電話で別れ話をする時の注意点まとめ!タイミングや切り出し方は慎重に

電話で別れ話をする時の注意点とは?直接会うのが怖いからと、電話での別れ話を考えている人に向けて「電話で別れ話をする男女の心理」や「電話で別れ話をする時の注意点」「電話で別れ話をする時のポイント」などをご紹介します。

公開日:
著者:
電話で別れ話をする時の注意点まとめ!タイミングや切り出し方は慎重に

著者名

MooooN

MooooN

平成2年生まれのO型です。恋愛・結婚についての記事が得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

電話で別れ話をする時の注意点とは?

お付き合いをしている恋人と別れたいと思っても、どのような別れ話の切り出し方、終わり方をすれば良いのか戸惑ってしまう人も少なくないでしょう。

直接会うのが怖いからと、電話での別れ話を考えている人に向けて「電話で別れ話をする男女の心理」や「電話で別れ話をする時の注意点」「電話で別れ話をする時のポイント」などをご紹介します。

電話での別れ話を成功させるには、きちんと注意点を踏まえて行動することが大切なのです。

電話で別れ話をする男女の心理

恋愛

会うと別れ話をするタイミングがわからない

電話で別れ話をする男女の心理1つめは「会うと別れ話をするタイミングがわからない」というものです。

最後は直接会って、きちんとケジメをつけるべきだと頭でわかっていても、どうしても会うことを躊躇うこともあるでしょう。

会うといつものペースに流されてしまい、ついつい別れ話の切り出し方やタイミングがわからなくなる、恋人の笑顔を見た後で別れ話なんてできないと考える男女が、電話での別れ話を選ぶ傾向があるのです。

 

直接会って言うことが怖い

電話で別れ話をする男女の心理2つめは「直接会って言うことが怖い」ということです。

直接会って別れ話をすると、彼氏や彼女の反応がストレートに目に見えてしまいます。

人によっては、恋人の傷つく反応を見るのが怖いからと別れ話自体を避けて、いつまでも自分の気持ちを押し殺したり、情に流されて別れ話を撤回してしまう人もいるのです。

 

最後は恋人の泣く姿を見たくない

電話で別れ話をする男女の心理3つめは「最後は恋人の泣く姿を見たくない」というものです。

今までたくさんの思い出がある恋人同士だと、最後の記憶に「恋人が泣く姿」を焼き付けたくないという心理があります。

最後まで綺麗な思い出を残したいというのは、置いていく方の無責任な言い訳ですが、恋人の泣く姿を引きずりたくないというのは、自然な心理状態ではないでしょうか。

 

LINEではさすがに失礼だと思う

電話で別れ話をする男女の心理4つめは「LINEではさすがに失礼だと思う」というものです。

別れ話をする時に、直接会って話すことに抵抗がある場合、LINEか電話かという選択肢になりますが、さすがにLINEでは失礼だという心理が働いています。

LINEではなく電話で別れ話をする男女の心理は、恋人に最低限の誠意を見せようという気持ちの表れだと言えるのです。

ですから、電話での別れ話を失礼だという切り方をしてしまうのは、少し寂しいものです。

 

電話で別れ話をされた時の男女の心理

恋愛2

最後くらいは嫌がられても会いたい

電話で別れ話をされた時の男女の心理1つめは「最後くらいは嫌がられても会いたい」というものです。

別れ話をされる側の心理としては、どんなに嫌な理由があっても最後くらいは会いたいと願うものです。

別れ話をした彼氏や彼女の気持ちや言い分もわかるけれど、せめて最後くらいは会いたい、会って納得させて欲しいという心理状態に陥ってしまうという傾向が強くなります。

 

電話を切られることが怖い

電話で別れ話をされた時の男女の心理2つめは「電話を切られることが怖い」というものです。

電話で別れ話をされた男女の心理というものは、1分でも良いから電話の向こうの恋人と繋がっていたいという心理状態なのです。

電話を切られることが怖いという心理を理解して、電話で別れ話をされた恋人の気持ちや伝えたいことを、恋人の納得がいくまで聞いてあげるということが大切です。

 

酷い終わり方だと思う

電話で別れ話をされた時の男女の心理3つめは「酷い終わり方だと思う」というものです。

電話やLINEで別れ話をする人に対して「ケジメもつけられないのか」「不誠実だ」と、否定的な意見を持っている人も少なくありません。

せめて最後の終わり方くらい、きちんと顔を合わせて話したいという心理の表れで、電話やLINEでの別れ話に対して「酷い終わり方だ」と考えるのです。

 

相手の心理状態がわからない

電話で別れ話をされた時の男女の心理4つめは「相手の心理状態がわからない」というものです。

カップルとして付き合っていた期間が長ければ長い程、2人の関係を電話一本で終わらせようとしているのかと、相手の心理状態に疑問を持ってしまうのです。

別れ話をされた方というのは、頭や心が混乱状態に陥っていますので、電話で別れ話をしてきた恋人に対して、簡単に別れ話を済ませようとしているんだと思い込んでしまうのです。

 

電話で別れ話をする時の注意点

恋愛3

遠距離恋愛の時は理由に気をつける

電話で別れ話をする時の注意点1つめは「遠距離恋愛の時は理由に気をつける」ということを意識しましょう。

遠距離恋愛で別れ話をする時は、遠距離恋愛を理由にすることは避けるべきです。

遠距離恋愛で会えないからということを理由にすると、別れ話をされた方は「遠距離恋愛じゃなければ上手くいったのに」と、失恋を引きずってしまう原因になります。

 

恋人が出ない時に伝言を入れるのはNG

電話で別れ話をする時の注意点2つめは「恋人が電話に出ない時は、伝言に別れ話の内容を含ませるのはNG」だということです。

例えば、恋人が電話に出ない時に「言いづらいけれど、言わないといけないことがあるので電話しました。

折り返しを待っています」というような内容の伝言を、重いトーンで入れることで相手に別れ話だと勘付かれる可能性があります。

別れ話に対する対策をとられる危険があるので、伝言メッセージを不用意に利用することは避けましょう。

 

言い方はあくまで柔らかく

電話で別れ話をする時の注意点3つめは「言い方はあくまで柔らかく」ということです。

電話での別れ話は相手の顔が見えない中、言葉や言い方だけで相手に自分の気持を上手に伝えたり納得させなければなりません。

ですから、電話での別れ話にはいつも以上に柔らかい言い方で伝えるということを意識しましょう。

電話での別れ話は、相手を納得させるということが成功の鍵を握るのです。

 

時間に余裕がある時に電話をする

電話で別れ話をする時の注意点4つめは「時間に余裕がある時に電話をする」というものです。

電話での別れ話は、かなり長い時間が必要になることが想定されます。

場合によっては、1時間や2時間もの長い時間が必要になることもあるでしょう。

また、電話での別れ話だと別れ話が終わるまでは切ることもできませんので、時間が十分に確保できる時に恋人に電話をかけましょう。

もちろん自分の都合だけではなく、恋人の時間の都合も大切にすることが大前提です。

 

電話で別れ話をする時のポイント

恋愛4

切り出し方は力強く

電話で別れ話をする時のポイント1つめは「切り出し方は力強く」ということを意識しましょう。

別れ話をする時は、どんな状況でもかなり緊張してしまうものです。

ですから、電話での切り出し方が弱々しくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、弱々しい切り出し方だと「どうしても別れたい」という気持ちが上手く伝わらないどころか、押し通したら丸め込める可能性があるのではないかと、恋人に期待されてしまう危険性があります。

別れ話を上手くまとめるためにも、電話での切り出し方に気をつけましょう。

 

話し方は相槌を意識して

電話で別れ話をする時のポイント2つめは「話し方は相槌を意識する」ということです。

別れ話をする方にとっては早く終わらせてしまいたい電話でも、別れ話をされる方にとっては少しでも自分の不安や悲しみを解消させて欲しいと思うものです。

ですから、相手の話をきちんと聞いている、誠実に向き合いたいという気持ちを見せるためにも、相槌を意識した話し方や言い方を心がけましょう。

 

潔い電話の切り方が重要

電話で別れ話をする時のポイント3つめは「潔い電話の切り方が重要」だということです。

別れ話に恋人が納得したら、その後はきちんと今までの感謝と謝罪、前を向いて欲しいという気持ちを伝え、電話を潔い切り方で切るということが大切になります。

電話を切る時に「そっちから切って」と、言われた時に「でも…」と言うのは、優しさでも何でもありません。

潔い切り方でスパッと電話を終わらせる方が、恋人の気持ちを早く割り切らせてあげられる重要なことなのです。

 

緊張を割り切ることが大切

電話で別れ話をする時のポイント4つめは「緊張を割り切ることが大切」だということです。

電話であってもLINEであっても、別れ話をすることに緊張は付き物です。

緊張をするということは、それだけ恋人と真剣に向き合ってきたということです。

どうしても緊張するものだと、緊張することを割り切って電話をかけましょう。

 

恋人の心を軽くする例文

恋愛5

彼氏への例文:長い間幸せにしてくれてありがとう

彼氏の心を軽くする例文1つめは「長い間幸せにしてくれてありがとう」というものです。

男性は、彼女と別れる時に「彼女は自分といて幸せだったのだろうか」と、考える傾向にあります。

ですから、電話の最後に「幸せだったよ」だとか「ありがとう」という気持ちを伝えることで、彼氏の傷ついた心を少しだけ軽くすることができるのです。

 

彼氏への例文:あなたに合う人がきっといる

彼氏の心を軽くする例文2つめは「あなたに合う人がきっといる」というものです。

男性は、失恋直後は彼女以上の人はいないと、どん底に落とされた気分になりがちです。

ですが「あなたに合う人がきっといる」と、明るい未来へのイメージを持たせることで「確かにそうだ」と受け入れてしまう、素直で単純な男性心理を働かせることができるのです。

 

彼女への例文:自分が悪いんだ

彼女の心を軽くする例文1つめは「自分が悪いんだ」というものです。

女性は別れ話などの大きなショックを受けた時に、相手を責める心理が働いてしまいがちです。

ですから、あえて「自分が悪いんだ」と自分に非があるという言い方をすることで、彼女は「本当にそうよ」と、憎まれ口を叩きながらも少しだけ冷静になることができるのです。

 

彼女への例文:何分でも泣いていいから

彼女の心を軽くする例文2つめは「何分でも泣いていいから」というものです。

女性は「別れ話をするのなら優しくなんてしないで」と言いがちですが、本当にアッサリ終わられると「なんて最低な冷たい人なんだろう」「本当は私のこと好きじゃなかったんだ」と、悲観に暮れてしまいます。

大切だった彼女との最後を最悪なものにしたくないなら「何分でも泣いていいよ。付き合うよ」と、彼女の気持ちに寄り添ってあげることが大切なのです。

 

電話での別れ話を成功させるためには

恋愛6

心の込もった内容で恋人を納得させる

電話での別れ話を成功させるためには「心の込もった内容で恋人を納得させる」というものです。

電話で別れ話をすると、別れ話が上手くまとまらない内に相手に「もうこんな話したくない」と、電話を切られる危険性があります。

恋人との別れ話をうやむやなものにさせないためにも、恋人が最後まで納得してくれるような、心の込もった内容と話し方をすることを意識しましょう。

 

相手の話をきちんと受け止める

電話での別れ話を成功させるためには「相手の話をきちんと受け止める」というものです。

電話で別れ話をする時に気をつけたいのが、一方的な別れ話は後々大きなトラブルに発展してしまう可能性があるというものです。

身近なことで言えば、あなたの悪い噂を周囲の知人や友人に流されてしまったり、相手がストーカー化してしまう恐れだってあります。

後のトラブルを防ぐためにも、相手の話をきちんと受け止めることを意識しましょう。

 

ありがとうとごめんなさいをきちんと伝える

電話での別れ話を成功させるためには「ありがとうとごめんなさいという言葉をきちんと伝える」というものです。

電話で別れ話を切り出したことへの「ごめんなさい」と、今まで自分と一緒にいてくれたことへの「ありがとう」をきちんと伝えることをおすすめします。

ごめんなさいとありがとうという言葉を口にすることで、恋人にとっても自分にとっても気持ちの整理やケジメをつけることができます。

大切だった恋人への、最後の「ありがとう」と「ごめんなさい」を心を込めて伝えましょう。

 

前に進んで欲しいことを促す

電話での別れ話を成功させるためには「前に進んで欲しいことを促す」というものです。

電話で別れ話をされた方は、突然のショックに目の前が真っ暗になってしまう状況に立たされます。

ですから、相手の傷ついた心を少しでも早く立ち直らせてあげるためにも、別れた後も止まらずに前を向いて欲しいということをしっかりと促しましょう。

 

注意点を知ってから電話で別れ話をしよう

電話で別れ話をするというのは、一見簡単なように見えて実はなかなか複雑で難しいものです。

電話だと相手の顔が見えませんから、相手がどのような反応をしているのか、受け入れてくれるのかわかりづらいものがあるでしょう。

ですから、電話で別れ話をする時は「電話で別れ話をする時の注意点をよく知ってから切り出す」ということが大切なのです。

ポイントを押さえて、電話での別れ話を成功させましょう。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
内容について運営スタッフに報告