産休前のメッセージはどう贈るのが正解?妊婦さんがもらって嬉しい言葉と注意点

産休に入る方にどのようなメッセージを送るべきか悩んでいませんか?産休前に送るメッセージは、仕事を頑張ってきた労いの言葉や、体を気遣うメッセージを送るのが一般的です。不安を与えないよう、ポジティブな言葉がけを意識しましょう。

公開日:
産休前のメッセージはどう贈るのが正解?妊婦さんがもらって嬉しい言葉と注意点
Emi

Emi

ライター

プチプラが大好きな2児のママです。おうち時間が楽しくなるようなインテリアグッズを集めるのが大好きです!日々の暮らしに役立つ情報を、皆さまにお届けしたいと思っています。

産休に入る方へのメッセージをご紹介

産休に入る方には、仕事を頑張ってきた労いの言葉や、体を気遣うメッセージを送るのが一般的です。しかしいざメッセージを書くとなると、どのような言葉を添えるべきか悩んでしまいますよね。

産休に入る方は、出産だけでなく仕事に関しても不安を抱えている場合が多いので、安心感を与える言葉がけを意識しましょう。

この記事では産休に入る方へのメッセージの書き方や注意点、例文を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

産休に入る方へのメッセージ《書き方・注意点》

産休に入る方へのメッセージ《書き方・注意点》

産休に入る方へ送るメッセージは、相手との関係性によって多少言葉は異なりますが、基本的に伝えるべきことは同じです。

妊娠はおめでたいことなので、まずは祝福し体を気遣ってください。ただし良かれと思った言葉が妊婦さんにとっては不快であったり、プレッシャーに感じてしまったりする可能性があるので注意しましょう。ここでは産休に入る方へ送るメッセージの書き方や注意点を紹介しているので、参考にしてくださいね。

 

 

産休前に送るメッセージの書き方

メッセージを書く際はまず祝福し、産休に入るまで仕事を続けられたことに労いの言葉をかけましょう。仕事に関してお世話になったことがあれば、感謝の気持ちも伝えるとよいです。仕事を抜けることに罪悪感を抱かないよう、思いやりのある言葉がけも大切。

お腹の中の赤ちゃんに対しては、産まれてくることを楽しみに待っていることや、安産を祈るメッセージを送ってください。自分のことのように我が子の誕生を喜んでもらえることは、とても嬉しいことですよ。

 

産休前に送るメッセージの注意点

産休に入る方へ送るメッセージには、ネガティブな言葉を使ってはいけません。「あなたが産休に入ると仕事が増えて忙しくなる」という印象を与える言葉は禁句です。

しかし「あなたが産休に入っても仕事には何の影響もない」と受け取られる文面では、自分は必要のない人間なのではないかと不安になってしまいます。余計な心配を与えないよう戻ってくるのを楽しみに待っていることや、職場に居場所があることを伝えてあげましょう。

 

産休に入る方へのメッセージ例文《職場》

産休に入る方へのメッセージ例文《職場》

職場の方には、仕事を頑張る姿を間近でみてきたからこそ分かる気遣いのある言葉を送ると喜んでもらえますよ。仕事を休むことに対して罪悪感がある場合もあるので、安心して出産に挑んでもらえるような言葉も添えましょう。

ここでは職場の方が産休に入る場合のメッセージ例文を紹介しています。上司や同僚、部下と相手との関係性によって使う例文を分けているので、ぜひ参考にしてください。

 

職場の上司へ送る産休メッセージの例文

例文:ご懐妊おめでとうございます。いつも仕事では助けていただき感謝しています。◯◯さんが産休に入られている間はチームの皆で助け合って頑張りますので、ゆっくり身体を休めてください。また戻って来られる日を楽しみに待っています。

職場の上司は仕事に関して心配している場合が多いので、少しでも安心してもらえるような言葉を送るのがおすすめ。赤ちゃんのことを第一に、出産までゆったりとした気持ちで過ごしてもらい、仕事を忘れて育児も楽しんでもらいましょう。

 

職場の同僚・部下に送る産休メッセージの例文

例文:妊娠おめでとうございます!いつも頼りになる◯◯さんと一緒に仕事ができて、とても心強かったです。産休に入るのは寂しいけれど、また一緒に仕事できる日を楽しみにしています。落ち着いたら出産や育児の話を聞かせてくださいね。

寄せ書きで短文のメッセージを送る際も、仕事での感謝の気持ちや会えなくなることへの寂しさを一言添えると、嬉しい気持ちになってもらえますよ。例文のように、産後に会うのが楽しみになるようなメッセージを送るのもおすすめです。

 

産休に入る方へのメッセージ例文《友達》

産休に入る方へのメッセージ例文《友達》

産休に入る友達には、近い存在だからこそ伝えられるメッセージを送りましょう。職場だけの関係性とは違いプライベートでも関わりが深いため、無難な言葉ではなく心を込めて気持ちを伝えてください。

ただし親しき中にも礼儀ありなので、相手がポジティブになれる言葉を意識するとよいですよ。ここでは産休に入る友達へ送るメッセージの例文を、親しい友達・2人目妊娠中の友達別に紹介します。

 

親しい友達へ送る産休メッセージの例文

例文:大きなお腹を抱えてのお仕事、お疲れさまでした。◯◯ちゃんが妊娠したと聞いた時はとても嬉しかったよ。出産にそなえてゆっくり休んでね。何かあればいつでも連絡ちょうだい!赤ちゃんが産まれたら改めてお祝いさせてね。

親しい友達へのメッセージは、赤ちゃんの誕生を心待ちにしているしている思いをストレートに伝えるのがおすすめ。また産休や育休中は孤独を感じる方も多いので、例文のようにいつでも話し相手がいるという安心感を与えてあげるのもよいでしょう。

 

2人目妊娠中の友達へ送る産休メッセージの例文

例文:妊娠おめでとう!子育てしながら仕事もこなす◯◯ちゃんはすごくかっこよくて尊敬してるよ。ゆっくりはできないかもしれないけれど、無理せず困ったことがあればいつでも連絡してね。赤ちゃんに会える日を楽しみにしています。

2人目以降を妊娠中の方には、育児と仕事をこなしてきたことに労いの言葉をかけてあげましょう。また育児があるため産休に入ったからといってゆっくり休む暇はないかもしれません。何かあればいつでも助けにいくという心強い言葉を送りましょう。

 

産休に入る方へのメッセージまとめ

産休に入る方には安心して出産に挑んでもらえるよう、不安や緊張を与える言葉掛けは禁物です。初めての出産の場合はとくに不安が強いため、難しく考えすぎずポジティブな言葉を添えて安心させてあげましょう。

職場関係や友達だけでなく、子供の学校の先生など産休前の方にメッセージを送る機会は多々あります。

上記であげた例文を参考に、産休に入る方が嬉しくなるような言葉をメッセージに込めてくださいね。

こちらもおすすめ☆