下味冷凍を活用!牛肉の中華炒め

Ziploc®フリーザーバッグを使って肉や魚に下味をつけて冷凍する「下味冷凍」。忙しい日も簡単に調理可能なんです。今回は下味冷凍を活用した「牛肉の中華炒め」をご紹介します。ぜひご覧ください。

公開日:
下味冷凍を活用!牛肉の中華炒め
Ziploc®「下味冷凍」

Ziploc®「下味冷凍」

専門家ライター

「下味冷凍」とは、Ziploc®フリーザーバッグで肉や魚などの食材に下味をつけて、冷凍保存する方法。簡単に味も染み込み、肉のおいしさをキープしたまま保存することができます。使いたい日の朝に冷蔵室に移しておけば、夕方には解凍されているので、煮たり焼いたりするだけでメインおかずが簡単に作れるので時短にも。まとめ買いした食品の保存にもおすすめ!

下味冷凍を活用!牛肉の中華炒め

時間:10分

カロリー:268kcal/1人分

難易度:★☆☆☆☆


 

 

材料(2人分)

下味冷凍した「牛肉中華にんにく味」※・・150g

パプリカ(赤)・・1/4個

玉ねぎ・・1/3個

にら・・1/2束

かたくり粉・・小さじ2

ごま油・・小さじ1

塩、こしょう・・各少々

水・・60ml

<<「牛肉中華にんにく味」の作り方はこちら>>

 

作り方

下準備

下味冷凍した「牛肉中華にんにく味」は冷蔵室におき、解凍しておく。

 

作り方①

パプリカは6~7mm幅のせん切り、玉ねぎは薄切り、にらは4~5cm長さに切る。

 

作り方②

「牛肉中華にんにく味」にかたくり粉を加え、まんべんなく行きわたるよう、バッグの上からよくもみ込む。

 

作り方③

フライパンに「クックパー®フライパン用ホイル」を敷き、(2)を入れて中火で炒める。おおむね火が通ったら、火からおろし、「フライパン用ホイル」ごと牛肉を取り出す(火傷にご注意ください)。

 

作り方④

あいたフライパンにごま油を熱し、(1)を順に炒め、塩、こしょうで軽く調味する。(3)を加えて炒め合わせ、水を加える。全体にとろみがついたら火を止め、器に盛りつける。

 

ワンポイント

・下味冷凍しておけば、朝冷蔵室へ入れて解凍、夜はパパッと1品が完成!

・野菜は家にあるものでOK、家族の好みに合わせて作れます。

<<くわしくはこちら「下味冷凍のすすめ」>>

 

こちらもおすすめ☆