ポニーテールアレンジのレングス別スタイル集☆日常使いも特別な日も使える!

ポニーテールアレンジ特集♪一言でポニーテールと言っても、くるりんぱ・三つ編み・ねじりなどのテクニックとの合わせなど、無限大とも思えるほどのアレンジ方法があります。そこで今回は長さ別にポニーテールアレンジをご紹介します。自分の長さにあったお気に入りのポニーテールを見つけてくださいね。

公開日:
著者:
ポニーテールアレンジのレングス別スタイル集☆日常使いも特別な日も使える!

まとめ髪の定番といえばポニーテールですよね。一言でポニーテールと言っても、くるりんぱ・三つ編み・ねじりなどのテクニックとの合わせなど、無限大とも思えるほどのアレンジ方法があります。

そこで今回は長さ別にポニーテールアレンジをご紹介します。自分の長さにあったお気に入りのポニーテールを見つけてくださいね。

ボブでもできるポニーテールアレンジ

1本にまとめたヘアスタイルの全部を総称してポニーテールとよびますが、そんなポニーテールはボブからでもできるアレンジなんですよ。

とくに最近は、ルーズに仕上げて後れ毛を出すアレンジヘアが人気になっているので、みじかい髪の毛が混ざるボブのポニーテールもただのまとめ髪ではなく、アレンジとして成立するんです。

こちらはゆるめに1つにまとめたポニーテールアレンジ。高さをあまり出さないことで、後れ毛が少なくて済みますよ。


 

 

こちらは全体のウェーブを活かしたポニーテール。下の方でまとめるポニーテールをローポニーテールと言いますが、大人女子によく似合うスタイルです。

ただまとめるだけでは地味になってしまいますが、まとめたゴムのところにパール調のアクセサリーをつけておしゃれ度をアップさせています。


 

みじかめなボブでもポニーテールにすると、いつもとは違うかわいらしさが出ますね。

こちらはまとめが髪から1すじ毛束を取り出して、まとめたゴムが見えないようにアレンジしています。


 

短い髪の毛が気になる方はハーフアップをしてから、1つにまとめる方法を使うと綺麗にまとめることができますよ。

こちらはまとめづらい耳の後ろの毛束をねじってゴムを隠しているアレンジです。


 

少し長さが出てきたら、こちらのアレンジがおすすめです。

襟足のあたりでルーズにまとめたポニーテールをクルリンパすることで、簡単なのに表情が出るアレンジです。

くるりんぱするだけなら、忙しい朝にもできそうですよね。


 

ボブでも少し手が込んだポニーテールアレンジをしたいと思ったら、トップを編み込んでみるのはどうでしょうか?

あとは1つにまとめて、ゴム隠しするだけで、動きが感じられるアレンジができますよ。


 

こちらは短くてまとまりきらないサイドの髪の毛を、あとからねじってゴム隠しに使ったアレンジです。

まとまりきらない毛束を使ってとめるだけなのに、とてもおしゃれですよね。


 

ただ1つにまとめるだけでなく、サイドの毛束をねじってあとからまとめ髪に合流させたアレンジヘアです。

毛先はいろいろな方向にはねるようにカールしておいて、動きが出るヘアアレンジに仕上げています。


 

ミディアムの魅力が増すポニーテールアレンジ

ミディアムくらいの長さがあれば、いろんな表情のポニーテールアレンジが作れますよ。

こちらのように高い位置でポニーテールを作ると、元気で若々しい印象を表現できますね。


 

サイドのねじりは特徴的なポニーテールアレンジ。

あまり低くしないことで単なるまとめ髪ではなく、ヘアアレンジとして成立する雰囲気に仕上げていますね。


 

前髪後ろの毛束をねじりながらまとめ髪に合流させたアレンジヘア。

全体にウェーブをつけておいて、トップやまとめた毛先に毛流れができるようにしていますね。

フェイスラインの髪を後れ毛として残しておいて、カールさせることで可愛らしい雰囲気を出していますね。


 

 

普通のまとめ髪っぽいポニーテールでも、先にウェーブをつけておくと、流れや動きが出てゴージャスに見えますね。

Tシャツなどのカジュアルヘアにあわせると、大人っぽいカジュアル感を出せるアレンジです。


 

こちらは束ねた髪を内巻きになるようにカールしています。

毛先が外にハネると元気で若々しい印象になりますが、こちらのような内巻きだとエレガントさが出ますよね。

何気なくまとめたようなこなれた雰囲気の中に女性らしさを強調できるアレンジです。


 

全体にかかったゆるいパーマを活かしたポニーテールアレンジです。

トップのウェーブやふんわりとした毛束がとてもやわらかい印象を作り上げていますね。サイドはねじって表情をだしています。


 

ゆるさがちょうどいい!ミディアムのローポニーテール

低めの位置にポニーテールを作るローポニーテールは、大人っぽくて女性らしい雰囲気をかもし出すことができます。

こちらはゆるくまとめてから、ゴム隠しをしたプレーンなタイプのローポニーテール。

でも毛先にワンカールをかけておくことで、ユニークな雰囲気が出ていますね。


 

こちらもワンカールの動きを使ったローポニーテールアレンジですが、毛先のハネが外向きなので、先ほどとは違った表情に見えますね。

サイドもねじってまとめることで毛流れを感じることができます。


 

くるりんぱから小さなお団子をつくった下の方にポニーテールを作ったアレンジです。

この方法だと髪の毛のボリュームがコントロールできるので、好きな雰囲気に近づけることができますよ。


 

こちらもくるりんぱを使ったローポニーテール。

くるりんぱのあとはゴムの結び目がわかりづらくなるのですが、あえて毛束を根元に巻きつけて、とめている位置を強調しています。

四方から刺さるヘアアクセサリーは、ヘアバトンと呼ばれるもの。

今年の春ごろから話題になっているヘアアクセサリーで、まとめた髪の根元やお団子にさして使うだけでおしゃれになりますよ。


 

パーマヘアの特徴を上手に使ったローポニーテールアレンジ。

とても手が込んだアレンジに見えますが、自分でも作りやすいアレンジなんですよ。


 

サイドをねじって交差させて、その下の髪はフィッシュボーンで少しだけ編んでいます。

ただまとめるだけでなく、編むことで髪の毛の流れや落ち着いた雰囲気を感じさせることができますよ。


 

トップやサイドの髪の毛を1回ねじってから、ピンでとめるということを数回繰り返してから、1つにまとめたポニーテールアレンジ。

ただまとめるだけでなく、こんな一工夫でゴージャスな雰囲気を出すことができますね。


 

ルーズにまとめただけのローポニーテールアレンジですが、結んだ部分に長いリボンを付けるだけで、かわいくて出来ますよね。


 

 

アレンジにちょうどいい長さのセミロングのポニーテールアレンジ

トップ部分に膨らみをもたせたポニーテールアレンジ。高さがあるので、襟足がすっきりとしますよ。

高さを出すのが難しいという方は、ハーフアップを作ってからポニーテールにする方法がおすすめです。襟足部分がたるまないで済みますよ。


 

同じく高さをつけたポニーテールアレンジ。

毛先にウェーブをつけてフワッとした雰囲気に仕上げていますね。

すっきりとまとまったヘアスタイルは大ぶりなピアスがはえますよね。


 

毛先だけでなく全体にウェーブをつけたポニーテールアレンジ。

ふんわりとした柔らかさを感じる大人女子にピッタリのアレンジヘアですね。

フェイスラインの後れ毛にもウェーブをつけて、統一感を。


 

サイドをねじってからまとめたポニーテールアレンジは、横から見た時にも特長があって楽しいですよね。

すっきりとしたポニーテールは後ろ姿も素敵。キャッチ部分に特徴のあるピアスが似合います。


 

くるりんぱをアレンジしたトロワツイストを使ったポニーテールアレンジ。

1つの毛束に複数のくるりんぱをすることで複雑な表情を見せてくれるトロワツイストは、1度覚えるといろんな使い方ができますよ。


 

低めが大人っぽい!セミロングのローポニーテール

セミロングでもローポニーテールは、大人っぽい仕上がりになると人気ですね。

髪の毛全体にゆるいウェーブをつけたこちらのアレンジなら、日常使いができるラクチンアレンジです。


 

こちらはコロンとしたフォルムがかわいいと人気のドーナツポニーテール。難しそうに見えますが、やり方は簡単です。

普通にローポニーテールを作ってから、まとめた毛束から上の部分を1部だけとって、結び目の上に穴をあけて毛先を入れて、ゴムの中に通します。

くるりんぱと同じような手順でできますよ。そのあとは通した髪の毛を広げて形を整えればできあがりです。


 

後頭部の波のようなウェーブがエレガントなローポニーテール。

まとめた毛束の1部を使ってリボンを作ってかわいらしく仕上げていますね。


 

サイドをねじったローポニーテールアレンジ。

ブルーピンクのカラーリングがねじり部分で色々な表情を見せてくれていますね。

ねじりを使ったアレンジは髪の色によって色々な雰囲気を出してくれますよ。


 

 

簡単な普通のローポニーテールでも、スカーフを使うと今年らしい雰囲気になりますよ。

通勤やおでかけの時にも使える簡単アレンジ方法は、いくつか知っておくとマンネリを防ぐことができますね。


 

ゆるいツイストでトップから後頭部にかけて動きと毛流れを作ってから、まとめたポニーテール。

まとめたゴムの部分をツイストした毛束でかくしているので、生活感が出ないアレンジになっています。


 

くるりんぱにツイストという2つのアレンジをしてから、1つにまとめたポニーテールアレンジ。

まとめた部分にはスカーフを巻いて、リボンでかわいらしく仕上げていますよね。


 

長さを活かせるロングのポニーテールアレンジ

長さがあるロングヘアはただまとめたポニーテールアレンジでも、存在感のある雰囲気になりますよね。

そのうえ少し手をかければとってもゴージャスで素敵なアレンジが作り上げられますよ。

こちらはウェーブをつけた髪の毛を少し高めでまとめています。

前髪を残して、大人の女性らしさをかもしだしていますよ。


 

ゆるいウェーブが女性らしい高めのポニーテールアレンジ。

ふんわりとした毛束は歩くたびに揺れるので、つい目で追ってしまいたくなりますよね。


 

左の耳の後ろの毛束だけを残して、少し高めに作ったポニーテールに、残しておいた毛束を三つ編みにしてポニーテールの根元に巻きつけています。

ちょっとしたことですが、余裕とこなれた雰囲気が感じられますね。


 

トップを編み込んでからポニーテールを作ったアレンジです。

ふんわりとしたウェーブのある毛束に存在感がありますよね。


 

強めのカールと束感が特徴のポニーテールアレンジ。少しだけ毛束をとってリボン型にしています。

本物のリボンよりも同じカラーと質感の髪の毛を使ったリボンが大人にピッタリ。


 

編み込みの毛束で束ねた部分をカバーしたポニーテールアレンジ。

カールをつけた髪の毛など豪華な雰囲気で、ドレスなどにも似合いそうなアレンジですね。


 

ねじった毛束で結び目をカバーしたポニーテールアレンジ。

黒髪の美しいつやが感じられるアレンジですね。

全体にゆるくウェーブをつけて毛流れを感じるアレンジは、大人っぽくて素敵です。


 

バリエーションがあるロングのローポニーテール

トップのウェーブの毛流れを活かしたシンプルなローポニーテール。

たらした毛束にもウェーブをつけているので、ゆるやかでやわらかい雰囲気ですね。小さなリボンもかわいい。


 

 

わざとゆるくまとめてたるみを作ったポニーテール。低めで横の方に作ることでユニークさを表現しています。

結んだ根元の部分は、先ほどのドーナツポニーテールの要領で作ることができますよ。


 

サイドの毛束を残しておいて、メインの毛束をまとめてから残しておいた毛束で根元をカバー。

こんな簡単な手順でできるローポニーテールアレンジですが、長さとボリュームがあるロングならゴージャスに見えますね。


 

くるりんぱを使ったローポニーテールに、束ねた毛束からすこし多めに毛束をとって、ねじりながら根元をカバーしています。

ドーナツポニーテールと似た雰囲気ですが、さらに簡単なアレンジ方法です。


 

ウェーブを使ってナチュラルに仕上げたポニーテールアレンジ。

全体的にラフに仕上げることで、ナチュラルなかわいらしさが出ていますよね。


 

両サイドの毛束を残しておいてから、くるりんぱをしたポニーテールアレンジ。

残しておいた毛束はツイストさせながらくるりんぱの穴に通し、ゴムの部分に巻きつけています。


 

こちらは毛束をぬききらないで、お団子のようにしたポニーテールアレンジです。

こうすることによって髪の毛の長さをコントロールして、自分の好みの雰囲気に仕上げることができます。


 

ツイストを使ったローポニーテールアレンジ。

仕上げに2つヘアアクセサリーをつけて、お出かけの雰囲気をプラスしています。

後れ毛にもカールをつけておしゃれ度をアップ。


 

わざとたくさんの毛束をつまみ出して作ったルーズなポニーテールアレンジ。

毛先まで強めにカールをつけて、毛束感をつけているので、パーティでも大丈夫なアレンジになっていますね。


 

さまざまなシーンにも♪前髪なしポニーテール

オフィスシーンにもおすすめスタイル

watanabeyoshiaki

ゆるっとしたポニーテールは、前髪なしでおでこをすっきり見せることで、クールな一面も感じさせます。

ゆるふわな後ろ姿と、クールな前髪のバランスに大人の余裕がにじみ出ますね。


 

 

miha_hair

出典:instagram.com

ほどよくくしゃっとさせたポニーテールは、くずし過ぎないのでオフィスシーンでも大丈夫ですよ♪

前髪はキリっと分けて、颯爽とお仕事しましょう!


 

kazutoyo136

出典:instagram.com

ロングのポニーテールスタイルは、前髪をまとめて左側に流しています。

清楚な雰囲気が漂うスタイルは、オフィスシーンにも大活躍ですよ!


 

kazutoyo136

すっきりとおでこを出した、ローポニーテール。

落ち着いた髪色と前髪なしアレンジで、とても知的な印象です。

トップの髪の毛をほぐしたり、おくれ毛でこなれ感を出しましょう。


 

otonari.garden

大人可愛いスタイルのこちらは、甘すぎないのでオフィスシーンにもOKです!

自然に落ちてくる髪の毛は、疲れて見えてしまいがち。

おくれ毛はきちんと分けておくのが良いですね。


 

miha_hair

出典:instagram.com

後ろ姿はふわふわのポニーテール。前髪はタイトにまとめてすっきりとおでこ出しスタイルです。

女子力を感じさせるゆるふわイメージですが、お仕事モードに切り替えOKです。


 

miha_hair

出典:instagram.com

前髪はポンパドールの要領で、すっきりとまとめています。

全体的にラフな雰囲気がありながら、女性らしいきれいなローポニーテールスタイルですね。


 

おでかけにもってこいのスタイル

mitsumaru1006

暑くて汗をかく時期にはもってこいの、前髪はキリっと留めちゃうスタイルですね。

ポニーテールも高めの位置で、見た目にも涼しげで可愛らしいアレンジです。


 

miha_hair

出典:instagram.com

前髪も一緒にポニーテールにしています。

とてもスポーティなスタイルなので、ビーチやスポーツ観戦などにぴったりですね!

きつく結わくと幼くなってしまうので、ゆるめにほぐして大人っぽく。


 

miha_hair

出典:instagram.com

ターバンを使った、暑い日が良く似合うポニーテールアレンジ。

今すぐにフェスなどに出かけられますね!元気いっぱいのはつらつとしたイメージがGOODです。


 

miha_hair

ポニーテールにスカーフを使うと、大人っぽくてステキな雰囲気ですね。

アウトドアを楽しみたいときにもぴったりで、さわやかなお出かけスタイルに仕上げてくれます!


 

 

hanaihiroyoshi

出典:instagram.com

高い位置でのポニーテールはトップをふんわりさせて、おくれ毛にはワックスなどでウェット感をプラスするのも忘れずに!

大人のカジュアルシーンに似合うスタイルです。


 

rutica_by_dolce

カールがかかった髪をラフにポニーテール♪カジュアルなポニーテールは、毛先を散らすと、よりふんわりと軽い仕上がりになりますね。

大人っぽさを感じられるシンプルなヘアアクセサリーがお似合いです!


 

miha_hair

出典:instagram.com

ざっくりした束感がこなれた雰囲気のポニーテール。肩の力が抜けた、リラックス感が漂います。

休日にのんびりと、買い物などを楽しむ時に好いですね☆


 

パーティシーンにも♪前髪なしスタイル

shoji83

前髪をポンパドールにしてすっきり!

対照的に、残した長めの髪の毛は大きめのカールをキレイにつけて、ふんわりリッチな雰囲気♪

高めのポニーテールが若々しく見えますね。


 

igloo_erika

ウェーブヘアならローポニーテールが華やかな印象に!

少し残した前髪もキレイにウェーブをつけると、パーティシーンにもしっとりと馴染む大人のスタイルになります。


 

mizomizo0711

出典:instagram.com

ブライダルヘアアレンジですが、編みこみとポニーテールを合わせたスタイルは、パーティシーンにもぴったりな前髪なしのスタイル。

ドライフラワーのヘアアクセサリーをパールやゴールド系のものに変更するとOKです♪


 

toshi201

出典:instagram.com

カジュアルですが、くるんくるんにカールしたスタイルが可愛いらしく、アレンジがしやすくておすすめですよ♪


 

liichiyuji

出典:instagram.com

フロントからサイドにかけてねじねじ♪顔まわりはとてもすっきりで、ポニーテールは可愛いらしくなるのでパーティシーンにもOKです!

このスタイルはおくれ毛がなく、イヤリングが映えますね。


 

miha_hair

出典:instagram.com

トップはねじねじ、サイドは編み込みと、アクセントが多彩なポニーテール。

ヘアアクセサリーをつけなくても、さみしくないぐらいゴージャスですね!


 

まとめ

ポニーテールのアレンジをご紹介しました。どの長さでもいろいろなアレンジ方法がありましたね。今回ご紹介したアレンジ方法を組み合わせるとさらにバリエーションは広がります。ぜひ自分好みのアレンジを見つけて、毎日のアレンジを楽しんでみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告