恋愛が「めんどくさい」と思う理由とは?「めんどくさい」を克服する方法まとめ

今回は、恋愛が「めんどくさい」と思う理由や、恋愛の「めんどくさい」を克服する方法などをご紹介していきます。 「恋愛がめんどくさい…」と思う人が、近年増えてきている傾向にあります。20代の若年層においても、およそ2人に1人は「恋愛がめんどくさい」と感じている時代です。 なぜ、そう思うのか考えられる要因をまとめてみました。

公開日:
著者:
恋愛が「めんどくさい」と思う理由とは?「めんどくさい」を克服する方法まとめ

著者名

kiki

kiki

「自分らしさ」を追求する大人可愛いファッションでライフスタイルを豊かにすることをモットーにしています。魅力の幅を広げる自分磨きのきっかけに触れることができれば幸いです。

今回は、恋愛が「めんどくさい」と思う理由や、恋愛の「めんどくさい」を克服する方法などをご紹介していきます。

「恋愛がめんどくさい…」と思う人が、近年増えてきている傾向にあります。20代の若年層においても、およそ2人に1人は「恋愛がめんどくさい」と感じている時代です。

なぜ、そう思うのか考えられる要因をまとめてみました。

恋愛が「めんどくさい」と思う理由

 

広告

 

恋人がいないシングルの場合

恋愛が「めんどくさい」と思う人は、恋人のいないシングルの人である場合が多いでしょう。

シングルの人が恋愛を「めんどくさい」と思う理由をまとめています。

 

一人でいるのが好き

「一人でいるのが好きだから」が、「恋愛がめんどくさい」と思う最もわかりやすい理由であると言えます。

恋人がいなくても、一人で楽しめることはたくさんある時代です。

SNSが普及しているネット社会と化した現代においては、一人でいても誰かと常に繋がることができ、また外へ出かけなくともゲームをするなど、恋愛をしなくても十分に充実した時間を過ごすことができます。

また、「一人でいるのが好き」な人は、恋愛をすると「デート」をしなければいけないことが、まずめんどうだと思う傾向にあります。

デートのために服を選んだり、メイクやヘアスタイルに時間をかけたりなど、「相手のために」いろいろと準備をしなければいけないことが既に「めんどくさい」と思う人も多いでしょう。

 

恋の駆け引きがめんどう

恋愛をすると、恋の「駆け引き」なるものが発生してくる場合がほとんどですので、それが「めんどくさい」と思ってしまう人も多い傾向にあります。

気になる相手に対する態度や言葉を選んだり、相手の反応に一喜一憂したり、メールやLINEの内容や頻度、返信する時間を気にしたり。

「恋愛が好き」な人は、この「駆け引き」をドキドキしながら存分に楽しめるものですが、その一方で「めんどくさい」と思う人も意外に多いです。

基本的に恋愛に対して不器用であり、「恋愛下手」であることから、「めんどくさい」気持ちが大きくなって恋をすることを放り出してしまうのでしょう。

 

好きな人を探すのがめんどう

恋愛をするには当然のことですが、まず「相手」が必要です。

その「相手」である「好きな人」を探すのがそもそも「めんどくさい」と思っているケースもあります。

恋多き人であれば、いろんな異性を少しでも「いいな」と思うと積極的にアピールする人が多いでしょう。

しかし、「恋愛がめんどくさい」と思う人は、そもそも異性に対してのハードルが高い傾向にあり、「理想が高い」とも言えます。

異性に対する目が厳しいあまり、簡単に心を開くことができずに人を好きになるのが難しいのでしょう。

そのため、いざ「恋愛がしたい」となったとしても、まず「好きな人探し」が困難を極めることが予想されますので「めんどくさい」となってしまうのです。

恋愛を「めんどくさい」と感じる人は、ろくに恋愛をしないまま結婚適齢期を過ぎてしまうと、少し焦る気持ちが芽生えてくることもあります。

そして重い腰をあげて「婚活」に励もうとしても、またその「結婚相手探し」の段階で「めんどくさい」と思ってしまい、一向に前進できない傾向にあります。

 

干渉されたくない

他人に干渉されるのをひどく嫌う人も、「恋愛がめんどくさい」と思う人が多い傾向にあります。

恋愛は、当然とのことですが、一人ではなく「二人でするもの」であり、ちょっとした束縛や干渉はつきものになってくる場合もあります。

もし恋人ができた時に、例えば相手から言われることで「何時に帰る?」「今何してる?」「ちょっとネイルが派手じゃない?」など、ほんの些細な「干渉」であっても嫌な気持ちになってしまうことを想像し、恋愛そのものが「めんどくさい」と感じてしまうのでしょう。

このケースは、「一人でいるのが好き」なタイプとも共通することだと言えます。

 

傷付きたくない

恋愛で「傷付くのが怖い」という理由から、恋愛に臆病になってしまい、その結果「めんどくさい」と思っているケースです。

「恋愛がめんどくさい」と感じる人は、そもそもが「恋愛下手」である場合が多く、もし誰かを好きになったとしても、失恋して自分が深く傷付いてしまうのを恐れている傾向にあります。

あまり自分に自信が持てず、繊細なタイプだと言えるでしょう。

 

仕事や趣味に専念したい

そもそもあまり恋愛に興味が持てずに恋愛を「めんどくさい」と感じている人は、恋愛以外のこと、つまり「仕事や趣味に専念したい」と思っている人が多い傾向にあります。

そのためには、「恋愛は邪魔」だと感じていることもあるでしょう。

仕事に専念したい女性であればキャリアウーマンタイプが多く、「男性に負けたくない」という男勝りなタイプが考えられます。

また、趣味に専念したい人などは、例えば好きなアイドルの追っかけをしていて夢見がちであり、「現実」である「自分の恋愛」には関心がない、といったタイプもいるでしょう。

 

現在恋人がいる場合

現在恋人がいるにも関わらず、恋愛が「めんどくさい」と思っている人もいます。

ここでは、彼氏・彼女がいるのに、恋愛を「めんどくさい」と思う理由をまとめています。

 

相手に合わせることに疲れた

彼氏や彼女と付き合っているうちに、相手に合わせることに疲れてしまい、「めんどくさい」と思うことが最も多い理由となるでしょう。

気を遣いすぎて言いたいことが言えない場合や、相手がわがままで振り回されているなどの場合に、疲れてしまうことが多いのだと言えます。

このケースでは、お互いの関係性のバランスが悪く、そもそもの相性が良くない傾向も考えられます。

 

束縛や干渉をされる

束縛や干渉が激しい恋人と付き合っていると、恋愛を「めんどくさい」と思いがちになることもよくあるケースでしょう。

恋人からの束縛や干渉に関して、「こんなに自分のことを思ってくれている」「大切にされている」と嬉しく思うのは付き合い初めの頃だけだと言えます。

これが積み重なると疲れるのは当たり前であり、「めんどくさい」と感じてしまう大きな要因となります。

 

家事や身の回りの世話がめんどう

同棲をしている場合や、相手があまり自立できていないような人である場合、恋人のために家事をしたり身の回りの世話をやいたりすることに、「めんどくさい」と思うことが理由となります。

こちらも、最初は「この人は私がいないとダメだなぁ」といったような愛しい気持ちになることもあり得ますが、長い間ずっとそのような状態が続くと、何もできない(しない)相手に対して「めんどくさい」と思うようになることもあるでしょう。

 

連絡をしたり出かけたりするのがめんどう

恋人であるからには、定期的に連絡をとったりデートをしたりするのが普通です。

その基本的な「恋人でいるために必要なコミュニケーション」そのものが、「めんどくさい」と思ってしまうケースもあります。

友達であれば、自分が連絡をしたい時にして、会いたい時に会えば良いものであり、またその期間が少し空いたとしても不自然ではありません。

しかし、「恋人」となるとそのようにはいかず、常に「恋人であるために必要なコミュニケーション」が要されます。

もしこれを「めんどくさい」と感じ始めた時には、もう相手への愛情・好きな気持ちはだいぶ薄れているのだと確信して良いのかもしれません。

 

恋人よりも優先したいことがある

シングルの理由としても共通することですが、仕事や趣味など、「恋人よりも優先したいことがある」となった時に「めんどくさい」と感じる傾向にあります。

恋人と会う時間よりも、「仕事や趣味に使う時間を優先したい」と思うケースです。

恋愛と上手に同時進行することが難しく感じるために、「恋愛がめんどくさい」と思ってしまうのでしょう。

 

恋愛を「めんどくさい」と思わせる相手の言動

恋人がいるのに恋愛を「めんどくさい」と感じてしまうのは、その付き合っている相手に原因がある場合が多い傾向にあります。

ここでは、恋愛を「めんどくさい」と思わせてしまう相手の言動をご紹介していきましょう。

 

嫉妬する

恋人が異性と話している時や、デートの時に違う異性のことを見ていたなど、ほんの些細なことで「嫉妬」してしまうことが、相手に恋愛を「めんどくさい」と思わせてしまう大きな要因となるでしょう。

そしてその「嫉妬心」は、いずれ束縛に変わり、さらにめんどくさがられてしまう展開に発展するケースが多いです。

 

頻繁な連絡

メール・LINEや電話などで、あまりに頻繁な連絡をすることも、「めんどくさい」と思われてしまう原因となります。

この場合、相手の状況や気持ちをあまり考えていない、自分勝手で一方的な行動に捉えられることが多いです。

また、頻繁に連絡をしてくる相手の気持ちが「重い」と感じてしまう傾向もあり、二人の関係性のバランスが悪くなっている状態でしょう。

 

わがままなど思いやりに欠ける言動

恋人に甘え過ぎるがゆえに、わがままになってしまって思いやりに欠ける言動が多くなることも、「めんどくさい」と思われる原因です。

デリカシーのない言葉や態度であったり、つい自分本位になってしまったりなどです。

 

恋愛の「めんどくさい」を克服する方法

「いつまでも恋愛をめんどくさいと思っていていいのだろうか…」と漠然とした不安を感じている人のために、ここでは恋愛の「めんどくさい」を克服する方法をご紹介します。

 

自分が自然体でいられる人を見つける

まず、「恋愛がめんどくさい」と思ってしまう根本的な理由としては、「恋愛する」という漠然としたイメージに対して「めんどくさい」という気持ちを抱いていることです。

恋人がいるのに「めんどくさい」と感じている場合は、その相手のことが自分にとって「めんどくさい人」だと思っている傾向にあります。

「めんどくさい」と思うことのない「恋愛」とは、「自分と合う人、一緒にいて居心地が良いと感じられる人」とする恋愛なのだと言えるでしょう。

どこかで無理をしている、自分を抑えて我慢をしているから「めんどくさい」と思ってしまうことが考えられます。

「自分がいつでも自然体でいられる人」を選べば、きっと恋愛を「めんどくさい」などとは思わないのではないでしょうか。

 

相手を値踏みしない

大人の恋愛においては、相手の仕事や年収、容姿・ファッションセンスなど、その人の「外側」であるステータスやスペックに先に目がいきがちです。

そのように、つい相手を「値踏み」してしまうことにより、自分と合うのかどうか、自分はこの人と恋愛をして幸せになれるのかどうか、などと勝手に色々と考えてしまって「めんどくさくなる」ケースがあります。

 

「心」で恋をする

「恋愛」は頭でするものではありません。相手の外側ばかりを見るのではなく、コミュニケーションを深めていきながら中身を見ていくことで、自然と心が惹かれるものがあるとすれば、めんどくさくない恋愛ができるでしょう。

また、「恋の駆け引き」なども、「めんどくさくない恋愛」を始める上では必要のないものです。

ゲーム感覚で恋を楽しめる人であれば良いのですが、「めんどくさくない恋愛」をしたいのであれば、頭で考えるのではなく、心で感じる恋をするように意識してください。

純粋に、心が強く惹かれるように「好きな気持ち」が溢れ出るような相手に出会えると、きっと恋愛が「めんどくさい」などとは思わなくなるでしょう。

誰かと恋愛をするのに、誰かを好きになることに、「見た目が自分のタイプでかっこいいから」「こういう性格が好きだから」「こういう価値観が自分と合うから」などという具体的な「理由」を探す必要はありません。

「ただなんとなく好きかもしれない」といった漠然としたもので大丈夫でしょう。

 

まとめ

「恋愛がめんどくさい」と思ってしまう人は、恋愛に臆病な「恋愛下手」である場合や、「恋愛」について頭でいろいろと考えすぎてしまうタイプが多いのだと言えるでしょう。

人を好きになる気持ちや愛情は、「心」で感じるものです。

恋愛を「めんどくさい」と感じている人の多くは、その「心」が冷えきってしまっているのでしょう。

もし「恋愛がめんどくさい」と思ってしまうのを克服したいのならば、「心」を意識した人とのコミュニケーションを大事にしましょう。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告