淡い苦みと辛みのバランスがたまらない!生きてるキムチケールのアレンジレシピ

化学調味料を使わず、食材を発酵のチカラで美味しくした商品をお届け。今回は、「生きてるキムチ ケール」をご紹介します!

公開日:
淡い苦みと辛みのバランスがたまらない!生きてるキムチケールのアレンジレシピ
次世代漬け物「10% I am」

次世代漬け物「10% I am」

専門家ライター

「発酵菌と仲良く暮らす」をテーマに、化学調味料を使わず、食材を発酵のチカラで美味しくした商品をお届けしています。ご飯やパンやお酒に合うシリーズやドレッシング等食卓の様々なシーンを彩る商品を揃えています。

生きてるキムチ ケール

栄養たっぷりのケールを育てるところからはじめて、苦くて食べにくいという難点を払拭しました。

淡い苦みと辛みのバランスがたまらない、身体が喜ぶ“生きてるキムチ”です。


 

 

アレンジレシピ

ケールキムチ納豆


 

【 材 料 】(3⼈分)

本品全量、納⾖2パック

 

【作り⽅】

1) ボールに納⾖2パックを⼊れ納⾖のタレや醤油を和える。

2) 本品を全て加え良く和え、器に取り分ける。

 

ケールキムチのベーコン巻き


 

【材 料 】

本品全量、ベーコン6枚、油(オリーブオイル等)、胡椒

 

【作り⽅】

1) ⼀⼝分の本品をベーコンで巻き楊枝を通す(お好みでチーズを巻いてもOK)

2) フライパンに油を敷き温め、ベーコン巻をフライパンに並べ蓋をする

3) ⽚⾯に軽く焼き⾊が付いたら裏返し再び蓋をして⽕を通す

4) 全体に⽕が通ったら器に並べ胡椒を振る

 

作り手のこだわり

ケールのちから

ビタミンやミネラルが豊富で、栄養バランスに優れたケールを自社農園にて無農薬で育てました。

葉酸(貧血対策)、カルシウムとビタミンK(骨の健康維持)、カリウム(むくみ対策)、ビタミンA・C・E(抗酸化作用)など。

書ききれないほどの栄養が詰まったケールですが、「苦い、国産の流通がわずか」ということが難点でした。

そこで、自社農園で栽培し研究を重ねたところキムチに向くおいしいケールを作ることができました!私たちが畑に種を撒くことからはじめた自信作です!

 

“生きてるキムチ”のこだわり

発酵のちからを活用し、化学調味料に頼らない商品づくりにこだわっています。また、殺菌せずにせっかく育った乳酸菌を、生きているそのままで皆様に届けることにもこだわっています。

実は量産されているキムチの多くは、味を調えたり、賞味期限を延ばしたりするため、キムチ風の化学調味料で味付けされているということをご存じですか?

本来、キムチには沢山の乳酸菌が含まれており、おなかの調子を整え、私たちの免疫力を高めてくれる頼もしい存在です。本物のキムチを生活に取り入れ、美味しく楽しく心も体もヘルシーにそんな願いから“生きているキムチ”は誕生しました。

菌が生きているため、瓶の中でも発酵が進みます。すぐに召し上がっていただければ浅漬けとして、保存が長くなると熟成して酸味が増し、キムチの魅力が際立ってお料理使いにぴったりの味に変化していきます。

 

漬けダレ・ヤンニョム

キムチの味は漬ダレのヤンニョムにかかっているといっても過言ではありません。だから、じっくり時間をかけて丁寧に、豊かな味わいのヤンニョムをつくり上げました。

もちろん合成着色料、合成保存料、化学調味料は不使用。鰯を1年間塩漬けにし、1日かけて濾し、1日かけて炊いたこだわりの魚醤と昆布の出汁から旨味をとります。

そこに、唐辛子を加えると乳酸菌の発酵が進み、りんご、玉葱、生姜などで甘さと香りを引き出せば、10% I amこだわりのヤンニョムの完成です。

 

原材料

ケール(国産)、漬け原材料(食塩、本みりん(もち米(タイ産、国産)、米こうじ(タイ産米、国産米)、醸造アルコール、糖類)、濃縮りんご果汁、唐辛子粉、すりにんにく、イワシエキス、砂糖、アキアミ塩辛、玉ねぎペースト、すり生姜、刻みネギ、もち粉、寒天、煮干魚類(カタクチイワシ)、昆布、(一部にりんご・えびを含む)

 

賞味期限

生きてるキムチ ケール:発送日より 15日

生きてるキムチ ケールはこちら

 

こちらもおすすめ☆