大掃除前でも綺麗をキープ!普段から掃除しやすい工夫やアイデア

涼しくなってきてお掃除の効率も上がりそうな時期です。年末の大掃除にはまだ早いかもしれませんが、せっかく綺麗に掃除するのなら、その状態を保ちたいですよね。ふだんの掃除で綺麗をキープしたり掃除しやすくする工夫についてご紹介します。

著者:
公開日:
大掃除前でも綺麗をキープ!普段から掃除しやすい工夫やアイデア

だんだん気温も涼しくなってきて、家事しやすい季節になりました。お掃除の効率も上がりそうな時期です。年末の大掃除にはまだ早いかもしれませんが、せっかく綺麗に掃除するのなら、その状態を保ちたいですよね。

そこで今回は、ふだんの掃除で綺麗をキープしたり掃除しやすくする工夫について、ご紹介します。

お掃除リストを作っておくといいかも

お掃除リストを作っておくといいかも

yururi.life

出典:instagram.com

もうすでに大掃除を始めているご家庭もあるようです。まだ気温が低くない今なら、汚れが落ちやすく体も動かしやすいですよね。

掃除すべき場所は、この写真のように表に書き出しておくと分かりやすく、掃除漏れがありません。今のうちから少しずつスタートすることもできますね。


 

 

掃除のハードルを下げる工夫

掃除のハードルを下げる工夫

remi.8900

出典:instagram.com

使い古したTシャツやカットソーは、使いやすい大きさにカットして雑巾に。

ちょこっとした部分の掃除に役立ちますし、再利用でエコにもなります。

普段から少しずつやっておけば、掃除の時には使い捨てできるのでラクですよね。


 

リビングの掃除がしやすい工夫

リビングの掃除がしやすい工夫

kazokushuno_yuri

出典:instagram.com

たまに使う程度の家電のコードは、普段は外して束ねておいたほうが埃を寄せ付けず、掃除も楽になります。

でも家電から取り外せないコードは、束ねても垂れ下がったままになってしまうことも。

そこで、セリアの開閉フックを上の方に貼り付けてコードを引っ掛けるようにまとめると、スッキリとしたコード収納ができます。


 

リビングの掃除がしやすい工夫2

rinko5511

出典:instagram.com

テレビ裏に、ちょこっとお掃除のアイテムを隠し収納している実例です。

例えば掃除道具は収納庫に入れるなどルールを決めてしまうと、目についた汚れも後回しにしてしまいがち。

普段長く居る場所でさっと取れるような収納にしておくと、汚れも見逃さずすぐに綺麗にできますよね。結果的に、汚れをため込まないという効果が。


 

キッチンの掃除がしやすい工夫

キッチンの掃除がしやすい工夫

remi.8900

出典:instagram.com

電気ケトルの掃除って、意外と簡単なんです。クエン酸を入れていつものように沸かすだけ。とても手軽なので、汚れをため込まないためにも習慣化しましょう。

この時、ケトルの中にできたクエン酸水を利用して、ついでに排水溝まで綺麗にするというアイデアはいいですね!

キッチンの排水口には重曹を撒いておき、冷ましたクエン酸水を注ぐと化学反応を起こして、シュワシュワ…と汚れを剥がし落としてくれます。


 

キッチンの掃除がしやすい工夫2

michy_ismart

出典:instagram.com

電子レンジの掃除も簡単です。重曹水をチンするだけで汚れが浮いて落としやすくなるので、あとは拭き取るだけ。

レンジ庫内の汚れは火災にも繋がる可能性がありますし、普段から掃除しておきたいところです。


 

キッチンの掃除がしやすい工夫3

meji_home

出典:instagram.com

IHの隙間を埋めるフレームカバーを、キッチンの足元に使っている実例です。

綺麗に掃除しているつもりでも、こうした隙間には意外と汚れが蓄積されやすいので、汚れが入らないような工夫があるといいですね。


 

換気扇の掃除をしやすくする工夫

換気扇の掃除をしやすくする工夫

home_kagaya_o1

出典:instagram.com

汚れを防止するといえば、換気扇にフィルターをつけているご家庭は多いかもしれません。

部屋についている小さな通気口にもフィルターを貼り付けておいたら、掃除がだいぶラクになります。

フィルターを換えるタイミングで羽根もささっと掃除して、ため込まない工夫を。


 

洗濯機周りの掃除や綺麗を保つ工夫

洗濯機周りの掃除や綺麗を保つ工夫

mangetsu_kun

出典:instagram.com

埃がたまると掃除が厄介な、洗濯機の蛇腹ホース。歯ブラシを使ったり竹串で少しずつ汚れをかき出したりするのは、時間がかかるし面倒ですよね。

そんなホースの蛇腹部分には、無印良品のバスブラシが活躍するようです。広い面積で一気に綺麗になるのは助かりますね!


 

洗濯機周りの掃除や綺麗を保つ工夫2

ma.yuy___am

洗濯機周りを掃除したら、ホースにラップを巻きつけて。

せっかく掃除したので綺麗をキープしたいですし、次回の掃除を楽にするためには、また汚れが溜まるのを予防しておくのが鉄則です。


 

洗面台の綺麗を保つ工夫

洗面台の綺麗を保つ工夫

kazokushuno_yuri

出典:instagram.com

洗面台で水気が溜まりやすいディスペンサーですが、セリアの「フィルムリングフック」と「ステンレスハンギングフック」で浮かせることに成功!

これならボトルを動かして掃除する手間も省けますね。ただし引っ掛けたままポンプをプッシュするのは負荷がかかりすぎるので、使うときは外したほうが安心です。


 

 

洗面台の綺麗を保つ工夫2

luv.white___

オートソープディスペンサーも工夫次第で浮かせることができます。

もしフックが入るような形状なら、そこに引っ掛けて吊るすだけ。

ボトルタイプに比べると重量もあり扱いに気を使いますが、しっかり固定できていれば大丈夫そうですね。


 

洗面台の綺麗を保つ工夫3

luv.white___

実例のソープディスペンサーの裏はこんな感じで、細めのフックならしっかり挿さりそうです。

フックを2本使って、より安定させていますね。突っ張り棒を設置すれば、いろんな洗面所にも使えそうなアイデアです。


 

浴室入口の綺麗を保つ工夫

浴室入口の綺麗を保つ工夫

yururi.life

出典:instagram.com

湿気が高く、汚れが溜まりやすい浴室入口のサッシ部分。細かい部分ですが、だからこそ汚れると掃除が厄介でもあります。

なので綺麗に掃除した後は、マスキングテープで保護を。サッシや床の色に合わせたマステを使うと違和感もありません。

剥がし跡も残らないマステなら、綺麗をキープすることができるし便利ですよね。


 

毎日少しずつ掃除を進める

毎日少しずつ掃除を進める

rinko5511

出典:instagram.com

食品を入れる冷蔵庫は、清潔にしておきたいものです。しかし一気にまとめて掃除するとなると、気が重くなってきます。

なので1日1段ずつと決めて、少しずつ掃除をしていくとラクですね。家事の時間が取れない日でも、短時間でささっと済ませられます。


 

こまめな掃除で綺麗をキープ!

ふだんの掃除で綺麗をキープしたり、掃除しやすくする工夫についてご紹介ましたが、いかがでしたか。

なるべく大掃除すべき場所を減らしておいて、余裕を持った年末を迎える準備をしておきたいですね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告