お似合いカップルって言われたい!みんなが認めるベストカップルになる方法

すごく似合っているなと思うカップルって理想的ですよね。実際に、お似合いだと言われたり認めてもらうにはどうすれば?周囲から見たカップル像を意識している人は多いです。自分が彼にとって一番似合っている彼女でありたいですよね!今回は、お似合いと言われるカップルの特徴やベストカップルになるためのポイントなどをご紹介します。

公開日:
著者:
お似合いカップルって言われたい!みんなが認めるベストカップルになる方法

著者名

vivi

vivi

自身が過去の恋愛で、悩み学んだ経験を活かし、愛される女性の特徴や男性心理などを中心とした恋愛記事を執筆しています。恋愛で悩んだ時の参考になったら嬉しいです。

お似合いカップルになる方法をご紹介!

すごく似合っているなと思うカップルって理想的ですよね。「私も似合ってると思われたい」と密かに希望を抱いている女性も多いのではないでしょうか。

実際に、お似合いだと言われるには?どうすれば周囲に認めてもらえる?など、周囲から見たカップル像を意識している人は多いです。彼氏ができたら、自分が彼にとって一番似合っている彼女でありたいですよね。

そこで今回は、お似合いと言われるカップルの特徴や、お似合いなベストカップルになるためのポイントなどをご紹介します。

お似合いカップルの特徴【外見編】

恋愛

お似合いカップルは外見に特徴があります。意識せずとも自然と似ている部分が多いです。お似合いカップルは、好きな相手の好みに無理に合わせているわけではなく、自然と似ているというのが特徴的です。

付き合っていくうちにさらに似ていくということもあります。見た目で似合っていることが伝わるカップルって素敵ですよね。偶然道をすれ違っただけの全く知らない他人だとしても、思わず見惚れてしまいそうです。誰もが振り返るような2人には実際にどんな特徴があるのか見てみましょう。

 

 

顔の系統が似てる

お似合いカップルの特徴【外見編】1つ目は、顔の系統が似てるということです。人間には顔の系統がいろいろあります。「濃い顔・薄い顔」や「ソース顔・しょうゆ顔・塩顔」などの顔の濃さを表現するものや、「キツネ顔・タヌキ顔」などの動物に例えた表現など様々です。

顔の系統が近い、似てるカップルは、周囲からもお似合いに見えるものです。顔は生まれ持ったものなので、付き合っていくうちに似ていくというよりも、自然とお互いに顔の系統が似てる人が好きなタイプになっていると言えます。

 

雰囲気が似てる

お似合いカップルの特徴【外見編】2つ目は、雰囲気が似てるということです。上述した顔の系統もそうですが、お似合いと言われるカップルは見た目に表れる雰囲気も似てます。

お互いに優しい雰囲気であったり、明るい雰囲気であったり。一緒に過ごすうちに似てくることもありますが、出会ったときから、雰囲気が似てるからこそ惹かれ合ったというパターンが多いです。

雰囲気は、性格や日々の習慣が大きく影響します。そのため、似せようとして簡単に似るものではありません。雰囲気が似てるというのは居心地の良さにつながります。

 

服装の系統が似てる

お似合いカップルの特徴【外見編】3つ目は、服装の系統が似てるということです。カジュアルな雰囲気の服装であったり、きれい目な雰囲気の服装など、服の系統が似てるカップルはお似合いだと感じます。

特に、服装に強いこだわりを持っていて、モードな雰囲気や奇抜な雰囲気の服装など、あまり一般的ではない系統であればなおさらお似合い度が強くなります。

好みが似てるので、たまに貸し借りをするカップルもいる程です。服の系統はそのまま雰囲気にも影響してくるので、服装の好みも意外と重要です。

 

お似合いカップルの特徴【内面編】

恋愛2

お似合いカップルには、内面にも共通した特徴があります。基本的にいつも穏やかなお似合いカップル。お似合いカップルの内面の特徴は、穏やかに付き合える秘訣とも言えます。

実際に2人の人となりを知らなくても、偶然隣に座ったカフェなどで会話をしている姿を見ただけでも、似合っているなと感じることでしょう。

どちらか1人だけの影響ではなく、あくまでも2人の相性によって成り立ちます。2人の内面がいい相性となり滲み出ていることで、周囲もベストカップルだなと感じるのです。具体的にどのような特徴があるのか、早速見てみましょう。

 

波長が合っている

お似合いカップルの特徴【内面編】1つ目は、波長が合っているということです。いつもてきぱきと動いているような人や、行動がゆったり・おっとりしている人など、波長は人によって様々です。

波長は、歩くペースやごはんを食べる早さなど、日常の過ごし方に影響するため、波長が合うカップルは一緒にいて居心地の良さを感じやすく、周囲にもお似合いだと思われます。

波長はその人の生き方そのものなので、波長が合う・合わないは、付き合う上でとても重要です。波長は雰囲気にも直結しやすいので、波長が合っているカップルは雰囲気も似ていることが多いです。

 

仲が良い

お似合いカップルの特徴【内面編】2つ目は、仲が良いということです。雰囲気や波長が似てると、お互いに背伸びをせずに等身大の自分でいられるため、とても仲が良いです。

仮によく喧嘩になることがあったとしても、それほど何でも言い合える仲ということであり、お互いに好きという気持ちや信頼が根本にあります。

そのため喧嘩が多くても最終的に、周囲の目には仲が良いカップルに見えるのです。喧嘩でお互いに言いたいことを伝えられるというところも含めて仲が良いと言えます。

 

お互いが自立している

お似合いカップルの特徴【内面編】3つ目は、お互いが自立しているということです。お互いに自立しているカップルは、自分のことは自分でなんとかする部分と、相手に甘えたり頼る部分を上手に使い分けています。

また、お互いに1人の人間として自立しているので、相手に依存することがありません。

そのため、波長が合いとても心地よく付き合うことができます。その心地良さが、穏やかで和やかなムードとなり、周囲の目にもお似合いに映るのです。依存してしまう関係だと、不毛な喧嘩が増えるので周囲からもお似合いというようには到底見えないでしょう。

 

お似合いカップルが意識していること

恋愛3

お似合いカップルは、好きな人と付き合う上で意識していることがあります。何もかも自然な流れでうまくいっているわけではないのです。意識しているからこそ、いい関係を保て、結果お似合いカップルになっているとも言えます。

意識していることは、付き合う上で大事だと思っていることでもあります。そのポイントがお互いに一致していることも重要です。

どちらか一方だけではなく、2人とも意識しているからこそ、ベストカップルになれるのです。どんなことを大事にしているか、詳しく見ていきましょう。

 

お互いを大事に思っている

お似合いカップルが意識していること1つ目は、お互いを大事に思っているということです。付き合う上で、お互いを尊重することはとても大事です。

よく、相手のことを考えているからこそというていで、意見や発言をする人がいますが、本当にお互いに大事に思っている場合は、まずは相手の言い分や考えを聞き入れます。

そしてその上で自分の気持ちも伝えるのです。相手を思ってる”ふり”ではなく、本当に相手を思うことがお似合いな雰囲気になります。自分のことよりも相手を思いやる気持ちがお互いにあるからこそ、お似合いに見えるのです。

 

相手の性格をよく分かってる

お似合いカップルが意識していること2つ目は、相手の性格をよく分かってるということです。お似合いと言われるカップルたちは、どういうことで喜ぶのか、どういうことで怒るのかなど、相手のことをよく理解しています。

そのため、相手の喜ぶ顔が見たくて喜びそうなことをしたり、相手が怒ったり悲しいと思いそうなことはしないように配慮ができます。

そんな些細な気遣いが、自分を分かってもらえている、受け入れてもらえているという幸福度につながり、どんどんお似合いになっていきます。

 

無理や我慢はしない

お似合いカップルが意識していること3つ目は、無理や我慢はしないということです。お互いに我慢したり、無理をしてまで付き合うことをしません。自分が自然体で居られることを念頭に置いた状態で、付き合う相手を選んでいることが多いです。

お互いに、その場の盛り上がりだけではなく、長い目で見て、波長が合い自分が自然体でいられることを大事にしているので、結果的にお似合いなカップルになります。

相手を思いやるのと無理や我慢をするのは別です。自分が自然体でいられるからこそ、相手を思いやる心の余裕があるとも言えます。

 

釣り合ってないと思われるカップルの特徴

恋愛4

お似合いと思われるカップルが入れば、釣り合ってないと思われるカップルもいます。お似合いカップルを目指している人の中には、付き合っていても釣り合ってないと感じた経験や、周囲に釣り合ってないと言われた経験があるという人もいるのではないでしょうか。

釣り合っていないと思われるカップルの特徴を知ることは、付き合う前であれば付き合うかどうかのジャッジポイントにもなります。

既に付き合っている場合も、関係を改めて考えるいいきっかけになることでしょう。実際に具体的な特徴を見てみましょう。

 

どちらかが無理をしている

釣り合ってないと思われるカップルの特徴1つ目は、どちらかが無理をしているということです。例え、一方が自然体で過ごせているとしても、どちらかが無理をして相手に合わせてばかりいると、いつか爆発します。

そして無理をして付き合っているということは、周囲は気付くものです。そのような付き合い方をしているカップルは、到底お似合いカップルとは言えません。

また、無理をしないと付き合えない関係性は、お似合いと思われないかどころか長続きしないでしょう。まずは本人同士が居心地良く付き合えるかどうかが大事です。

 

自分が一番大事と思っている

釣り合ってないと思われるカップルの特徴2つ目は、自分が一番大事と思っているということです。自分が中心で自分の気持ちや考えが一番大事と思っている人は、相手を思いやったり、理解しようという気持ちがありません。

お互いが思いあうことができないと、周囲から見ても、付き合っていても幸せそうじゃない、吊り合ってないと思われます。付き合っている関係ではなくても、他人を思いやる気持ちはとても大事です。

人としての魅力の一つでもあります。常に自分のことが一番大事と思っているような人は、他人に大事にされることはありません。

 

交友関係に違いがある

釣り合ってないと思われるカップルの特徴3つ目は、交友関係に違いがあるということです。人付き合いや、面倒を見る範囲、異性の友人との付き合い方など、交友関係の価値観が合わないと、喧嘩の要因になります。

例えば、一方が幅広い交友関係で、もう一方は狭い交友関係で生きている場合、2人の時間の優先順位なども変わってくるので、嫉妬や束縛につながりやすいです。交友関係は、自分が生きやすいように構築されているものです。

お互いの人付き合いを受け入れられない場合、周囲に釣り合ってないと思われるのは自然なことと言えます。

 

お似合いカップルになるためのポイント

恋愛5

お似合いカップルになるためには、まず相手選びが重要です。付き合ってからの努力だけでお似合いカップルを目指すことは難しいと思いましょう。自分自信を理解して、どのような人と付き合ったらお似合いカップルになれるのかを整理することが大事です。

まず自分自身を理解していないと、相手選びにもブレが生じてしまいます。周囲が認めるようなベストカップルになりたいと願うだけではなく、自分を理解し、どんなことに気を付ければいいのか、ポイントをしっかり押さえる必要があります。具体的に見てみましょう。

 

価値観が似てる人を選ぶ

お似合いカップルになるためのポイント1つ目は、価値観が似てる人を選ぶということです。付き合う前の話になりますが、お似合いカップルと言われる人たちは、自分の価値観や一緒に過ごす時の波長に正直に生きています。

歩み寄って解決できるレベルではない程、価値観が合わない人とは付き合うことはありません。

まずは自分の大事にしたい価値観を見直し、男性を見る時には、その価値観を軸に見てみましょう。自分にとって大事な軸を基準にすることで、お似合いになれる可能性が高くなります。

 

自分が自然体でいられる人を選ぶ

お似合いカップルになるためのポイント2つ目は、無理や我慢をしすぎないということです。お似合いと言われるには、お互いに自然体でいることができて、居心地の良さや波長が合うことを感じる必要があります。

好きな人だからと言って、自分の価値観やいいところなどを抑えて、相手に合わせることを意識してしまっては、お似合いと言われる状態からはかけ離れてしまいます。自分自身が自然体でいられることを大事にしましょう。

 

相手を正しく理解する

お似合いカップルになるためのポイント3つ目は、相手を正しく理解するということです。

付き合う上で、相手のことを正しく分かっているかどうかはとても重要です。意外と多いのが、相手を尊重しているつもりでも、実は自分本位になっていて、本当に相手のことを理解しているわけではないということです。

「理解したつもり」は時間をかけてすれ違いを生むものです。喧嘩をしてでも本音を伝えたり、聞き入れるといった心掛けが大事です。お似合いカップルになるには、まずはお互いにお互いを正しく理解することが重要になります。

 

お似合いカップルになろう!

お似合いカップルと言われたら嬉しいですよね。しかし、お似合いカップルと言われるには、自分本位でいるうちは難しいです。お似合いカップルの特徴を知ることで、どんなカップルがお似合いと言われるのか見えてきたのではないでしょうか。

波長が合い、自然体で過ごせる相手を選ぶことも大事ですが、もし既に付き合っている場合は、自分の目線を少し変えてみることで、お似合いカップルになれるきっかけが見つかるかもしれません。みんなが認めるベストカップルを目指して、お似合いカップルになりましょう!

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告