秋のお呼ばれヘアに♡セルフで簡単可愛いのに、手順付きですぐにできるアレンジ15選♪

夏に比べるて、9月に入ると一気に増えるのが結婚式。まだまだ残暑の厳しい9月におすすめのヘアアレンジをご紹介していきます。朝が早かったり、遠くでのお呼ばれにも安心な自分でできるような手順付きを集めてみました♪

2017/08/19 更新
著者:
秋のお呼ばれヘアに♡セルフで簡単可愛いのに、手順付きですぐにできるアレンジ15選♪

著者名

TMM.U

TMM.U

美容師をしています。

夏に比べるて、9月に入ると一気に増えるのが結婚式。まだまだ残暑の厳しい9月におすすめのヘアアレンジをご紹介していきます。朝が早かったり、遠くでのお呼ばれにも安心な自分でできるような手順付きを集めてみました♪

秋のお呼ばれヘアに♡セルフで簡単可愛いのに、手順付きですぐにできるアレンジ15選♪

ヘアバンドを使ったギブソンタックのアレンジ。しっかり止められて、ピンも少なくてすむところもおすすめです。こちらはバンダナタイプでカジュアルですが、秋冬ならベロア調のリボンを使ったものや、レースのタイプなどを選べばパーティアレンジにもピッタリ。


 

こちらはセミロングや、ボブの人にもできるおすすめのアレンジ。編み込みではなく、ツイストなのでとっても簡単。リボンをつけたり、バレッタをプラスするのもおすすめです。毛先を内側に入れ込んで留めるとさらにスッキリ見えます。


 

広告

 

こちらも長さがあまりない人にもおすすめのハーフアップアレンジ。結び目を隠すように留めていくだけなので、とても簡単です。
トップを別に結んでいることで崩れにくくなるのと、トップにふんわり感を出しやすくなります。


 

くるりんぱを取り入れたアレンジ。普通のくるりんぱは全部の髪を結び目に通しますが、こちらは毛束の半分だけを通しています。2つになった毛先はツイストして根元のほうに向かってピンで留めます。こちらもバレッタや、マジェステなどのヘアアクセをプラスするとさらに華やかに。


 

こちらはちょっとだけ上級者編。編み込みのアレンジになっています。編み込みが苦手な人は、2段から3段くらいくるりんぱにして、毛先を三つ編みに。毛先はセンターで留めると落ち着いた雰囲気に、サイドに留めると可愛らしい雰囲気にもできます。さらに、編み込みを崩さないとキッチリ系に、崩すと柔らかい印象にと変化もつけられるので、ファッションに合わせてアレンジするのもおすすめ。


 

おくれ毛が上品な落ち着いた雰囲気のアップ。両サイドを残してセンターをまとめています。サイドはあとから止めるので、たるませるバランスなどがつかみやすく簡単にアレンジができます。慣れてきたらサイドを編み込みやツイストにするのもおすすめです。大人の女性はおくれ毛を多く出すとだらしなく見えやすいので、このくらいが上品でおすすめ。


 

完成のスタイルを見ると一見どうなっているの?と複雑に見えるアレンジ。実は、ツイストしてピンで留めるだけ。慣れてくると10分〜15分でできるようになります。毛束は結び目に入れ込んでいるので、崩れにくく遅い時間になりそうな時にもおすすめ。


 

ツイストを加えたハーフアップ。ロングの人でも、セミロングでもできるアレンジです。ピンを使わず、ゴムだけでできるのでピンがうまく留められない人にとってもおすすめ。髪の毛束同士を結んでいるので、バレッタやリボンを仕上げに使うのもいいですね。


 

こちらもツイストだけでできるアレンジ。ロングのウィッグですが、ボブやセミロングのあまり長さがない人にもできます。ピンをしっかり留められない人は、クリップなどで飾りのついたタイプを使うと簡単でしっかり留まりますよ。


 

三つ編みを使った簡単なアレンジ。低めの位置のアレンジは大人の女性に人気のアレンジです。両サイドとセンターをそれぞれ三つ編みにして、まとめています。トップやサイドは毛束を引き出しルーズ感を出すのもポイント。


 

少し華やかにしたい時におすすめなのがこちらのアレンジ。低めのアレンジもいいですが、襟の高めのワンピースやジャケットに合わせるならこちら。ファーが襟元についたジャケットなどの時にもおすすめ。キッチリしすぎないように、少し崩すのがポイント。


 

ツイストだけでできるアップスタイル。手順ではピンだけで留めていますが、不安な人はゴムで毛先を結んでピンで留めるのもおすすめ。ポイントはセンターに寄せいていくことと、センターでは左右をクロスすること。ルーズ感を出したいときは、少し毛束を引っ張りだして崩すといい感じに。


 

 

くるりんぱと編み込みを組み合わせたアレンジ。最近人気の編み込みのダウンスタイル。リボンを一緒に編み込んだり、小さめのヘアアクセを組み合わせて飾るとさらに華やかになるのでパーティーにもおすすめ。


 

こちらもピンだけでできるアレンジ。ロングの人におすすめですが、毛先を巻いておいたほうが仕上がりが可愛くなります。朝早く出かけないといけないときなどは、夜に巻いたり三つ編みをして寝れば毛先にカールが出来上がっているので時短に。


 

裏編みのアレンジ。表編みでも可愛いと思います。サイドは残しているので、少したるませたいときはゆるめにねじって留めれるといい感じに。編み込み部分も崩すとルーズ感がでるので、ふんわり系のワンピースなどには崩したほうがおすすめ。


 

2本の編み込みをまとめたアレンジ。編み込みができなくても、三つ編みでも大丈夫です。センターでクロスしてピンで留めていきます。バックカチューシャなどとも相性がいいですよ。


 

まとめ

手順付きのヘアアレンジを集めてみましたが、できそうなアレンジはありましたか?編み込みなどは、YouTubeにわかりやすい動画が出ているので参考になります。美容師の人が出していることも多いのですが、美容師ではない人がヘアアレンジを紹介している動画のほうがわかりやすい時もあります。あとは、時間のある時にどんどん練習すれば簡単にできるように。美容師でも新しいヘアアレンジは何度も練習するので、やりたいスタイルは練習あるのみ!といったところですね。


 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!