6月生まれってどんな人?気になる性格や特徴を男性、女性ごとにご紹介します

新しく出会った人が6月生まれなら、生まれ月によってわかる性格や傾向を役立ててみませんか?今回は6月生まれの人の性格と特徴についてご紹介します。親しい人が6月生まれの方も「あるある」と楽しめるはずなので、ぜひ読んでくださいね。

公開日:
6月生まれってどんな人?気になる性格や特徴を男性、女性ごとにご紹介します
tomomy08

tomomy08

ライター

夫と猫一匹と暮らす結婚8年目の主婦ライターです。 毎日をゆったりと過ごしたいので、生活が楽になる便利雑貨や、時短の家事術を導入中。役立つ情報をわかりやすくお届けしていきます♪

6月生まれの性格や特徴を男女別にご紹介

新しく入った職場の同僚や上司が6月生まれだったり、気になっている人が6月生まれだったりするとどんな人か知りたいですよね。

実は生まれた月によって性格や特徴の傾向があるので、それを知れば参考になるはずなのです。ですから、今回はそんな6月生まれの人の性格や特徴を男性・女性別にご紹介します。

ご家族や友人や恋人など、よく知っている人が6月生まれの方も「あるある」と思えるはずなので、楽しみながら読んでくださいね。

6月生まれの性格や特徴《男性》

6月生まれの性格や特徴《男性》

最初に6月生まれの男性の性格や特徴について見ていきましょう。端的にいうと「情熱にあふれる犬系男子」です。負けず嫌いで一生懸命、考えるよりも行動派で、好奇心旺盛になんでもチャレンジします。

楽しいことが好きで、ちょっぴり抜けているところもありますが、人に愛されますし努力するので出世するタイプです。恋愛においても猪突猛進型で情熱的ですが、結婚となると自由がなくなるイメージがあって踏み切れないこともあるようです。くわしく確認していきましょう。

 

 

6月生まれ男性の性格①競争心が強い

6月生まれの男性は、燃えるような競争心を持っており負けず嫌いです。遊びでも仕事でも勝つための努力は惜しまない頑張り屋で、出世するタイプといえるでしょう。また6月生まれの男性の情熱が人を動かすことも多々あることでしょう。

ただ他人にミスを指摘されたり、自分にあわないアドバイスをされたりすると投げ出したくなってしまうこともあります。6月生まれの男性と上手くやっていきたいのなら、成果や成長をはっきりと褒め、「こうしたほうがいいと思うんだけど…」と提案型で話すのがおすすめですよ。

 

6月生まれ男性の性格②アクティブな性格

悩んだり、迷ったりすることは少なく、とにかく行動派なのも6月生まれ男性の性格の1つです。目標や、やりたいことがあればそれに向かってひたすら行動あるのみで、突き進んでいきます。

「やってみる」ハードルがとても低く何にでも挑戦するので、「そんなことやったことがあるの!?」と驚くような経験をしていることもあるでしょう。「失敗したらどうしよう…」と暗くなることなく、常にポジティブなので、周りの雰囲気を明るくしてくれているはずですよ。

 

6月生まれ男性の性格③寂しがり屋

人とのコミュニケーションが得意で、話したり誰かと一緒に盛り上がったりすることが大好きな6月生まれの男性は、寂しがり屋な部分があります。

LINEやメールなど連絡がマメで、SNSの更新頻度が高めです。休日もスケジュールをつめて楽しく過ごすことが大好き。日常生活も人間関係も、常に充実させていたいタイプということですね。楽しく活動的な日々もよいですが、長い目で見るとしっかりと休むということも大切にしたほうがいいかもしれませんね。

 

6月生まれ男性の性格④おっちょこちょい

6月生まれの男性はおっちょこちょいな部分もあります。常に行動することを考えており、確認不足のまま進んでしまうこともしばしばです。やりたいことがたくさんあって、いつも時間に追われているからなのかもしれませんね。

そのおっちょこちょいさで周りに迷惑をかけてしまっていることもありますが、6月生まれの男性の社交的で明るく憎めない雰囲気で許されていることも多いでしょう。少し立ち止まって、確認する癖をつけるのがおすすめです。

 

6月生まれ男性の特徴①恋は猪突猛進

6月生まれ男性の恋愛は好きになったら、押して押して押しまくる猪突猛進型です。「高嶺の花かな」「フラれたらどうしよう」なんて考えたりしないのです。恋愛のお相手へのアピールを欠かさず、回りくどい恋愛の駆け引きはしません。

一途なタイプですし、情熱的なので6月生まれの男性とお付き合いすると愛される幸せを感じられるはずでしょう。そんな寂しがり屋でアクティブな6月生まれの男性を「しょうがないな~」「可愛いな」と受け入れる包容力がある、3月生まれの人との相性が良いです。

 

6月生まれ男性の特徴②縛られるのは苦手

6月生まれの男性は自分の自由に行動するのが好きなので、縛られるのは苦手なことが多いです。そのため結婚に踏み切れないなんてこともあるかもしれません。相手を一途に愛しているのですが、自分の生活に口を出されたり、干渉されるのは嫌なのですね。

6月生まれの男性と上手く結婚生活を送るには、ある程度の自由を確保してあげることが大切です。そして自分自身も結婚とは別に輝ける場所を持つことで、6月生まれの男性もお相手を改めて好きになるでしょう。

 

6月生まれ男性の特徴③数字がわかる仕事向き

負けず嫌いで競争心から大きな成果をあげられる6月生まれの男性は、数字の見える仕事に向いています。例えば営業成績や数値目標など、営業職や経営者として数字そのものとの戦いや他の同僚たちとの競争で、その才能を発揮できるのです。

また社交的で頭の回転も早いのでそういった意味でもこの2つの職業は向いているといえるでしょう。ただ計画を立てたり、細かな確認をしたりするのは苦手なので、そういった面をフォローしてくれる人材が必要になるかもしれませんね。

 

6月生まれの性格や特徴《女性》

6月生まれの性格や特徴《女性》

次に6月生まれの女性の性格や特徴をまとめます。6月生まれの女性はさっぱりとしていて人づきあいが上手です。コミュニケーション能力に優れており、人への気配りも忘れずにできて周りの人は一目置いていることでしょう。

恋愛に関してはお付き合いする機会が多く、モテるタイプで失恋を引きずりません。結婚後も家庭に縛られるのではなく、対等に家庭の一員として頑張って行こうと思っていますし、相手にもそれを求めます。それではもっと具体的に確認していきましょう。

 

 

6月生まれ女性の性格①サバサバしている

最近では「自サバ女」なんて言葉が流行っていますが、6月生まれの女性は本当の意味でサバサバしているといえます。裏表がなく、思ったことをはっきりと口にするのが特徴で、細かいことは気にしません。

好き嫌いも明確なので怖い人と思われることもありますが、その根に持たないさっぱりとした性格で仲良くなった人からは絶大な信頼を得ているはずです。少し言葉や雰囲気をやわらかくすれば、初対面から仲良くなるまでがスムーズですよ。

 

6月生まれ女性の性格②社交的な性格

6月生まれ女性は社交的な性格です。人と話すことが好きで、また好奇心旺盛、楽しいことへのアンテナを常に張っていて話題も豊富なので会話を盛り上げるのが上手です。周りから慕われているので、相談や悩みを聞く機会も多いことでしょう。

ただそのコミュニケーション上手なところを「本心がわかりにくい」と思われたり、6月生まれ女性自身も自分から相談したりしにくいと感じているかもしれません。たまには愚痴を言う、あるいは弱みをみせるようにしてくださいね。

 

6月生まれ女性の性格③気遣いができる

6月生まれの女性は、人に気遣いができるやさしい性格をしています。全体を見渡し、困っている人がいればさりげなく手を差し伸べられるのです。さっぱりとしていて後から見返りを求めない6月生まれの女性からの気遣いは、素直に受け入れられる人が多いはずです。

ただ、6月生まれの女性自身はあれこれ気になったり、人疲れしたりしてしまうこともあるでしょう。人と過ごすのが大好きな6月生まれさんですが、1人で過ごす時間も積極的に取るようにしてくださいね。

 

6月生まれ女性の性格④気まぐれな面も

好奇心旺盛で興味のあることが次々とできるので、気まぐれだと思われていることもあるでしょう。また気分じゃない、あるいは嫌いなものに対してはっきりとしているので、それが態度に出てしまっている場合もあります。

そんな気まぐれさが異性には魅力にうつるのですが、振り回されてイライラしている人もいるかもしれません。新しいことを始めるときには、これまでやっていたことのけじめをつけるようにすると、印象も変わりますよ。

 

6月生まれ女性の特徴①惚れっぽい傾向

恋愛においては6月生まれの女性は惚れっぽく、恋愛体質なのが特徴です。6月生まれの女性自身も、会話が上手で頭の回転が速くモテるので、お付き合いする機会も多いことでしょう。

また基本的にポジティブなので、失恋してもいい思い出にかえて次に進むことができるタイプです。相性がいいのは、意志が強く、ともすればフワフワしてしまう6月生まれの女性を、しっかりとつなぎとめておける、10月生まれの人。長く関係を築いていけるはずですよ。

 

6月生まれ女性の特徴②対等な関係を築きたい

6月生まれ女性は、結婚生活ではパートナーと対等な関係を築いていきたいタイプ。守られる・守るよりも2人で力をあわせて困難に立ち向かいたいのです。自分もしっかりと仕事をし、家事も分担して充実した家庭生活になるよう努力します。

ですから、「俺についてこい」タイプや逆に女性に甘えたいタイプの男性とは、ぶつかってしまうこともあるでしょう。どちらかが我を通してしまうと、関係性が悪くなっていってしまうので、お互い譲歩しあう必要があるといえます。

 

6月生まれ女性の特徴③チームでやる仕事向き

6月生まれの女性は人とのコミュニケーションが得意で、気配りもできるのでチームでやる仕事に向いています。大局やチームメンバーを客観的に見て、しっかりとケアするサブリーダーポジションで活躍できるでしょう。

またその会話術や頭の回転の速さを活かして、コンサルタントでも才能を発揮できる可能性もあります。ただそのため仕事にのめり込みすぎてしまう傾向も。プライベートに仕事を持ち込まないように心がけてみてはいかがでしょうか。

 

6月生まれの性格や特徴まとめ

今回は生まれ月で知る、6月生まれの性格や特徴の傾向について確認していきました。当てはまる部分はもちろん、意外な部分もあったかもしれませんね。

これから親しくなろうとしている人が6月生まれなら、ぜひ参考にしてくださいね。またご自分が6月生まれの方は、自分の性格や長所、短所がわかってコントロールしやすくなったはずです。

人とのコミュニケーションで成長していく6月生まれさんですから、いろいろな人と出会っていって、人生の経験を豊富にしていきましょう。

こちらもおすすめ☆