入園祝いに添える素敵なメッセージ集。おめでとうの気持ちを贈ろう◎

初めてママから離れて過ごす時間を作ることになる幼稚園や保育園の入園。子供もそうですが親もドキドキの毎日です。入園祝いに素敵なメッセージを贈って入園までのモチベーションを高めてあげましょう。どんな例文や言葉がよいか、この記事が解決します!

公開日:
入園祝いに添える素敵なメッセージ集。おめでとうの気持ちを贈ろう◎
たがめかめの

たがめかめの

ライター

子育て完了期からの卒母宣言を検討している40代主婦です。スタイリッシュな生活にあこがれています。ライター歴14年、あらゆる引き出しから情報を皆様にお届けします!

入園祝いのメッセージを贈ろう

入園祝いのメッセージにはどのような言葉を含めるとよいでしょうか。幼稚園や保育園に入園する子供は、「初めての親離れ」が待ち受けています。

子供はまだまだ「入園」の意味が分からないこともあるようですが、親は初めての手放しに不安が入り混じっていることも。親子の気持ちをほぐす入園祝いのメッセージを贈りましょう。

ここでは、ポイントや例文を交え入園祝いのメッセージについて詳しく紹介します。気持ちのこもった入園祝いのメッセージをお伝えしますね。

入園祝いのメッセージのポイント


単純に「入園おめでとう」で済ませることもできる入園祝いのメッセージですが、ありきたりな言葉だけでは足りないこともあるようです。とくに入園するのが甥っ子や姪っ子といったおじ・おばの立場や、孫を持つ祖父母の立場ならなおさらではないでしょうか。

例文に沿って言葉を紡ぐだけではなく、入園祝いのメッセージを贈るポイントについてもチェックしましょう。丁寧な手紙の書き方をすると、受け取った子供はもちろんママも安心しますよ。

 

 

ひらがなで分かりやすく!

入園祝いのメッセージは、わかりやすくひらがなで書き記すことをおすすめします。4~5歳児ならば、ひらがなが読める子も増えており、自分で文章を読むことで「少し大人になった」ことを自覚します。また入園へのモチベーションも高まることでしょう。

3歳児など小さな子には、入園祝いのメッセージとして例文にもならない「おめでとう」といった簡単な言葉でもいいですよ。子供やママもひらがなの気遣いにうれしいと感じることもあるので、家族へ対する気遣いも大切です。

 

かわいいメッセージカードを選ぼう

幼稚園入園へ向けて「ひらがなを読めるようにする」ことを意識する子供の親が多くみられます。しかし成長度合いから「小学校入学まで読み書きできるようになればいい」と思う親も見られます。

言葉や例文に気を取られることなく、視覚から「入園祝いのメッセージ」だとわかる工夫も必要です。イラストやポップアップギミックが付いたかわいいメッセージカードも販売されています。かわいいカードなら子供も「幼稚園へ行く」ことの楽しみが沸き立つことでしょう。

 

親へ向けたメッセージも大事

上司と部下というように、大人同士の付き合いもあります。相手の子供が入園するときに入園祝いのメッセージを贈るといったシチュエーションでは、親の子育てをねぎらう言葉を含めましょう。

「ご子息(ご令嬢)のこれからの成長が楽しみですね」というように、これからの期待を中心とした入園祝いの例文を用いるのがベストです。これだけで不安が払しょくされることもありますし、今までの子育てが認められた!とうれしい気持ちになることもあるのです。

 

少し早めに渡すのがベスト

小さな子供の入園祝いのメッセージは、遅くとも2週間前までに渡してください。入園シーズン間近になると、親の気持ちが焦ってしまうこともあります。それに感化されて子供もナーバスになりやすい時期となります。

入園祝いのメッセージが刺激となってしまうこともあるので、早めに渡してあげましょう。「ちょっと早いけど、幼稚園が楽しみだね」というように親へのエクスキューズも含めながら、メッセージとともに入園祝いを渡してください。

 

入園祝いのメッセージの文例《子供へ贈る言葉》


「もうすぐ幼稚園に行くんだよ」とワクワク感を隠せない子供に向けて入園祝いのメッセージを贈る場合、どのような言葉を贈るのがよいのでしょうか。子供に伝わりやすい入園祝いのメッセージ例文を紹介します。

例文を好きなようにアレンジすれば、新入園児のワクワクをさらに高めてあげることができますよ。メッセージには必ずフルネームをひらがなで入れてくださいね。それが「わたし(ぼく)宛のお手紙」として大切にするきっかけとなりますよ。

 

オーソドックスに「おめでとう」を伝えよう

【にゅうえんおめでとう。おともだちなんにんできるかな?たのしみだね!】

入園祝いのメッセージには、子供がワクワクすることを中心に書きましょう。この例文では、「友達」と「楽しみ」言うキーワードをつなげ、ワクワクした気持ちを引き出す言葉にしています。

当たり障りなくおめでとうの気持ちを伝えられる入園祝いのメッセージとなるでしょう。子供も理解しやすい言葉ばかりなので、読んでみて「友達は〇人ほしい!」とレスポンスが来るかもしれませんね。

 

簡単な言葉でわずかな情報だけを伝えよう

【ようちえんはたのしいよ!おともだちとなかよくしてね】

幼稚園はどんなところなんだろう?プレ保育や面接などで何度か出向いたことがあっても、集団生活があることに関してはいまいちピンと来ていないことも。

刺激してしまうこともあるので、例文のように「楽しい場所」であることを伝えるにとどめましょう。たくさんの情報を入園祝いのメッセージに書く必要はありません。不安を与えないようにすることも入園祝いのメッセージで大切なことです。

 

リサーチ素材があればメッセージに織り込もう

【おべんとうがたのしみだとママからきいたよ。エビフライのおべんとういっぱいたべてね】

世間話などで幼稚園で楽しみにしていることが聞けたら、それを例文のように織り込んであげるとよいでしょう。好物も知っていれば、お弁当とセットで入園祝いのメッセージに書き込むとワクワクした気持ちが膨らんでいくでしょう。

もし絵心があれば、入園祝いのメッセージカードにお弁当のイラストを描いてあげるのも一案です。子供が喜びますよ。

 

入園祝いのメッセージの文例《親へ贈る言葉》


大人同士のお付き合いで入園祝いをお渡しする機会もあるでしょう。ママ友同士なら入園祝いやメッセージは不要ですが、職場の部下やお稽古ごとの生徒の子供などが幼稚園に入るときには入園祝いとメッセージを渡すこともあるでしょう。

子供が間に入らない場合は、ママやパパなど保護者に向けた入園祝いのメッセージを渡すことをおすすめします。そんなときはどのような言葉を伝えるのがよいのでしょうか。いくつか例文をまとめたので参考にしてください。

 

 

はじめの一歩を喜ぶ一言

【ご子息のご入園誠におめでとうございます。幼稚園は小さな社会の第一歩ですね。応援しています。】

当たり障りなく入園祝いのメッセージを贈る場合は、例文のように「はじめの一歩」を祝う言葉でお祝いしましょう。

幼稚園は社会生活を学ぶ場所とも言えます。これまでの家族生活とは違う生活を体験することを喜ぶ一言でお祝いしましょう。それと同時に、ママへ幼稚園は家庭とは異なる場所だと示すことで、「親としての心構え」を遠回しに伝えています。

 

部下へ対して贈りたい一言

【手塩にかけて育ててこられたご子息のご入園をお祝い申し上げます。健やかな成長をお祈りしております。】

丁寧な入園祝いのメッセージは、目上の人が自分の下に位置する人に対し使う例文です。親御さんの苦労を「手塩にかけて育てた」というフレーズでねぎらい、子供に対する成長を気にかける言葉をセットにしてメッセージとしましょう。

部下に向けた入園祝いのメッセージや心遣いは、社内での信頼関係の構築にもつながるので丁寧に対応しましょう。

 

未来を祝う言葉を添えよう

【これから大きくひろがるご子息の世界を大切に育ててください。ご入園おめでとうございます!】

幼稚園は小さな世界でしかありませんが、家族以外の人と触れ合うこと、園生活を通じて視野が広がっていくことでしょう。たとえ小さな世界でも、園であったできごとをつたない語彙で一生懸命話す姿に成長を感じられるはずです。

「こうした子供の変化に敏感になり、子供の気持ちを尊重してください」という気持ちが込められた例文です。職場の先輩ママや習い事の先生などにおすすめしたい例文です。

 

入園祝いのメッセージまとめ

入園祝いのメッセージの例文をまとめました。子供に向けてのメッセージや大人同士のお付き合いで贈るメッセージなど、あらゆるシチュエーションに対応できる言葉を集めています。

自分の立場や子供との直接の関係を考えながら、入園を目前に不安な気持ちやうれしい気持ちを抱えている家族を、入園祝いの温かいメッセージで励ましてくださいね。

先に紹介した入園祝いのメッセージを書く時のポイントも忘れずに取り入れましょう!

こちらもおすすめ☆