いい男の条件や育て方などを徹底解説!いい男に出会える方法とは?

今回は、いい男の条件や、いい男に出会うためにはどこに行けばいいかなどについて考えてみました。 新しい出会いがあれば期待してしまうもの。これを機会にいい男と出会いたい!と思う人も多いでしょう。 でも、改めて考えるといい男とは、どんな男でしょうか? これから出会いを探している方はぜひご覧ください。

公開日:
著者:
いい男の条件や育て方などを徹底解説!いい男に出会える方法とは?

今回は、いい男の条件や、いい男に出会うためにはどこに行けばいいかなどについて考えてみました。

新しい出会いがあれば期待してしまうもの。これを機会にいい男と出会いたい!と思う人も多いでしょう。

でも、改めて考えるといい男とは、どんな男でしょうか?

これから出会いを探している方はぜひご覧ください。

いい男の条件は?

恋愛1

「いい男」と言っても、様々な受け取り方ができます。例えば、容姿がいい男、収入がいい男、性格がいい男…。

長く一緒にいたいと考えるのであれば、最も重要なのは生きる姿勢や考え方ではないでしょうか?

最終的には気が合うことが大切ですが、それ以前に人間としての優しさや気遣いが必要です。

共に過ごす時間が長くなればなるほど、こちら側が無理をしてしまうことになれば、どんなに容姿が好みでも収入が良くても、長続きはしないでしょう。

将来結婚しても良いかもしれないと考えられる出会いを求めるならば、まずはその人の土台になる姿勢が大切です。

次の条件に当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。

 

 

間違ったことに対して謝ることができる

男性はプライドの高い生き物です。仕事盛りのアラサー、アラフォー男性は特に、自分に非があったとしても謝ることに対して抵抗を持っている場合も多いもの。

そんな男性の中で、自分から非を認めて謝罪できる男性は、素直で性格の良い男性です。

一緒に過ごす中で、間違いのない人間などいません。

自らが間違った際に、それをすぐに認められる男性ならば、お互いにわだかまりを残さずに、過ごしていくことができるでしょう。

 

誰にでも平等に接することができる

誰に対しても、平等に接することができるというのもポイントです。

自分の利害に関係なく、他人に対して優しい行動をとることができるなら、結婚した時にも花嫁側の親や兄弟などに対する態度も想像できますね。

デートしている女性には優しいけれど、お店の店員さんなどには冷たい態度をとる場合は要注意です。

今後、もっと深い関係になった時に、女性自身にもそんな態度をとる可能性があります。

 

相手の意見をしっかり聞くことができる

長く付き合っていく上では、必ず意見の衝突があります。

そんな時に、お互いの意見を聞いて解決方法を探ることができる男性は、とても貴重な存在です。

自分の意見を押し付けて満足している男性には注意が必要です。

年齢が上がれば上がるほど、周囲はそんな男性に意見しづらいので、自分が意見を押し付けていることに気づけないことも多々あります。

そのような環境に慣れてしまえば、なかなかその姿勢を改善するのも難しいので、最初の段階で確認しておくことが大切ですね。

 

同性から慕われている

異性から人気がある男性は、女性と男性に見せる顔を使い分けている可能性があります。

それを見極めるには、男性からはどう見られているかをチェックすることで確認できますね。

同性からも好かれているのであれば、その男性は裏表のない誰からも好かれる人物です。

もし、特に後輩からの人気が高いのであれば、面倒見の良い性格である可能性が高く、先輩や上司からの評判が良ければ、気遣いができるのかもしれません。

同性のどんな年齢層に特に人気があるのかまで確認できれば、ある程度、性格も推測することができます。

 

いい男はどこにいる?

恋愛2

社会人になってしまえば、行動範囲は限定されてしまいがちです。

ここ最近、家と職場とスーパーマーケットにしか行っていないなんて場合もあるのでは?

しかし、いざ出会いを求めて街コンやお見合いパーティーに参加しても、いい男がいるとは限りません。

例えば、何度も街コンに参加していると、以前出会ったことのある男性に遭遇したことはありませんか?

意識的に出会いを求めて行動できる男性は、ある程度意欲のある一定数に限られます。

そのため、何度もパーティーに参加してみても、そこに参加する男性も一定数の意欲がある男性のみで、同じようなメンバーに遭遇する可能性も高くなるのです。

また、男性は、出会いに関して女性よりも腰が重いことも特徴です。

女性が出会いを求めて積極的に行動し始める年齢でも、男性はまだそれほど熱心ではないでしょう。

例えば、30代の男性ならば「素敵な女性に出会いたいけれど、仕事が忙しい」とか「わざわざパーティーに出かけるのであれば趣味の時間に使いたい」と考えるかもしれません。

そのような考えの男性は、決してパーティーなどの出会いの場には出てきません。

そのため、わかりやすい出会いの場へ出かけて行っても、自分好みのいい男には出会えない可能性があるのです。

新しくいい男を探すのであれば、自分から環境を変えなければなりません。

それも、積極的に出会いを求める場ではなくて、日常の延長のような場所が望ましいと思われます。

 

スポーツ観戦やスポーツバー

野球や、サッカー、バスケットボールなど、興味のあるスポーツがあれば実際に観戦に行ってみましょう。

会場まで足を運ぶのが大変ならば、手始めにスポーツバーに行ってみるというのもいいかもしれません。

むしろ、スポーツバーの方が狭い空間でたくさんの人が応援するため、出会いの可能性が高い場合もあります。

スポーツ観戦だけではなく、草野球チームのマネージャーになるなど、実際にスポーツをしているサークルなどに参加するというのもひとつの方法です。

同じスポーツが好きならば話題にも事欠かないし、好きなチームが同じならば、それをきっかけに関係性が進展するかもしれません。

 

趣味の集まり

出会いも求めつつ、趣味を作ってしまうというのはいかがでしょうか?

やりたい!という積極的な気持ちでなくても、「ちょっと興味があって」という小さなきっかけから始めても構いません。

その際、料理教室やヨガなど、女性ばかりが集まりそうなものはなるべく避けましょう。

そもそも男性参加者が少なければ、そこにいい男がいる可能性も低くなります。

もちろん、女性同士仲良くなってそこから紹介されるということもあるかもしれませんが、直接男性の参加者が多い集まりを選択した方が、出会いの可能性は高くなりますね。

 

ジムに通う

体を動かすことが好きな男性ならば、性格も社交的でアクティブなケースが想像できます。

自身もジムに通えば、そんな男性との出会いの可能性が生まれます。ジムに通っている男性もそうですが、トレーナーさんにも男性は多いもの。

そこでも出会いが生まれるかもしれません。自分の体を引き締めることもできるので、ジムに通ってみるというのもひとつの方法です。

 

ボランティアに参加する

ボランティアに参加する人々は、誰かの役に立ちたいという希望を持っています。

そんな仲間と過ごす時間は、男性との出会いを抜きにしても貴重な体験です。

そして、普段は出会えない人達と関わることができるという点では、自分を再発見する良いチャンスになるかもしれません。

 

常連のお店を作る

身体を動かすのも苦手、わざわざ趣味を作るのも億劫という場合は、常連のお店を作るのはいかがでしょう?

仕事が終わったら家に直行ではなくて、週に1回外食して帰るというだけなら、自分で食事を用意する手間も省けて一石二鳥です。

その際、お店選びは慎重に!自分が常連にしたいと思うお店がどうかというのも大切ですが、それに加え、お店の雰囲気や、どんな人がよく来るのかということもよく観察しましょう。

すぐにこのお店という風に決めないで、最初は色々なお店をまわって、雰囲気や客層をチェックするという所から始めても良いかもしれませんね。

 

いい男に選ばれる女性とは?

恋愛3

好みの男性が現れても、そこで選ばれなければ意味がありません。

いい男は、当然女性の人気も高いので、すでにたくさんのライバルがいる場合もあるでしょう。

いい男に選ばれる女性とはどんな女性でしょうか?そんな女性の条件を考えてみました。

 

自分から行動できる女性

何でも受け身で、提案されることをただ待っている女性よりも、自分から意欲的に行動する女性の方が魅力的です。

例えばデートの時のお店選びも、常に男性にすべて考えてもらうのではなく、一緒に考えて行きたい所を提案してみては?

ただ提示されるのを待っているだけでは、男性も楽しくはないでしょう。

いつも受け身で「なんでもいい」が口癖の女性は、いいチャンスなので自分を振り返ってみましょう。

そして、普段の生活から誰かに頼るのではなく、自分から発信して行動してみてください。

いざ好みのいい男に出会うことができたのなら、自然と積極的に行動できる女性になっているはずです。

 

ほどよく隙がある女性

仕事でもプライベートでも何でも自分でできる女性は、自立していて格好がいいですが、恋愛のステージにおいてはマイナスに働く場合もあります。

すべて完璧にこなしてしまう女性を前にして、男性は「この人は何でも自分でできるから、男性の助けは必要ないな」と考えてしまう可能性もあります。

褒められたり頼られたりすると満足感を得るので、そのような心理をくすぐる隙のある女性は、男性側からも気になる存在になるようです。

ほどよく男性の自尊心をくすぐる要素がある女性は、いい男からの人気も高いのです。

 

ポジティブで明るい女性

一緒にいても、「どうせ私なんか」とか「私といてもつまらないでしょ」など、マイナスな発言が多い女性とは、一緒にいても楽しくないものです。

例え嫌なことがあっても、落ち込んだ気分を引き上げてくれる明るくて元気な女性を、男性は選びたいと思うでしょう。

ネガティブ思考に陥りがちならば、まずは、日頃の生活の中で、物事をプラスに捉えるように意識して変えてみましょう。

思考が変われば、女性自身の雰囲気も変わります。

ポジティブ思考を身に着けることで、ぱっと見た時の魅力も引き上げることができます。

 

これからに期待!いい男に育てるには?

恋愛4

自分から行動して、運よくいい男に出会えたとしても、すでに結婚しているなんてこともあり得ます。

特に、アラサー、アラフォー世代の男性なら、その可能性は高いですよね。ならば、自らいい男に育ててみるのはいかがでしょうか?

姿勢や考え方は良いところがたくさんあるけれど、なんとなく頼りがいがないなど、ウィークポイントが気になる場合、それをまるごと受け止める覚悟で男性を育ててみましょう。

中学校から男子校で、男ばかりの職場に就職したなんて場合、根は素直で良いけれど、ちょっと物足りないと感じる男性はまだまだ世の中にいるはずです。

いい男の卵ならば、まだ競争率もそこまで高くはないかもしれません。

そんなキラリと光るいい男の芽を見つけて、育ててみるのもひとつの方法です。

 

ちょっとしたことでも褒める

社会人になってしまえば、普段の生活で褒められることは多くはありません。

褒められることで、自己肯定感が増し、自分に自信が持てるようになってきます。

心の余裕ができれば、周囲を見渡す余裕も生まれるので、周りへの気配りや、優しい態度をとるなどの相乗効果も期待できます。

 

さりげなくお願いする

ネガティブな男性には、役割を与えて自信をつけてもらいましょう。最初はシンプルで単純なお願いで構いません。

例えば、自分で持てる重さの物でも、あえて荷物を持ってもらいましょう。もしくは小さな悩み相談でもいいかもしれません。

そしてお願いした行動をしてくれた場合、その後必ずお礼を言いましょう。このお礼を言うことがポイントです。

ありがとうと言われれば、嬉しくなるのが人間の心理。達成感も生まれます。

そして、喜んでくれるのならば、またやってあげたいという気持ちをくすぐります。

小さなお願いを繰り返すうちに、男性にも自信が生まれ、言われなくても行動できるいい男に育っていきます。

 

女性自身も成長する

相手を育てようとするのならば、自分自身がそれに見合う器がなければダメですね。男

性ばかりに目を向けるのではなく、同時に自分自身に対しても振り返ってみましょう。

「相手には○○をお願いしたけれど、果たして同じ状況で自分はどんな態度をとっているだろう?」など、相手に要求した行動を自分に置き換えてみた時、はっと気づくことがあるかもしれません。

また、褒めたりお願いしたりする際の言い方を振り返ることも大切です。同じ要求でも言い方ひとつで相手の取り方も千差万別。

あなたの言い方は、相手に不快感を植え付けてはいないでしょうか?

相手が気持ちよく行動できるように改善することは、自然とコミュニケーション能力をアップさせることにもつながります。

いい男を育てながら、自分も成長することができる。

互いを高めていけるような関係性が築けるのであれば、それは最高の関係ですね。

 

まとめ

いかがでしたか?いい男の条件や出会いの場、選ばれやすい女性の特徴について考えてみました。

出会いがなければ自分から探しに行き、自分で育てるという心意気も大切ですね。

是非これを参考に、いい男を探してみてくださいね!

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告