デートの断り方まとめ!気のない人にデートを誘われた時やんわり断る方法をご紹介

普段何気なく接していた人から突然デートに誘われてしまった時、かなりびっくりしてしまうことでしょう。 デートに誘われて嬉しい相手からのお誘いなら良いのですが、そうでない相手の場合、「どんな断り方にしようか」と、きっと一瞬考え込んでしまうはずです。 今回は、気のない人からのデートのお誘いを上手にかわす断り方をご紹介します。

公開日:
著者:
デートの断り方まとめ!気のない人にデートを誘われた時やんわり断る方法をご紹介

普段何気なく接していた人から突然デートに誘われてしまった時、かなりびっくりしてしまうことでしょう。

デートに誘われて嬉しい相手からのお誘いなら良いのです。しかし、そうでない相手からデートに誘われてしまった時、女性の皆さんは「どんな断り方にしようか」と、きっと一瞬考え込んでしまうはずです。

何回デートを重ねてもきっと好きにはなれそうにもない相手とのデートを続けていると、相手にもなんだか申し訳ないような気がします。

でも、それ以上に、デートの断り方を考えるあなたの時間や気疲れの部分で気力を消耗してしまうことでしょう。

今回はデートの断り方と題して、気のない人からのデートのお誘いを上手にかわす断り方をご紹介します。

デートの断り方:気のない人からの誘い

恋愛1

デートというものは、多少の”気”がないとかなり疲れてしまう結果になってしまいます。

気のない相手でも友達のような関係なら問題はありませんが、明らかに相手が好意を寄せていそうな時は少し考えものです。

相手の好意を知っているからこそあなたもデートの断り方を考え、気軽にデートにOKを出せずにいるのでしょう。

では、気のない人からデートに誘われた時の上手な断り方をパターン別に見ていきましょう。

 

 

デートの断り方:脈なし男性からのご飯への誘い

あなたが”脈なし”と断言している男性から「今度ご飯に行きましょう」とデートに誘われた時は、断り方を模索するという選択を早まらないことをおすすめします。

なぜなら、ご飯デートはデートの中でも極めてハードルの低いデートだからです。

例えば、仕事やプライベートで会食をする時のことを想像してみてください。どんなに気のない相手でも、食事くらいならできそうではないでしょうか。

しかもご飯デートの場合、たったの2〜3時間でお開きにすることも十分可能です。

お誘いを受けた時に「その日は18時までお仕事なので、夕食くらいなら……」と伝えれば、断り方に頭を悩ませることなく仕事帰りにご飯デートを行うことができます。

なぜ2〜3時間でもご飯デートに乗ったほうが良いのかと言うと、あなたが脈なしと判断してデートの断り方を考えていても、もしかしたら相手に隠された魅力があるかもしれないからです。

男と女は、なにがきっかけで恋が始まるかなんて分かりません。好みじゃないからとデートの断り方を探していた相手を好きになることなんて、よく聞く話なのです。

ですが、ここで注意したいのが”お酒のある場所に誘われた場合”です。

お酒にめっぽう強い人なら問題ありませんが、お酒に自信のない人は、あなたに好意を寄せている脈なし男性とお酒の席につくことは、お酒の断り方を考えた上でいつものペースで飲むのは控えた方が良いでしょう。

お酒のある場所に誘われた時はデートの断り方を探すよりも「そんなに強くないので……」と一言伝えればOKです。

 

デートにの断り方:映画デートに誘われた時の断り方

親しくない男女、とくに初デートの場合に映画デートに誘われるケースはかなり多いです。

映画デートの上手な断り方は「映画館の暗くて圧迫感のある雰囲気って苦手で……すみません。」という断り方で断ってしまいましょう。

同じ会社の人や取引先会社の人など、普段から顔を合わせないといけない人物からデートに誘われた場合、断り方を間違えることで関係がぎこちなくなることは避けたいことですよね。

ですから「映画館は苦手」という断り方をすることで”べつにあなたに非がある訳じゃなくて、誘われた場所が悪かったの”ということをアピールすることができます。

下手に「その映画はもう見てしまった」などの断り方をしてしまうと、「じゃあ他の作品を見ましょう」と切り替えされてしまいかねません。

そうなるともう断り方を探すことすら角が立ってしまいますので、最初から映画館の雰囲気が苦手だという断り方を押し出しましょう。

ポイントは、少し言葉を溜めたあとに「すみません。」とはっきり入れることが断り方のポイントです。

この「すみません。」という確固たる断り方をすることで、相手は次のプランを打ち出しにくくなるのです。

 

デートの断り方:上司から紹介された男性は丁寧に断る

あなたのことを普段から気にかけてくれている上司に「紹介したい男性がいるんだけど」と打ち明けられた場合、どのような断り方をしようかと、かなり緊張してしまいますよね。

紹介されたことを感謝するくらい素敵な男性でしたら良いのですが、一度デートをしてみて”お付き合いは考えられない”となった時は問題です。

上司のメンツを潰さずに、相手の男性からのお誘いを上手に断る断り方の秘訣は”丁寧であることが第一”だと言えます。

例えば「申し訳ございません、今はお仕事に専念したいので男性とのお付き合いは私の中で余裕がなくて……」という断り方をすると良いでしょう。

今は誰とも付き合う気はないと伝えることで、上司のメンツも相手のメンツも潰さずに済みます。

それどころかこの断り方をすることで、あなたの”真面目に仕事に取り組む姿勢”に、むしろ好印象を与えるかもしれません。

いくら上司からの紹介だとしても、恋愛となると話は別。無理してお付き合いをする必要なんてあり得ません。

的確な断り方さえマスターしておけば、デートを断るのは当然の権利です。

もしも男性との交際を迫るような上司でしたら、良い上司でもなんでもありませんので然るべきところに相談しましょう。

 

デートの断り方:相手に不快感を与えない上手な断り方

恋愛2

自分のことを好きだと思ってくれる人がいるなんて、とても素敵なことですしありがたいことですよね。

いくら相手を異性として見れなくても、自分の断り方のせいで相手を傷つけてしまいたくない、と思うのが人情なのではないでしょうか。

自分のことを”いいな”と好意を寄せてくれる人だからこそ、不快感を与えるべきではないのです。

ここでは、相手に不快感を与えずにデートのお誘いをかわす断り方の方法をご紹介します。

 

デートの断り方:忙しいことをやんわりとアピールする

デートの断り方で最も効果的なのが、”今は忙しい”ということを全面的にアピールすることです。

もちろん仕事でもプライベートでも良いですし、自分のことで手一杯だということで忙しさをアピールするという断り方でも良いのです。

例えば、「近い内にご飯でも行きましょう」と誘われた場合には「いいですね!ですが今は仕事が忙しいので、予定が見つかり次第こちらから連絡をします」という断り方をすることです。

今は仕事が忙しいと伝えているのと、予定が見つかり次第という断り方をしていることで、数日内に相手に連絡をする必要はなくなります。

相手にも「予定が見つからないから連絡が来ないのだろう」と思わせることができます。しばらく連絡する必要がなくなれば、逐一断り方を探さなくともデートのお誘いは自然に消滅していくことでしょう。

この断り方は、デートの断り方をふわっとさせたい人におすすめの方法です。

もしも同じ職場の人からのお誘いだった場合には、仕事の忙しさをアピールするとバレてしまうことがあるので、この断り方は要注意です。

そんな時は「プライベートでバタバタしている」という断り方をすると、相手も踏み込めない事柄なのでおすすめです。

 

デートの断り方:予定が合わない理由をきちんと説明する

相手に不快感を与えずにデートの断り方を選択したい時には”誠実さを見せること”が大切です。

恋愛感情は全く沸かないけれど大切な人物。そんな人物は大人になればなるほど多くなってくるものです。

相手に不快感や疑念を持たせないためには、断り方をふわふわとさせてはいけません。誠実な断り方こそが、次の信頼へと繋がっていくのです。

ですから、もしも気のない大切な相手から食事や映画などのデートに誘われた時は、なぜ予定が合わないのかということをきちんと伝えましょう。

「○日は資格の検定試験の日で」でも良いですし「その日は母に呼ばれていて」ということでも良いのです。

デートに応じることができない理由と、謝罪の気持ち、また誘ってくださいということを入れる断り方を選択することで、相手からのあなたへの信頼度はますます上がることでしょう。

いつでも予定が空いている人なんていないのです。どうしても予定が合わないのであれば、社会人としてきちんとデートの断り方を押さえれば良いのではないでしょうか。

 

デートの断り方:次回というワードを入れると相手を傷つけない

気のない相手からデートに誘われた時、一番悩んでしまうポイントは「相手を傷つけてしまわないかどうか」ということですよね。

心の優しい女性でしたら尚更のことでしょう。

しかし、相手だってれっきとした大人です。たかだが1回デートを断られたくらいで、ハートがズタズタになるようなことはないでしょう。

それでも相手が傷つくことを不安に思ってしまうのでしたら、”次回”というワードを取り入れることです。

例えば「今回は都合が合いませんでしたが、次回はきっと行きましょう」だとか「今回はすみませんでした、次回を楽しみにしていますね!」などです。

このようなデートの断り方をすると、誘った相手に「嫌われている訳ではないんだ」と思わせることで傷つけないことができます。

本当にただ予定が合わなかっただけだと思い込ませることができるので、今後の関係も円滑に進むことでしょう。

 

デートの断り方:きっぱりと断りたい時には

恋愛3

相手を傷つけたくない、相手との関係をぎこちないものにしたくないという気持ちはよく分かります。

ですが、あなたの少しの優しさが却って相手を傷つけてしまう場合もあるのです。

例えば、あなたが彼の誘いをやんわりと断った時。あなたには相手へ気持ちがないのでふわふわと断り続けても、相手はあなたへしっかりとした好意があります。

ですから、いくら勇気を出してデートに誘ってみてものらりくらりと断られてしまっていては、相手は傷を重ねるだけです。

もしもあなたが”絶対に付き合う可能性は無い”と断言できるような相手なら、もういっそのこときっぱり断ってしまった方がお互いのためになるのではないでしょうか。

ここでは、きっぱりとしたデートの断り方をご紹介します。

 

デートの断り方:彼氏がいるとはっきり告げる

あなたに現在、将来を見据えてお付き合いをしている彼氏がいる場合には、もちろん他の男性からの好意をはっきりとお断りするべきです。

あなたには大切なパートナーがいるにも関わらず、相手の男性にその場しのぎの断り方を続けてしまうのは、あまりにも無責任です。

現在お付き合いをしている彼氏に対しても不誠実な印象を与えてしまいかねません。

言いにくいことかもしれませんが、現在お付き合いをしている彼氏が大切なのでしたらきちんと相手の男性に「彼氏がいるので」ということを伝えるべきです。

もしもあなたが相手の好意を知っていながらのらりくらりと断り続けていると、その内彼氏がいたから断っていたという事実がバレてしまうかもしれません。

そうなってしまっては、相手の男性を深く傷つけるどころか恨まれてしまう可能性もあります。

ですから、彼氏がいることが理由でデートを断るのでしたら、最初から彼氏がいるという事実をきちんと伝えることをおすすめします。

 

デートの断り方:好きな人がいると嘘をつく

万にひとつも付き合う見込みの無い男性からデートに誘われた時、あなた自身もデートの断り方で悩んでしまうことでしょう。

どのような断り方をするべきか、きっぱり諦めてもらうためにはどうしたら良いのか、頭を抱えてはいませんか。

そんな時は、嘘をついても許されるのではないでしょうか。長い人生の中には相手を傷つけないためにつく嘘だってあるのです。

何にでもひたすら正直に向き合っていては、あなた自身のメンタルがすり減っていくだけなのではないでしょうか。

ここはひとつ、嘘も方便という言葉に騙されてみましょう。あなたの好きな人なんて、誰も知る由もないのです。

「ごめんなさい、他に好きな人がいるんです。その人のことが本当に大好きなのであなたの気持ちには答えられません」それだけで良いのです。

好きな人がいるという嘘を後ろめたく思うのではなくて、相手を思うからこそついた嘘なんだと思うだけで、少しだけ心が軽くなりませんか。

 

デートの断り方:LINEやメールで脈なしであることを告げる

どんなに時間をかけても好きになれそうにもない、脈なしの男性にはしっかりと自分の意思を伝えることが重要です。

相手との関係がギクシャクしそうだし、なんだか面倒だからという理由でふわふわとさせていては、余計に面倒なことになりかねません。

あなたの中で、相手は脈なしだとハッキリしているのなら、これ以上相手のために頭を悩ませたりデートの断り方を探し続けることは時間の無駄です。

あなたはもちろん、相手だっていつまでも脈のない相手を追いかけ続けることは時間の無駄なのです。

ここはもうお互いのためだと割り切って、ハッキリと「自分はあなたのことを好きにはなれない」と、脈なしであることを伝えましょう。

面と向かってそんなことを言われると、言う本人も言われた方もかなり神経をすり減らしてしまうことでしょう。

ですから、こういう内容は間接的なツールを使うことをおすすめします。

LINEやメールなどの、相手の顔が見えないツールを使うことでお互いの精神的負担を最小限に抑えることができるのではないでしょうか。

 

デートの断り方は相手を傷つけないことが大切

いかがだったでしょうか。気のない相手からのデートのお誘いは、やはり頭を抱えてしまうものですよね。

断る方だって勇気が要ることですし、平気ではないのです。

少しでもお互いの精神的なダメージを和らげるためにも、今回ご紹介したデートの断り方をぜひ試してみてください。

デートの断り方で悩んでいるあなたは優しい人なのです。少しでもあなたの心が軽くなることを心より願っています。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告