新生活を迎える女性のために。彼氏を家に呼ぶ前にやっておきたいキッチンのインテリア

恋人の家を初めて訪れた男性がまず気にする場所、それがキッチンです。今年から一人暮らしを始め、彼氏ができたとなれば、お家デートの日もそう遠くはないはず。ここでは、新しい春が訪れた女性にオススメの、キッチン周りのインテリアを紹介します。

著者:
公開日:
新生活を迎える女性のために。彼氏を家に呼ぶ前にやっておきたいキッチンのインテリア

恋人の家を初めて訪れた男性がまず気にする場所、それがキッチンです。今年から一人暮らしを始め、彼氏ができたとなれば、お家デートの日もそう遠くはないはず。ここでは、新しい春が訪れた女性にオススメの、キッチン周りのインテリアを紹介します。

 恋人の心を惹きつける、キッチンのインテリア

まずは清潔感から。オシャレさより、整頓が大切

カワイイアイテムで女の子らしさを出す良いですが、まずは基本である「整理整頓」をしっかりしましょう。男性が恋人の部屋のキッチンを見る時、まず気にするのは「可愛さ」より「清潔かどうか」です。余計なものを置かず、棚やバスケットなどを有効に使えば、安くてキレイなキッチンを演出できます。


 

ゴミ箱の上のニトリの収納ボックスを置いて、キレイにまとめてます。狭いスペースでも、道具を上手に使ってきちんと整頓しましょう。


 

 

適度な使用感も好印象のコツ

キッチン周りをキレイすぎても、「実は普段料理してないのでは?」と思われてしまうかも。画像のように、スポンジやゴム手袋をあえて見える(取り出しやすい)位置に置けば、上の食器棚も併せて、日ごろの生活感を適度に出せます。


 

タッパーなどの保存容器を使って、食べ物が作り置き。日ごろから料理をしていると印象付けられますし、一緒にいる時に何かつまむものをすぐに出したい時にも便利ですよね。


 

印象的な小物類をアクセントに

壁にへばりついたブタさんがなんともカワイイ(笑)。キッチン周りでは全く使わない気もしますが、こんな風にアクセントになる小物があると、平凡なキッチンも一気に魅力的に様変わりします。


 

安くてオシャレなフェイクグリーンは、インテリアの飾り物として高い人気があります。壁のリメイクシートともよくあっていて、和やかな雰囲気を演出してくれます。


 

専用のアイテムで、得意料理をアピール

パスタケースのように、「特定の料理でしか使わないキッチン雑貨」があると、自分の得意料理や生活感をさりげなくアピールできます。キッチンを気にする男性は、料理の腕も気にしてます。変に自慢するよりも、こうしてアイテムを配置しておいた方が、現実味があってより効果的です。


 

女性らしい料理と言えばやはりスイーツ。覚えるのは大変ですが、日ごろから練習しておけば、いざ彼を家に呼んだ時に役に立つかも。


 

来客のための工夫が垣間見える

カップにお皿、トレーなど、どれも2セットずつ用意され、キレイに片づけられています。一人暮らしであれば普段は使わないものも用意しておけば、気配りの効くところを男性にアピールできます。


 

コーヒーが好きな男性は多いですから、自分で淹れられるようにしておくのもオススメ。自分で使わなかったとしても、彼が来た時に淹れてあげれば、きっと喜ばれるはず。


 

 

臭い対策も忘れずに

女性が誤解しがちなのが、男性でも臭いを気にするということ。画像では、フェイクグリーンの下に消臭剤が詰められています(!)。こんな風に、陰ながら臭い対策をしておくことも大切です。


 

そのまま置くと味気ない消臭ボトルも、このようにデコ巻きしてしまえば一気にオシャレになります。


 

 季節感のある飾り物もポイント

季節感のある飾り物を置いておけば、変わり映えしないキッチンにも花を添えられます。ちょっとした小物でその時期ならではの雰囲気作りをしてみると、自分でも楽しめます。


 

春と言えば植物の季節。本物を育てるのは大変でも、フェイクグリーンなら置くだけで済みます。換気扇の上に目をつけたスペーシングのセンスも◎です。


 

リメイクシートで雰囲気作りも

キッチンの雰囲気をガラリと変えるリメイクシートは、安く買えるうえにバリエーションも豊富と、キッチン周りのレイアウトを考える上では欠かせません。うまく使って定期的に模様替えすれば、彼を家に呼ぶ度に新しい驚きを与えてくれます。


 

狭いスペースでも、リメイクシートのおかげでどこか和やかな雰囲気に仕上がっています。部屋の広さや金銭的に、やりたいレイアウトが中々できない人でもこれなら大丈夫です。


 

まとめ

恋人を家に呼ぶときは、誰も神経質になるものですが、特にキッチンは重要です。色々と気を使いたい点はありますが、大切なのは楽しんでインテリアをすること。楽しみながら、ちょっとした遊び心や工夫をキッチンにこらせば、彼にとってもきっと好印象です。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告