夏のお出かけには浴衣で!浴衣に似合うヘアアレンジを長さ別にご紹介☆

夏のお出かけで着たいものといえば「浴衣」ですよね。花火やお祭りだけでなく、ビアガーデンなどの夏の夜のお出かけにもピッタリの和装アイテム。せっかく浴衣でおしゃれをしたなら、ヘアスタイルもおしゃれに決めたいものです。そこで今回は浴衣に似合うヘアアレンジをご紹介します。長さ別にご紹介するので、自分のヘアスタイルにあったものを参考にしてくださいね。

2017/08/08 更新
著者:
夏のお出かけには浴衣で!浴衣に似合うヘアアレンジを長さ別にご紹介☆

夏のお出かけで着たいものといえば「浴衣」ですよね。花火やお祭りだけでなく、ビアガーデンなどの夏の夜のお出かけにもピッタリの和装アイテム。せっかく浴衣でおしゃれをしたなら、ヘアスタイルもおしゃれに決めたいものです。そこで今回は浴衣に似合うヘアアレンジをご紹介します。長さ別にご紹介するので、自分のヘアスタイルにあったものを参考にしてくださいね。

みじかいショートヘアでもここまでできる!

ショートヘアで浴衣にあうアレンジなんて無理!って思っていませんか?そんなことはないんですよ。浴衣によくあうアップスタイルはコンパクトでまとまった感じがショートヘアにそっくり。なので、前髪をしっかりとわけてあげたりすると、まるでアップスタイルにしているかのような、正面からの印象を与えることができるんです。


 

前髪のアレンジといえばピンを使ったものが最適ですね。こちらもヘアピンを使って前髪アレンジをほどこしています。反対のサイドはわざとふんわりとさせて、コントラストをつけていますね。


 

広告

 

ショートでも毛流れを整えて後頭部をふっくらとさせると、まるで日本髪を結っているかのような雰囲気に仕上げることもできるんですよ。そのうえで花のモチーフなどのヘアアクセサリーをつけてあげれば、和服に似合うショートヘアアレンジに。


 

トップから前髪にかけてふんわりとボリュームを持たせたアレンジ。毛量の少ない方のサイドをタイトにまとめて、大きな花のヘアアクセサリーをとめています。カラーが浴衣の色とあっていて統一感がありますね。


 

花のヘアアクセサリーのうち、とくに和風の印象を与えるのが垂れ下がった飾りがついたものです。藤の花や枝垂桜のように下に吊り下がって揺れるモチーフは、女性らしさを演出してくれますね。


 

前髪の少し上の部分を編み込んでカチューシャ風にしてから、少し後ろの位置で花のヘアアクセサリーをつけたアレンジ。浴衣などの和装では、襟足が魅力の1つですよね。このアレンジなら、前から見た時にも後ろから見た時にも華やかなので、浴衣にピッタリです。


 

サイドの毛束を編み込んでから、花のヘアアクセサリーでアクセントをつけたヘアアレンジ。顔まわりはタイトにまとめながらも襟足部分はふんわりとしていて、かわいらしい大人の情勢らしさが出ています。


 

前髪をサイドに流して、毛量の少ないサイドに小さなリボンのヘアアクセサリーをつけたアレンジ。普段着でも使えるようなアレンジをすることで、こなれ感を出して大人の余裕を見せています。


 

耳の上から襟足に向かって編み込みをしたアレンジ。トップから後頭部の髪にはねじって動きを出していますね。ヘアアクセサリーを貝殻とスターシェルにすることで現代風な浴衣の着こなしになっています。


 

ショートヘアでも細かく毛束をわけてねじり上げてからピンでとめるという作業をくりかえすと、アップスタイルのような出来になりますよ。襟足の処理の仕方ではギブソンタック風にもアレンジが可能です。


 

 

ボブならこんなアレンジも!

ボブと一口で言ってもショートボブから長いロブまでさまざまですが、それぞれの長さに応じたアレンジの方法があるんですよ。こちらはショートボブを活かして、毛先に外ハネをつけてレトロモダンなアレンジにしています。いぶし銀のようなヘアアクセサリーを、編み物のような珍しい帯との相性が抜群ですね。


 

現代風のさっぱりとした浴衣に前髪を斜めに流したアレンジを。耳の近くで髪に止めているヘアアクセサリーはロゼット風で現代的なうえに、タッセルのイヤリングで、今どきの雰囲気をかもし出していますね。


 

前髪のねじりとピンを使ったアレンジ。顔まわりに後れ毛を残すことで大人っぽく色っぽい雰囲気に仕上げています。こちらならワンピースなどのいつものアレンジにも使えそうですね。


 

スタイリング剤とヘアアイロンを使って、アップスタイルにしているような毛流れを作ったアレンジヘアです。トップ部分を膨らませると本当の日本髪のような雰囲気になりますね。耳元にピンで三角の飾りをつけて、すこしはずしています。


 

ショートボブでも簡単にできるハーフアップ。そこに和風なヘアアクセサリーをつけてあげるだけでも、浴衣アレンジになりますね。全体的にカーラーなどでウェーブをつけておくと華やかですよ。


 

ピンを使ってアップスタイルのような毛流れを作ってから、細い紐をカチューシャのようにむすんだアレンジヘアです。細い紐のアクセサリーは、襟足の上の毛束をおさえる効果もあるので、一石二鳥ですね。


 

こちらもピンなどでアップスタイルにしたヘアアレンジ。そのままならばドレスなど洋服にもピッタリのアレンジなのですが、ヘアアクセサリーを朝顔にすることで和風に仕上げていますね。


 

サイドから後頭部にかけてねじっていきながら、ピンでとめたアレンジ。こちらもすっきりとアップスタイルのようなアレンジですね。バックにさりげなくヘアアクセサリーをつけているところが◎


 

浴衣に似合う花モチーフのヘアアクセサリーは大ぶりな物だけではありません。こちらのように小花をモチーフにしたものは、可憐さが出ておしとやかなイメージにしてくれますよ。


 

少し長めのボブをアップスタイルに仕上げたアレンジ。トップには2本の編み込みを作って、襟足部分をふんわりとさせながらまとめ上げています。襟足のふくらみが日本髪のイメージですね。


 

 

ミディアムをおしゃれにアレンジ

ミディアムレングスは長めなものだと、長すぎず短すぎずという感じでアレンジはちょうどいい長さです。こちらはアップにはせず、トップの髪を編みこみで数回編んでから、その下の毛束をネジって一緒にとめたアレンジです。アップにしなくても首元がすっきりとするアレンジですね。


 

こちらはミディアムレングスならではのみじかい髪を後れ毛として残している、ポニーテールアレンジです。トップから複数回クルリンパしているので、華やかな雰囲気に見えますよね。


 

1本のまとめ髪を三つ編みにして途中でヘアアクセサリーをつけたアレンジです。涼やかに見える上、あまりテクニックがいらないのがいいですよね。


 

ネジリンパを使ったアップスタイル。編み込みなどを使って襟足の部分に華やかさを出したアレンジですね。こちらも後れ毛を残す形にしていて色気が出ています。


 

こちらの原型はギブソンタックなのですが、トップ近くの毛束をゆったりと流れを作るようにセットしているので、和風のヘアスタイルのような雰囲気になっていますね。ゆるくラフな雰囲気ですが、大人の余裕を感じるアレンジです。


 

三つ編みを使ったアレンジ方法。サイドや襟足など複数の束にわけた髪の毛を、ねじったり三つ編みしたりして、後頭部の下の方でまとめていきます。ふわっとした雰囲気を出したいので、きちんとできなくても大丈夫ですよ。


 

耳から上の毛束と下の毛束とに分けてから、先に下の毛束を三つ編みにしてお団子に。そのあとに残した上の毛束をくるりんぱで流れるような動きを出しながら後頭部でとめます。おしとやかな雰囲気のアレンジに仕上がりますよ。


 

毛先にかけて先にウェーブをかけておいてから、まとめ上げたアレンジ方法。毛先をまとめきらないでふわふわとした動きをそのままにしておくのがおすすめですよ。


 

和装には大きな花のヘアアクセサリーが多く使われますが、小さな花のヘアアクセサリーだと大人っぽい雰囲気になりますよ。同じようなお団子アレンジでも、ヘアアクセサリーによってずいぶんと表情が変わりますね。


 

短めのミディアムヘアやレイヤーの入り方によっては、お団子などに入りきらない毛束も出てきますが、そんな後れ毛を効果的に使ったアレンジです。ねじって飛び出てくる髪の毛も動きがあるのでおしゃれに感じますよ。


 

 

アレンジ向きのセミロングならこんなアレンジも

長さがあるセミロングはまとめ髪やアレンジがしやすいレングスです。こちらのように高めの位置でお団子にしていても、後れ毛が出にくいので、アレンジがしやすいですよ。


 

1本のロープ編みを後ろにたらしたアレンジ。ゆるめに編むことで、すこしルーズでかわいらしい雰囲気になりますね。花モチーフのヘアアクセサリーをところどころにさして、華やかさをプラス。


 

こちらは三つ編みをしてからお団子にしたアレンジ。先ほどのアレンジと同じヘアアクセサリーと浴衣なのですが、全く違った印象になりますね。同じ浴衣を着ていてもヘアアレンジだけで違った雰囲気をかもし出すことができますよ。


 

上下2段にルーズなシニヨンを作ったアレンジヘアです。下の方の毛束は髪をまとめきらずに下にたらすようにすると大人っぽく色気のあるアレンジになりますよ。


 

くるりんぱと三つ編みを使ったアレンジ。でも真ん中でくるりんぱをしないで少し横にずれた方向でアレンジしているので、少し変わった雰囲気に。全体も横でまとめてアシンメトリーに仕上げています。


 

ルーズなお団子ヘア。お団子を下の方に作ることと、サイドをまとめきらないことで、色気のある大人っぽい雰囲気に仕上げていますね。たくさんの花で飾ってあげるとこでだらしがない印象にならないのがポイント。


 

波のようなウェーブをつけた髪の流れをそのまま使ったアレンジ。ゆるやかな流れのある髪の毛が美しいですよね。左右に花のアクセサリーをつけて、横から見ても華やかに。


 

三つ編みの編み込みを使ったアレンジヘア。左右の耳のあたりでそれぞれ編み込みをしてあげるとサイドからのみた時に表情が感じられますよね。全体は毛先の動きを活かすようにラフにまとめあげています。


 

トップの髪の毛を左右それぞれにわけてから後頭部で交差するようにピンでとめてから、残りの髪をルーズに丸めてお団子にしています。ルーズな雰囲気がポイントなので、セルフアレンジでも形になりやすいですよ。


 

くるりんぱを使った簡単なお団子アレンジなのですが、お団子の根元に刺さるようにかんざしをつけたアレンジなので、和風に仕上がっていますね。最近ではネットショップなどでいろいろなテイストのかんざしが販売されているので、ぜひアレンジに加えてみてくださいね。


 

 

ロングも多彩にアレンジ

ルーズな1本のロープ編み。耳のあたりの毛束を先にねじっておくことで高い位置から動きが出ていますね。編んでから毛束を飛び出させて動きを出すのもポイント。


 

耳上の毛束のねじりとゆったりとした三つ編みが特徴のアレンジ。かんざしや花モチーフのヘアアクセサリーがなくても、ヘアピンを三角形にしてとめてあげるとかわいらしさが出ますね。


 

ウェーブをつけた髪の毛を活かしたアレンジ。後頭部をたるませてふんわりとした雰囲気にしていますね。これは長さがあるロングだからこそのアレンジですよね。


 

お団子を使った簡単アレンジ。ローポニーテールを二つ折りにしてお団子のようにし、毛先を根元のゴムをかくすように巻きつけたアレンジです。これならセルフでも、家族にやってもらうのにも簡単でいいですよね。


 

三つ編みを使ったお団子風アレンジ。白の大人っぽい浴衣にあうヘアアレンジですよね。透明なビーズを使ったかんざしもヘアアレンジの雰囲気にあっていて、しっくりときます。


 

全体の髪の毛をサイドの位置でまとめたアレンジ。アレンジが苦手な方でもサイドでまとめるやり方なら鏡が見やすいのでいいですよ。うまくできない時には一度ゴムでとめてからロープ編みをしてお団子風に丸めてくださいね。


 

高い位置に作ったお団子ヘアですが、髪全体にウェーブをつけてからまとめ上げているので、ボリュームのある仕上がりになっていますね。後頭部の髪はウェーブのおかげで落ちづらいので、スッキリとまとめられますね。


 

2つのお団子を上下に作ったアレンジヘア。現代的でおしゃれな雰囲気に仕上がっていますよね。お祭りやビアガーデンなどにぎやかな雰囲気にあうアレンジです。


 

複数のねじり網を使ったアレンジヘア。ねじった毛束を左右に交差させていくことで、動きのあるおしゃれな雰囲気に仕上がっていますよ。仕上げにパールビーズのアクセサリーをちりばめて出来上がりです。


 

低めのハーフアップから作ったギブソンタック。ロングヘアのボリュームと長さをうまく生かしたアレンジで、ヘアアクセサリーを変えるとドレスなどにも使えそうなアレンジですよね。


 

まとめ

浴衣にあうヘアアレンジをご紹介しました。どの長さでもそれぞれに合うおしゃれなアレンジがありましたね。簡単なものは自分でセルフアレンジを、ちょっと手が込んだものなら家族や友達の手を借りてなど、夏のお出かけの準備時間を楽しみながら、素敵なアレンジにチャレンジしてみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!