付き合って2年の彼氏とラブラブでいたい!別れるor結婚するカップルの違いとは?

付き合って2年が経つと付き合い初めのラブラブ感は落ち着きますが、結婚を考えている彼氏に飽きた、飽きられたなんて悲しい話ですよね。では、付き合って2年が経ち『結婚まで進めるカップル』と『別れを選ぶカップル』の違いは一体何なのか『付き合って2年でもラブラブでいる方法』を踏まえながらお伝えします。

公開日:
著者:
付き合って2年の彼氏とラブラブでいたい!別れるor結婚するカップルの違いとは?

著者名

MooooN

MooooN

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

彼氏と付き合って2年!

彼氏と付き合って2年が経つと、そろそろ結婚も意識し始める頃。今のラブラブ感を維持しながら結婚…!というのが理想ですが、2年付き合っているカップルの中には『倦怠期』から別れに発展するカップルも珍しくありません。

付き合って2年が経つと付き合い初めのラブラブ感は落ち着きますが、結婚を考えている彼氏に飽きた、飽きられたなんて悲しい話ですよね。

では、付き合って2年が経ち『結婚まで進めるカップル』と『別れを選ぶカップル』の違いは一体何なのか『付き合って2年でもラブラブでいる方法』を踏まえながらお伝えします。

付き合って2年のカップルの特徴

恋愛

『2年付き合っているカップル』と聞いて真っ先に思い浮かぶのが『良い意味で馴れ合い』ではないでしょうか。付き合って2年が経つと、交際初めの時のドキドキ感やワクワク感はどうしても減少するもの。

ですが、ドキドキ感やワクワク感に変わり『一緒に居ると心が安らぐ』という安心感や、愛しさへと変化していくのです。付き合って2年のカップルに訪れる『慣れ』ですが、この『慣れ』をラブラブで解消出来るか、飽きた・飽きられたの別れへ持っていくかはカップル次第。

ここでは、付き合って2年のカップルの特徴を解説していきます。

 

 

普通の交際から同棲へと発展

付き合って2年のカップルに多いのは『普通の交際から同棲へと発展している』です。付き合って2年だと、お互いのおおよその事は把握している頃ですよね。

ただの交際だけでなく、同棲しようという話が出やすいのも『付き合って2年』の時期です。結婚を見据えるカップルなので、彼氏・彼女の生活スタイルや結婚のシミュレーションをしたいと考えるのです。

同棲が始まると、更に『ラブラブを持続できるか』『別れに進むか』の両極端になりやすいので、同棲が始まった時こそ注意が必用です。

 

馴れ合いを感じる

付き合って2年のカップルの特徴は『馴れ合いを感じる』です。付き合ってから時が経つと良い意味でも悪い意味でも『慣れ』が出てくるもの。

この『馴れ合い』こそがカップルを結婚まで発展させるか別れを選ぶかが決まってしまうのです。例えば彼氏に対して不安や迷いを感じる時、馴れを実感すると『寂しさ』や『疑心』の方が勝ってしまいますが、彼氏への愛情がしっかりとしていれば、慣れ合いさえも『愛しい』と感じるものです。

付き合って2年で、お互いの間に芽生えた『慣れ』を素敵なものに変換出来るよう意識を強く持ちましょう。

 

『飽きられたら』の不安と背中合わせ

付き合って2年のカップルによく見られる特徴は、お互いに信頼はしているけれど『飽きられたら』という不安が常に頭の隅の『不安』となっているという事。

付き合って2年で飽きられたら…と不安になるのは、もちろん『相手の事を愛しているから』です。嫌われたくない、相手を失いたくないと思っているからこそ『飽きられたら…』など目に見えない不安に心配になるのです。

飽きられたと不安に苛まれる前に、何年経っても飽きられないよう気をつければ良いのです。

 

付き合って2年で結婚するカップル

恋愛2

付き合って2年で別れるカップルもいれば結婚まで辿り着くカップルもいます。付き合って2年で結婚するカップル達は、別れを選んでしまうカップルと何が違うのでしょうか。

付き合って2年というのは『慣れ』が彼氏と彼女の心理にどう影響を及ぼすか、カップルの関係の分岐点となるポイントなのです。付き合って2年で結婚するカップルに多く見られるポイントやコツを3つご紹介します。

 

ラブラブ感を持続できる

付き合って2年で結婚するカップルは、ラブラブ感を持続できるカップルです。ラブラブ感が自然に持続していくのを期待していたら、いつしか彼氏の存在に慣れてしまい行き着く先は『倦怠期』です。

付き合っている内に倦怠期が訪れる大きな理由のひとつが『相手の存在に特別感を感じなくなる』というもの。彼氏や彼女が『一緒にいて当たり前』となると大切なものさえ見えなくなってしまうのです。

付き合って2年で別れる事なく結婚できるカップルは、それをお互いに知っている為、ラブラブ感を『持続させるように』努力しているのです。

 

記念日を大切にしている

2年の交際で結婚をするカップルは、記念日を大切にしているという特徴があります。記念日を大切にするカップルは、長く付き合っていても相手に対して『特別感』を持ちやすい傾向があります。

半年、1年という交際記念日を初め、彼氏・彼女の誕生日やクリスマス、バレンタインといった記念日をきちんとお祝いする事で、日常の付き合いから『特別な日』を感じられるのです。

彼氏と結婚したい、いつまでもラブラブで付き合っていたいと望むなら『記念日を大切にする意識』をしっかり持ちましょう。

 

彼氏・彼女の家族と仲良し

付き合って2年で結婚まで発展できるカップルは、付き合って1年の頃からお互いの家族と交流を持つ人たちがほとんど。彼氏や彼女の事を『結婚を見据えて付き合っている相手』と認識していますので、付き合ってまだあまり経っていない時に親に紹介するのです。

彼氏や彼女の家族と仲良くなるのは、精神的にタフな人でなければかなり緊張しますし、初めの内は気を使ってしまうものです。ですが、それを超えて彼氏や彼女の家族と仲良くするのは、ラブラブでいる以前に『相手と結婚したい』という強い気持ちがあるから。

付き合って間もない頃からお互いに結婚を意識しているからこそ、2年で結婚まで辿り着けるのです。

 

付き合って2年で別れるカップル

恋愛3

付き合って2年で別れるカップルは、なぜ別れを選んでしまうのでしょう。付き合い初めのラブラブ感を持続させられるか落ち込ませるかは、当人同士の意識次第なのです。

付き合って2年経ってもラブラブで結婚まで行けるカップルがいるのも事実です。『彼氏に飽きたから』『飽きられたから』と、別れを決断するのはとても寂しい事ですよね。

付き合って2年の『カップルの分岐の時期』を乗り越えられない別れるカップルの特徴を3つ解説します。

 

結婚話が出てこない

付き合って2年で別れるカップルは、結婚話が出てこないカップル。20代半ばから30代の『結婚適齢期カップル』にも関わらず、2年付き合っても結婚話ひとつも出てこないのは危険信号です。

2年という、それなりに長い月日を付き合って結婚話が出てこないのはなぜでしょうか?喧嘩ばかりを繰り返し『結婚後の生活に不安があるから』お互いに仕事の目標や志が高く『まだ結婚なんて考えられない』など、カップルによって事情はさまざま。

普段はラブラブに見えていても『結婚話』が出てこないのは、お互いにお互いを人生のパートナーとする事を迷っている心理の表れでもあるのです。

 

倦怠期に頑張れない

2年も付き合っていると、どうしても感じてしまうのが『倦怠期』です。どんなにラブラブなカップルでも、誰にだって『相手への好きの波』があります。

なぜか無性に大好きで仕方ないと感じる時期と、好きという感情が落ち着く時期の『2つの波』が交互に押し寄せるのが人間の心理なのです。2年付き合って別れを選ぶカップルは、この『好きが落ち着いた時期』をネガティブに捉え、倦怠期だと過剰に焦るのが特徴。

相手に対して過敏に反応する余り、空回っては疑心暗鬼になり『もういいや…』と疲れ果ててしまうのです。

 

プライドを曲げられない

2年付き合って結婚する事なく別れてしまうカップルは『相手へのプライドを曲げられないカップル』です。2年も経つと初めの頃のラブラブ感が落ち着き、喧嘩をしても折れられない、謝れない人も少なくありません。

そうなるとその後に待ち受けているのは『結婚』ではなく『別れ』ではないでしょうか。最愛の相手であるはずの『彼氏』や『彼女』に対して敵意とも思われる『曲がったプライド』を示す理由は何なのでしょう。

『相手に負けたくないという気持ちは愛ではない』と気づく事で何かが変わるはずです。

 

付き合って2年でもラブラブでいる方法

恋愛4

せっかく大好きな彼氏と付き合っているのですから、付き合って2年経ってもラブラブでいたいですよね。カップルが結婚まで辿り着けるポイントとして大切なのは『ラブラブを感じられるかどうか』です。

ラブラブな感覚は、相手を愛していると表現できる、相手からも愛されていると感じる、という時に生まれるもの。何年付き合っていようがお互いの意識次第でラブラブでいられるのです。

ここでは、2年付き合ってもラブラブでいる方法を3つのポイントからお伝えします。

 

『別れる』を口に出さない

2年付き合ってもラブラブでいる方法は、どんなに腹が立つ喧嘩をした時にも『別れる』という言葉を口にしない事。とくに女性は感情的になると怒りのままに『もう別れる…!』と辛辣な言葉を攻撃材料にする傾向が強いです。

中には、自分から『もう別れようか…』と言って相手の反応を見ようとする人も珍しくありませんよね。ですが『別れる』という言葉は男性、女性双方に大きなダメージを受けるもの。

言われた方は『仲直り後もわだかまりが残るほど強烈な言葉』だと意識する事が大切です。

 

お互いを大切に思える

2年付き合ってもラブラブでいる方法は『お互いを大切に思える』という事です。2年経っても結婚してからもラブラブを持続させているカップルは、お互いにお互いを慈しんでいるという特徴があります。

『自分のこと以上に相手を大切にする』ということは、実際にはとても大変で難しいこと。喧嘩の時でも自分の怒りやプライドを捨て、相手の心に寄り添うのってなかなか難しいですよね。

ですが、2年経って『慣れ』が出てもラブラブでいる為には『相手の為に努力する事』が大切なのです。

 

愛情表現は多めに

2年付き合ってもラブラブでいる為には『愛情表現は多めにする』という事です。長く付き合っていると『愛情表現なんてしなくても分かってくれる』と思う人が多いのですが、愛情表現は伝えなければ分かりません。

とくに相手が女性の場合、彼氏からの愛情表現が目に見えて減ったと感じると、心のどこかで『愛情が減ったのかしら』と勘ぐってしまうもの。愛情表現やスキンシップをきちんと行っているカップルの方が、長くラブラブ感を持続できる傾向が強いです。

ラブラブなまま結婚まで進みたいなら、愛情表現とスキンシップは大切にしましょう。

 

付き合って2年で気をつけること

恋愛5

付き合って2年が経ったカップルが気をつけることは『分岐点』をどう進んでいくかという事。付き合って1年なんてまだまだ相手の事なんて理解出来ていません。

ですが、2年も一緒にいると次第に相手の考え方や心理傾向が見えてきますよね。100%とまではいかなくても何となく相手について理解出来ると、何をしても『パターン化』と感じてしまうのです。

付き合って2年をどう過ごすかでこの先の付き合い方が定まってくるので気をつけましょう。

 

飽きた時の対応に注意

付き合って2年、何だか最近彼氏に飽きたと感じた時、彼女としてどのような行動を取るべきかよく考えましょう。『飽きた』この気持ちは自分でもどうする事も出来ないものだから厄介なんですよね。

ですが、彼氏に飽きたと感じたからといってこれが『一時期』という期間限定である可能性も高いです。なぜなら誰しも『相手への好き』には波があるから。

飽きたと感じる時期でも普段と変わらない対応を心がける事で、倦怠期が早く終る傾向があるのです。

 

女を捨てたらスキンシップは減る

交際初めの頃は『彼氏の為に綺麗になりたい』『可愛いと思ってもらいたい』と、女磨きにも力を入れていたはず。それなのに付き合って2年も経つと、彼氏の前で普通にすね毛を剃れる、ファッションにも気を抜く、となると自然にスキンシップは減ります。

『女性らしさ』を感じられなくなった彼女に対する寂しさやガッカリ感はどうしても触れたいという感情を抑制させるのです。彼氏とラブラブでいる為にスキンシップは必要不可欠。

女性らしさをいつまでも忘れない事がラブラブ感を持続させ『別れ』を遠ざける方法なのです。

 

自分の所有物ではないという意識

付き合って2年が経った頃、気をつけて頂きたいのが『自分の所有物ではない』という意識をしっかり持つという事。交際期間が長くなると、相手をまるで自分の身内のような扱いをしてしまいやすくなります。

相手への気遣いがなくなると、キツイ言葉を平気で投げかけてしまったり、相手が思い通りの行動をしてくれないと不満をぶつけるようになるのです。

いつまでもラブラブでいる為には、どんなに身近な存在になっても相手への気遣いや配慮を忘れない事が大切なのです。

 

付き合って2年でも飽きられないために

付き合って2年が経ったカップルは、ラブラブのまま結婚まで進んでいくか、別れるかの分岐点に立たされていると言っても過言ではありません。

付き合って2年でも飽きられない為には『何気ない日にサプライズプレゼント』をしてみたり『記念日』を大切にしてみたりと、日常の中にドキドキやワクワクを埋め込むという事。

悩みがあったら真っ先に彼氏に相談するなど、飽きられない為の工夫が大切になるのです。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告