今すぐできる「発想力を鍛える」4個の方法って?クリエイティブな人になれるヒント

仕事の内容によっては「発想力」がこれからの方向性を決めるカギとなることもあるでしょう。利益や自身の仕事を生み出すために発想力を鍛えましょう。ひらめきの引き出しを大きく、深くする方法をピックアップしました。ひらめきが少ないと思う人は必見です。

公開日:
今すぐできる「発想力を鍛える」4個の方法って?クリエイティブな人になれるヒント
たがめかめの

たがめかめの

ライター

アラフィフwebライターです。3児の母と派遣社員とトロンボーン…たくさんのわらじを履いています。スタイリッシュな生活にあこがれていますが、実際は程遠い毎日。情報を収集しながら日々勉強の毎日です。

発想力を鍛える工夫をしよう!

企画案を生み出す、対人関係を円滑にするために駆け引き以外の切り札が欲しい、ピンチを切り抜けるためにはどうしたらいい?など自分の身の回りで考えるべきことがあることでしょう。ふとしたひらめきが大きな一歩になることもあるのです。

この記事では「発想力を鍛える」ことに着目して、「発想力を鍛える」ことができる人の特徴や、発想力を鍛えるためのポイントを紹介します。社会人に必須なスキルともいえるので、誰もが必見の記事です!

発想力を鍛えることとは?

発想力を鍛えることとは?

「発想力を鍛える」とは言われますが、具体的にはどういったことなのでしょうか。どんな人が発想力を鍛えることを求められるのかも含めて紹介します。

社会人には必要不可欠なスキルともいわれており、発想力がなければ「仕事の適正なし」とみられることもあるほどです。

もちろんすべての社会人に求められるものではありませんが、生活の中で何らかの事案を解決するために必要になることがあります。発想力を鍛えることの大切さも併せてみていきましょう。

 

 

発想力とは?

発想力とは、アイデアを生み出す力と言い換えることができます。ひらめきがある人、プレゼンのきっかけが作れる人ともいえるでしょう。ひらめきやアイデアというと、クリエイティブな人の範疇というイメージがあります。

しかし、クリエイターだけではなく社会人には必要不可欠なことです。仕事をしている人はもちろん、人付き合いや家庭内でも求められることがあります。発想力を鍛えることで、自分のキャパシティーが大きく広がることも予想されます。

 

想像力とは違います

おなかが苦しそうな人がいたと仮定します。「おなかが苦しそう、おいしいものを食べすぎたのかな」と思うのは想像力、「おなかが苦しそうだから、医務室に案内しようかな」と思うのは発想力です。

洞察力と、それに伴う自分の行動力の引き出しが求められる事柄だととらえましょう。発想力を鍛えると、「おなかが苦しそうな人がいる」という事実に対して、周囲の人間はどうしてあげるべきかスピード感をもって対処できるようになるでしょう。

 

どうして社会人には必要なの?

なぜ社会人にとって「発想力を鍛えること」が大切なのでしょうか。ひらめきや提案力がある人は自分で考えることはもちろん、相手に考えるきっかけを与えることができます。仕事の効率化などアイデアもたくさん出せるでしょう。

また発想力を鍛えることで相手へわかりやすく伝えられるようになります。相手が納得できる伝え方ができるのは、まさしく「発想力を鍛える」ができている人ならではのスキルといえるでしょう。これは、家庭生活や対人関係でも必要な事柄ですよね。

 

「発想力を鍛える」ができている人の特徴

「発想力を鍛える」ができている人の特徴

発想力を鍛えることで、身の回りの事柄がスムーズに動くことも増えていきます。まずは、身近にいる「発想力を鍛える」ことができている人の特徴を見ていきましょう。
社会人のモデルケースがいると、発想力が豊かな人がどんな人かわかることもあります。

また、「発想力を鍛える」ことはどんな状態かもイメージしやすくなるはずです。自分の普段の振る舞いに重ね合わせてみると、発想力を鍛えるためのトレーニングについてアプローチ方法が見えてくるかもしれません。

 

応用力があり機転が利く人

発想力を鍛えることができている人は、機転が利く人が多い特徴があります。社会人の場合「Aに対しBが対応する」というセオリー通りの対応ばかりではありません。

「Aに対しDで対応させる」「本当はCを使ってはダメだが、このケースでならAに対応できるだろう」といった判断や考え方ができる人が当てはまります。

これまで培ってきた経験や技術を、トラブル解決などのアイデアとして投入できる人は「発想力が鍛える」ができている人といえるでしょう。

 

わかりやすく説明してくれる人

説明は一つなのに、理解度は人それぞれです。発想力を鍛えることができている社会人は、対話を通じて「どこまで理解できたか」を把握し、わかりやすく説明する方法が身についています。

人それぞれに対応した説明を行い、万人に納得してもらえると頼りがいがある人として評価されるでしょう。

単純に対話ができる人ではなく、ユーモアを織り込んで話ができる人だと、さらに評価が高まります。読解力や語彙力があることも評価の対象となるでしょう。

 

「目の付けドコロが違う」と言われる人

仕事などで企画案を練っているときなど、さまざまなアイデアが数珠つなぎで出てくる人は、発想力を鍛えることができています。しかし単純に目についたもの、思いついたものだけを口にするのは発想力とは言いません。

逆転の発想ができる人、人とは違う考え方を持っていると言われる人は発想力を鍛えることができているといえるでしょう。

社会人なら「突拍子もない発言も理論立てて説明できる」までセットにできなければいけません。発言の責任が取れないなら、単なる「言いたい放題な人」です。

 

発想力を鍛えるためにできる4つのこと

発想力を鍛えるためにできる4つのこと

発想力を鍛えるためにどのような練習をすべきでしょうか。自分のイメージする力や考える力を鍛えることにもつながります。

社会人としてもう少しだけ企画力が欲しい、対話力を鍛えることを優先させたいという人は、ぜひこれからまとめる「発想力を鍛えるためにできる4つのこと」を実践しましょう。

発想力を鍛えることは決して難しいものではなく、自分が考えることを意識するだけで「逆転の発想」や「応用力」が身に付きます。ただし、今日明日に身につくことではありません。時間をかけてトレーニングしましょう。

 

 

情報に敏感になろう

本やメディア、口コミによる体験談など、私たちの身の回りにはたくさんの情報が氾濫しています。どんなことでも構わないので、発想力を鍛えるために情報には常に敏感になりましょう。

どんなに些細な内容でも、耳にした情報が仕事上で大きな利益を生む可能性があります。

気になったキーワード、人名、場所などはノートに書き留めておきましょう。深く掘り下げたいキーワードが見つかれば、ネット検索や書籍などで情報を育てていくと有益です。

 

人脈と対話を大事にしよう

発想力を鍛えるためには、発想力がある人と対話をすることが大切です。その人から仕事に対する考え方などを聞くことで、社会人としての発想力を鍛える方法が引き出せることでしょう。

また、ビジネスパートナーなどの人脈を大切にすることも、発想力を鍛えるには必要な方法です。仕事仲間からヒントを得たり、何気ない会話から解決の糸口が見つかることもあるので、異業種交流会などで人脈づくりなども社会人としてはおすすめですよ。

 

発想の転換をイメージしよう

「貧相なイメージしかできない」と自分の発想力のなさに落ち込むことはNGです。イメージできないのではなく、イメージしないから発想力が乏しいのです。時折自分の想像の中で「もしもの世界」をイメージし発想力を鍛えるようにてしましょう。

「もしも、仕事仲間のAとBが入れ替わったら仕事にどう影響するか」など何かしら命題を決めて、目の前にあるリアルな世界とは違うストーリーを展開させるだけです。

「Aじゃなければこの仕事はできない」という固定観念を払拭するきっかけになりますし、Aがいなくても成り立つ方法の模索にもつながるでしょう。

 

インスピレーションを大切にしよう

「自分の直感を信じましょう」という言葉は、「よく考えて行動する」ことを徹底的に教育された社会人にとって禁句です。発想力を鍛えるためには、「なぜあの時そう考えた?」という直感に対する掘り下げをおすすめします。

直感を掘り下げることで、自分の感情や思考に触れることができます。それを足掛かりに自分の目の前にある難題に対する「発想の転換」が生まれることもあるのです。また、他人を納得させられる語彙力も鍛えることができますよ。

 

発想力を鍛える工夫まとめ

発想力を鍛えることで、自分の視野や考え方の幅が広がります。また、伝える力も鍛えることができるので、仕事などのプレゼンの場で相手が納得できる情報が伝えられるようになるでしょう。

発想力を鍛えるための簡単な方法は存在しますが、社会人でも一朝一夕で身につくものではありません。

時間をかけて思考の掘り下げやキーワードの追求を行い、自分の考え方に対する引き出しの枠を大きく広げていくことをおすすめします。それだけでも発想力を鍛えることができますよ。

こちらもおすすめ☆