大人になったからこそ始めたい趣味「手芸」初心者さんも気軽に挑戦できるものって?

手芸は家でひとりマイペースに作業できるので、毎日忙しい大人も趣味として気軽に始められます。しかし、「手先の器用さに自信がない」方も多いでしょう。この記事では編み物・刺繍などの手芸から、初心者にもおすすめできる種類をたくさんご紹介しています。

公開日:
大人になったからこそ始めたい趣味「手芸」初心者さんも気軽に挑戦できるものって?
hirocchi

hirocchi

ライター

新しもの好きなアラサー女子です。都会〜田舎間の快適な二拠点生活を目指し、仕事・ライフスタイルの両方を大切にできる方法を探しています。

大人におすすめの手芸趣味特集

仕事や子育てなどあらゆるフィールドで頑張る大人でも、「日々が充実するような趣味が欲しい!」と感じることは多々ありますよね。そんな方におすすめの趣味ジャンルが「手芸」。

手芸とは編み物・刺繍など布や糸、針などを使って作品を作るハンドメイドの一種です。100均やデパートなど身近な場所でも材料が手に入りやすく、家の中で好きな時にできるので大人女性でも気軽に始められます。

今回は初心者でも気軽に始められる、趣味としておすすめの手芸の種類のご紹介です。

趣味で始めるのにおすすめの手芸《編み物》

趣味で始めるのにおすすめの手芸《編み物》

大人の手芸趣味として「編み物」を最初にイメージする方も多いのではないでしょうか。編み物を趣味にすることの大きな特徴は、作れるグッズが実用的なこと。手芸を趣味にしていると作品が完成するごとに収納やスペースをとってしまうことも多々あり、時には大きな悩みになってしまいます。

しかし、編み物では手袋やセーターなど普段使いできる消耗品をお気に入りのデザインで作れるのです。ここでは、大人の手芸におすすめの編み物の作品・種類などをご紹介します!

 

 

基礎の基礎から「マフラー編み」

編み物作品のイメージの定番のマフラーですが、まさに趣味で始める時の最初の作品にぴったりです。マフラーが初心者にもおすすめの理由は「編み方の繰り返し練習になること」です。

大人になって初めて手芸を始めた場合、メリヤス編みなどの基本の編み方以前に編み針をどう持つか・必要な材料や毛糸の選び方などがいまいちイメージできないかもしれません。

その点マフラーは同じ編み方を何回も繰り返すので良い練習になるのです。完成したら自分で使える楽しみもできますね。

 

可愛くて愛着も沸く「子供服の手作り」

編み物手芸をするなら、子供服の手作りを趣味にするのもおすすめです。帽子やマフラー・手袋やポンチョなど赤ちゃんや子供の服は小さくて愛らしく、見ているだけで笑顔になりますよね。

手芸としての子供服づくりのおすすめポイントは、大人用よりサイズが小さいので比較的短い時間で完成することです。

自分のお子さんの冬のお出かけに大活躍し、さらに手作りすることで愛着も湧いていっそう大切な作品になります。親族や友達へのプレゼントも作れるようになる、やりがいのあるハンドメイドです。

 

取り組みやすさが一番「かぎ針編み」

手芸初心者の大人が趣味で始めるのにも、かぎ針編みはおすすめです。かぎ針編みとは編み物の中でも、先端にカギ爪というひっかけられる部分がある編み棒を使ってするもの。かぎ針1本で作品を作れるため、「編み棒2本使って作る編み物は難しそう…」という方も気軽に取り組めます。

また、かぎ針編みで作るものはコースターやぬいぐるみなどの小物が多く、材料費もかかりづらいコスパ◎の趣味です。オンリーワンのインテリアが欲しい大人も、ぜひ新しい趣味としてチャレンジしてみましょう!

 

一風変わったざっくり編み「Tシャツヤーン」

ちょっと変わった手芸に挑戦したい大人におすすめの手芸趣味に、Tシャツヤーンがあります。Tシャツヤーンとは、着なくなったTシャツを細長く切って太い毛糸状のものを作り、それで編む手芸のことです。

冬の印象がある編み物とは一味違いすっきりしたデザインなので、夏でもインテリアなどに活躍する作品を作れます。初心者におすすめのポイントは、かぎ針や指を使って気軽に編めることと、ヤーン自体が太いこと。仕事などで目の疲れが気になる大人にもおすすめの手芸趣味です。

 

かぎ針編みの基礎を活かす「レース編み」

初心者でも繊細で美しい作品を作れる手芸が、レース編みです。普通の毛糸より細くツヤのある糸を使って透け感のある仕上がりのレース編みは、いっけん難しそうに見えますよね。しかし実は編み方がかぎ針編みと同じ要領で簡単なので、とても初心者向けなんです。

趣味として初めて挑戦するならまずはコースターなどの小さな作品から。また、WEB上でも編み図(編み物の設計図)が公開されているので、おうち時間で「いつもと変わったことがしたいな」という時に始めてみてくださいね!

 

趣味で始めるのにおすすめの手芸《刺繍》

趣味で始めるのにおすすめの手芸《刺繍》

こちらも手芸の趣味として定番である「刺繍」。カラフルな糸を使い、布に針でひとつひとつ縫い付けることでイラストや模様を表現します。刺繍を趣味にすることのおすすめポイントも、おうち時間で気軽にでき実用性があること。

さらに刺繍がもつ大きな特徴は、今持っている洋服や布インテリアをお気に入りの作品へリメイクもできることです。お裁縫も得意になれる刺繍の、趣味としての魅力的な方法をご紹介します!

 

 

気軽に続けられる「クロスステッチ」

手芸初心者にもおすすめの刺繍が、クロスステッチです。刺繍糸を×字に交差させて模様を作るクロスステッチ。一番のおすすめポイントに、布にマス目のように規則的に穴が開いているので針や糸を通す場所が分かりやすいことがあります。

刺繍の絵柄は図面を見て作成しますが、見慣れていないうちは難しく趣味を続けることに自信をなくしてしまいがちですよね。市販のキットやクロスステッチ用の手芸用品を活用することで、「自分でも手芸ができる!」という自信を持つことができますよ。

 

お気に入りに変身「リメイク」

刺繍が手芸として本領発揮する場面のひとつが、布製品のリメイクです。ハンカチやバッグなど、「質はよいけど、デザインがシンプル過ぎてお気に入りにならない…」という布製品がタンスに眠っていませんか?

そういったものに刺繍しておしゃれな絵柄や模様を付けることで、世界に1つだけのファッション・インテリアアイテムになるでしょう。また、自分で時間や手間をかけて刺繍することで愛着も湧きます。自分のスキルや趣味に費やした時間だけでなくモノも大切にできる、サステナブルな手芸趣味です。

 

長持ちさせる技術「ダ―ニング」

刺繍を趣味として楽しむのにおすすめなのがTシャツ・Yシャツなどの洋服に模様を作ってダ―ニングをすること。見た目がシンプルすぎる洋服のほか、気になる箇所にシミや穴を作ってしまい着なくなってしまった服はありませんか?

ダ―ニングとは刺繍糸や毛糸などで穴・シミの箇所をふさぎ、素敵なデザインの洋服に復活させる手芸の方法です。新しく作るだけが手芸ではありません。趣味で楽しくダ―ニングに取り組んで、おうち時間をより有意義に過ごすのもおすすめです。

 

あらゆる場面で使える「ワッペン」

手芸をもっと日常で活躍させたい!という女性におすすめの趣味がワッペンづくりです。洋服のリメイクや子供の布バッグなどの名前付けに大活躍のワッペン。ワッペンの主な材料であるフェルトをミシンなどで縫うほか、模様などを刺繡するとよりクオリティの高い作品になります。

また、ワッペンは手のひらサイズなので完成が早く、忙しい大人の休日の手芸趣味におすすめです。使い道は市販のワッペンのように布に縫い付けるほか、キーホルダーやブローチなどの作品にするとおしゃれになります。

 

華やかさナンバーワン「ビーズ刺繍」

よりおしゃれデザインの刺繡を追求したいならビーズ刺繍もおすすめの趣味です。布へさまざまな種類のビーズを縫い付けることで模様やイラストを表現するビーズ刺繡は、デザインによってはナチュラルテイストや北欧風、和風などあらゆるテイストを表現できます。

縫い付けるだけで凸凹ができるビーズは繊細なのに見た目のインパクト大。ポーチやブローチのほか、イヤリングやネックレスなど幅広い手芸作品に生かせる趣味ですよ。

 

趣味で始めるのにおすすめの手芸《キット》

趣味で始めるのにおすすめの手芸《キット》

手芸の趣味を始めたい!と思っても、よく聞かれるのが「材料や道具は何をどう揃えたらいいのかわからない」という悩み。手芸屋さんで好みの材料をしっかり吟味するのがベストですが、右も左も分からない初心者にはハードルが高く感じられます。

そこでおすすめなのが、手芸キットを買って始めることです。必要な材料・道具がセットになった手芸キットは、入手出来たらすぐ始められるのでとてもおすすめできます。ここでは、特にキットを使うのがおすすめの手芸のご紹介です。

 

 

日常使いも◎「レザークラフト」

ハードルの高さをキットが助けてくれる手芸のひとつがレザークラフトです。革製品は大人女性にもぴったりのシックさで日常使いもしやすいですが、その一方で趣味としてチャレンジすると「革はどのように扱うの?」「革専用の道具はどれが必要なの?」と混乱してしまいますよね。

その点レザークラフトのキットでは、革が型紙通りにカットされていたり縫う場所に穴があけられていたりしているので、扱いやすさがグッと上がるのが特徴です。思った以上に気軽に楽しめますよ!

 

基礎をしっかり学べる「フェルト手芸」

実は意外と侮れないのがフェルト手芸のキットです。手芸のキットといえば、動物や食べ物などのマスコットを作るものが連想される方も多いかもしれません。

しかし、「型紙の扱い方」や「手縫いの方法」、「綿の入れ方」など趣味で活躍する手芸のテクニックを基礎の基礎から学ぶには、とてもぴったりのキットなんです。

また、とても入手しやすいのもフェルト手芸キットの特徴。手芸店のほか100円ショップなどでも気軽に買いやすいので、「趣味といえど手芸をじっくり学びたい」方はぜひ。

 

手作りで愛着がわく「刺繍バッグ」

作品の実用性を高めたいなら、バッグやポーチなどを作れる刺繍のキットがおすすめです。日常使いできるアイテムが自分の手作りだと、使うたびにとても明るい気分になります。ここで特におすすめしたいのが、刺繍をする必要があるキット。

刺繡が趣味の方には絵柄やデザイン・色合いを自分で考えて作る方も多いです。しかし、初心者の方にはなかなか簡単ではないはず。最初はキットのお手本を再現することで基礎から学び、徐々にオリジナリティが深まる趣味にしていきましょう!

 

子供から大人まで「パッチワーク」

幅広い年代の方におすすめの手芸キットがパッチワークです。布と布を縫い合わせてマットやクッションカバーなどを作るパッチワークは、どなたでも1度は見たことがありますよね。

なんとなく和で古風なイメージがあるかもしれませんが、最近はハワイアンキルトや洋風モチーフなどおしゃれなものが増えている手芸です。

最初はコースターなどの小物から基礎を覚え、何枚も同じ大きさのものを作って組み合わせることで大きな作品もできるので、コツコツ作業したい方にもおすすめできます。

 

知恵を活かす伝統手芸「こぎん刺し」

一風変わった刺繡に「こぎん刺し」があります。もともとは青森県津軽地方に伝わる、布地を厚くして保温機能や強度を高めるのに役立つ、暮らしの知恵として成り立った手芸です。

麻などの目がはっきりした布地の穴を埋めるように太目の糸で刺繍するので、見た目にも温かな雰囲気があるこぎん刺し。

その反面、描かれる模様は直線や四角などまっすぐで比較的簡単なので挑戦しやすい手芸趣味といえます。手芸屋さんで材料が買えるほか、ポーチなど小物に加工できるキットもおすすめです。

 

大人におすすめの手芸趣味特集まとめ

今回は大人でも日々が充実するような、始めやすい手芸についてご紹介しました。手芸は布と糸、針などを使って作品作りをすること。室内でできる点や好きな時にコツコツ進められることからも人気の趣味です。

忙しい大人にも特におすすめできる手芸のポイントとして「短時間でもコツコツ進められる」「日常生活で使えるグッズを作れること」を重視すると、趣味として長く続けられます。

今回ご紹介した手芸の種類を参考に、ご自分が素敵だと思えるものを選んでくださいね!

こちらもおすすめ☆