフと言えば、やはりなんと言っても「一生懸命さが伝わるセリフ」ではないでしょうか。

告白というかなり緊張するシチュエーションの中で、照れながらも「自分が相手をどれだけ好きなのか」ということを一生懸命に伝えてくる。

その「好き」という気持ちを全力でアピールしてくる姿に、男性も女性も関係なく「かわいい……!」とキュンとなってしまうのです。

かわいい告白のセリフなんて考えなくても、告白自体をかわいいものにしてしまえば良いのです。

 

告白のセリフNG集

恋愛5

告白のセリフを一生懸命考えたところで、相手のNGな地雷を踏んでしまっては「告白の成功」なんて夢のまた夢に終わってしまうでしょう。

せっかく勇気を出して告白のセリフを伝えるのですから、なんとしてでも告白成功を達成したいですよね。

ここでは、相手の地雷を踏まないためにもNGな告白のセリフ集を見ていきましょう。

告白成功するためには、NGなセリフやシチュエーションを事前に知っておくということが大切なのです。

 

「○○が好きらしいよ」と友達づての告白

NGな告白のセリフ、シチュエーションとして「そういえば、○○にあなたのことを好きだって伝えてほしいって言われたんだけど……」と、友達の口を通して告白のセリフを伝えてくる、という行為です。

友達に伝えさせるなんて小学生じゃないんだから……と、ついつい呆れてしまいますよね。

こんな友達の口から聞いた告白のセリフに、なんて返事をしろと言うのでしょうか。

友達づてに告白のセリフを伝えてもらうと、想いが伝わるどころか本気かどうかさえも疑ってしまいます。

大切なことを友達を通してしか伝えられない相手とのお付き合いなんて、不安しか感じないでしょう。

告白をするときは、きとんと自分の口で告白のセリフを伝えましょう。それが相手に対する最低限のマナーです。

 

「ずっと好きだった」とLINEでの告白

今やLINEをやっていない人なんて見かけないくらい、ほとんどの人がLINEやSNSをしている時代ですよね。

ですが、だからといってLINEやSNSを通して告白をすることはおすすめしません。

もちろん好きな人からの告白であれば、どんなツールであろうが嬉しいのですが、告白を受けた方の本音としては「そのセリフ、直接聞きたかった……」と、ちょっぴり残念な気持ちになってしまいます。

LINEだとなんだか簡略的な印象がどうしても強く残ります。

自分の気持ちをきちんと伝えるためには、やはり直接顔と顔を合わせて告白のセリフを伝えたいものです。

 

告白を成功させるポイント2つ

恋愛6

告白のセリフをバッチリ考えた、後は勇気を出して告白するのみだ!そう意気込む前に少し待ってください。

告白のセリフがバッチリ決まっても、告白を成功させるためには「告白のセリフ」だけではまだ力不足なのです。

告白を成功させるためには、何と言ってもシチュエーションや雰囲気も大切です。ここでは、告白を成功させるポイントを2つご紹介します。

素敵なシチュエーションの中で告白のセリフを伝えることができたら、きっと記憶に残る告白になるでしょう。

 

シチュエーションにこだわる

告白のセリフをより引き立たせるのが「告白のシチュエーション」です。

例えば、せっかくの告白なのですから景色の良いところに相手を連れて行く、相手との思い出の場所で告白のセリフを伝えるなど、相手が嬉しいと感じるシチュエーションを選ぶことが効果的です。

シチュエーションをしっかり選ぶということは、その場の雰囲気作りにも直結することなので、告白のシチュエーションこそが告白成功のポイントとなるのです。

二人の始まりになるかもしれない「告白の場所、状況」は事前にしっかりリサーチしておくことが大切です。

 

告白を成功させるコツは相手の目をまっすぐに見つめる

告白を成功させるコツは、いかに相手に「自分の想いを届けられるか」ということです。自分がどれほど相手を好きでいるのか、付き合ったら絶対幸せにするというような熱い想いをしっかり伝えて、相手の心を揺さぶらなければなりません。

相手に自分の想いを伝える方法として効果的なコツは「相手の目をまっすぐに見つめる」ということ。なぜなら「目は口ほどに物を言う」からです。

告白のセリフが緊張で上手く言えなかったとしても、相手の目を真っ直ぐ見つめて伝えることで「この人、こんなに真剣なんだ……」と、相手の心に響く告白ができるでしょう。

告白のセリフは素直な気持ちを伝えて♡

告白をする上でとても大切な「告白のセリフ」ですが、告白のセリフをきちんと相手に伝えるコツは「自分が相手を想う気持ち」をどう表現するかなのです。

告白のセリフを記憶づけるものにしたいのなら、それこそ場所やシチュエーションにこだわった方が良いですし、相手の心に響く告白がしたいのなら、告白のセリフに力を入れると良いでしょう。

相手の心を揺れ動かす告白のセリフのコツを掴んで、ぜひ自分の「素直な気持ち」を伝えてみてください。

あなたの告白が成功することを心より祈っています。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告