電気ポットはクエン酸で洗浄できる!お手軽な掃除方法を解説

電気ポットの内側は、使っているうちに意外と汚れています。掃除するのが面倒な場所ですが、実はクエン酸で内側の汚れを洗い流すことができます。今回は、電気ポットの内側をクエン酸を使ってお手軽に洗浄する方法をご紹介します。

公開日:
電気ポットはクエン酸で洗浄できる!お手軽な掃除方法を解説
kajitaku lifestyle columns

kajitaku lifestyle columns

専門家ライター

お掃除や料理の代行や片付け、衣類クリーニングなど、皆さまの生活に関わるサポートを「家事のプロ」たちで行っています。仕事の現場で培ったアイデアや情報など、プロのノウハウを皆さま向けに利用しやすくアレンジ、もしくはわかりやすくご紹介します。

電気ポットはクエン酸で洗浄できる!お手軽な掃除方法を解説

電気ポットの内側は、使っているうちに意外と汚れています。掃除するのが面倒な場所ですが、実はクエン酸で内側の汚れを洗い流すことができます。

今回は、電気ポットの内側をクエン酸を使ってお手軽に洗浄する方法をご紹介します。

 

 

電気ポットの汚れの原因

毎日使っている電気ポットですが、実は結構汚れているということはご存知でしょうか。

中に入っているのは水(お湯)だけなのに汚れることなんてあるのかと思う人もいるかもしれませんが、目立ちにくいものの汚れはどんどん蓄積しています。

コーヒーや紅茶などの味がついているものにお湯を使う場合、汚れている電気ポットのお湯を使ってもあまり味の変化に気づくことはないかもしれませんが、そのまま飲んだりする場合には異変に気づくという人も出てくるでしょう。

もちろん、電気ポットの内部も汚れていますが、電気ポットの外側も汚れやすいです。電気ポットは比較的使用頻度が高い家電になりますので、しっかりとキレイにしておきたいものです。

 

内側の汚れの原因

電気ポットの中をよく見てみると、白い斑点や茶色い汚れがかすかに見えるのではないでしょうか。

これは水道水やミネラルウォーターに含まれるカルシウムなどのミネラル成分や不純物が電気ポットの熱によって、電気ポットの内部にこびりついてできる汚れです。いわゆる水垢とほぼ同じものになると考えて良いでしょう。

電気ポットの汚れはよほどのことがない限り人体に悪影響を与えるようなものにはなりませんが、お湯にニオイがついてしまうなどの影響はありますので、定期的に汚れを落とした方が気持ちよく使えます。

 

外側の汚れの原因

電気ポットの内側は使用前後に軽くすすぐことはあっても、外側まで毎回拭いていることは少ないかもしれません。しかし、電気ポットの外側には手垢やホコリ、置く場所によっては油汚れなどたくさんの汚れが付着しています。

ベタベタとした油汚れは時間の経過とともに落としにくくなってしまうため、汚れが気にならない段階で掃除しておくことで簡単かつ短時間でキレイにできます。

電気ポットの内側の掃除と合わせて、外側も定期的に掃除すると良いでしょう。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

 

電気ポットのお掃除に必要なもの

クエン酸

レモンなどの柑橘系や梅干しなどの酸味としても知られているクエン酸ですが、お掃除に非常に有効な成分であることも知られています。

クエン酸は水に溶けると酸性の性質を持ちますので、水垢などのアルカリ性の汚れを中和させ落としやすくしてくれます。

また、消臭や除菌の効果も期待できます。クエン酸のメリットとしては、食べ物に含まれている成分であるため、口にしても問題がないということを1番にあげることができます。

 

アルカリ電解水

アルカリ電解水とは、アルカリの性質を持った水からできた洗浄液のことです。水100%なので、洗剤によく含まれている界面活性剤などは入っていないのが特徴です。

アルカリ電解水は、油汚れや手垢、皮脂汚れなど酸性の汚れに効果を発揮します。界面活性剤入りの中性洗剤を使って掃除をした場合、万が一成分が残ったままの状態だと体に害を与える可能性があります。

その点、アルカリ電解水ならば拭き残しがあっても悪影響を与えることがないため、安心して使用することができます。

 

キッチンペーパー

電気ポットの汚れを拭きとる際に、キッチンペーパーを使用します。汚れたら捨ててしまえるので、布巾などでの掃除と比較すると後片付けがとても楽です。

 

クエン酸を使って電気ポットの内側汚れを掃除する方法

電気ポットはクエン酸で洗浄できる!お手軽な掃除方法を解説2

電気ポットのお手入れは専用の洗浄剤がなくても、クエン酸で掃除ができます。クエン酸は水回りの掃除でたくさん活躍してくれるので、持っていると便利な掃除道具の一つです。

 

電気ポットでクエン酸を沸騰させる

水を満タンまで入れた電気ポットにクエン酸を入れて、沸騰させます。電気ポットの大きさにもよりますが、クエン酸の量は大さじ1~2杯程度を目安に入れます。

 

沸騰したら1~2時間ほどつけ置きする

クエン酸の入ったお湯が沸騰したら、そのまま1~2時間程度放置しましょう。放置したら電気ポットを軽く振ってからお湯を捨てます。その後、水だけを入れて再び沸騰させ、お湯を捨てます。

 

水ですすいで細かい汚れをブラシで擦る

電気ポットからお湯を捨てたら、水ですすいで内側の汚れ掃除は完了です。電気ポットのふちなどに汚れが残っていた場合は、スポンジやブラシで擦り洗いをします。

この時、強く擦って内部のコーティングを剥がさないように優しく洗いましょう。

★あわせてこちらをご覧ください

カルキ汚れが目立ってしまう電気ポット。清潔なポットを維持するお掃除方法

 

アルカリ電解水を使って電気ポットの外側汚れを掃除する方法

電気ポットはクエン酸で洗浄できる!お手軽な掃除方法を解説3

せっかく電気ポットの内部をキレイにするのであれば、外側もキレイにして気持ちよく使用しましょう。電気ポットの外側は、アルカリ電解水を使って簡単に短時間で掃除ができます。

 

キッチンペーパーにアルカリ電解水をスプレーして汚れを拭き取る

キッチンペーパーにアルカリ電解水をスプレーして、電気ポットの外側を拭いてきます。電気ポットには直接スプレーしないようにしてください。

アルカリ電解水は、界面活性剤などが入っていない水100%なので二度拭きの必要がありません。

 

細かい汚れをブラシで擦る

キッチンペーパーでは拭き取れない細かい溝の汚れは歯ブラシなどを使ってかき出します。ブラシには、アルカリ電解水をスプレーしておきます。

先が柔らかめのブラシを使って、電気ポットの表面に傷がつかないように軽く擦りましょう。

 

洗浄で使ったクエン酸水で、ついでに排水口掃除!

電気ポットはクエン酸で洗浄できる!お手軽な掃除方法を解説4

電気ポットで沸騰させたクエン酸水を活用して、排水口を掃除しましょう。クエン酸水の他に用意するものは重曹だけです。クエン酸と重曹が反応して発生させる泡に汚れを浮かす効果が期待できます。

  1. 排水口の部品を外します。
  2. 排水口に直接大さじ1~2杯程度の重曹を撒きます。
  3. 15~30分放置したら、クエン酸の入ったお湯を流します。
  4. 泡が発生したら、5~30分程度放置し、よくすすいだら完了です。

重曹とクエン酸水が混ざると発生するガスや泡は、人体に害を与えるものではないので安心して掃除してください。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

 

電気ポットの掃除はクエン酸以外でも掃除できる?

重曹はクエン酸の代用に使える?

重曹はアルカリ性のため、手垢や油汚れなど酸性の汚れに効果を発揮します。しかし、水垢のように同じアルカリ性の汚れ落としには大きな効果は期待できません。

電気ポットの掃除では、重曹はアルカリ電解水の代わりとして外側の掃除に使用しましょう。

重曹を水に溶かして作った重曹水を布巾などに含ませて磨き、水拭きと乾拭きで仕上げるとピカピカになります。重曹水で拭いただけでは白く跡が残ってしまうので、注意してください。

 

酢はクエン酸の代用に使える?

クエン酸の洗浄力には劣りますが、代わりに酢でも電気ポットの内側を掃除することができます。クエン酸の代わりに酢を入れて同様の作業を行うだけで完了です。

酢の匂いが電気ポットに残りやすいので、すすぎは十分に行うことがポイントです。

 

電気ポットの掃除頻度は1〜3ヶ月に一回程度

電気ポットのお手入れ頻度は、内部に関しては少なくとも3ヶ月に1回程度はクエン酸でお手入れを行ったほうが良いでしょう。ただし、電気ポットの汚れというのは日々使用するごとに少しずつ蓄積していくものです。

また、大量についてしまうとなかなか1度の洗浄では完璧に落とすことが難しい頑固なものになってしまうことも少なくありません。

したがって、汚れが付く前に1ヶ月に1回程度定期的にお手入れしておくと汚れがついていても簡単に落とせますので、お手入れの手間がかなり省くことが可能です。

手入れの間は電気ポットが使えなくなりますので、夜間に行うと負担が少なくなります。

電気ポットのお手入れはクエン酸などを入れて沸騰させる程度で、特に難しいことや面倒なことはありません。

定期的にお手入れをすることで電気ポットの内部を清潔に保ち、綺麗なお湯を使ってコーヒーやカップラーメンを味わえるようにしましょう。

こちらもおすすめ☆