復縁までの期間や復縁の仕方についてご紹介♪別れた彼氏と復縁したいとお悩みの方必見!

別れてしまった彼氏とやっぱり復縁したいと思った時、どのくらいの期間を置いて連絡したらいいか迷う事はありませんか?自分が振った場合や振られた場合によって、冷却期間にも違いが出てきますので、今回はそんな別れた彼氏との復縁までの期間や復縁の仕方についてお話していきます。

公開日:
著者:
復縁までの期間や復縁の仕方についてご紹介♪別れた彼氏と復縁したいとお悩みの方必見!

別れてしまった彼氏とやっぱり復縁したいと思った時、どのくらいの期間を置いて連絡したらいいか迷う事はありませんか?

自分が振った場合や振られた場合によって、冷却期間にも違いが出てきますので、今回はそんな別れた彼氏との復縁までの期間や復縁の仕方についてお話していきます。

自分が振った場合のベストな復縁期間

自分から振った直後には復縁したいと思わなくても、少し経ってから「やっぱりあの人しかいなかった…」となった時に、どのタイミングで連絡を入れたら良いか迷った場合は下記のタイミングを参考にしてみてください。

 

 

最低でも1ヶ月は冷却期間を置いてから連絡する

振られた直後は、そのショックから元カレは貴女の事を嫌いになってしまった、もしくは顔を見たくない状態になってしまっている事があります。

この状態の時に連絡をしても、相手からそっけない返事をされるどころか無視をされてしまう可能性が。

別れた直後はなるべく連絡はせず、しばらく冷却期間を置く事をおすすめします。

 

ベストな復縁期間は3ヶ月~半年経った後

このくらい冷却期間を置くと、元カレも落ち着いてくる傾向にあります。

また、嫌な気持ちが薄れて恋人関係だった時の楽しかった事を思い出すなどと、少しづつ気持ちも軟化していく事も。

別れた直後は気持ちが落ち着かず、連絡しても嫌がられる可能性が高いのですが、このくらい冷却期間を置くと相手から返事を貰いやすくなりますよ。

 

すぐに連絡するのがベストな時も

お互いが嫌いになった訳じゃなく、何らかの理由で別れなければならなかった場合は、すぐに連絡してみても大丈夫な場合が多いです。

すぐに自分の気持ちを話し、お互いに和解する事で復縁に繋がる事もあるので、外的要因が別れの理由の場合はすぐに連絡してみるのも復縁への手段の1つになります。

 

自分が振られた場合のベストな復縁期間

自分が振られた場合、こちらから復縁を持ちかけた時に拒否されたらどうしよう…と悩んでしまう事もありますよね。

しかも振られた直後だと、振られたばかりの今ならまだ復縁の可能性があるのではないか、と一縷の望みに縋ってしまう場合もあると思います。

しかし、こちらが振られた場合でベストな復縁のタイミングを掴むには、その気持ちに従わずにジッと待つ事がとても大事になってくるのです。

 

 

ベストな冷却期間は半年以上

自分が振られた場合、相手の気持ちが離れてしまっている事が多いので、冷却期間はじっくり置いた方がベストです。

あまり早い時期に連絡をとってしまうと、元カレにウザがられて逆に復縁から遠ざかってしまう可能性が高い傾向にあります。

 

1年待って復縁する場合も

この間に元カレに好きな人が出来てしまう可能性もありますが、1年経ったタイミングで連絡をとったら復縁に成功したケースもあります。

男性から振った場合、復縁のタイミングを計るには冷却期間を半年から1年ほど置いてからがベストと言われているので、とにかくじっくりと待つ事がおすすめです。

 

すぐに連絡はNG

男性は時間が経つにつれて嫌な気持ちが薄れていく傾向にあるので、振られた場合はとにかく連絡をとらずにいるしかありません。

嫌な気持ちや別れたい気持ちが薄れていない状態で連絡しても、復縁出来る可能性はとても低いからです。

すぐに連絡をとりたい気持ちになってしまうかと思うのですが、ここはグッと堪えましょう。

 

復縁の冷却期間中にした方が良い事

復縁する際に冷却期間を置くのは、別れた時の嫌な気持ちを薄れさせる以外にも理由があります。

それは、復縁の下準備をバッチリしておく為の準備期間でもあるからです。

冷却期間を置いて相手の気持ちを落ち着かせてから、準備万端の状態でアプローチする事で相手の気持ちが戻りやすくなり、恋人に戻れる可能性も高くなります。

落ち着くのを待っているだけではなく、下準備をしっかりする事が大事になってきますよ。

 

 

別れた原因を明確に把握する

ここでまず必要なのは、別れた原因や理由をしっかり把握しておく事。そうする事で、自分が直さなければいけない事に対して行動をしやすくなるからです。

相手が明確な理由を言わなかったり、ぼんやりとしか原因が分からなかったりした場合は、紙に思い当たる事を箇条書きでも良いので書き出してみるのもおすすめ。

 

自分磨きを徹底する

別れた時の悔しかったり悲しかったりした気持ちをバネに、徹底的に自分磨きをする事をおすすめします。

別れた原因が内面の事なら、日々の生活態度の改善、外見の事ならジムやファッションの改善をするなど美容に力を入れてみたり、とにかく自分磨きに専念してみましょう。

そうする事で悲しい気持ちを忘れて前向きな気持ちになったり、元カレに会った時により魅力的な自分でアプローチしたりする事が出来ますよ。

 

実は意外な効果も

これは余談ですが、自分磨きをしている最中に新しい素敵な相手に出会う事も多くあります。

自分がより魅力的になる事で、更に素敵な相手に巡り合える可能性も高くなるので、そういった面でも「自分磨き」は振られた時におすすめな行動になりますよ。

 

SNSで元カレと繋がっている場合、楽しくしている日常をアップする

あなたと別れても楽しく過ごせているよ!とアピールする事で相手の気を惹かせる事もできます。

別れた後は悲しい気持ちをSNSで発信するよりも、楽しくしている事を発信した方が相手からの連絡が来やすくなる傾向がありますよ。

別れた直後にするのは難しくても、好きな事や楽しい事をするのも実は大事な事なのです。

 

注意点

SNSに日常を発信する場合、冷却期間中はなるべく男友達や男性の事について発信しない事をおすすめします。

楽しくしている日常の中に男性がいるとわかると、元カレに「別れてすぐ男と遊んで楽しくしているのか…」と引かれてしまい、逆効果になってしまう可能性が。

元カレと復縁したいと思っている時は、なるべく女友達との日常を中心に発信しましょう。また、元カレへの未練をSNSで発信する事もNGです。

 

冷却期間の後は、どうやって連絡するのがベスト?

復縁する為に、元カレへの連絡は必須事項になりますよね。

しかし、どう切り出すのがベストなのか悩んでしまい、中々連絡に踏み切る事ができない方もいると思います。

そんな時は、下記を参考に連絡をしてみてください。

 

 

さりげなく近況について聞いてみる

「久しぶり、元気にしてた?」など近況についての世間話を振るような感じで、さりげなく連絡をとってみましょう。

冷却期間を置いて落ち着いた頃ならば、相手も警戒せずに世間話をしてくれる可能性が高いです。

 

元カレの誕生日におめでとうメールやLINEをしてみる

なかなか連絡するタイミングが掴めない時は、冷却期間を充分に置いた後に元カレが誕生日を迎えたタイミングで思い切って「誕生日おめでとう、元気にしていた?」と連絡をしてみるのも◎。

おめでとうの後に少しだけ近況を交えて連絡し、返信があればそこから徐々に連絡をとって復縁へのタイミングを見極めていきましょう。

 

しつこい連絡は絶対にNG!相手が返信したくなるメールやLINEとは

ここで連絡を取る事に成功しても、しつこく連絡するのはNGな行動になります。

しつこく連絡をする事で元カレは復縁について察してしまい、そこで引いてしまう可能性もありますし、しつこい連絡に疲れて無視されてしまう可能性もあるからです。

連絡が取れた場合は、ここで相手がまた連絡したくなるやり取りをする事が重要になってきます。

 

 

メールやLINEの文章はシンプルに短文で送る

連絡を取る時は長々と心境や近況を綴った文章は送らずに、簡潔な文章で送りましょう。

絵文字や顔文字も控えめにし、少しそっけないくらいの雰囲気で送ると相手も返信しやすくなります。

あくまでもシンプルな文章にするのがポイントです。

 

連絡はこちらから切り上げるようにする

連絡がとれると嬉しくなり、ずっとやり取りしていたいと思ってしまいますが、ここもグッと我慢して少し物足りないくらいの状況で切り上げるようにしましょう。

こちらから切り上げる事で、相手に気を遣わせずにやり取りを終える事が出来るので、次回も連絡がしやすくなります。

相手がもう少し話したい素振りを見せたら、脈ありな可能性も。しかしここで深追いせずに次回に持ち越す事で、相手の気を更に惹く事が出来ます。

 

返信が来ても即レスせずに少し待ってから返信する

元カレから連絡が来たからといって即返信しようとするのは、あまりおすすめしません。

ここですぐに返信せず、10分~15分ほど置いて落ち着いてから返信しましょう。時間を少し置く事でこちらも落ち着いて文章を考える事が出来ますし、相手を少し焦らす事も出来るからです。

 

なるべく控えめな態度で連絡してみる

以前の恋人同士の時の様な親しさで連絡を取ってみるのも良いのですが、別れてしばらく期間を置いている場合は、なるべく他人行儀に近い態度で連絡してみるのも作戦の1つです。

相手がその態度に対して「以前の様に接してよ」と言ってきたら、徐々に態度を軟化させて親しげな連絡をとるようにしていくのもアリですよ。

 

復縁のきっかけや仕方について

冷却期間を置き、連絡も徐々に増えてきたけどなかなか復縁までたどり着かない時は、きっかけが足りないのかもしれません。

ごり押しはせず、あくまでさりげなくきっかけを作る事で復縁できる可能性が高くなりますよ。

 

 

まずはメールやLINEのやり取りの中で、「会わない?」と聞いてみる

やはり実際に相手の顔を見ると心が動く事が多いので、復縁したい場合は直接会う事をおすすめします。

連絡のやり取りを普通にしている段階ならば、「この映画やっているみたいなんだけど、一緒に観に行かない?」や「美味しいお店を教えて貰ったんだけど、食べに行ってみない?」など、あくまで理由付きという体で誘ってきっかけを作ってみるのも◎。

ここで元カレが会おうとしてくれたら、復縁出来る可能性は高いです。

 

あまり長い時間会わない様にする

会った時は、あまり長い時間を過ごさずに数時間程度で解散して、次の機会を作るようにしましょう。

楽しい時間を短めに過ごす事で、また会いたいと思って貰える様にする事も大事です。

ここで長く過ごしてしまうと新鮮さが薄れてしまい、解散した後の連絡も途切れがちになってしまう可能性も。

 

会ってすぐに復縁したい事を言わない

会ってすぐ気持ちが高揚して「復縁したいの!」と伝えてしまうと、相手はその熱意に引いてしまう可能性があります。

会ってもなるべく好きな素振りは見せず、お互いにまだ友達だという雰囲気で接する様にしましょう。そうする事で、相手の気を惹く事も出来ますよ。

 

復縁していないうちは身体を許さない

復縁もしていない段階で相手に求められたとしても、身体を許してはいけません。ここで身体を許してしまうと、都合のいい女扱いをされてしまう事があるからです。

また、復縁もしていないのにそういった事をしようとする男性とのお付き合いは、少し考えた方が良いかもしれません。

 

相手からの連絡を待つ

楽しい時間を過ごした後に「ありがとう、今日は楽しかったよ」とお礼の連絡を入れてやり取りを終えた後は、相手からの連絡が来るのを待ってみましょう。

ここで元カレから「また会いたい」と連絡が来た場合、復縁の告白をしても良い段階まできている可能性が高いです。

 

解散する時に、元カレが名残惜しいような素振りを見せる

ここまで段階を踏んで会った後に、元カレもまだ解散したくないような素振りを見せたら、もう思い切って「実は、ヨリを戻したいと思ってるの」と告白してみても良いでしょう。

もしかしたら、元カレから告白してくる可能性もあります。なるべく耐えて、元カレの様子をよく観察してから告白を実行してみる事をおすすめします。

 

告白する際は、別れた理由を理解している旨を伝える

復縁したいと告白する時は、何が悪かったのかを理解している事も伝えて謝罪するようにすると効果的です。

ここでただ謝罪だけして告白してしまうと、取りあえず謝っている様に見えてしまうので、別れた原因を理解している事は伝えるようにしましょう。

そのうえで、原因を改善させる為に努力した事もさりげなく言うと、元カレも「自分の為に努力してくれたのか」と貴女に対して好意的な思いを持ちやすくなりますよ。

 

復縁しない方が良い場合ってある?

別れ方や、冷却期間中の元カレの動向によっては、復縁をしない方が良い場合というのも存在します。その場合は、諦めて気持ちを切り替えていく事をおすすめします。

 

 

相手の浮気によって別れている

元カレの浮気が発覚して別れた場合、復縁はおすすめしません。浮気はクセになってしまいやすく、復縁したとしても同じ事が繰り返されてしまう場合があるからです。

浮気されていても、どうしてもこの人とヨリを戻したい!という思いがあるなら良いかもしれませんが、また傷つく可能性がある事も考慮しましょう。

 

相手に好きな人や彼女が出来てしまった

冷却期間中に、元カレに好きな人や彼女が出来てしまう場合もあります。その時は、なるべく元カレの事を諦めるのをおすすめします。

既に好きな人がいる場合だと貴女の方を振り向く可能性は低く、邪険に扱われてしまう可能性の方が高くなってしまうからです。

これ以上傷つかない為にも、元カレに好きな人が出来た時は、無理に連絡をとろうとしない方が良いでしょう。

 

まとめ

相手の事が好きなまま別れてしまった場合、待つ事も苦しいですよね。しかしまず必要なのは、冷却期間を置く事になります。

そして復縁する際に大事なのは、直接会って顔を合わせる機会を作る事なのです。

苦しい気持ちを抑えて、じっくりと時間をかけて直接会うチャンスを掴む事が、復縁への鍵になりますよ。

復縁したいと悩んでいる方は、上記を参考に行動してみるのはいかがでしょうか。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告