簡単まとめ髪アレンジ50選☆日常からパーティまで様々なシチュエーションで活躍♪

仕事中や暑い時期、お出かけシーンなど様々なシチュエーションで活躍するまとめ髪。でもいつからかマンネリになってしまったという方も多いのではないでしょうか?今回は簡単に作ることができて、今時のおしゃれな髪型に見えるまとめ髪を長さやシチュエーション別でご紹介します!

2017/05/12 更新
著者:
簡単まとめ髪アレンジ50選☆日常からパーティまで様々なシチュエーションで活躍♪

仕事中や暑い時期、お出かけシーンなど様々なシチュエーションで活躍するまとめ髪。でもいつからかマンネリになってしまったという方も多いのではないでしょうか?ただゴムでまとめてしまうだけではおしゃれ感ゼロですよね。そこで今回は簡単に作ることができて、今時のおしゃれな髪型に見えるまとめ髪を長さやシチュエーション別でご紹介します!ぜひ参考にしておしゃれなまとめ髪にチャレンジしてみてくださいね。

ロングのまとめ髪

まず最初にご紹介するのはロングヘアのまとめ髪。女性らしくて色々なアレンジができるロングヘアですが、毎日だとアレンジも面倒になりがちですよね。こちらは定番のポニーテールに一工夫したまとめ髪スタイル。ポニーテールをするときに左右のこめかみ近くの髪を1束ずつ取っておきます。ほかの髪を束ねたら高さを見ながらとっておいた髪をロープ編みで後ろに持っていき、ゴムの部分にまくだけ!


 

こちらは簡単アレンジヘアの定番クルリンパを使ったテクニック。下のほうで1つに束ねた髪をクルリンパして、毛先の近くをゴムでとめて無造作に毛束を引っ張り出しただけなのですが、手がかかっているように見えますよね。


 

こちらもクルリンパを使ったアレンジですが、クルリンパする位置を少し上にしていることで印象ががらりと変わっています。また耳の上の毛束を一緒に束ねないであとからねじって加えることで、表情も出ていますね。ねじった毛束で作ったリボンもかわいらしいです。


 

こちらはサイドで束ねた髪をクルリンパしたアレンジです。サイドに束ねた髪がくるだけでなんだかおしとやかな雰囲気が出ますよね。サイドの髪を無造作に残すことでこなれ感が出ています。


 

こちらは今注目の2つの毛束をねじって編んでいくロープ編みを使ったテクニックです。大きな毛束で緩めに編みこんでいくことで波のようなうねりが出ますね。


 

少し下の位置でまとめたポニーテールアレンジ。一度に全ての髪の毛を束ねないで襟足部分の髪の毛を少し残しておいてあとからとめたゴムを隠すように毛束を巻いていくのがポイントです。


 

こちらはかなり低い位置に結んだローポニーテールアレンジ。一度束ねてから少し毛束をとってまとめたゴムの部分にまきつけています。こちらはブライダル用のアレンジなので大ぶりなバレッタと毛束の上につけて、華やかな雰囲気にまとめていますね。


 

広告

 

ミディヘアのまとめ髪

肩につくあたりから鎖骨を越すくらいのミディアムヘアは、はねてしまったり顔にかかってしまったりとそのままおろしていると邪魔になることも多いですよね。そんなときには簡単まとめ髪アレンジですっきりと束ねてしまいましょう!こちらはザックリとまとめたローポニーテールのアレンジ。後れ毛がでると大人っぽい印象になりますね。


 

こちらも低い位置で束ねたポニーテールアレンジ。頭頂部から後頭部の髪を引っ張ってゆとりを出すことでふんわりとしたシルエットを作っています。ちょうど肩にかかってはねてしまう長さですが、そのはねた感じがかわいらしいですね。


 

こちらはハーフアップのまとめ髪アレンジ。まとめ髪といっても全体の髪をまとめるものだけでなく、ハーフアップのように顔周りにかかる髪をまとめるという方法もありますよ。あまり長くないミディアムヘアならポニーテールなどよりもこちらのほうがスッキリとかわいくなります。


 

少し長めのミディアムヘアなら襟足よりも高い位置で束ねたポニーテールがおすすめ。少し高い位置に毛束があると動くたびに毛束が揺れて女性らしい雰囲気を出してくれますよ。


 

こちらは三つ編みのアレンジ。ターバンのようにつけたスカーフの端も一緒に編みこむことでカラフルで健康的なアレンジにしています。サイドで編みこむこのテクニックはロングまで行かない髪でもアレンジしやすいですよ。


 

こちらは無造作に髪を三つ編みにしたアレンジ。きっちりと三つ編みにすると学生のような幼い雰囲気になって大人女子にはちょっと・・・でもこんな風に毛束を遊ばせることで余裕が感じられて大人っぽい仕上がりになりますね。


 

ボブのまとめ髪

さまざまな長さや前下がりや外はね、モードなどさまざまな表情を持つボブ。そのままおろしているだけでも様になるスタイルが多いですが、顔にかかる髪が邪魔に感じられるときも・・・。そんなときにはこちらのようにスッキリとまとめてみましょう。こちらのアレンジ方法だとまだ短めの髪が残っている方でも、簡単にアレンジできますよ。


 

こちらはウェットなスタイリング剤を使ったショートボブのまとめ髪アレンジ。トップから少しずつ毛束をとってピンなどでとめるとショートボブでもスッキリと仕上げることができますよ。


 

こちらもピンを使ってまとめたショートボブのハーフアップアレンジ。ハーフアップもゆるめにまとめるとこなれた雰囲気が出ますね。顔にかかる後れ毛にはカールをつけてかわいらしさもプラス。


 

ゆるい三つ編みを使ったハーフアップアレンジ。全体にゆるいウェーブがかかっているので、かわいらしさとピュアな雰囲気が出せますね。髪をまとめた部分につけるヘアアクセサリーで大きく印象を変えることもできますよ。


 

くるりんぱとねじりという2つのテクニックを使ったハーフアップアレンジ。どちらも簡単なテクニックですが、2つを同時に使うことでゴージャスな雰囲気がアップしますよね。


 

うなじにかかる小さな毛束がかわいらしいアレンジ。短いボブヘアでもアップスタイルと楽しみたいという方にお勧めのアレンジヘアです。トップから後頭部の髪はピンを使ってとめていきますが、毛束でピンを隠すようにするとエレガントな雰囲気になりますね。


 

 

バレッタを使ったまとめ髪

すっきりとまとめ上げたアレンジヘア。でもお出かけシーンには物足りない…ってことありますよね。そんな時には難しいテクニックを使うのではなくて、バレッタで簡単におしゃれにしてみませんか?こちらは2本の三つ編みとくるりんぱのテクニックを使った簡単アレンジに、リボンバレッタを3つつけただけですが、こんなに華やかになるんです。


 

こちらは髪を4つに分けてロープ編みで仕上げたまとめ髪アレンジ。毛先まで編みこまないでカールをつけた毛先をふんわりと残したアレンジに、シフォンを使ったバレッタをつけて、大人かわいい雰囲気を醸し出しています。


 

ロープ編みで波のようなウェーブを表現したアップスタイル。ところどころ毛束を引き出して余裕を出したアレンジヘアに細いリボンでできたバレッタをつけています。ネックレスと合わせてパールのヘアアクセサリーもオンして上品さを。


 

すっきりとまとまったフォーマルシーンにも活躍しそうなまとめ髪アレンジですが、実は簡単な手順でできるんですよ。まずはハーフアップにしてから、すべての髪を1本の三つ編みにします。編んでとめた毛束をトップに向かって持ち上げて、くるりと巻き込むようにとめるだけなんです。そこにシルバーの羽のバレッタをプラスして大人っぽさを。


 

4つのブロックに分けて三つ編みしたものをまとめたアップスタイル。こちらのようにゆるく三つ編みするとボリュームが出て見栄えがしますよ。さらにキラキラ光るバレッタをつければ、華やいで見えますね。


 

シンプルなハーフアップのあとにサイドの髪をロープ編みして後頭部にもっていき、ピンでとめた後に繊細なシルバーのバレッタをつけたアレンジ。手が込んでいるように見えて簡単にできるアレンジは、ちょっとしたおでかけにピッタリですね。


 

三つ編みアレンジ

ここまでも何度かでてきた三つ編みを使ったまとめ髪アレンジ。長い髪なら全体を、短い髪なら部分使いでと、どんな長さの方も使えて簡単にいつもとは違う雰囲気にできる便利なテクニックです。こちらの画像の下のアレンジは髪を4つに分けてゆるく三つ編みしたアレンジ。2つずつ束ねるので簡単にできますよ。


 

こちらはトップから編み込んでいき、1本の三つ編みにまとめたアレンジ。サイドの髪を少し残しておいてねじってあとから加えています。


 

こちらはまずハーフアップにしてくるりんぱをしたヘアスタイルを、さらにもう一段階くるりんぱして、まとめた毛束をフィッシュボーンで編んだアレンジヘア。ただ毛束を編んだだけではでないゴージャスな雰囲気が簡単に出せちゃいますね。


 

とても手が込んだアレンジのように見えるこちらのまとめ髪アレンジも、手順がわかればそんなに面倒ではないんですよ。まずトプの髪から左側に流れるようにロープ編みを編み込んでいき、襟足に近い部分から全体を束ねて三つ編みにしていきます。ほつれた髪はそのままにしてあとからカールをするとこなれた雰囲気に。


 

こちらもトップから編み込みを使ったアレンジヘア。サイドは一緒に編み込まないであとからねじって加えているので、ボリュームがアップ!毛束を引っ張ってゆるめた部分に小さな花を飾って結婚式にも出席できる華やかさにしています。


 

こちらもサイドとトップの髪をわけてから編み込んで、サイドの髪をバックカチューシャのような雰囲気で後頭部で交差させたアレンジ。このアレンジなら肩につくくらいの長さでも、挑戦できそうですね。


 

 

お団子スタイル

次にご紹介するのは簡単に大人かわいいアレンジヘアがつくれるお団子ヘアを使ったまとめ髪アレンジ。ちょっとしたホームパーティなど自宅にお客様を招く時にはいつよりもかわいいアレンジヘアにしたいもの、でも準備や料理に忙しい!そんな時こそこのお団子ヘアのハーフアップアレンジがおすすめです。


 

こちらはロングの髪を1つに束ねたアップスタイルのお団子アレンジ。今年も引き続き人気が高いスカーフを巻いてあげるとかわいらしさと女性らしさが出ますね。


 

きれいに丸くお団子にするのではなくわざと崩したお団子ヘアのまとめ髪アレンジ。毛先を少しだけ出したり後れ毛を作ったりという一工夫で全体的に動きのあるアレンジになりますよ。


 

こちらは低めの位置でお団子をつくったまとめ髪アレンジ。高い位置のお団子だと元気で若々しい雰囲気になりますが、こちらのように低めにするとエレガントで大人っぽいですね。


 

こちらも低い位置にお団子をつくったアレンジですが、両サイドの毛束をとっておいてあとからねじって加えているので、さらにゴージャスな雰囲気になっています。


 

完全に毛束を巻きつけないお団子ヘア。髪の長さが長い場合にはポニーテールにすると重くて邪魔に感じることもありますが、こちらのように半分お団子にしてあげると活動的で邪魔にならないアレンジができますよ。


 

ミディアムヘアのちっちゃなお団子ヘアアレンジ。トップの大きなお団子があると子供っぽい雰囲気にもなってしまいますが、こちらのように完全に巻ききらないお団子なら毛量調整も可能なんです!


 

アップスタイル

まとめ髪の代表的なアレンジといえばアップスタイル。日常使いもパーティーシーンでも活躍してくれる万能なアレンジですよね。こちらはねじりのテクニックだけを使ったアレンジヘア。髪を大きく4つに分けて後頭部の2つの束をねじってまとめ上げてから、残しておいたサイドの毛束をねじって後頭部で交差させたものです。


 

エレガントな雰囲気がでるギブソンタックのまとめ髪アレンジ。両サイドの髪をフィッシュボーンで編んで襟足のあたりで束ねてから、残った髪を編んだ毛束に巻きつけるように入れるだけなんですよ。


 

こちらは髪をトップと襟足の2つのブロックに分けてから、先に下の毛束をまとめ上げて、あとからトップの毛束を2つに分けてからねじって襟足の上の部分で交差させたアレンジ。編んでいないのに編み込んだような雰囲気ですね。


 

ゆるっとまとめあげたお団子がどこか海外セレブ風のアレンジヘア。ゆるめのアレンジが苦手という方は一度に全部の髪を束ねるのではなくていくつかのブロックに分けてからまとめていくと、ほどよいルーズ感をだせますよ。


 

ポニーテールから毛束をゴムのある根元に巻きつけたまとめ髪アレンジ。さっとできるアレンジヘアなので、朝に何かアレンジしたいと思った時にも便利ですよ。


 

前髪のあたりから編み込んで後頭部で両サイドの編んだ毛束を交差させたハープアップアレンジから、下の髪を餡だけ先が見えないように巻きこんだアレンジヘア。華やかな雰囲気なので、パーティでも大丈夫ですね。


 

 

着物&浴衣にピッタリなまとめ髪

日本女性のまとめ髪といえば、和装に似合うヘアスタイルですよね。春から夏にかけて結婚式やお祭りで和装を楽しむ方におすすめのまとめ髪アレンジをご紹介します。ロングの髪を上品にまとめあげたアレンジヘア。大きな花の飾りは和装らしい雰囲気にしてくれますね。


 

こちらは3つのブロックに分けた髪を両サイドは編み込み、後ろの毛束は三つ編みをしてからそれぞれの毛先が見えないようにまとめたアップスタイル。洋装にも使えそうなアレンジで、明るい髪色にもマッチしていますね。


 

どこがどうなっているのか?と難しそうに見えるアレンジですが、トップから少しずつねじってはとめてをくりかえすことで、こんなに豊かな表情のアレンジヘアができるんですよ。


 

こちらはボブヘアを上手にまとめあげたアレンジ。 ボブでもこんなに素敵なアレンジヘアができるなんて、ビックリですよね。アレンジの前にウェーブをつけてスタイリング剤をもみ込むことで、乱れにくくするとセルフでも作れるボブアレンジができますよ。


 

こちらは幅を狭くアレンジしたギブソンタックに三つ編みをプラスしたアレンジヘア。ワイドでボリュームのあるギブソンタックとは違って、和装に似合う雰囲気です。


 

こちらは少し長めのボブを上品にまとめたアレンジヘア。頭頂部と襟足近くの髪の2つの毛束に分けてから襟足の髪をいくつかに分けてねじってからピンでとめて、頭頂部やサイドをゆるくねじってとめています。


 

まとめ

まとめ髪のヘアアレンジをご紹介しましたが、いかがでしたか?日常使いができるものやパーティや結婚式で活躍させられそうなものなど様々でしたね。まとめ髪アレンジはすこし難しく感じますが、何回か練習すればきれいにできます。ぜひ参考にしてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!