セカンドパートナーとは?体の関係はない友達以上不倫未満の意味を解説!

セカンドパートナーとは、既婚女性が同じように既婚者である男性と一線を超えずに『配偶者以外のパートナー』として関係を持つ事です。体の関係じゃない『心の結びつきとは』を重視したツインレイとも言える男女の仲を表します。意味を把握して、純粋な関係を構築するのも素敵な人生の進め方です。

公開日:
著者:
セカンドパートナーとは?体の関係はない友達以上不倫未満の意味を解説!

著者名

MooooN

MooooN

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

セカンドパートナーって何?

『セカンドパートナー』。この言葉を耳にした事はあっても、意味まで理解している人はそう多くないはず。セカンドパートナーとは、既婚女性が同じように既婚者である男性と一線を超えずに『配偶者以外のパートナー』として関係を持つ事です。

体の関係じゃない『心の結びつきとは』を重視したツインレイとも言える男女の仲を表します。セカンドパートナーの意味や見解を広げる事で、人生に新たなトキメキや希望が垣間見えるはず。

意味を把握して、純粋な関係を構築するのも素敵な人生の進め方です。

セカンドパートナーとは

セカンドパートナーとは

一言でいえば『既婚者である男女の純愛』です。家庭があり心理的に寄り添える相手を探すのには、人それぞれ理由があるはず。

今の旦那とは体の関係は愚かキスやハグもしていない。旦那とは恋愛関係ではない…。こんな状態だと夫と一緒に過ごす意味さえ虚しく感じるもの。

セカンドパートナーとは、夫に対して諦めてしまった妻たちが心の癒やしにセカンドパートナーを求めるのです。

 

 

既婚者同士のプラトニックラブ

体の関係で肉体的な寂しさを埋めるのでなく、体の関係はなくても心理的な癒しや拠り所を求めて既婚者同士で恋に堕ちる男女を表します。セカンドパートナーとは体の関係はもちろん、キスすらしない人が多く『究極のプラトニックな関係』だと言えるのです。

『結婚生活』に何らかの意味があって、配偶者との関係を壊せないと願う既婚女性が『同じような既婚男性と精神的に繋がる事』で純粋な関係を維持出来るのでしょう。

 

キスや体の関係はNG

セカンドパートナーにキスや体の関係はNGです。不倫の観念から言えば、キスは法的にも離婚理由となる『不貞行為』にはみなされませんが、いくら不貞行為でなくてもキスからいずれ体の関係を持つのは目に見えていますよね。

体の関係じゃない意味が込められた『セカンドパートナー』の定義を崩さない為にも、キスは避けた方が無難でしょう。大切なのは、深みに落ちない事なのです。

体の関係を持つと、『不貞行為』とみなされ法的にも罰せられる可能性があるので十分に注意しましょう。

 

友達でも恋人でもない

セカンドパートナーとは友達でも恋人でもない純粋な愛の形です。既婚者同士、愛情を感じて心理的に支え合うので『友達』ではありません。ですが、キスをしたり体の関係がなく『愛を誓い合っている』訳でもないので恋人でもありません。

既婚者同士ゆえに、それぞれに家庭があるけれどそこでは解消しない心の溝を埋めてくれるのが『セカンドパートナー』です。既婚男性との友達でも恋人でもない、恋愛の意味さえ見え隠れする微妙なラインを楽しむ女性は多いです。

体の関係がないからこそ余計にドキドキするのでしょう。

 

セカンドパートナーを求める心理

セカンドパートナーを求める心理

夫に愛情を抱くのは不可能だと、結婚生活を続ける意味さえ見失ってしまいませんか?女性はいつまででも『女』です。自分を女と見てくれない旦那を慕い続ける意味などないですよね。

もちろん不倫はいけない事。ですが、人間はそこまで強い生き物じゃないのも事実です。女性と見てくれない夫に諦めの気持ちがある時に、素敵な既婚男性が現れたらそのアプローチを撥ね付けられるでしょうか。

セカンドパートナーを求めるのは、夫への不満や諦めが大きく関与しています。

 

不倫はしたくない

大きなポイントは『不倫』はしない事。不倫で法的に罰せられる事とは『貞操義務に反した時』です。貞操義務に反するのは性的関係を持ったかどうかが基準。

セカンドパートナーの純粋な関係は『貞操義務に反している』には当てはまりづらいです。夫以外の男性に癒しを求めたいけれど、不倫はしない女性が『セカンドパートナー』を求めるのです。

 

トキメキが欲しい

セカンドパートナーを欲するのは純粋にトキメキを欲する気持ちから。愛を誓い合って結婚をしたものの、夫婦の愛が完全に冷えきっている状態で今後何十年もトキメキもなく一生を終えるのは辛い事。

『それならまずは離婚をしろ』という意見はごもっともですが、結婚に『何らかの意味』があると感じている女性に『離婚』はかなりリスキーです。

不倫をする度胸も離婚する勇気もない、心理的弱さからセカンドパートナーを求めるのです。

 

既婚男性の理解が欲しい

既婚男性からの癒しや理解が欲しいと願っている願望の表れです。夫との夫婦生活が破綻しているので、他の既婚男性に癒してほしい、自分の事を理解して女性として輝かせて欲しいのです。

既婚者同士にしかわからない家庭の悩みを相談し合う事で、既婚男性にとっても既婚女性にとっても大きな心理的支えとなります。お互いに辛い境遇に直面しているからこそ、痛みを分かち合いたいのです。

セカンドパートナーとは、友達や恋人の意味や境界を超えた『心理的な支え』なのです。

 

セカンドパートナーのメリット

セカンドパートナーのメリット

セカンドパートナーのメリットとは、一体何でしょう。結婚生活に満足し円満な夫婦もいれば、愛情もなく冷めた態度を取り合い、針のむしろ状態の夫婦も存在します。

それでも結婚生活を続ける事に意味があると感じるから、離婚をせずにセカンドパートナーを探すのです。セカンドパートナーは公に出来ません。

ですが、セカンドパートナーがいる女性たちがこぞって挙げる『メリット』を知れば、その魅力に触れられるはずです。

 

不倫とはひと味違う

セカンドパートナーは、不倫とは少し違います。不倫に踏み込まずにあえてセカンドパートナーのままの関係を貫く男女は、その意味も不倫の意味もきちんと理解しています。

体の関係がない事で不倫行為で罰せられる『夫婦の貞操義務』に反しないように意識しているのです。体の関係を持たなくても心で繋がっていると答える既婚女性は多いです。

肉体的な癒しよりも精神的な癒しに救いを求める傾向の高さが垣間見えます。

 

意味を持った付き合い

セカンドパートナーは、意味を持った付き合いが出来るのもメリットのひとつ。ただの浮気や不倫とは違って、単なる快楽を求めるだけで既婚男性との関係を持っているのではありません。

きちんと『お互いに精神的に支え合えている』という観念のもとで、コミュニケーションを持ちたいという意味があるのです。セカンドパートナーと過ごす時間は、家庭や夫婦生活に疲れた女性が唯一リフレッシュ出来る場所だと言えるでしょう。

セカンドパートナーとの時間や関わりを持つ事で、心理的な安定を得られたり明日への活力に繋がるのです。

 

悩みを共有出来る

お互いが既婚者なので『家庭の悩み』や『夫婦のズレ』についての話題を共有出来る事です。相手も家庭を持っているので、結婚の現実や、やり場のない憤りや不満を抱えています。

夫婦の関係が修復不能だったり、相手に対して諦めを感じているからこそ浮気や不倫に目が行ってしまうのもまた事実。他には零せない家庭や夫婦についての悩みを分かり合える相手というのは、大きな精神的支えになりますよね。

セカンドパートナーを作る事で『自分の逃げ場所』や『安らげる場所』を確保するのです。

 

セカンドパートナーのデメリット

セカンドパートナーのデメリット

精神的な安らぎの場である『セカンドパートナー』ですが、もちろんそこにはデメリットだってあります。体の関係がないので貞操義務には反する事がほとんどありませんが、一生を誓い合ったパートナーを裏切る行為には変わりません。

相手に心の不倫がバレてしまったら、パートナーの心を深く傷つけ信用を失ってしまうでしょう。セカンドパートナーが欲しいと思っても安易な行動に出ず、きちんとデメリットまで把握するべきです。

ここでは、セカンドパートナーのデメリットを3つ解説します。

 

プラトニックを貫く必要がある

セカンドパートナーのデメリットとは、どんなに相手と一線を超えてしまいたいと思ってもプラトニックを貫かないといけない、という事です。キスまでは貞操義務に反するとみなされる事もほとんどないでしょう。

会う度にキスをする関係だと、遅かれ早かれセカンドパートナーとの一線を超えてしまう可能性だって拭いきれませんよね。お互いに既婚者で『セカンドパートナーを作る』のは、いかに自分の理性や感情をコントロール出来るかが重要となるのです。

プラトニックを貫く覚悟を持って現状維持の状態で過ごしましょう。

 

浮気には変わりない

大きなポイントとなるのが『浮気には変わりない』という事。体の関係がないので不貞行為と罰せられる確率はまず少ないでしょう。

セカンドパートナーの存在が夫だけでなく周囲にバレてしまったら、失うもののリスクが多いのも事実ですよね。女性本人だけでなく相手の名誉も大きく傷つける可能性も高いです。

全てを失う覚悟を持てない状態では、セカンドパートナーを持つにはリスクが大き過ぎるのです。

 

燃え上がることができない

デメリットで注意したいのが『燃え上がることが出来ない』というもの。セカンドパートナーはあくまで『友達を超えた恋人ではない存在』です。

どんなに相手の男性を好きになっても、セカンドパートナーの意味を重視するなら決して燃え上がる事は出来ません。相手だって既婚男性ですから、女性だけが盛り上がると相手の家庭を壊してしまうケースに繋がる原因になります。

セカンドパートナーという立ち位置を無視して、感情のままに燃え上がるのはご法度。『心にも一線を引く』という意識を強く持って、初めて『セカンドパートナー』の関係が成り立つのです。

 

セカンドパートナーの探し方

セカンドパートナーの探し方

冷え切った夫婦関係のまま残りの長い人生を過ごすのは、女性としてはかなり辛い事。夫以外に夢中になれるものや生きがいがあったとしても『私はもう一生恋なんて出来ない』『この先の人生でトキメキを感じる事はない』と思うのは、心理的に大きなダメージを被る原因です。

冷え切った夫婦生活に嫌気が差して『セカンドパートナーを探したい』と決意した時、一体どうやって見つければ良いのでしょうか。セカンドパートナーという特殊な関係を承諾してくれる男性は存在するのかも疑問ですよね。

ここでは、セカンドパートナーを求める女性の為の『探し方』を3つご紹介します。

 

飲みの席

セカンドパートナーを見つけるには『飲みの席』が効率が良いです。例えば趣味の仲間との飲み会、友達づてで知り合った既婚男性と飲みの席で意気投合して、気づいたらセカンドパートナーになっている、なんて事も珍しくありません。

中にはセカンドパートナーを探す目的で合コンに参加したり、子供のお稽古や部活で知り合った仲間内の既婚男性とセカンドパートナーの関係になる女性も存在するのです。

お酒が入ると、つい勢いのまま行動を起こしてしまうもの。『飲みの席』は、効率良くセカンドパートナーを探せるポイントなのです。

 

職場の既婚男性

男性の浮気や不倫で多いのも『職場』ですが、女性がセカンドパートナーを探す時のポイントとなるのも『職場』なのです。職場で仲の良い既婚男性とセカンドパートナーとして関係を持っている女性は意外と少なくありません。

職場だと長時間一緒に過ごす事から親密な関係になりやすいのです。また、職場の集まりだと言えば、夫に怪しまれる事なく出かけたり飲み会に参加出来ますよね。

職場の既婚男性とセカンドパートナーになる時は、『お互いに割り切った付き合いを』という意識をより強く持つ必要があります。

 

マッチングサイト

身近にセカンドパートナーとして付き合える男性がいない場合は、マッチングサイトも見過ごせません。最近では、セカンドパートナーを求める既婚者男女が集まるマッチングサイトも存在する事から、以前よりセカンドパートナーを見つけるハードルが下がっていると言って良いでしょう。

ですが、マッチングサイトでセカンドパートナーを探すのは、危険も伴いますし何よりリスクも大きいです。もしも変な相手と出会ってしまったら、相手がストーカー化してしまったり関係をバラされる恐れだってあるのです。

マッチングサイトでセカンドパートナーを探す時は十分な注意が必要だと認識しましょう。

 

セカンドパートナーまとめ

セカンドパートナーとは、単なる快楽を求める火遊びではなく心理的に支え合う『心のパートナー』であると言っても過言ではありません。セカンドパートナーの意味を履き違えると、後々取り返しのつかないトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

セカンドパートナーを作る時は、十分な注意とそれに伴うリスクを覚悟する意識が大事。冷え切った結婚生活によって疲弊した心を『夫ではない第二のパートナー』に癒やされたいと願う女性は、そう少なくないのです。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告