別居から復縁する方法とは?夫婦がよりを戻すきっかけ&タイミング

現在別居中で復縁を望んでいる人は少なくありません。このまま本当に離婚してしまうのかなと不安になっている人もいることでしょう。 今回は、別居から復縁するきっかけやタイミングなどをご紹介します。

公開日:
著者:
別居から復縁する方法とは?夫婦がよりを戻すきっかけ&タイミング

著者名

vivi

vivi

自身が過去の恋愛で、悩み学んだ経験を活かし、愛される女性の特徴や男性心理などを中心とした恋愛記事を執筆しています。恋愛で悩んだ時の参考になったら嬉しいです。

別居から復縁するには?

現在別居中で復縁を望んでいる人は少なくありません。このまま本当に離婚してしまうのかなと不安になっている人もいることでしょう。

旦那とよりを戻すには、嫁としてどんな方法やタイミングで向き合えばいいのでしょうか。別居をしている夫婦には、既に離婚話が出ていることも多いです。

別々の生活になった後に関係が戻るにはある程度の時間が必要ですが、根本に復縁したいという気持ちや考えを持っていれば、復縁は目指せます。今回は、別居から復縁するきっかけやタイミングなどをご紹介します。

夫婦が別居した理由

恋愛1

まず、夫婦が別居するに至ったのはどんな理由があるのでしょうか。旦那側に理由がある場合もありますし、嫁側にある場合もあります。

夫婦によって理由は様々ですが、大まかな理由は共通しています。また、離婚話が出た後であることも多いです。家庭内で喧嘩したままだったり、会話をしないで暮らすという状態ではなく、別々に住むことになるわけですから、軽い問題ではありません。

復縁の方法にも影響するので理由を知ることは大事です。夫婦が別居する理由にはどんなものがあるのか、具体的に見ていきましょう。

 

 

離婚話が出たから

夫婦が別居した理由1つ目は、離婚話が出たからです。夫婦にとって重要な問題が生じて離婚話が出た後は、別居が始まるきっかけになりやすいです。

旦那の浮気や、依存による嫁の束縛など、夫婦関係を続けることが困難になり、離婚という話に至ります。しかし、恋人が別れるのとは違い、夫婦が離婚することは勢いでできるものではないので、簡単に決断を出すことはできません。

戸籍も変わりますし、周囲への報告もあります。そうなった場合に一度冷却期間として別居することになります。

 

喧嘩をした勢い

夫婦が別居した理由2つ目は、喧嘩をした勢いです。旦那の浮気が発覚した時など、夫婦にとって大きな問題が発生して喧嘩になった時に、その勢いで別居することがあります。

普段喧嘩をしない夫婦こそ、喧嘩の勢いで別居することが多いです。普段から小さい喧嘩をしている夫婦であれば、多少の喧嘩で別居に至ることはありません。

喧嘩をすることが日常的なので、あるとしても1、2泊友達の家や漫画喫茶に泊まったりで済むでしょう。2人にとって重要な喧嘩をしたことが理由で、別居になるのです。

 

どちらかの依存に耐えられなくなったから

夫婦が別居した理由3つ目は、どちらかの依存に耐えられなくなったからです。特に多いのが、旦那に対して嫁が依存しているパターンです。

専業主婦であったり元々恋愛依存体質だったりして、旦那に依存してしまう人は少なくありません。自覚していないことも多いです。

依存することによって過度な嫉妬や束縛が増え、その状態に耐えられなくなって別居するようになるのです。

離婚を真剣に考えていることもありますし、単純に距離を置きたいだけということもあります。いずれにしても依存する側が変わらないと、復縁は難しいでしょう。

 

夫婦が別居から復縁するきっかけ

恋愛2

夫婦が別居後に復縁するには、どんな方法があるのでしょうか。よりが戻るように嫁としてできることがあれば知りたいですよね。

旦那側も復縁を望んでいる場合もあるでしょうし、旦那はよりを戻すつもりなはく本気で離婚を考えていることもあるでしょう。

どちらにせよ、別居中は相手の気持ちが分からず、いつまでこの状態が続くのか不安で仕方ない日々を過ごしている人も多いので、復縁するきっかけを知ることは力になるはずです。

ここでは、別々の生活になった後に復縁するきっかけを具体的にご紹介します。

 

一度離れて存在の大きさを知る

夫婦が別居から復縁するきっかけ1つ目は、一度離れて存在の大きさを知るということです。

別々に暮らして冷静になった後、嫁として、旦那との関係がもう終わってしまうのかと不安になることがあります。

いくら喧嘩したからと言って、実際に離婚が目前になったようで焦ることも少なくありません。

このように、一度離れたことで存在の大きさを改めて感じるものです。

元の関係に戻るきっかけとして、毎日一緒にいることが当たり前で気が付かなった、夫婦というかけがえのない大事な存在であることを思い出すことで、復縁に近付きます。

 

本音を話し合うことで向き合えた

夫婦が別居から復縁するきっかけ2つ目は、本音を話し合うことで向き合えたことです。別々に暮らすようになった後は、ある程度の冷却期間を経て話し合いを設けることが多いです。

このタイミングでの話し合いは、旦那と嫁どちらが悪いにしても、お互いの言い分を聞くことが大事です。今まで、自分の言い分ばかり主張して、相手の気持ちや不安に気付けなかったということもあるでしょう。

話し合いは、関係が戻るためには必要な方法です。本音で話すことで向き合えるので、絆が深まり、復縁につながります。

 

記念日に会う

夫婦が別居から復縁するきっかけ3つ目は、記念日に会うことです。別々に暮らしているとは言え、旦那と嫁という関係値であることには変わりありません。

お互いにとって、旦那や嫁という立場は相手だけなのです。別々に暮らすようになった後、相手の気持ちも分からず、このまま離婚に向かうのか不安だった気持ちも、結婚記念日に会い夫婦であることを実感することで、会話や関係が戻るきっかけになるものです。

結婚記念日は会う理由にしやすく、夫婦であることを実感するタイミングなので、復縁する方法として効果的です。

 

夫婦が別居から復縁するタイミング

恋愛3

次に、実際に復縁するのはどんなタイミングなのか見てみましょう。別々に暮らした後、どのくらいのタイミングが復縁の目途になるのでしょうか。

嫁側の気持ちではなく、旦那の気持ちも大事ですが、復縁のタイミングにはパターンがあります。別居に至った理由の内容、夫婦期間、普段喧嘩をするかどうかなど、条件によって違います。

そのため、あくまでも目安にはなりますが、これから復縁に向けてどう進めていこうか考えている人はぜひ参考にしてみてください。夫婦が復縁するタイミングをご紹介します。

 

喧嘩程度なら3ヶ月未満

夫婦が別居から復縁するタイミング1つ目は、喧嘩程度なら3ヶ月未満ということです。真剣に離婚の話が出ていなくて、喧嘩がきっかけで別々に住むことになった場合は、3ヶ月未満で復縁することが多いです。

大事になることを避けるためにも、旦那側、嫁側共に、両親や周囲には報告する必要はないでしょう。

3ヶ月以後の場合は、仲直りのきっかけが作りにくくなるので、早めによりを戻すタイミングを作るようにしましょう。

別々に暮らしている期間で頭を冷やし、別居の原因になった問題はしっかり話し合って解決することが大事です。

 

冷却期間としては1年程度

夫婦が別居から復縁するタイミング2つ目は、冷却期間としては1年程度ということです。離婚話が出ていて深刻な状態だった場合、数か月後に解決できるようなものではありません。

旦那側も嫁側もしっかり頭を冷やして、気持ちの整理をするのに、1年程は必要です。1年程別々に暮らすことで、当たり前だった日常や相手に対して感謝できるようになってきます。

そしてやはり自分にとってかけがえのない相手だったと認識するようになります。話し合いを設けていなかった場合は、1年を目途に本音で話し合う機会を作るといいでしょう。

 

4年目以降は復縁が難しい

夫婦が別居から復縁するタイミング3つ目は、4年目以降は復縁が難しいということです。別居の理由が重い場合や夫婦期間が長い場合などは、冷却期間として3年程必要なこともあります。

それほど、裏切られた気持ちや信頼を取り戻すのに時間がかかるのです。しかしそのタイミングで、お互いが本音で話し合っても、旦那と嫁という関係に戻れないと感じた場合、今後も復縁は難しいでしょう。

その場合の3年という別居期間は、冷却期間ではなく、相手への執着心がなくなる時期になると言えます。

 

夫婦が別居から復縁するポイント

恋愛4

旦那と嫁という立場に戻るためには、どんなことがポイントになるのでしょうか。夫婦はカップルとは違うものです。夫婦と言う関係を意識し、逃げずに向き合うことが大事になります。

一度離婚の話が出た後は特に、別々に暮らすことで距離を感じ、元の関係に戻れるのか不安になりますよね。自分が戻りたいと思っても相手がどう思っているか分からず、不安が募る一方でしょう。

そんな不安から抜け出せるように、よりを戻すために大事なことを知っておきましょう。ここでは、別居から復縁するポイントをご紹介します。

 

結婚記念日を意識する

夫婦が別居から復縁するポイント1つ目は、結婚記念日を意識するということです。別居中とはいえ、夫婦であることに変わりありません。

嫁側だけではなく旦那側の気持ちも大事になりますが、結婚記念日は食事に行くようにしてみましょう。結婚記念日は、初心にかえったり、夫婦であることを改めて認識するので、復縁に近付きます。

逆に復縁の可能性がない場合は、結婚記念日に一緒に過ごしても特別な気持ちにならないので、自分の中で本当に戻りたいかどうかが分かるきっかけにもなるでしょう。普段は単なる話し合いで会っているとしても、この日は特別です。

 

無理に連絡取ろうとしない

夫婦が別居から復縁するポイント2つ目は、無理に連絡取ろうとしないということです。別居後は不安な気持ちから、連絡を取ろうとする人がいますが、逆効果になることがあります。

別居期間中は、旦那にとっても嫁にとっても冷却期間です。お互いがそれぞれ一人で考えるために必要な期間なので、無理に連絡しないようにしましょう。

自分の気持ちの整理がつかなくなるということもありますし、相手がゆっくり考えられず、余計に気持ちが離れてしまう可能性が高いです。連絡の頻度やタイミングは気を付けましょう。

 

話し合うことから逃げない

夫婦が別居から復縁するポイント3つ目は、話し合うことから逃げないということです。旦那が原因だった場合は「あなたが全部悪い」の一点張りで、自分が原因だった場合も「嫁としてひどいことしたから」などと、きちんと話し合うことを避ける人がいます。

それでは到底復縁に辿り着きませんし、仮に元に戻ったとしても、その後いい関係ではいられないでしょう。

今まで気が付かなかった相手の思いや考えがあるかもしれません。相手の立場になって考えたことがない人は特に、この機会を逃さずに、しっかり話し合いましょう。

 

別居から復縁したい時に注意したいこと

恋愛5

復縁する際のきっかけやポイントを知ったことで、復縁に向けて動こうとしている人もいると思いますが、ちょっと待って下さい。戻りたいと思った時にやってはいけないこともあります。

やってしまうことで復縁が遠のいたり、逆効果になってさらに溝が深まってしまう可能性もあります。元に戻りたいからと言って、焦ったり気を引くような言動にならないように気をつけましょう。

元に戻りたいという気持ちを大事にして、その気持ちに真摯に向き合うことが大事です。ここでは、復縁したい時に注意したいことをご紹介します。

 

別居から間もないうちは気軽に連絡しない

別居から復縁したい時に注意したいこと1つ目は、別居から間もないうちは気軽に連絡しないということです。

「話をしたい」など、きちんと話をしたいという気持ちが伝わるような内容であればいいですが、「今何してる?」など軽薄な内容の連絡は気軽にしないようにしましょう。

別居期間というのは、一度距離を置いて、今まで当たり前だった夫婦という関係を見直す冷却期間です。お互いが冷静になり、起きた問題やこれからの関係性を見直すタイミングで、気軽な連絡をするのは避けたほうがいいです。

 

SNS投稿

別居から復縁したい時に注意したいこと2つ目は、SNS投稿です。特にお互いの共通の知り合いがいる場合、旦那側は周囲に別居していることを話していないかもしれません。

そんな中で一方的に別居をにおわすような投稿をすると、周囲も気になりますし、必要以上に問題が広がることがあります。

また、旅行に行ったり友達と楽しく過ごしている姿をこれ見よがしに投稿するのもやめましょう。

真剣に考えているべき期間に、やたらと楽しんでいる姿を見ることで、元に戻る気がないのかなと判断されてしまいます。

 

嫌味を言う

別居から復縁したい時に注意したいこと3つ目は、嫌味を言うことです。別居後は特に気持ちにずれが生じやすかったり、言葉の受け取り方がマイナスになりがちです。

相手が原因で別居に至った場合でもこの期間に嫌味を言うのはやめましょう。言いたいことがあれば、話し合いの場で正式に言いましょう。

復縁を望んでいる場合、正式に言うほどではない程度の内容であれば、言わない方が得策です。

また、SNSの投稿が目に入ってつい嫌味を言ってしまうといった場合は、一時的にフォローを解除したりして、自分の目に入らないようにしましょう。

 

別居から復縁しよう

別居中は、相手がどうしているか、何を考えているかが分からずもやもやと考えてしまったり、いつまでこの状態なのか、このまま離婚してしまうのかと不安な気持ちになることでしょう。

夫婦関係を見直すタイミングとして、どちらが原因だったとしてもお互いに話し合う姿勢でいることが大事です。

夫婦というのは、様々な問題を乗り越えてこそ絆が深まります。相手だけのせいにしたり、自分が悪いからと簡単に諦めたりせずに真摯に向き合って別居から復縁しましょう!

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告