栄養価バツグン!子供もぱくぱく食べられる「ブロッコリー」の作り置きレシピ

ブロッコリーの作り置きレシピ!ブロッコリーは美肌効果やガン予防、免疫力アップ、整腸作用などがあります。ブロッコリーをたくさん食べられるようにするには、作り置きが重要なポイントになりますね。作り置きなら手軽にブロッコリーを食べられますよ!

公開日:
著者:
栄養価バツグン!子供もぱくぱく食べられる「ブロッコリー」の作り置きレシピ

著者名

aigekkaneko

aigekkaneko

料理歴20年で、現在はスイスで勉強中。毎日美味しいものを食べ歩き勝手に家でレシピを作って実践しています。そんな主婦生活を送っていますが、毎日24時間では足りません。そして皆様に美味しいレシピを提案していきたいと思います。

ブロッコリーの作り置きで簡単レシピ!

ブロッコリーは昔から栄養価の高い人気食材として有名ですが、実際にどのような効果があるかご存知ですか?ブロッコリーの成分は美肌効果やガン予防、免疫力アップ、整腸作用などがあり私たちが生活していく上で重要な役割を果たしてくれます。

ブロッコリーをたくさん食べられるようにするには、やはり作り置きが重要なポイントになりますね。作り置きをしておけばいつでも手軽にブロッコリーを食べられますよ!

ブロッコリーの作り置きレシピ《おかず》

簡単な作り置きに!ブロッコリーのベーコンチーズ


ブロッコリーは茹でるのでなはく、蒸し焼きにすることでふっくらと柔らかく仕上がります。さらにベーコンの旨味と仕上げの粉チーズで立派なおかずとして活躍できるでしょう。

ブロッコリーだけで食べるのは少し青くさい感じがするので、このような旨味のあるブロッコリーだといくらでも食べられるレシピになります。作り置きをして小腹が空いたときに活用しましょう。

詳しいレシピはこちら

 

 

作り置きレシピ!鶏肉とブロッコリーのバタぽん焼

作り置きレシピ!鶏肉とブロッコリーのバタぽん焼

ai.ouchigohan

鶏肉にしっかりと焼き色をつけてから作り、ブロッコリーと合わせて炒める人気のおかずです。

味付けはバターとポン酢でさっぱりしていながら簡単にコクも出せるのでおすすめですよ。作り置きして温め直せばいつでも美味しいおかずが食べられます。

バター以外脂肪分が少ない料理なのでダイエットにも効果的ですよ。美味しすぎてお箸が止まらなくなりそうですね。

詳しいレシピはこちら


 

豚肉とブロッコリーの簡単ガーリックステーキ

豚肉とブロッコリーの簡単ガーリックステーキ

ai.ouchigohan

作り置きしておきたいレシピはお肉たっぷりのガーリックステーキですよね。

いつでも美味しく食べるために作り置きしたおかずは、ジップロックに入れてしっかりと空気を抜いてから冷凍してくださいね。

ブロッコリー以外にも人参や玉ねぎなどの野菜を入れて炒めるのも良いでしょう。

ガーリックステーキは子供も大好きなメニューなのでたくさん作ってみてください。

詳しいレシピはこちら


 

ブロッコリーとベーコンの簡単粒マスタード炒め


ブロッコリーとベーコンを白ワインで蒸し焼きにしているので、旨味が増すレシピになります。作り置きをすれば4日間ほど冷蔵可能なのでたくさん作っておくと良いですね。

ブロッコリーは房を取り、茎の部分を切り分けていく作業が面倒なので一房丸ごと使うと便利ですよ。作り置きしておけばいつでも美味しいブロッコリーを使ったおかずが食べられます。

詳しいレシピはこちら

 

作り置きしたい!鶏肉とかぼちゃのクリーム煮


野菜と鶏肉をたくさん使った人気のクリーム煮は作り置きに最適なレシピです。保存方法は密閉した容器に入れて冷蔵しておけば5日ほど保ちます。これから肌寒くなる頃なので温かいクリーム煮のおかずがあれば最高ですよね。

いつでも食べられるように多めの分量を作り、いろいろなアレンジ料理にも活用していきましょう。丸いパンの中身をくりぬいてポットシチューのようにしても美味しいですよ。

詳しいレシピはこちら

 

作り置きに!ブロッコリーとほぐし鮭のポテサラ


お弁当のおかずやサンドイッチの具材なのいろいろな形で使えるため、ポテトサラダのバリエーションを増やしてみても良いですね。ポテトサラダほど作り置きをして、翌日にちょこちょことアレンジできるものはありません。

ブロッコリーが入ることで栄養価が一気に高まり、美味しくいただけますよ。作り置きしておけばいつでも美味しいサラダが食べられます。

詳しいレシピはこちら

 

作り置きのおかずに!ブロッコリーで春色玉子焼き

作り置きのおかずに!ブロッコリーで春色玉子焼き

ai.ouchigohan

人気の卵焼きが冷凍できるということをご存知ですか?冷凍できるとなると朝のお弁当作りに大いに役立ちますよね。

意外と卵焼きは作るのに手間がかかるので、なるべく作り置きしたいものです。

ブロッコリーとハムなどを入れた卵焼きを作ったらしっかりと冷まして、ラップで包んでからさらにジップロックで冷凍すればOKです。

解凍は使う前に自然解凍でも良いですね。お弁当に凍らせたまま入れておくと、食べるころにはちょうど解凍されていますよ。

詳しいレシピはこちら


 

作り置き!ブロッコリーとベーコンのアンチョビ炒め


人気のアンチョビを使ったレシピはどのようなものでも美味しくなる感じがしますよね。これならブロッコリーの青臭さが少し苦手という人でも食べられるおかずになるでしょう。

日持ちもするため作り置きがおすすめです。ジャガイモもたっぷり入っているので食べ応え満点のおかずになりますよ。仕上げに胡椒をかけていただきましょう。

詳しいレシピはこちら

 

ブロッコリーの作り置きレシピ《副菜》

簡単作り置きに!ブロッコリーのミモザサラダ

簡単作り置きに!ブロッコリーのミモザサラダ

ai.ouchigohan

ミモザサラダはまるでお花畑のような料理なのでとても人気がありますよね。お弁当に入れても喜ばれるレシピで、お弁当の中が色あざやかになります。

ミモザサラダはとても簡単にできるので作り置きをしておけば、いつでもブロッコリーの栄養を摂ることができます。

野菜をもっとたっぷり摂るために、レタスを敷き詰めても良いですね。


 

 

作り置きレシピに!ブロッコリーと卵のオイマヨ和え


オイマヨソースのブロッコリーサラダは濃厚な味付けなのでモリモリ食べられるおかずです。簡単にできてさらに美味しいので作り置きにはおすすめですよ。

ブロッコリーを茹でるのも良いですが、時間がないときは簡単に柔らかくできるレンジを使用しても良いでしょう。またはブロッコリーを茹でたお湯でゆで卵を作ると、沸騰させるまでの時間が短縮できます。

詳しいレシピはこちら

 

作り置きのおかずに!簡単ブロッコリーの胡麻和え


ブロッコリーを塩茹でしてから和えるレシピは、とても手軽にできるおかずなので副菜として活用していきましょう。作り置きする場合は、ブロッコリーを茹でた後にしっかりと水分を切ってから保存しましょう。

こうすることで腐敗も防げていつでも美味しくいただけますよ。胡麻の香りがたまらなく美味しいレシピとなります。

詳しいレシピはこちら

 

作り置きにはこれ!ブロッコリーと人参のサラダ


ブロッコリー、人参、枝豆などたっぷりの野菜が入ったサラダは、胡麻風味のとても美味しいレシピとなります。栄養も満点なので簡単に作り置きをして副菜で活用していきましょう。

しっかりした味付けのドレッシングなので子供にも食べてもらえるレシピになりますよ。人参も細かく切ってあるので食べやすくなっています。ブロッコリーの茎もちゃんと使っていきましょう。

詳しいレシピはこちら

 

作り置きおかず!ブロッコリーともやしの塩麹サラダ

作り置きおかず!ブロッコリーともやしの塩麹サラダ

ai.ouchigohan

塩麹を使ったサラダは体にもよく、優しい味わいなのでおすすめです。簡単にささっと和えるだけなので作り置きするのにぴったりですね。

我が家の常備菜として定番の副菜にしてみてはいかがでしょうか。もう少しおかず感を出したいときはしらすなどを入れて旨味をアップさせるのも良いですね。

もやしのシャキシャキ感も癖になる食感となりますよ。


 

人気の作り置きに!ブロッコリーとツナサラダ

人気の作り置きに!ブロッコリーとツナサラダ

ai.ouchigohan

ツナは子供も大好きなレシピなのでブロッコリーと合わせてあげるとモリモリ食べてくれますよ。

子供にはなるべくたくさんブロッコリーを食べてもらいたいので、作り置きしておけば副菜としていろいろ使えますね。

ツナの旨味が全体的に染み渡るのでおすすめです。食べやすいようにブロッコリーは小さめにカットしていきましょう。


 

作り置きで常備菜に!卵とブロッコリーの塩炒め

作り置きで常備菜に!卵とブロッコリーの塩炒め

ai.ouchigohan

卵とブロッコリーの塩炒めはあっさりしていながら、卵のコクがあるのでうまくバランスが取れた人気料理です。

お弁当にも使えるため作り置きをしておくと良いでしょう。冷蔵庫に入れても卵のふわふわ感は損なわれないので温めなおせば美味しくいただけます。

ビタミンとタンパク質がたくさん摂れるこの料理は、週に3回ほど食べたいレシピですね。


 

人気の作り置きに!ブロッコリーとキノコの炒め物

人気の作り置きに!ブロッコリーとキノコの炒め物

ai.ouchigohan

ブロッコリーとキノコをささっと簡単に炒めるだけの副菜は、シンプルだけどスパイシーな味わいで癖になるおかずです。

常備菜として作り置きしておけば食物繊維も毎日摂れますよ。ピリッと胡椒が効いているので大人な味わいを楽しめます。

箸休めとしても活用できるため重宝するメニューとなるでしょう。ブロッコリーの固さはお好みで調整してくださいね。


 

ブロッコリーの作り置きレシピ《おつまみ》

冷凍作り置き!鮭とブロッコリーの焼きおにぎり

冷凍作り置き!鮭とブロッコリーの焼きおにぎり

tmytsm

焼きおにぎりは一旦作ってからラップに包んで冷凍保存ができるので良いですよね。

お酒を飲んでいるときに作るのが面倒だというときもあるので、このような作り置きのレシピがあれば重宝します。

鮭とブロッコリー、スナップエンドウをご飯と一緒に混ぜて形成し、簡単にフライパンやトースターで焼いていきましょう。

これなら子供にも喜ばれるのでいくつかまとめて作ってみてください。


 

 

簡単作り置き!人気のブロッコリーのベーコン巻き

簡単作り置き!人気のブロッコリーのベーコン巻き

ai.ouchigohan

ベーコンの便利な活用法として野菜に巻きつける方法があります。そうすることで食べやすくもなり、お弁当にも使えるメニューになりますよ。

ベーコンの旨味がブロッコリーにも染み込んで美味しくさせてくれます。

また、このレシピはチーズも間に入れているので、一口で食べると口の中でいろいろな味わいが楽しめます。

まるでスペイン料理のピンチョスのようなおしゃれな仕上がりですよね。


 

簡単!ブロッコリーとちくわのスパイシー炒め

簡単!ブロッコリーとちくわのスパイシー炒め

ai.ouchigohan

ちくわはなぜか冷蔵庫に余ってしまって使いきれないというときは、作り置きにして活用してみてはいかがでしょうか。

ブロッコリーと一緒に炒めればボリュームもアップして食べ応えも出ますよ。

スパイシー炒めはおつまみとしても活用できるので、飲みながらパパッと作ったり、作り置きをしていたおかずを温め直して食べるのもの良いでしょう。


 

ブロッコリーと卵のおかかツナマヨ玉ねぎソース


調味料がツナ缶、マヨネーズ、オイスターソースなので想像するだけでも美味しいと思える人気レシピですよね。おかかも良いアクセントになっていくらでもブロッコリーが食べられます。

作り置きにしておけば4日は美味しく食べられるので、副菜やおつまみとして食べていきましょう。他の野菜をたっぷり使っても良いですね。常備菜として冷蔵庫にあるだけでも安心できます。

詳しいレシピはこちら

 

作り置きに!ブロッコリーとじゃこの蒸し料理


人気のちりめんじゃこを使えば調味料はシンプルで済むため手軽にできるレシピです。作り置きする場合はしっかり水分がなくなるまで最後に炒めてくださいね。

カルシウムも摂れるので毎日食べられるように常備菜として作り置きをしておきましょう。酒蒸しをするため食材本来の美味しさがそのままいただけるレシピとなっています。

詳しいレシピはこちら

 

作り置きに人気レシピ!ブロッコリーのピクルス


冷蔵庫にブロッコリーのピクルスが常備されていれば、いつでもヘルシーに栄養が摂れるのでおすすめです。作り方もとても簡単なのでブロッコリーひと房全て使っても良いかもしれませんね。

おしゃれな瓶に詰めておけば食べるのも楽しくなりますよ。輪切りの唐辛子が入っていますが、それほど辛くはないので、量を調整してみてください。

詳しいレシピはこちら

 

作り置きのおかずにブロッコリーと塩こんぶサラダ

作り置きのおかずにブロッコリーと塩こんぶサラダ

ai.ouchigohan

人気の塩こんぶは味が完成されているのでブロッコリーと混ぜるだけでも美味しく仕上がります。

ちょうど良い固さに塩茹でしたブロッコリーに和えるだけなのでとても簡単ですよね。これなら作り置きをして小腹が空いたときにつまみたくなるレシピです。

塩こんぶはもともとお酒のおつまみにもなる食品なので、ぜひ一緒に混ぜて作ってみてはいかがでしょうか。


 

作り置きに簡単!ブロッコリーの茎で簡単きんぴら

作り置きに簡単!ブロッコリーの茎で簡単きんぴら

ai.ouchigohan

ブロッコリーの茎が苦手でどうしても食べづらいというときは、茎そのものに味付けをして炒めてしまいましょう。

ブロッコリーの茎にも栄養が詰まっているので必ず食べるようにしてくださいね。このレシピならきんぴら風に炒めるため、茎を食べている感じがしませんよ。

おつまみにもなるため、ブロッコリーの茎が集まったら一気に作って作り置きしてみてください。


 

ブロッコリーの作り置きで簡単レシピまとめ

ブロッコリーは栄養価が高いけれどレシピが分からなくなったときは、ぜひこれらのメニューを試してみてください。どれも手軽に作れるものばかりなので難しくありません。

またブロッコリーが苦手という子供にも食べやすく調理してあるため、苦手意識がなくなるかもしれませんね。おかずからおつまみまでの作り置きレシピをそれぞれ作って、お気に入りの一品を見つけてみましょう。ブロッコリーで心も体もヘルシーになりますよ!

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告