知っていると役にたつ、おそうじの基礎!おそうじ基本5手順

動きにムダがあれば、よけいに時間がかかるだけ。テキパキはかどって、仕上がりにも差がでる。とっておきのおそうじ手順をお教えします。

公開日:
知っていると役にたつ、おそうじの基礎!おそうじ基本5手順
ダスキン おそうじ大辞典

ダスキン おそうじ大辞典

専門家ライター

ハウスクリーニング、家事代行サービス、そうじ用具のレンタルなど、 様々な事業を展開しているダスキンが、衛生的で快適な暮らしのヒントを提供。 ご家庭でできるおそうじのお役立ち情報を紹介しています。

おそうじ基本5手順

動きにムダがあれば、よけいに時間がかかるだけ。テキパキはかどって、仕上がりにも差がでる。とっておきのおそうじ手順をお教えします。

 

1. おそうじの基本は「上から下へ」

1. おそうじの基本は「上から下へ」

ホコリは上から下へ落ちてきます。だから、おそうじも高いところからスタートして、低いところで終わること。

もし、床にモップをかけた後で、家具などのホコリやゴミをはらえば、それが下に落ちて、またまた床そうじをするハメに…。こんなムダをなくすためにも、「上から下へ」の手順を覚えておきましょう。

ダスキンのおそうじノウハウがいっぱい!おそうじ大辞典はこちら

 

 

2. 「奥から手前へ」で効率よく

2. 「奥から手前へ」で効率よく

おそうじの二度手間を省くために、もうひとつ大事な手順は、「奥から手前へ」。おそうじした所を踏まないためにも、出口から遠い奥からおそうじをして出口付近で終わります。

特にワックスがけなどを行うときは、このルールを必ず守って。うっかり手前から先にしてしまうと、ワックスが乾くまで歩けなくなってしまいます。

 

3. 洗剤は「まずスポンジにつけてから」

3. 洗剤は「まずスポンジにつけてから」

汚れは早く落としたいもの。でも、洗剤を汚れに直接かけないで。その前に、スポンジやぞうきんに含ませて、大丈夫かどうか、ちょっと様子を見ながら拭いてみましょう。

洗剤によっては、材質を傷めるものもあるからです。洗剤の使用は、まずスポンジやぞうきんにつけ、試してから行うことが大切です。

 

4. 洗剤も拭き取りも「下から上へ」

4. 洗剤も拭き取りも「下から上へ」

材質を傷めず、使っても大丈夫。それが確認できれば、汚れた部分に洗剤をつけます。このとき、洗剤は「下から上へ」塗り、拭き取りも同じように「下から上へ」。

上から下へ行うと、液ダレが取れなくなることがあるので、くれぐれも逆にやらないように注意して。

 

5. 作業は「軽い汚れからひどい汚れへ」

5. 作業は「軽い汚れからひどい汚れへ」

材質への影響を的確に判断することは、おそうじのプロじゃない限り、難しい。そこでまず、マイルドな洗剤で軽い汚れを落とす。

それでも落ちないひどい汚れは、もう少し強い洗剤を使ってみる。こういうステップで、材質に影響がないかをチェックしながら、作業を進めると、大きな失敗が防げます。

ダスキンのおそうじノウハウがいっぱい!おそうじ大辞典はこちら

 

こちらもおすすめ☆