参考にしたい!クロス選びで知っておきたい7つのこと

整理収納アドバイザー・住宅収納スペシャリストぱぱらくさんの家づくりで後悔したくない人に役立つ情報を紹介しています。家づくりで悩まれている方は必見ですよ!今回は「クロス選び」についてご紹介します。

公開日:
参考にしたい!クロス選びで知っておきたい7つのこと
ぱぱらく

ぱぱらく

住宅収納スペシャリスト

整理収納アドバイザー・住宅収納スペシャリスト。3年かけて完成したマイホームの経験をもとに、家づくりで後悔したくない人に役立つ情報を発信しています。

後悔しない注文住宅マニュアル

整理収納アドバイザー・住宅収納スペシャリストぱぱらくさんの家づくりで後悔したくない人に役立つ情報を紹介しています。家づくりで悩まれている方は必見ですよ!

今回は「クロス選び」についてご紹介します。

クロス選びで知っておきたい7つのこと

飽きないようなものを選ぶ

飽きないようなものを選ぶ

paparaku999

①基本はシンプルでOK

やっぱり、「飽きが来ない」というのは重要です。

ぱぱらくさんのInstagram


 

 

面積で色が違って見える

面積で色が違って見える

paparaku999

②面積が違うと色の感じ方が変わる

実は面積が大きいと淡く見えます。カタログやサンプルの色よりも淡く薄く感じるので注意!


 

実際に見てみる

実際に見てみる

paparaku999

③できるだけショールームへ

ネットやカタログと本物では質感が違うので、色合いも全く変わってきます。

モデルルームも良いですね◎


 

トータルコストを抑えられる

トータルコストを抑えられる

paparaku999

④メリハリをつける

クロスもお値段ピンキリです。

リビングなど過ごす時間が長い場所はこだわって、それ以外はコスパ重視で選ぶとトータルコストを抑えられます!


 

シンプルがおすすめ!

シンプルがおすすめ!

paparaku999

⑤個性的な柄は部分使いで

せっかくの家なので遊びたくなる気持ちもわかりますが、飽きを考えるとやはり部分使いにとどめておくと良いです。


 

壁紙を決めて床材を決める

壁紙を決めて床材を決める

paparaku999

⑥壁紙を決めてから、床材を決める

壁紙の方が面積が大きいため、その部屋の印象は壁紙で決まります。

それに合わせて床材(クッションフロアなど)を選ぶと良いです!


 

後からDIYもできる

後からDIYもできる

paparaku999

⑦最悪、貼り替えればOK

DIYでもできます。悩みすぎも良くないので、気軽に決めてもOKかと思います。

ぜひ参考にしてみてください。


ぱぱらくさんのInstagram

こちらもおすすめ☆