知っていると役にたつ、おそうじの基礎!洗剤の種類と特徴

この汚れに最適なものは?いっぱいありすぎて、選ぶのに困ってしまう洗剤。だから賢く使うために、ちょっとした知識が大切。

公開日:
知っていると役にたつ、おそうじの基礎!洗剤の種類と特徴
ダスキン おそうじ大辞典

ダスキン おそうじ大辞典

専門家ライター

ハウスクリーニング、家事代行サービス、そうじ用具のレンタルなど、 様々な事業を展開しているダスキンが、衛生的で快適な暮らしのヒントを提供。 ご家庭でできるおそうじのお役立ち情報を紹介しています。

洗剤の種類と特徴

この汚れに最適なものは?いっぱいありすぎて、選ぶのに困ってしまう洗剤。だから賢く使うために、ちょっとした知識が大切。

 

洗剤の種類と特徴を覚えておこう

洗剤の種類と特徴を覚えておこう

洗剤の種類には、普段よく使う合成洗剤のほかに、洗浄剤、漂白剤、研磨剤などがあります。

ダスキンのおそうじノウハウがいっぱい!おそうじ大辞典はこちら

 

 

合成洗剤

主成分は界面活性剤で、汚れの種類に合わせて、液性が酸性・弱酸性・中性・弱アルカリ性・アルカリ性の5段階に分かれています。

それぞれに適した汚れには、酸やアルカリが強いほど汚れは落ちやすくなるけれど、反面、手肌や材質には強い影響を与えます。

合成洗剤を選ぶときは、ラベルに書いてある液性や用途、使用上の注意などの確認を忘れずに。

 

●界面活性剤とは…

合成洗剤や石けんなど、一般の洗剤の主成分になっているのが界面活性剤。

油と水を結びつけやすくする働きによって、汚れを材質から離して落とします。

汚れが再びつきにくくする作用もあります。

 

洗浄剤

主に酸やアルカリの化学作用で汚れを落とします。

キッチンや浴室、トイレなどのしつこい汚れに使用。カビ取り剤、発泡タイプのパイプ用洗剤も、この洗浄剤のひとつです。

一般に合成洗剤よりも強力なため、塗装面をはがしたり、変色させたりする場合もあるので、要注意。説明書きをよく読んでから使いましょう。

 

漂白剤

シミや汚れの色素を化学反応によって分解し、白さを回復させるもの。酸素を与えて白くする酸化型と、酸素を奪って白くする還元型の2種類があります。

 

●酸素系(酸化型)

塩素系より効き目がおだやか。脱脂力が強く、頑固な油汚れにも効果があります。

おそうじが難しい排水管の汚れ落としにも。

 

●塩素系(酸化型)

漂白力が強いので、カビ汚れに最適。特に、タイルの目地のカビ汚れなどに効果があります。

 

●還元型

鉄サビ汚れを取る場合に最適です。塩素系漂白剤や鉄分で黄色に変色したものを、元の色に戻す働きもあります。

 

 

研磨剤

クレンザーは、界面活性剤に研磨剤を加えたもの。

こびりついた汚れをこすり落とします。粉末タイプとクリームタイプがあり、クリームタイプの方が粒子が細かく傷つきにくい。まずクリームクレンザーから試してみて。

ダスキンのおそうじノウハウがいっぱい!おそうじ大辞典はこちら

 

こちらもおすすめ☆