【男性心理】彼氏が冷たい態度をとる時の理由と対応方法まとめ

恋をしているとどうしても、相手の行動や態度に不安や疑問を感じてしまうものです。 お付き合いをしていく中で、やはり感情の揺れや気持ちのムラは生じてしまうもの。いわゆるマンネリの時期です。 今回は、彼氏が冷たい態度をとる時の男性心理や、冷たい態度をとられた時にどうするべきなのかという対応方法についてご紹介します。

著者:
公開日:
【男性心理】彼氏が冷たい態度をとる時の理由と対応方法まとめ

恋をしているとどうしても、相手の行動や態度に不安や疑問を感じてしまうものです。片思いの場合もそうですが、お互いの気持を確かめ合ってお付き合いを始めたカップルでも例外ではありません。

お付き合いをしていく中で、やはり感情の揺れや気持ちのムラは生じてしまうもの。いわゆるマンネリの時期です。

彼氏が急に冷たい態度をとるようになってしまった、最近なんだか様子がおかしい、というように不安に思ってしまう日が続いてしまうかもしれません。

今回は、彼氏が冷たい態度をとる時の男性心理や、冷たい態度をとられた時にどうするべきなのかという対応方法についてご紹介します。

冷たい態度をとる時の男性心理とは

恋愛1

今まで優しかった彼氏がなぜか最近冷たい……。大好きな彼氏にそんな冷たい態度をとられては、彼女としては大問題ではないでしょうか。

しかも冷たい態度をとられる日が何日も続くようでは、彼女の不安や疑問はどんどん膨らんでいく一方ですよね。

男性はなぜ、彼女に対して急に冷たい態度をとるようになってしまうのでしょうか。男性心理を知ることで見えてくることや対応策が見つかるかもしれません。

ここでは、冷たい態度をとる時の男性心理について見ていきましょう。

 

 

彼氏が冷たい態度をとる理由①ただ単に眠い時

男性は、ただ単に眠い時に冷たい態度をとってしまうことがあります。人は眠い時に他人のことを構ってあげたりすることが難しくなるもの。

これは、たとえ冷たい態度をとられたとしても極めて安心して良いものです。

最近彼氏は夜きちんと眠れていますか?もしかすると何か趣味や勉強をしていて、夜遅くまで起きていることが冷たい態度の原因かもしれません。

彼氏が昼夜逆転の生活になっていないか、今一度彼氏の生活リズムを観察してみましょう。

ただ単に眠いだけという理由では、特にあなたに対してマイナスな感情やネガティブな気持ちがある訳ではないので、冷たい態度をとられても安心してドンと構えていることが大切です。

なんなら彼が不規則な生活を送っていないか心配してあげると、彼氏もハッとなり自分の生活リズムや冷たい態度について改めてくれるかもしれません。

 

彼氏が冷たい態度をとる理由②仕事が忙しく連絡するのがめんどくさい

男性は、30歳を過ぎた辺りから仕事に対しての意識が変わってくる人が多いです。なぜなら社会人になってそれなりに経験を重ねてきたことで、会社内で新たな役割を任されたり責任が増えてくる頃だからです。

例えば部下を抱えるようになることで、部下のお世話や上司との間の仲介役になることもあります。また、信頼を買われたことで大きなプロジェクトを任されることもあり得るのです。

仕事が忙しい時はどうしても彼女への対応がおろそかになって、冷たい態度をとってしまう男性が多いです。

前まで当たり前のようにしていたLINEや電話もめんどくさくなってしまうものです。

彼女からしてみれば彼氏の冷たい態度に、とても寂しい思いをすることになってしまいますよね。この時期の男性心理は、自分の冷たい態度で彼女に対して申し訳なく思う気持ちと同じくらい「理解して待っていてほしい」と思っているのです。

ここは仕事に集中している彼氏に対して「冷たいよ」などの不満を言わずに、見守ってあげることが今後の2人の関係に重要に関わってきます。

 

彼氏が冷たい態度をとる理由③彼女への愛が分からなくなった

男性は、自分の置かれている環境や状況の変化でも彼女に対して冷たい態度をとってしまうものですが、時には本当に「別れ」を意識してしまう時もあるのです。

例えば、自分の仕事や自分の身の回りが慌ただしくて精神的余裕がない時に、彼女に「最近冷たい」などと強く不満をぶつけられた。

また、一緒にいてもなんだかつまらなくなってきた、という理由で「彼女に対して優しくできない」と感じる男性心理の表れなのです。

彼女へ不満を持っている時や、一緒にいることの意味が分からなくなった時にこのように冷たい態度をとってしまう傾向にあります。

あなたが彼氏のことが大切であれば大切であるほど、この現実はショックでしょう。ですが、この時期ならまだ挽回はできるのです。

あなたが彼氏の愛を取り戻す努力をすることで、彼氏の冷たい態度を解消させ、何らかの変化が起きることを期待できることでしょう。

 

彼氏が冷たくなった理由を考える

恋愛2

お付き合いをしている彼氏が急に冷たい態度になってしまった時、彼女の心はとても穏やかではいられませんよね。ですが、そんなときこそ彼女の力量が試されるのです。

なぜ彼氏は急に冷たい態度をとるようになってしまったのでしょうか。ここ最近で何か変わったことや環境の変化などはありましたか?

なぜ彼氏が冷たい態度をするようになったのか、その理由を考えることで今まで気づかなかった彼氏の「心の負担」に気づくかもしれません。

関係を修復するチャンスでもありますので、しっかりと考えてみましょう。

 

彼氏が冷たくなった理由①なぜ急に冷たくなった気がするのかを考える

恋愛は、1人でするものではありません。お互いというパートナーがいてこそ成り立つものですよね。

ですが、いくら気心知れた関係のカップルであっても、時に相手の考えや気持ちが見えなくなってしまったり分からなくなってしまうことで、相手を冷たいと感じるのは当然のことです。

では、なぜあなたは彼氏に対して急に冷たい印象を感じるようになったのでしょうか。もしかしたら、あなたの中で彼氏に対して”悪いことをした”と感じていることは何かありませんか?

人は罪悪感を抱えていると、その人物の態度に過剰に反応してしまうときがあります。彼氏からするといつもと何ら変わりはないのに、あなたが彼氏の行動や態度を勘ぐりすぎて「なんか怒ってる?冷たいんじゃないか」と考えてしまうということもあり得るのです。

彼氏とあなたの関係において、特に理由が考えられない場合には”自分が彼氏に対してどう思っているのか”をきちんと考え、見つめ直すことで彼氏が冷たいと感じる理由が見えてくるかもしれません。

 

彼氏が冷たくなった理由②他の男性と電話やLINEをしているのを見られた

男性のタイプにもよりますが、男性は意外とデリケートです。人によっては、女性よりも女性寄りでヤキモチ焼きな男性もいますよね。

もしも大好きな彼女が他の男性と電話やLINEをしているところを見てしまった、または着信履歴などからその事実を目にしてしまった時には、少なからず動揺し、冷たい態度をとってしまうものです。

今ままで彼女の男関係なんて特に意識したこともなかったからこそ、動揺していつもと違う冷たい態度をとってしまうのです。

彼氏と一緒にいる時に、たまたま男友達から電話がきて長話をした、仲間内のコミュニティでどうしても他の男性に連絡をとらなければいけなかった。

そのような理由で、彼氏のことをしばらくほったらかしにして彼氏が拗ねてしまって冷たい態度をとるのでしたら「可愛いな」くらいの気持ちできちんとフォローしてあげましょう。

関係や事が大きくなってしまうので、間違っても「だって仕方ないじゃん!」などと逆ギレして、自分も冷たい態度をとってしまってはいけません。

彼氏の冷たい態度を加速させるだけです。

 

彼氏が冷たくなった理由③自分は彼氏に優しい接し方をしていたのか

今まで特に問題もなく仲良くしてきたカップルにとって、彼氏が急に冷たい態度をとるようになってしまったとしたら、かなり衝撃的ですよね。

思わず急に冷たい態度をとるようになった彼氏を責めてしまいたくなるかもしれません。しかし、ここで彼氏に不満をぶつけたり怒った態度を見せるのは逆効果なのです。

彼氏の冷たい態度に、より拍車をかける結果になりますので、彼氏と今後もお付き合いを続けていきたいのであればここはグッと堪えましょう。

そして、自分に非はなかったのかを考えることで関係が改善する場合があります。

例えば、あなたは普段から彼氏に優しく接していましたか?もしかしたらあなたも彼氏に対して、冷たい接し方をしていたのかもしれません。

自分のわがままばかりを押し付けていませんでしたか?彼氏はあなたのわがままにうんざりしてしまったのかもしれません。

もしかすると彼氏は、あなたに冷たい態度をとることであなたにSOSを送っているのかもしれません。

冷たい態度の裏側には、ただ単に自分の寂しさに気づいてほしいという気持ちが隠されているのかもしれないのです。

少し厳しいですが、彼氏との未来を守りたいのでしたらとにかく今は”彼氏の気持ちに寄り添って考えてみる”ということが大切になってくる時期なのです。

 

彼氏の態度が冷たい時の対応方法

恋愛3

どんなに長く連れ添っているカップルだって、男と女なのですから考え方が分からなくなったり、相手に対する自分の気持ちでさえも分からなくなってしまうこともあるでしょう。

これはカップルにとっては、ひとつの危機に直面している可能性があります。

もしもそのような危機が訪れてしまった場合、ただ悲観していてはますます事態が悪くなってしまう一方です。

ですから、このような時期はあなたが少しだけ折れるという形が最もベスト。むしろ冷たい態度の相手にはそうするしか他にないと言っても過言ではないでしょう。

ここであなたが取り乱してしまったり怒ってしまうような態度でいては、彼氏の心はますます離れていってしまうかもしれません。

彼氏の気持ちを繋ぎ止めるための分岐点だということを理解して、大人の対応を心がけることが大切です。

彼氏が冷たい態度をとる時、どのような対応をすると効果的なのかを一緒に見ていきましょう。

 

彼氏が冷たい時の対応方法①距離を置く時期を設けて反応をみる

彼氏があなたに冷たい態度をとってしまう理由は、「あなたと一緒にいることの意義が分からなくなってしまった」ということが根本にあるのでしょう。

いくら「彼氏に何か悪いことしたかな?怒らせるようなことをしたかな?自分もおかしな態度をとっていなかったかな?」ということを考えても答えが出ず、特に思い当たる節がない時は、彼氏をしばらく冷静にさせてあげることをおすすめします。

もしもあなたとの関係を続けていく意義を見つけられないのでしたら、今こそじっくり考えてもらう時です。

彼氏にとってあなたはどういう存在なのか、もう本当に必要ではないのか。彼氏の答えを待つ期間は、計り知れない不安や寂しさが付きまとう時期ですが、彼氏が答えを出すのをしっかりと待ってみましょう。

彼氏も、しばらくあなたという存在がいなくなって一人になることで、今まで感じたことのなかった気持ちに気づくかもしれません。

いくらカップルだからといって、距離が近くなりすぎると逆に見えなくなってしまうこともあるのです。

離れてみることで、あなたのいない寂しさやあなたへの自分の本当の気持ちを彼氏が自分で気づくことができたら、2人の関係は今まで以上に強く結ばれることでしょう。

 

彼氏が冷たい時の対応方法②辛いと感じる気持ちを打ち明ける

大好きで大切な彼氏が急に冷たい態度をとるようになってしまった時、彼女からするとまさに青天の霹靂ではないでしょうか。

彼女としては今後もずっと一緒にいたいと思っていたのに、彼氏がこのような冷たい態度をとると、もう何を信じたら良いのかさえ分からなくなってしまいますよね。

もしもあまりにも彼氏の冷たい態度が酷い時には、思い切って自分の気持ちを打ち明けてみるのもひとつの解決方法です。

なぜ急に冷たい態度をとるようになったのか、自分にできることは何かないか、きちんと話し合うことが大切です。

大好きな彼氏に冷たい態度をとられて幸せに思えるはずがありません。もしも今後も同じように、彼氏が冷たい態度を取り続けるのでしたら、あなたにだって限界が訪れてしまうでしょう。

今後のお付き合いを考えているからこそ、しっかりと話し合うことが重要なのです。

 

彼氏が冷たい時の対応方法③何が原因なのかを直接聞く

彼氏の態度があからさまに冷たい、しかも自分で考えても理由が見つからない……、そんな時は彼氏に直接聞いてみるのが最も効率的で確実です。

なぜならいくら考えたところで、彼氏の本音なんて彼氏にしか分からないのです。あなたが自分の中の情報や可能性だけで彼氏の本音を考えたり、冷たい態度をとるようになった原因を考えたところで、お門違いであることなんていくらでもあるのです。

彼氏に「最近冷たいような気がするんだけど、どうして?」と聞いてみると良いでしょう。どんな答えが返ってくるのかは分かりませんが、もしかするととても些細なことが原因であったりすることもあるのです。

なんでこんなことでお互い悩んでいたのだろうと思うほどのことかもしれないので、いつまでも悶々としているのではなく聞いてみましょう。

カップルにとって一番大切なのは「話し合うこと」なのではないでしょうか。

 

彼氏の態度が冷たい時には適切な対応を心がけて!

いかがだったでしょうか。彼氏に冷たい態度をとられると、とても辛いものですし彼女としては精神的にも参ってしまいますよね。

彼氏の気持ちをきちんと考えるのも重要ですが、実際の気持ちは本人にしか分かりません。

お付き合いをしている”恋人同士”なのですから、どんな未来が待ち受けていようともきちんと話し合うことが大切です。

お互いの気持を伝え合うことは、お付き合いを続けていく中で一番大切なことで基本ですよね。

もしかすると、今まであなたに言えないでいた気持ちが、彼の中にはあるのかもしれません。話し合うことは、それを聞き出すチャンスでもあるのです。

あなたと彼氏の今後のお付き合いが、上手くいくことを心より願っています。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告