余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介

お正月中にお餅を食べきれず、余らせてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。そんなときはお餅をアレンジして愉しんでみてください。この記事では、おかず系やスイーツ系などさまざまなジャンルの料理に変身するお餅のアレンジ法をご紹介します。

公開日:
余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介
BRUNO

BRUNO

専門家ライター

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド。たとえば、ビーチサイドを仕事場に、いつもの食卓をパーティに変え、ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。"変幻自在"で"愉しさ重視"のライフスタイルがBRUNO流。BRUNOは、人生を愉しむための遊び心に満ちた ライフスタイルをお届けします。

お餅を上手に活用すると、さまざまなアレンジが可能です。お正月中にお餅を食べきれず、ついつい余らせてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

そんなときはお餅をアレンジして愉しんでみてください。この記事では、おかず系やスイーツ系などさまざまなジャンルの料理に変身するお餅のアレンジ法を紹介します。

お餅と相性の良いトッピングについてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

いろいろな料理に変身。お餅の5つのアレンジ術

余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介

お餅はアレンジ次第でいろいろな料理に変わる万能食材です。

ここでは、焼く・煮る以外の調理法や組み合わせ、トッピングなどのアレンジ術を5つ紹介します。

 

 

1.焼く・煮る以外の調理をする

お正月に食べるお餅といえば、そのまま焼いて食べたり、お雑煮に入れたりするのが定番です。

しかし調理法を変えるだけで、簡単に別のお餅料理に変身します。

例えば揚げれば揚げ餅に、煮て麹と混ぜれば甘酒というように、愉しみ方もさまざまです。

 

2.洋の素材・料理と組み合わせる

お餅は洋風の素材や料理との相性が抜群です。いろいろな素材や料理と組み合わせられる、万能食材とも言えます。

チーズやバターなど洋食によく使われる素材や、カレーなどとも好相性。

これらの素材・料理を、のせる・かける・混ぜるなど調理方法を工夫することでさらにバリエーションが広がるでしょう。

 

3.いつもの料理にお餅をトッピングする

いつもの料理にお餅をトッピングするアレンジ術もおすすめです。

熱でお餅が溶けることによって、料理そのものの食感に変化をつけられます。

例えば、お好み焼きや餃子に入れると、もちもち食感を愉しめますよ。

 

4.ほかの食材の代用品として使う

食材の代用品としてお餅を使う方法もあります。グラタンのマカロニの代わり、ラザニア用パスタの代わり、ピザ生地の代わりなど、使い方はさまざま。

メイン食材の代わりにお餅を使うので、大量消費したいときにおすすめです。

 

5.スイーツ系食材と組み合わせる

チョコレートなどのスイーツ系食材との相性が良いのもお餅の特長です。ホットケーキミックスにお餅を練りこんでもちもち食感に仕上げたり

お餅にスイーツ系の素材を絡めたりしてもおいしい一品になります。お餅を上手に組み合わせて、和スイーツに変身させてみましょう。

 

【簡単アレンジ】お餅と相性抜群のトッピング7つ

あまり手間をかけずにアレンジを愉しみたければ、お餅にさまざまな食材をトッピングするのも良いですね。

ここでは、お餅と相性抜群のトッピング食材を紹介します。

 

1.チーズ

余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介2

チーズは、お餅と相性抜群の食材です。

チーズに他の食材を掛け合わせることで、お餅を和風にも洋風にもアレンジできます。

  • チーズ×明太子
  • チーズ×のり
  • チーズ×のり×砂糖×醤油
  • チーズ×トマト
  • チーズ×ピザソース×ベーコン

チーズを使ったお餅アレンジはバリエーションが無限大。お気に入りのトッピングを見つけてくださいね。

 

2.マヨネーズ

余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介3

お餅とマヨネーズは、マヨラーでなくてもやみつきになる組み合わせ。

  • マヨネーズ×塩こしょう
  • マヨネーズ×醤油×唐辛子
  • マヨネーズ×ソース×青のり

マヨネーズにプラスαのアレンジで、さらにおいしく仕上げましょう。

 

3.バター

余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介4

もともと秋田県で40年くらい前から食べられていたのがバター餅。

ご当地フードになるだけあって、相性抜群です。

  • バター×醤油
  • バター×あんこ

バターもさまざまな食材と相性が良いので、自由自在にアレンジできます。

 

4.チョコ

余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介5

意外とお餅に合うのがチョコレート。甘党に人気のトッピングです。とろとろに溶かしたチョコでも、カカオパウダーでもどちらも良く合います。

  • チョコ×ホイップクリーム
  • チョコ×マシュマロ

お餅を使った生チョコやチョコ大福は、チョコ好きにはたまりません。

 

5.はちみつ

余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介6

お餅には、はちみつならではの優しい甘さもよく合います。

  • はちみつ×ピーナッツバター
  • はちみつ×シナモン
  • はちみつ×きな粉
  • はちみつ×きな粉×チーズ

ほかの食材と組み合わせてトッピングしてもおいしく仕上がります。

 

6.ピーナッツバター

余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介7

いつもとちょっと違った味を愉しみたいときにおすすめなのが、ピーナッツバターのトッピング。

ピーナッツバターの香りとお餅の香ばしさが、絶妙なハーモニーを生み出します。

  • ピーナッツバター×きな粉
  • ピーナッツバター×チョコ

ピーナッツバターにプラスするもの次第で、風味をより豊かにさせたり甘みを強くしたりと異なる風味を味わえます。

 

7.シナモン


シナモンと組み合わせれば、シナモンの香りが引き立つお餅に変身。コーヒーブレイクのお供にもぴったりなトッピングです。

  • シナモン×砂糖
  • シナモン×はちみつ×バター

スパイシーなシナモンと、甘いはちみつ・塩気の効いたバターとのマリアージュを楽しめるでしょう。

 

BRUNOのホットサンドメーカーを使ったお餅アレンジメニュー

BRUNOのホットサンドメーカーを使えば、お餅を使ったアレンジスイーツを簡単に愉しめます。

おすすめのBRUNOレシピを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

カリふわ食感が愉しめる「お餅ワッフル(モッフル)」

余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介9

お餅ワッフルは、ホットサンドメーカーとお餅があれば簡単につくれる一品です。使うお餅はどのような形状の物でも大丈夫。

プレーンタイプのお餅ワッフルをつくるなら切り餅か丸餅、お餅に好みの具材を挟んだお餅ワッフルをつくるなら、スライスされた薄いお餅を使うと良いでしょう。

なお、プレーンタイプのお餅ワッフルはスイーツとしてだけでなく、おかず系の料理との相性も抜群です。外側はカリッ、中はふわふわ・もっちりの異なる食感を愉しめます。

カリふわ食感が愉しめる「お餅ワッフル(モッフル)」の詳しいレシピはこちら

ホットサンドメーカーシングルはこちら

 

お餅で和菓子に変身「いちご+チョコレート+マスカルポーネ」

スイーツ系トーストにお餅をトッピングしたアレンジしたレシピです。

マスカルポーネチーズとチョコのトッピングに、さらにお餅をプラスすることでそれぞれの素材がうまくマッチングした和菓子風トーストに変身します。

チョコレートにバルサミコ酢を混ぜると、甘酸っぱくさっぱりとした大人の味わいになりますよ。

お餅で和菓子に変身「いちご+チョコレート+マスカルポーネ」の詳しいレシピはこちら


ホットサンドメーカーシングルはこちら

 

余ったお餅の保存から解凍までの3ステップ

余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介11

お餅のアレンジレシピをおいしく食べるためには、余ったお餅を正しい方法で保存することが大切です。

お餅の正しい保存方法と、使う際の解凍方法について紹介します。

 

1.保存袋に入れて保存する

空気に触れたお餅は傷みやすいので、一度封を開けたお餅は保存袋に入れた上で冷蔵庫か冷凍庫で保存しましょう。

まずお餅をなるべく空気に触れさせないように、一つ一つラップで包みます。

それらを保存袋に入れたら、空気を抜いて封を閉じてください。

 

2.冷蔵庫もしくは冷凍庫で保存する

数日以内にお餅を食べられそうであれば冷蔵庫に、食べきれない場合には冷凍庫で冷凍します。

冷凍することで、数ヵ月~半年程度お餅の保存が可能です。

 

3.常温もしくはレンジを使って解凍する

お餅は、4時間程度常温に置いておけば解凍できます。もし急いでお餅を使いたければ、電子レンジを使って解凍しましょう。

 

お餅のアレンジ料理で、さまざまな味わいを愉しもう

余ったお餅を上手に活用。 飽きずに食べられるアレンジ術やトッピングも紹介12

お餅は変幻自在なので、アレンジ次第でさまざまな料理に変身します。

焼いて食べたりお雑煮に入れたりするだけでなく、アレンジ術をいくつか知っておくことで最後まで飽きずにお餅を食べられますよ。

お餅を活用したアレンジ料理で、さまざまな味わい・食感を愉しんでくださいね。

 

こちらもおすすめ☆