恋愛するのが怖い女性へ。克服したい人の参考になる5つのポイント

恋愛するのが怖い。。彼氏や出会いが欲しいけど一歩が踏み出せない。。そんな「恋愛恐怖症」になっている女性は意外と多いのではないでしょうか。 恋愛するのが怖いと思う原因や、恋愛恐怖症を克服するポイントをご紹介します。

公開日:
著者:
恋愛するのが怖い女性へ。克服したい人の参考になる5つのポイント

著者名

vivi

vivi

自身が過去の恋愛で、悩み学んだ経験を活かし、愛される女性の特徴や男性心理などを中心とした恋愛記事を執筆しています。恋愛で悩んだ時の参考になったら嬉しいです。

恋愛するのが怖い。。彼氏や出会いが欲しいけど一歩が踏み出せない。。そんな「恋愛恐怖症」になっている女性は意外と多いのではないでしょうか。

恋愛するのが怖いと思う原因や、恋愛恐怖症を克服するポイントをご紹介します。

恋愛恐怖症になる理由・原因

恋愛1

自分に自信がないから

恋愛恐怖症になる理由・原因1つ目は、自分に自信がないからです。

自分に自信がないと、恋愛がうまくいくはずがない、自分は男性に愛されないなどと思い込むようになります。

そして恋愛から目を背けるようになり、恋愛をしない期間が長くなればなるほどその思い込みはどんどん深くなっていきます。

自分から好きになったりアピールすることができなくなるだけではなく、男性が好意をもってくれたとしても、怖い気持ちが勝って踏み込んだ関係に進めなくなります。

 

 

過去の恋愛で失敗した経験がトラウマになっているから

恋愛恐怖症になる理由・原因2つ目は、過去の恋愛で失敗した経験がトラウマになっているからです。

過去に恋愛で失敗した経験があると、その経験がトラウマになって「もう同じような思いはしたくない」「またあの時のようになったら嫌だ」という気持ちから、恋愛が怖いと感じるようになります。

多くの場合、恋愛は失敗をしてもそれ以上に幸せな経験もすることで乗り越えるものですが、トラウマになって恋愛を避けるようになると、幸せな経験をすることもなくなるので、ずっと恋愛は怖いというイメージのままになってしまいます。

 

男は皆浮気するものだと思っているから

恋愛恐怖症になる理由・原因3つ目は、男は皆浮気するものだと思っているからです。

過去の経験でそう思うようになる人もいますが、自分が浮気をされた経験がない人でも、周りの人の話を聞いたりして「男は皆浮気をするんだ」と思い込むことで、浮気をされたらいやだ、怖い、と感じるのです。

その結果、浮気されて傷つくくらいなら恋愛なんてしたくないと考えるようになります。

 

いい恋愛をしたことがないから

恋愛恐怖症になる理由・原因4つ目は、いい恋愛をしたことがないからです。

いい恋愛を経験していくことによって、恋愛はいいもの、楽しいもの、幸せなものと感じるようになりますが、実際にいい経験をしなければ恋愛の良さがわからないので、悪いイメージを持っていればそのイメージが先行してしまうのは自然なことと言えます。

 

大恋愛の末の失恋を経験したから

恋愛恐怖症になる理由・原因5つ目は、大恋愛の末の失恋を経験したからです。

初恋で長い間片思いしていた、好きになってはいけない人を好きになってしまった、など大恋愛の末に失恋を経験すると、ショックは相当なものです。

立ち直るのにも時間がかかることでしょう。そのため、恋をするのは怖いと感じるようになります。

 

恋愛恐怖症になりやすい女性の特徴

恋愛2

男性不信

恋愛恐怖症になりやすい女性の特徴1つ目は、男性不信であるということです。

学生時代に女子高で男子との出会いがなかったり、男友達が少ない環境で育ってきた女性は男性不信になることがあります。

出会いがなくて恋愛をしてこなかったり身近に男友達がいないと、男性のいい部分や信用してもいいということが分からず、男性に対して不信感を持ったままになるためです。

 

好きな人ができると感情が一喜一憂しがち

恋愛恐怖症になりやすい女性の特徴2つ目は、好きな人ができると感情が一喜一憂しがちであることです。

ほとんどの人が恋をすると一喜一憂しやすくなるものですが、あまりにも感情が不安定になるタイプは、恋愛に振り回されてしまいます。

そしてマイナス思考になることが多く、一度落ち込んでしまうと立ち直ることもできずにそのまま恋愛が怖いと感じるようになります。

 

恋愛上手な友達がいない

恋愛恐怖症になりやすい女性の特徴3つ目は、恋愛上手な友達がいないということです。

恋愛上手な友達がいれば、相談することで新しい価値観やいいイメージを取り入れることができますが、恋愛が苦手で怖いと感じている友達動同士で仲良くしていると、恋愛に対する価値観がいつまでも広がらず、大人になればなるほど恋愛に対するイメージもどんどん悪い方に狭まっていきます。

 

マイナス思考

恋愛恐怖症になりやすい女性の特徴4つ目は、マイナス思考であるということです。

男性と出会ったり仲良くなるきっかけがあっても、本当にいい人なのか、騙されるのではないか、などとマイナスにしか捉えられず、関係を深めるのが怖いと感じます。

何かとマイナス思考が邪魔をするので、恋愛や男性が怖いという考えがいつまでも続くのです。

 

自分からアピールしない

恋愛恐怖症になりやすい女性の特徴5つ目は、自分からアピールしないということです。

アピールは男性からしてくるべき、自分からアピールして拒否されたら怖いなどと考えていて、好きな人に対して自分から素直にアピールすることはありません。

向こうから来てくれるのを待つ、来てくれたら自分もその気持ちに答える、という風に考えています。

 

恋愛恐怖症になる心理

恋愛3

彼氏は欲しいけど別れることを考えて辛くなる

恋愛恐怖症になる心理1つ目は、彼氏は欲しいけど別れることを考えて辛くなるということです。

恋愛上手な女性は、彼氏が欲しいと思ったら出会いの場に出向いたり、彼氏ができるような行動をしますが、恋愛が怖いと思っている女性の場合は、彼氏は欲しいという理想はあるのに、実際に付き合った場合を想像して、もし別れてしまったら辛いなというところまで考えてしまい、一歩踏み出すこともできないのです。

 

辛い思いをするくらいなら恋愛したくない

恋愛恐怖症になる心理2つ目は、辛い思いをするくらいなら恋愛したくないということです。

恋愛が怖いと思っている女性の場合、過去に辛い思いを経験していることが多く、再びその辛さを味わうくらいなら恋愛なんてしたくないと考えています。

辛い思い以上にいい思いもたくさん経験していれば、前向きに考えられるものですが、いい思いよりも辛い思いの方が大きいとどうしても怖いという気持ちが勝ってしまいます。

 

拒否されるのが怖い

恋愛恐怖症になる心理3つ目は、拒否されるのが怖いということです。

好きな人ができても自分から積極的に気持ちをアピールしにいって、拒否されたら怖いと感じています。

そのため好意が分かるように接することもできず、自分自身の気持ちを抑えてしまいます。

また、進展して付き合うことになったとしても、自分のいろんな面を知って嫌われたらどうしよう、他に魅力的な女性が現れるかも,などと自分が拒否されてしまうのではないかと怯えることも多いです。

 

どうせうまくいかない

恋愛恐怖症になる心理4つ目は、どうせいうまくいかないということです。

恋愛が怖いと思っている人は、好意を寄せてくれている男性ができたり、気になる男性といい感じになってきたりしても「楽しい」「ドキドキする」という気持ちよりも、「どうせうまくいかない」という気持ちになることが多く、恋が始まる前の段階でブレーキがかかります。

 

恋愛恐怖症を克服するためのポイント

恋愛4

なぜ恋愛が怖いのかを考え直す

恋愛恐怖症を克服するためのポイント1つ目は、なぜ恋愛が怖いのかを考え直すということです。

なぜ恋愛が怖いかと聞かれて明確に答えられますか?もし「はっきりはわからない」「気付いたら怖いと感じるようになっていた」などと思ったら、自分がなぜ怖いと思っているのかを、一度きちんと考え直してみることが大事です。

考え直さずにいると、年々、恋愛するのは怖いという気持ちが刻み込まれていく一方です。

また、怖いと感じている理由を考え直さずにやみくもに克服しようとしても、多くの場合うまくいかないことでしょう。

何に対して恐怖を感じているのか、どこで踏みとどまってしまっているのかを考え直なさい限り、具体衣的な解決策すら見つけることができません。

 

プラス思考を意識する

恋愛恐怖症を克服するためのポイント2つ目は、プラス思考を意識するということです。

マイナス思考が癖になっている人は、まずその思考を少しでもプラスに変えていけるように意識しましょう。

一人の男性の言動一つを取っても、マイナス思考で捉えるのとプラス思考で捉えるのとでは、まったく別人に見える程違うものです。

落ち着いてプラス思考で物事を捉えるようになれば、きっと恋愛に対しても怖いという気持ちが減り、前向きに考えられるようになることでしょう。

 

恋愛に失敗は付き物だと思うようにする

恋愛恐怖症を克服するためのポイント3つ目は、恋愛に失敗は付き物と思うということです。

恋愛するのが怖いと思っている女性は、過去の失敗がトラウマになっていたり、失敗したくないという気持ちが強いです。

だから目を向けたくない、恋愛したくないと思うのです。

しかし、どんなに恋愛上手な女性でも失敗することはありますし、すべての男性に対して同じ恋愛の仕方になるわけではありません。

いろいろな失敗や経験を重ねてよりいい恋愛ができるようになるのです。

最初から恋愛に失敗は付き物だと思っていれば、身構えることなくもっと気軽に恋愛に向き合えるようになります。

 

笑顔でいることを心掛ける

恋愛恐怖症を克服するためのポイント4つ目は、笑顔を意識するということです。

普段から笑顔を意識することで、自分の幸せ度や自己肯定感が自然と上がってきます。

そうすることで、今まで怖いと感じていた恋愛や男性についても前向きに考えられるようになるのです。

前向きに考えることでいい恋愛ができるようになるので、笑顔でいることは決して侮れません。

 

同じ恋愛はないことを意識する

恋愛恐怖症を克服するためのポイント5つ目は、同じ恋愛はないことを意識することです。

男性はどんなに似ているタイプであっても一人一人全く別の人間で、どんなに似ているタイプの男性と付き合っても全く違う恋愛になります。

同じ恋愛はないのです。過去に辛い経験をしたからといって他の男性や、他の男性との恋愛を一緒に考えないようにしましょう。

 

恋愛に前向きな女性の考え方

恋愛5

失恋の悲しみは自分磨きの原動力にしている

恋愛に前向きな女性の考え方1つ目は、失恋の悲しみは自分磨きの原動力にしているということです。

失恋がきっかけで恋愛恐怖症になる女性は多いですが、恋愛に前向きな女性は失恋を自分磨きの原動力にしています。

恋愛に前向きな女性でも、失恋したばかりの頃は恋愛恐怖症の女性と同じように傷つき、悲しい思いをしているものですが、失恋を機に、もっとかわいくなって別れたことを後悔させてやるんだ、綺麗になってもっといい男性と付き合うんだ、などと心に誓い、自分磨きに力を入れます。

このように失恋以外に感情を向けることで何かに夢中になることができますし、失恋の傷が癒えた頃には自分に自信がつきます。

その結果、また新しい,出会いに巡り会えるのです。

 

恋愛中心にならないようにしている

恋愛に前向きな女性の考え方2つ目は、恋愛中心にならないようにしているということです。

恋愛恐怖症になりやすいタイプの女性は、恋愛すると生活や頭の中が恋愛中心になりがちです。

恋愛に前向きな女性は、仕事や趣味、友達との時間などの「自分の時間」と恋愛をバランス良く考えるようにしています。

恋愛だけに偏ることなく恋愛は生活の一部として捉えているので、一度失敗したとしても時間が立てばまた前向きに向き合えるようになるのです。

 

男性に幸せにしてもらうという気持ちを持っていない

恋愛に前向きな女性の考え方3つ目は、男性に幸せにしてもらうという気持ちを持っていないということです。

幸せになるのは自分次第と考えていて、男性に幸せにしてもらおうとは考えておらず、恋愛したら自分も幸せになるけど相手のことも幸せにしたい、お互いに幸せになるもの、と考えています。

恋愛恐怖症になりやすいタイプの女性は、自分で幸せになるという考えよりも、男性に幸せにしてもらいたいという考えが強いので、依存しやすくなります。

その結果、恋愛に対していい時と悪い時の振り幅が大きくなり、一度失敗すると恐怖心がしみついてしまうのです。

 

恋愛するのが怖いと思っている女性も克服できる!

恋愛恐怖症になった背景には、様々な理由やきっかけがあることと思います。克服するのは簡単ではないでしょう。

しかしあなたの今までの過去の経験が「恋愛のすべて」ではありません。

自分の過去の出来事や怖いと感じている理由を一度見つめ直し、恋愛に対してもう少し肩の力を抜いて気軽な気持ちで向き合ってみてはいかがでしょうか。

焦らず少しずつでも前を向くことできっと恋愛恐怖症は克服できます。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告