年上彼氏との付き合い方がわからない!年上彼氏とうまく付き合うための方法まとめ

年上男性って、大人で頼れるしかっこいいですよね。 でも、彼氏として実際に付き合ってみると意外な一面もあって、最初のイメージとは変わることも多いのではないでしょうか。 そのギャップで付き合い方が分からなくなってしまうこともあるでしょう。 今回は、年上彼氏とうまく付き合うための方法をまとめました。

著者:
公開日:
年上彼氏との付き合い方がわからない!年上彼氏とうまく付き合うための方法まとめ

年上男性って、大人で頼れるしかっこいいですよね。

でも、彼氏として実際に付き合ってみると意外な一面もあって、最初のイメージとは変わることも多いのではないでしょうか。

そのギャップで付き合い方が分からなくなってしまうこともあるでしょう。

今回は、年上彼氏とうまく付き合うための方法をまとめました。

年上彼氏との恋愛あるある【メリット編】

恋愛1

 

 

年上彼氏と付き合うメリット①年上彼氏は余裕がある

年上彼氏と付き合うメリット1つ目は、年上彼氏は余裕があることです。

年上彼氏は、年下彼女よりも長く生きている分、これまで様々な経験をしてきているので大人としての余裕があります。

そのため、年上彼氏は、同年代や年下の彼氏と比べて女性に対して紳士的な振る舞いや気遣いが自然とできるのです。

そんな年上彼氏の余裕はとても魅力です。

 

年上彼氏と付き合うメリット②デートをエスコートしてくれる

年上彼氏と付き合うメリット2つ目は、デートをエスコートしてくれることです。

年上彼氏は自分の過去の恋愛だけではなく、仕事の会食などでも様々なお店を使っているので、同年代彼氏とのデートでは行かないような高級店や、初めて行くようなお店に連れていってもらうことが多いでしょう。

また、同年代や年下の男性よりも金銭面で余裕がある年上彼氏はデート代を出してくれることも多いです。

 

年上彼氏と付き合うメリット③結婚を意識しやすい

年上彼氏と付き合うメリット3つ目は、結婚を意識しやすいことです。

結婚したいと考えている女性にとって、年上彼氏は最適な相手と言えるでしょう。その理由としては、年上彼氏も結婚を考えている可能性が高いためです。

年上彼氏の周りには、結婚していたり子供がいたりと、既に家庭を持っている人が多いです。

また、年上の彼氏は年下彼女よりも長く生きている分、遊びたい盛りの時期は既に超えている可能性が高いです。

そういった環境は、年上彼氏がそろそろ落ち着きたいと考えるきっかけになります。

そのため、同年代や年下の彼氏よりも年上彼氏のほうが結婚を意識しやすいのです。

 

年上彼氏と付き合うメリット④甘えやすい

年上彼氏と付き合うメリット4つ目は、甘えやすいことです。

男性に甘えるのが苦手な女性でも年上彼氏には素直に甘えられるという人も多いのではないでしょうか。

年上彼氏は人生の先輩でもあり頼りやすいです。そして精神的にも落ち着いていて余裕があるため、彼女のわがままも受け入れてくれる懐の深さを持っているという点も年上彼氏ならではのメリットです。

 

年上彼氏と付き合うメリット⑤可愛がってくれる

年上彼氏と付き合うメリット5つ目は、可愛がってくれることです。

同年代や年下の彼氏に比べて、年上の彼氏は褒めてくれますしとても可愛がってくれます。

年上彼氏からすると、自分よりも年下で自分に甘えてくる彼女のことは可愛くて仕方ないのです。

女性の可愛がられたい願望を満たしてくれるのは断然年上彼氏でしょう。

 

年上彼氏との恋愛あるある【デメリット編】

恋愛2

年上彼氏と付き合うデメリット①年上彼氏はプライドが高い

年上彼氏と付き合うデメリット1つ目は、年上彼氏はプライドが高いことです。

年上彼氏には、男としてのプライドもありますし、年上としてのプライドもあります。

普段は気持ちに余裕があって優しくしてくれていても、年下彼女にプライドを傷つけられるようなことは許せないのです。

上から目線で怒られたり、自分よりも優位に立たれることを嫌います。

同年代や年下彼氏と付き合っている場合よりも気を遣わないといけないので、年下彼女からすると面倒に感じることがあるでしょう。

 

年上彼氏と付き合うデメリット②話題がかみ合わない

年上彼氏と付き合うデメリット2つ目は、話題がかみ合わないことです。

共通の趣味などがある場合、その話についてはかみ合っても、青春時代の過ごし方や好きだったアーティストなどについては、歳の差が大きい程話題が合わないです。

また、年下彼女が話す略語などには、ついていけない年上彼氏は多いです。

そうした時には、同年代彼氏の方が気楽に話せて居心地がいいと感じることもあるでしょう。

 

年上彼氏と付き合うデメリット③束縛される

年上彼氏と付き合うデメリット3つ目は、束縛されることです。

年上彼氏にとって、可愛い年下の彼女が他の男に取られないか心配で仕方ありません。

自分が仕事で忙しくて会えない時に、寂しい思いをさせて他の男のことが好きになってしまったらどうしようなどと心配になるのです。

その不安が束縛につながるのですが、なかなか会えないのに束縛がひどい場合は、年下彼女からすると「自分は仕事とか付き合いを優先するくせに束縛なんてたまったもんじゃない」などと不満に感じることもあります。

 

年上彼氏にイライラすることも!上手な付き合い方がわからない

恋愛3

悩み①年上彼氏はプライドが高いため接し方が難しい

悩み1つ目は、年上彼氏はプライドが高いため接し方が難しいことです。

年下彼女からすると普通に喧嘩しているつもりでも、年上彼氏にとってプライドを傷つけられたと感じた場合は、まともな話し合いができなくなることもあります。

年下彼女からすると「大人なんだからいちいち本気で怒らないでほしい」とイライラしてしまいます。

 

悩み②年上彼氏に見合うようにと無理な外見磨きしてしまう

悩み2つ目は、年上彼氏に見合うようにと無理な外見磨きをしてしまうことです。

年下彼女は「年上彼氏に見合う見た目の彼女にならないと」と背伸びして、大人っぽい服装やメイクにしたり高級なアイテムを持ったりと、大人の女性を意識しがちです。

最初はそれも楽しいと感じますが、その努力の割に年上彼氏に褒められたり関係性にいい変化が得られるわけではないので、努力が無駄だったように感じて疲れてしまいます。

 

悩み③恋愛の熱量に差がある

悩み3つ目は、恋愛の熱量に差があることです。

年下彼女は恋愛の熱量が高めで、彼氏とたくさん一緒にいたい、休日はいろんなところにデートに行きたい、毎日連絡を取りたいなど、彼氏との時間を優先的に考えていることが多いです。

逆に年上彼氏は、彼女中心の恋愛は卒業していて恋愛の熱量も落ち着いています。

仕事や自分の時間も大事にしたい、疲れてる休日は出掛けるよりも家でゆっくりしたい、連絡は適度で充分などと恋愛重視の生活ではなく、あくまでも恋愛は生活の一部という感覚であることが多いです。

年上彼氏も決して恋愛の優先順位が下というわけではなく、彼女のことは大事に思っているのですが、その熱量が違うことによって気持ちにすれ違いが生じて喧嘩に発展することもあります。

 

年上彼氏とうまく付き合う方法

恋愛4

年上彼氏とうまく付き合う方法①年上彼氏の心理を知る

年上彼氏とうまく付き合う方法1つ目は、年上彼氏の心理を知ることです。

人によって違うところがあるので本人の気持ちをきちんと知る必要がありますが、年上彼氏の心理とは仕事も恋愛も自分の時間もそれぞれ大事だということです。

男性にとっての仕事や人間関係は、女性が思っている以上に重要で必要なものです。だからと言って、恋愛を大事にしないわけではありません。

そのことを理解するだけでも付き合い方がだいぶ変わります。

日々忙しく気を張って過ごしている年上彼氏は、休日や仕事終わりには気を抜いてリラックスしたいと思っています。

そんな時に彼女が理解して体調を気遣う言葉をかけてあげたり、ゆっくり過ごすことを提案してあげることにより、年上彼氏は心から癒され「この子が彼女で良かった」と感じることでしょう。

 

年上彼氏とうまく付き合う方法②魅力を見つけて褒める

年上彼氏とうまく付き合う方法2つ目は、魅力を見つけて褒めることです。

年下彼女は「私のことを褒めてほしい」「彼氏は大人なんだから褒めなくても大丈夫でしょ」なんて思いがちですが、実は年上彼氏も褒められたいと思っているんです。

むしろ大人になればなるほど褒められることは減るので、褒められることは思ってる以上に嬉しいと感じます。

見た目を褒めることも効果抜群ですが、内面の魅力も積極的に見つけて褒めましょう。

彼女だからこそ知っている努力や頑張りを褒めるのは、年上彼氏にとって何よりも嬉しいはずです。

 

年上彼氏とうまく付き合う方法③大好きな気持ちはきちんと伝える

年上彼氏とうまく付き合う方法3つ目は、大好きな気持ちはきちんと伝えることです。

女性は大好きと言うよりも言われたいと思っている人は多いですが、言われたい場合まずは自分が言うことが大事です。

「年上彼氏は大人だから言わなくても分かるよね」などと思わずに、大好きな気持ちをきちんと伝えましょう。

年上彼氏からすると、愛情を伝えてくれる彼女のことは大事にしたい、裏切ることはできないと感じます。

 

年上彼氏とうまく付き合う方法④優しすぎるところに甘え過ぎず対等に接する

年上彼氏とうまく付き合う方法4つ目は、優しすぎるところに甘え過ぎず対等に接することです。

年上彼氏にとって自分を頼ってくれる年下彼女はとても愛おしいものです。

そんな可愛い年下彼女には甘くなりがちで優しすぎることもありますが、だからと言って甘え過ぎてなんでも言っていいと思っていると、そのうち年上彼氏は疲れてきます。

普段は素直に甘えつつ、相手が疲れていたらわがままを言わずに気遣う、優しくするなどたまには彼氏にも甘えてもらうようにして、均等に接しましょう。

 

年上彼氏とうまく付き合う方法⑤結婚も考えるなら年上彼氏の仕事を理解する

年上彼氏とうまく付き合う方法5つ目は、結婚も考えるなら年上彼氏の仕事を理解することです。

男性にとって仕事はとても大事なものです。遅くまで仕事していたり、休日も仕事の対応をすることもあるでしょう。

そんな時は「また仕事?」「私のこともかまってよ」などと怒らずに「仕事頑張ってるね、でも体心配だからあまり無理しないでね」と応援しつつ気遣えるようになりましょう。

男性は、彼女や奥さんになる人は誰よりも自分の味方であってほしいのです。

 

年上彼氏とうまく付き合う方法⑥年下彼女ならではの魅力で喜ばせる

年上彼氏とうまく付き合う方法6つ目は、年下彼女ならではの魅力で喜ばせることです。

年上彼氏にとって「俺が守ってあげないと」という庇護欲を掻き立てられる年下彼女のことは、可愛く愛おしく感じるものです。

年上彼氏を頼ったり甘えたりして喜ばせることは、年上彼氏とうまく付き合っていく上で重要なポイントになります。

自分を必要としてくれると感じて、より大事にしてくれることでしょう。

また、若さ故にできないことがあっても、これからできるように努力する姿を見せることで許されやすいでしょう。

 

年上彼氏とうまく付き合う方法⑦歳の差を楽しむ

年上彼氏とうまく付き合う方法7つ目は、歳の差を楽しむことです。

年上彼氏とは、生まれた年や青春時代に流行ったものが違うため、話題がかみ合わないことも多いでしょう。

そのことをマイナスに捉えるのではなく、プラスに捉えてみましょう。

違いを楽しんで、お互いに知らないことを語り合うのも楽しいものです。また、出会った時から大人である年上彼氏が若かった時の話はとても新鮮ですよ。

教えてもらった話題を会話に使ったり、年上彼氏が好きだった曲を覚えてカラオケで歌ったりすれば、きっと年上彼氏も喜ぶことでしょう。

 

年上彼氏とうまく付き合う方法⑧プライドを傷つけない

年上彼氏とうまく付き合う方法8つ目は、プライドを傷つけないことです。

年上彼氏には、男としてのプライドと年上としてのプライドがあります。

年下彼女の前ではかっこいい自分でありたいと思っているので、外では特に年上彼氏のことを立てることが大事です。

逆に二人きりの時や家でいる時に、年上彼氏のだらしないところや甘える姿を見た時には、引いたりせずにそういう姿も彼の一部として優しく受け入れてあげましょう。

また、喧嘩をして腹が立っていたとしても、彼のプライドを傷付けるような言葉は言わないように気を付けましょう。

 

年上彼氏とうまく付き合う方法⑨年上彼氏が安心できるように意識する

年上彼氏とうまく付き合う方法9つ目は、年上彼氏が安心できるように意識することです。

年上彼氏は自分に100%の自信を持っているわけではありません。

可愛い年下彼女が「自分よりもかっこいい年上の男の人を好きになるのではないか」「同じ年の男の子の方が居心地が良くて気持ちが傾いてしまうかも」などと、意外と不安に思っているものです。

そのため、不安にさせる言動は避け、できるだけ安心して付き合えるように意識することが大事です。

隠れて異性に会うようなことはしない、他の男性の話をして彼氏と比較するようなことはしないなど年上彼氏が不安にならないように心掛けましょう。

 

年上彼氏とうまく付き合う方法⑩背伸びしすぎない

年上彼氏とうまく付き合う方法10こ目は、背伸びしすぎないことです。

年上彼氏に見合うような女性になりたいと思うことはいいことですが、年下彼女ならではのあどけなさや若々しさは魅力であるはずです。

年上彼氏は背伸びした女性らしさではなく、自分の魅力を大事にしている女性らしさの方が愛おしいと思うものです。

等身大の自分を大事にしつつ、少しずつ大人の女性としての品格を磨いていくことが大事です。

 

年上彼氏と上手に付き合う方法まとめ

年上彼氏と付き合うには、メリットだけでなくデメリットもあります。

しかし、そのデメリットをうまくプラスに変えることができれば、年上彼氏とも上手に付き合うことができます。

大事なのは年上彼氏のことを理解すること、そして相手が年上だからと言って自分だけが甘えるばかりではなく彼氏にも甘えてもらう環境作りを努めることです。

年上彼氏とはいえ、一人の人間であることに変わりありません。誰でも弱い部分をもってますし、甘えられる場所は必要なはずです。

年上彼氏のプライドを守りつつ、外では強く生きている年上彼氏を癒してあげる気持ちで付き合っていれば、きっと年上彼氏も自分も居心地の良い関係性を築けることでしょう。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告