喧嘩した時の仲直り術7選!長期化・深刻化させないためのコツを解説します

喧嘩した時の仲直り方法とは?大好きな恋人と喧嘩をしてしまうなんて、今まで楽しかった毎日が急につまらなく絶望的にすら感じてしまうことだってありますよね。喧嘩をやめて、恋人との幸せな時間を取り戻すためにも早めに仲直りをしてしまいましょう。

公開日:
著者:
喧嘩した時の仲直り術7選!長期化・深刻化させないためのコツを解説します

著者名

MooooN

MooooN

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

恋人と喧嘩をしてしまうなんてこと、カップルなら誰もが経験をしたことがあることではないでしょうか。

大好きな恋人と喧嘩をしてしまうなんて、今まで楽しかった毎日が急につまらなく絶望的にすら感じてしまうことだってありますよね。

できれば喧嘩なんて早く終わらせて恋人と仲直りしたいのに、なかなか素直に行動できない……。

カップルだからこそ相手に意地を張ってしまうことってあるんです。

しかし、大好きな恋人に喧嘩で意地を張ってしまうなんてそんなことする必要もありませんよね。

喧嘩をやめて、恋人との幸せな時間を取り戻すためにも早めに仲直りをしてしまいましょう。

喧嘩した時、どうやって仲直りする?

恋愛

恋人と喧嘩をしたとき、どのように仲直りをすればいいのでしょうか。

大切な恋人との喧嘩を早めに解決するためにも早急に「ごめんなさい」と謝るということをした方が良いでしょう。

そして「世間のカップルたちはどのようにして仲直りをしているのか」かなり気になってしまいますよね。

世間のカップルたちの喧嘩での仲直り方法を知ることで、もしもあなたが実際に「恋人と喧嘩をしたとき」にもきっと役に経つはずです。

今回ご紹介する「恋人と喧嘩したときの仲直りの方法」をしっかりと学んでいきましょう!

 

 

喧嘩したときの仲直り術3選

恋愛2

大切な恋人と喧嘩をしてしまったとき、どのような方法で解決をしたらいいのか頭を抱えてしまいますよね。

素直に「ごめんね」と謝るのが一番良いと頭では分かっていても、いざ行動に移そうとなるとどうしてもあと一歩が踏み出せない……。

それはあなたが恋人に対してまだ憤りの気持ちを抱いているからでしょうか。

もしも「自分が悪いことは分かってはいるけど素直になれない」というときは、早急に考えを改めましょう。

時間が経てば経つほど恋人との関係はギクシャクしてしまいますし、喧嘩の原因もどんどん深刻化してしまう可能性があります。

 

仲直りの方法を定めたルールを作っておく

恋人との喧嘩の原因を早めに解決して仲直りをしたいと願うのであれば、喧嘩をする前から恋人との間に決められたルールを決めておくと良いでしょう。

恋人と二人で「喧嘩をしたときはどうやって仲直りをする?」というルールを決めておくことで、いざ喧嘩になっても明るく仲直りすることができるのではないでしょうか。

例えば「喧嘩したときはハグで仲直りしようね」だとか「ムカついた時はチューしようね」というかわいいルールを決めておきましょう。

二人でルールを考えているときも楽しいですし、たとえ喧嘩になってもどちらかが「喧嘩したときはハグで仲直りだよね?」と折れることで、解決や仲直りの糸口が見つかるはずです。

これはあくまで軽い口論くらいのときに有効な方法ですので、深刻な問題のときは茶化さずきちんと話し合いましょう。

 

メールやLINEでならうまく言葉を伝えられる

もしも大切な恋人と喧嘩をしてしまったとき、謝りたいけど謝れない時ってありますよね。

そんな時は面と向かって直接伝えるのは難しくても、メールやLINEでなら伝えることができるのではないでしょうか。

それにメールやLINEは、自分の頭で自分の気持ちの整理をして言葉にすることができます。

ですから「なぜ喧嘩のときあのような態度をとってしまったのか」「それについての謝罪の気持ちや反省していること」などをきちんと言葉にすることができますよね。

恋人だってあなたの気持ちや考え、謝罪の言葉を文章できちんと読むことでより納得できるはずです。

メールやLINEできちんと喧嘩への謝罪の気持ちを伝えて、早めに仲直りをするように努めましょう。

 

旅行時の喧嘩ではあえて行動を共にする

恋人と旅行中に喧嘩をしてしまい、仲直りをできずにいる場合はもういっそのこと旅行なんてやめて帰ってしまいたくなるものです。

旅行中であっても、一緒に行動なんてしたくないですよね。

ですが、旅行中に恋人と喧嘩をしてしまったときは「あえて行動を共にする」ということを心がけましょう。

もしもここで喧嘩をしたまま行動を別々にしてしまっては、喧嘩はますます悪化してしまうだけですし、仲直りしたいと考えている場合には逆効果です。

一緒に行動をしていれば、何か面白いものを発見したり何か会話のきっかけとなるものも出てくるでしょうから、旅行中は比較的仲直りのチャンスが豊富だと言えるのです。

ですから、もしも旅行中に恋人と喧嘩をした場合には取り敢えずでも一緒に行動を共にしましょう。

そして、仲直りのきっかけやチャンスを見つけたら、意地を張らないで仲直りをすることをおすすめします。

何年か経って「旅行中の喧嘩も思い出のひとつ」として笑い合える日がくるように、旅行中の喧嘩は旅行中に終わらせて仲直りをしましょう。

 

逆効果かも…仲直り失敗例

恋愛3

恋人と喧嘩をして、仲直りをしたいと考えている場合に注意しておきたいポイントがあります。

もしも喧嘩からの仲直りにNGな行動をしてしまうと、仲直りするどころか喧嘩が余計に悪化してしまうという「逆効果」を引き起こしてしまう可能性があります。

せっかく喧嘩を収束させて仲直りしたいと頑張っても、その行動が逆効果になるなんてとても悲しいですよね。

喧嘩は早めに解決して仲直りをすることが大切です。

恋人との喧嘩を早く解決して仲直りするためにも、喧嘩からの仲直り失敗例を「教訓」として頭に入れておくことをおすすめします。

ここでは、カップルの喧嘩の仲直り失敗例をご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

 

喧嘩の原因を放置してただ謝る

カップルの喧嘩の仲直り失敗例には「喧嘩の原因を放置して、ただ平謝りに謝る」ということです。

喧嘩をした時に仲直りのため「謝る」のは良いのですが、喧嘩の原因といったことを無視して「ただ謝って許してもらえればいいや」というような考えではいけないのです。

根本的な問題を解決しないと、ただ謝ることを取り繕って許してもらえても、それは「仲直り」と呼べるものではありませんよね。

喧嘩の原因を放置して仲直りしたいがために平謝りに謝るということを繰り返していると、小さな問題がどんどん積み重なっていつか大きな問題へと成長してしまうのです。

そうなってしまうと、解決したいときに解決することができないというような悲惨な事態を招いてしまうかもしれません。

喧嘩をしたときはきちんと仲直りして、仲直りした後に喧嘩の根本的な問題について話し合うと、お互い冷静な対応で話し合うことができるのでおすすめです。

喧嘩したときは、きちんと話し合いを♪

 

仲直りの後に余計な一言を言う

カップルの喧嘩の後の仲直り失敗例は「仲直りできたのにも関わらず、余計な一言を言ってしまう」ということです。

せっかくお互いに折り合いつけられて喧嘩を収束することができたのに、仲直りの後で「でも、喧嘩の原因になったのはあなたのあの言葉だったよね」だとか「喧嘩したからといって、あなたのあの行動はマズかったよ」と、チクリとする一言を言ってしまう。

喧嘩への怒りが収まっていないことが原因で放ってしまう一言ですが、ここはグッと堪えるべきです。誰だって、せっかく喧嘩を和解で終わらせて仲直りできたにも関わらずこのような「嫌味」を言われてしまうと、喧嘩の仲直りなんて忘れて腹が立ってしまいますよね。

もしも喧嘩の後にこのような行動をとってしまうと、恋人の怒りが再燃してしまう可能性が高いです。恋人は「一人の人間」で、あなたの所有物ではありません。

恋人の気持ちを考え一人の尊敬できる人間として扱うことで、変に嫌味を言ったりわざと怒らせるようなことはなくなるのではないでしょうか。

 

カップルの「仲直りするきっかけ」とは

恋愛4

カップルが喧嘩した後に仲直りをするためには「仲直りのきっかけ」が必要ですよね。

喧嘩からの仲直りのきっかけが見つからないと、いつまでも喧嘩を放置していては、二人の空気はギクシャクしたままになってしまいます。

喧嘩というのは最後は「相手を思う気持ち」と「相手を尊重する気持ち」を持つことで仲直りができるのです。

恋人のことを大切に思い「この人を失いたくない」と思う気持ちがあるのでしたら、ぜひ「喧嘩の後の仲直りするきっかけ」を見つけてみてください。

ここでは、カップルが喧嘩をしたときにやっている「仲直りのきっかけ」をご紹介します。

 

男性が折れることできっかけを作る

カップルが喧嘩から仲直りをするためのきっかけとして「彼氏が折れる」ということがあります。

女性は喧嘩になってしまうと「先に謝るのが嫌」というような変に意地を張ってしまう傾向にあります。

本当は自分だって悪かったと思っていても、なかなか素直になれないのですよね。そんな女性を包み込んでくれる優しさを彼氏が持っている場合に「喧嘩をしたら彼氏が先に謝ってくれる」というカップルが多いようです。

しかし、毎回彼氏から先に謝ることが「ルール」のようになってしまってはいけません。

彼氏がいつか先に謝ることに疑問を感じてしまう日がくるかもしれませんよ。

 

「ごめんね」と一言メールやLINEを送る

カップルが喧嘩した時の仲直りのきっかけは、メールやLINEで「ごめんね」と一言送ることが大切です。

自分が至らないことが原因で起きてしまった喧嘩なほど、バツが悪くて自分から「仲直りしよう」とは言いづらいんですよね。

直接面と向かったり電話では言いづらい「ごめんね」という言葉も、メールやLINEでなら素直に言うことができるのではないでしょうか。

相手も、いくら喧嘩中でもメールやLINEくらいなら受け入れることができるはずです。

もしも喧嘩の後、仲直りのきっかけが見つけづらいと感じている場合には、たった一言で良いので「ごめんね」と、メールやLINEを送ってみませんか?

 

恋人たちの仲直りのコツ

恋愛5

長く付き合っていれば、喧嘩なんて数えきれないくらいやってきたことでしょうし、喧嘩の数だけ仲直りもするものですよね。

そんな「長く付き合っている恋人たち」には、何か喧嘩したときに仲直りはどのように行っているのでしょうか。

もしかすると、長く付き合っているからこそ「喧嘩をしたときの仲直りのコツ」があるのかもしれませんね。

喧嘩をしても仲直りのコツさえわかっていれば、もう喧嘩をしても毎回不安に押し潰されてしまうようなことはないでしょう。

ここでは、恋人たちの「喧嘩の後の仲直りのコツ」をご紹介します!ぜひ参考にして、喧嘩の後の仲直りのコツを取り入れてみてくださいね♡

 

不要な時間をかけないのが仲直りのコツ!

喧嘩をしてもきちんと仲直りができる恋人たちは、喧嘩をしても「不要な時間をかけません」。

喧嘩の後の不要な時間とは「意地を張っている時間」のことです。

大好きな恋人になぜ意地を張るのでしょう。喧嘩をして自分のプライドを傷つけられたからでしょうか。

それとも喧嘩の原因となった相手の考えや行動を受け入れられないからでしょうか。

喧嘩をした後に仲直りをするためには「相手を受け入れる」ことが大切なのです。

「自分は自分は……」などと、自分の主張ばかり大切にするから意地が生まれるのです。

喧嘩をしても恋人への愛情は変わりませんよね。

もしそうなら、意地を張って無駄な時間を過ごしていないで、その時間を恋人と笑い合っている時間に変えた方が幸せなはずです。

 

相手の立場に立つことが鉄則

恋人たちの「喧嘩の時の仲直りのコツ」は、まず相手の立場に立って喧嘩の状況を見てみる、ということです。

恋人たちの喧嘩というのはほとんどが意見の対立で起きてしまうことが原因です。

ですから「喧嘩のときに相手が言っていた言葉」や「喧嘩のときに相手が伝えたがっていた気持ち」を冷静に考えみましょう。

あなたがそこまでハネつけるほど受け入れられないものだったのでしょうか。

喧嘩をしたときに「どれだけ相手の気持ちを理解してあげられるか」が喧嘩からの仲直りのコツですし、この行動ができる恋人たちこそ長く続いているという鉄則があります。

 

喧嘩するほど仲がいい♡仲直りして絆を深めよう!

喧嘩した時の仲直り術をご紹介しましたが、いかがでしたか?

大切な恋人と喧嘩をしてしまったら、やはり気分は落ち込んでしまいますよね。

幸せな時には考えもしなかったようなことまでネガティブに考えてしまうのではないでしょうか。

ですが、いつまでも喧嘩を引きずるのはよくありません。

時間ももったいないですし、その間に相手の気持ちが離れていかない保証なんてどこにもないのです。

恋人のことを大切に思うのでしたら、喧嘩をしたときこそ恋人の気持ちを大切にしてあげなくてはいけません。

人とお付き合いをするということは、お互いの努力で成り立っていくものです。

喧嘩をするほどお互いに気を許し合っているという証拠。

喧嘩をするほど仲が良いんだとポジティブに、仲直りのきっかけを見つけてくださいね♡

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告