【わたしのエコライフ】フードコーディネーター流エコライフ

「エコライフ」、みなさんは普段どんなことを心掛けているのでしょうか。きっと一人ひとり考え方や取り組みはそれぞれだと思います。そこでささやかなではありますが、日頃私が実践しているエコライフについてご紹介します。

公開日:
【わたしのエコライフ】フードコーディネーター流エコライフ
BRUNO

BRUNO

専門家ライター

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド。たとえば、ビーチサイドを仕事場に、いつもの食卓をパーティに変え、ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。"変幻自在"で"愉しさ重視"のライフスタイルがBRUNO流。BRUNOは、人生を愉しむための遊び心に満ちた ライフスタイルをお届けします。

こんにちは!フードコーディネータでBRUNOアンバサダーの末森陽子です。

「エコライフ」、みなさんは普段どんなことを心掛けているのでしょうか。きっと一人ひとり考え方や取り組みはそれぞれだと思います。

そこでささやかなではありますが、日頃私が実践しているエコライフについてご紹介します。

|賞味期限の早いものから買う!

とは言え、それほど細く難しいものでは決してありません!

私自身が普段「もったいないな」と感じていることを「もったいなくない」という域に意識をしながらもっていく…ということを心掛けています。

例えば、スーパーに買い物へ行った際には、積極的に賞味期限が早いものや見切り品を購入するようにしています。

牛乳やパン、果物など毎日消費するものであればなんの問題もありません。賞味期限内に家族で食べきればいいのですから。

幸い、わが家は全員食いしん坊揃いなので「早めに食べてね」と一言伝えておけばあっという間になくなります(笑)。

きちんと期限内に消費でき、お値段が少し安く買えた日にはもルンルン♪

 

|野菜は皮ごと、魚からは出汁を!

そして野菜などは出来るだけ皮ごと調理する、魚や海老などは身を食べた後、出汁をとったりスープにしたり…と食材のロスとごみの軽減を意識しています。

と言っても、基本的には自分や家族が食べたいものを作る、そんな感じです。


 

 

|食品ロスをなるべく減らす!

卵の賞味期限が近づいていたのでBRUNOマルチグリルポットでなめらかプリンを。


 

オレンジの食べごろが過ぎたのでシロップ煮にしパウンドケーキに。


 

週末には冷蔵庫にある野菜をふんだんに使い、コンパクトホットプレートで具沢山スープ。


 

お買い得品で買ったプチトマトをセミドライトマトにして保存食に。

ちょっとした食品ロスを一人一人心がけていくことで、未来が少しずつ変わっていってくれたらとても素敵ですよね。

無理をせず、自分の出来ることから。これからも私なりのエコライフを続けていきたいと思います。

 

こちらもおすすめ☆