「おめでとう」を金婚式を迎える二人へ。心のこもったメッセージ例文をご紹介

結婚50周年をお祝いするのが「金婚式」です。結婚に至るまで見知らぬ間柄だった二人が50年ものあいだ一緒に過ごしてきたことをお祝いしましょう。実親や祖父母などに伝えるメッセージの例文をご紹介。人生の先輩をお祝いしましょう。

公開日:
「おめでとう」を金婚式を迎える二人へ。心のこもったメッセージ例文をご紹介
たがめかめの

たがめかめの

ライター

子育て完了期からの卒母宣言を検討している40代主婦です。スタイリッシュな生活にあこがれています。ライター歴14年、あらゆる引き出しから情報を皆様にお届けします!

金婚式をお祝いするメッセージを贈ろう

結婚50周年に入る結婚記念日を金婚式といいます。50年間という長い期間、愛情をはぐくみ生活を共にした結婚生活や、これまで子供や孫へつないできた命の繁栄もお祝いしませんか。

両親や祖父母など身近な存在がそろそろ金婚式という人もいることでしょう。贈り物とともにメッセージを贈りましょう。

この記事では、金婚式の記念日に華を添えるメッセージの例文をまとめています。素敵な一日になるよう、例文を参考にしてくださいね。

金婚式を祝うメッセージ例文《両親・祖父母》

金婚式を祝うメッセージ例文《両親・祖父母》

自分自身がこの世にいるのは、「両親や祖父母が結婚し新しい命をはぐくんできたから」だといえます。

いろいろな結婚のスタイルがあり、このような考え方はナンセンスといわれることもありますが、50年間も結婚生活を続けてきた両親や祖父母には、子供や孫といった身近な人たちがお祝いをしましょう。

義理の両親に対しても同様、感謝やこれからも幸せでいてほしいことをメッセージなどで伝えてください。金婚式に贈りたいおすすめのメッセージの例文を紹介します。

 

 

二人をお手本にしたいと伝えるメッセージ

【お二人の仲睦まじい姿は、私たちのお手本です】

金婚式を迎えるまで、夫婦の間にもいろいろなことがあったと考えられます。しかし、子供を独立させるまで育て上げた事実や、夫婦で協力しながら生活をここまで安定させてきた努力は何にも代えがたいものです。

マネしたい、続きたいというような言葉よりも、例文のように「お手本」という言葉を用いてメッセージにつづりましょう。金婚式のメッセージの王道です。

 

リタイヤ後の二人へ贈るメッセージ

【この先も幸せいっぱいの毎日をお過ごしください】

金婚式を迎えるころには、すでに定年を迎え「老後」の生活を送り出していることでしょう。

生活面や健康面での心配はあるかもしれませんが、子供たちが両親を支えられる年齢になっているはず。これからは夫婦の幸せだけを追求してほしいという気持ちを例文のようなメッセージに託しましょう。

金婚式を迎えた両親のために自分たちのことだけを考えてよいと、例文のようなメッセージで伝えてくださいね。

 

普段の姿を称賛するメッセージ

【お二人の明るい笑顔は私たちの道しるべです】

金婚式を迎えた両親の笑顔があるから、帰省したいという人もいるでしょう。

また、夫婦の形のモデルケースとして目標にしたいと考えるかもしれません。例文にあるように「道しるべ」という言葉を用いて、進むべき道は決まっているとメッセージを介して伝えましょう。

笑顔の絶えない夫婦生活を、金婚式を迎えるまでずっと続けたいといった意思表示にもつながります。素敵なメッセージですね。

 

健康不安を持つ両親へ向けたメッセージ

【金婚式おめでとう!次のエメラルド婚もダイヤモンド婚も二人で迎えられるよう祈っています】

年齢を重ねると、どこかしら体の不調を訴えることが増えますし、大病を克服したなどのエピソードなども増えてきます。

50年寄り添ってこられたから、次の55年、60年の記念日も二人そろってお祝いをしたいということを例文のようなメッセージに託しましょう。

金婚式の記念日には「元気でいてね」という言葉も、併せて伝えてくださいね。

 

寄せ書きにもおすすめできるメッセージ

【愛は永遠!二人の仲も永遠!金婚式おめでとう】

色紙にも書きやすい長さの一言例文です。キャッチーな言葉を連ねると楽しい寄せ書きに仕上がります。「永遠」「愛」「素敵」といった言葉は、金婚式のメッセージにおすすめです。

色紙に書く言葉は短めにするのが一般的。見やすく丁寧な文字でメッセージを書いてくださいね。

最近では金婚式などにふさわしい色紙なども販売されているので、色紙にもこだわってみましょう!

 

金婚式を祝うメッセージ例文《恩師・知人》

金婚式を祝うメッセージ例文《恩師・知人》

本来なら、知人の結婚記念日を祝う必要はないといわれています。

しかし、恩師や上司の結婚記念日でなおかつ金婚式だと分かれば、お付き合い上お祝いのメッセージを伝えることも必要になる場合もあるでしょう。

家族ぐるみでのお付き合いがある場合や、金婚式を迎える夫婦とかかわりがある場合は、お祝いをすると喜ばれます。

金婚式にはどのようなメッセージを伝えるとよいでしょうか。例文とともに紹介します。

 

人生の師に結婚生活の秘訣を聞けるメッセージ

【○○様の内助の功に脱帽です。その秘訣を教えてほしいです】

金婚式の記念日を迎えた、習い事のお師匠などへメッセージを贈る場合におすすめの例文です。

自身の仕事をしながら夫を支えてきたという事実は、礼賛に値します。同性として、人生の師匠としても50年もの長い間結婚生活を続けていくコツをうかがってみるきっかけにしましょう。手本にできるところは見習っていけるとよいですね。

 

独身の人に使ってほしいメッセージ

【金婚式おめでとうございます。お二人は私にとって理想の夫婦です!】

独身の人にもおすすめできる金婚式祝いの例文です。年齢を重ねても仲睦まじい姿を見せてくれる夫婦に対して贈るメッセージです。

「結婚に対する理想(憧れ)を重ね合わせています」と伝えるだけでも、大きなお祝いの言葉になるでしょう。もちろん既婚者にもおすすめできるメッセージなので、メッセージカードなどにどんどん使っていきましょう。

 

友人間で金婚式を祝うときのメッセージ

【友人たちの間ではあなたが一番先に金婚式を迎えましたね。これからもお幸せに!】

金婚式を迎える世代というと、早くて60代後半以降の人となります。家族が友人へメッセージを贈りたいけど何を書くべきか悩むという人に、こちらの例文をおすすめしてはいかがでしょうか。

遠方に住んでいるなどの理由から、友人に直接お祝いを伝えられないという場合にメッセージをしたためましょう。金婚式に間に合うよう、メールやカードを贈ってくださいね。

 

当たり障りなくお祝いを伝えられるメッセージ

【金婚式の記念日おめでとうございます。これからもお幸せにお過ごしください】

地位を持つ人の中には、自身の金婚式記念に会食を行う場合もあります。もし、配偶者とも面識があるならメッセージを託すことも一案です。

社交辞令の一つなので、当たり障りのないメッセージでお祝いの気持ちを伝えましょう。シチュエーションとしては、お花などの贈り物に添えるカードなどに書くことを想定した例文です。

 

上司や知人などに向けたメッセージ

【50年もの間支えあってきたお二人にお祝い申し上げます】

上司など目上の人に対しておすすめできる例文です。配偶者とは面識がないという場合なら、このようなメッセージで構いません。

お付き合い上、金婚式のお祝いを伝える必要がある場合などに、このような文章を用いるとよいでしょう。

上司などに向けて寄せ書きを作成するときにもおすすめします。金婚式を祝える暖かいメッセージになりますよ。

 

金婚式を祝うメッセージ例文まとめ

金婚式をお祝いするためのメッセージを例文という形で紹介しました。家族や友人など、金婚式を迎える人との関係性によっても選ぶ言葉が異なります。暖かく伝わる言葉を見つけてメッセージにしたためましょう。

50年という長い間夫婦で協力し合って金婚式を迎えることは、とても素晴らしいことです。これから結婚する人も、結婚生活が始まったばかりの人も金婚式を迎える自分に思いをはせて、丁寧なメッセージでお祝いをしてくださいね。

こちらもおすすめ☆