《スポーツの習い事》費用相場っていくら?子供に人気の習い事を運動別にご紹介

習い事の費用相場をご存じですか?今回は子供に人気の習い事の費用相場をご紹介します。習い事は月謝の他に道具などの準備物もあり、予想外の出費があります。習い事を始める前に月謝やその他の出費を知り、安心して子供に習い事を習わせましょう。

公開日:
《スポーツの習い事》費用相場っていくら?子供に人気の習い事を運動別にご紹介
fumika1

fumika1

ライター

オシャレと節約が大好きな男の子を育てる専業主婦です。子供ができるまではアパレル店員をしていました。今までの経験を活かし、普段の生活に役立つ情報を分かりやすくお伝えできればと思います。

スポーツの習い事の費用相場をご紹介!

「子供に習い事をさせたいけど、どんな習い事がいいのか分からない。」「習い事の費用の相場ってどれくらい?」という疑問をお持ちの方が多いでしょう。

そこで今回は、人気があるスポーツの習い事の費用相場を細かくご紹介します。スポーツの習い事は、月謝の他にも道具やユニフォームなど意外と出費がかさみます。

公立幼稚園に通う園児は平均で年間92,983円、公立小学校に通う小学生は平均で年間217,826円を習い事の費用にあてています。この年間の出費相場を参考にどんな習い事をいくつさせるのか考えてみましょう。

スポーツの習い事の費用相場《球技》

スポーツの習い事の費用相場《球技》

まず紹介するスポーツの習い事の費用相場は球技系です。球技系はサッカーや野球など、男の子に人気のスポーツが多いですよね。特に球技系は大人になっても楽しめるスポーツが多く、習い事としても人気がありますよ。

またサッカーや野球は人気のあるスポーツなので、地域で活動をしている「スポーツ少年団」があり、出費を抑えつつ子供に習い事をさせることができます。しかし、球技系のスポーツは道具が必要な場合も多く、習い事を始める前にある程度の出費が必要です。ここでは球技系スポーツの月謝や道具などの費用相場を詳しく紹介します。

 

 

球技の習い事①サッカー

サッカーは男の子に人気がある代表的な球技系のスポーツです。子供に人気の高いサッカーは、地域を基盤としてスポーツの活動の場を提供している「スポーツ少年団」が多くあります。このスポーツ少年団と本格的なサッカーの指導を行っているクラブチームでは費用相場も異なりますよ。

スポーツ少年団は費用相場が安く、会費が2,000円から3,000円ほどになっており、年間約25,000円ほどで通えます。クラブチームの費用相場は5,000円から7,000円ほどになっています。サッカーはこのような月謝の他に、ユニフォームやサッカーシューズなどの購入が必要です。

 

球技の習い事②野球

野球も男の子に人気があるスポーツです。野球も人気の高いスポーツなので、サッカーと同じくスポーツ少年団が各地域に多くあります。費用相場はスポーツ少年団の場合、2,000円から3,000円ほどになっています。本格的な指導をしているクラブチームは、費用相場が5,000円から7,000円ほどかかります。

野球を習い事として始める際は、ユニフォームやグローブ、バッド、スパイクシューズなどを購入する必要があります。将来のことを考えて、強いクラブチームに入会すると合宿や試合のための遠征費などがかさみ、月謝の費用相場以上にお金がかかりますよ。

 

球技の習い事③ゴルフ

ゴルフは男の子、女の子共に楽しめるスポーツで人気がある習い事です。ゴルフは3歳半頃から教室に通うことが可能なスポーツ。ゴルフの個人レッスンの場合、教える講師によって費用にばらつきがありますが、30分で4,000円から8,000円ほどの費用相場になります。グループレッスンは月謝の相場が8,000円から12,000円ほど。

ゴルフの習い事を始めるにはゴルフクラブやゴルフウェア、グローブ、ゴルフシューズなどがあり、全て揃えると道具だけで2万円から5万円の出費になり、月謝が8,000円でも年間96,000円となり出費が多い習い事の一つと言えます。

 

球技の習い事④バスケットボール

バスケは球技の習い事として世界的に人気があるスポーツです。小学生が習うバスケは「ミニバス」と呼ばれ、男の子、女の子問わず人気のある習い事です。ミニバスのスポーツ少年団の月謝は1,000円から3,000円が費用相場となっています。

また、ミニバスのクラブチームの月謝は5,000円から10,000円ほどが相場ですよ。ミニバスを習い事として始めるには、バスケットシューズ、バスケットボール、バスケットウェアなどが出費として考えられます。

 

球技の習い事⑤テニス

テニスは習い事として、4歳頃から始められる人気のスポーツです。走る、跳ぶ、打つという動作があるテニスは、総合的な運動能力を鍛えることができ、男の子、女の子共に楽しめるスポーツになっています。

テニスの月謝の相場は、5,000円から6,000円。テニスを習い事として始めるには、ラケットやシューズ、テニスウェアなどが必要になります。ラケットは身長によって使うサイズが変わるため、子供の成長と共に再度ラケットを購入しなければならない場合もありますよ。

 

スポーツの習い事の費用相場《格闘技》

スポーツの習い事の費用相場《格闘技》

続いては格闘技系スポーツの習い事の費用相場を紹介します。格闘技系は体を鍛えるだけでなく、忍耐力を養ったり礼儀や上下関係を学んだり心身ともに鍛えられると、子供だけでなくご両親も習わせたいと思っている家庭も多いでしょう。

格闘技の習い事の経験がないご両親の場合、必要な道具や昇格試験などのイメージができず、習い事を始めてから予想外の出費がかさむといった可能性もあります。格闘技系スポーツを習い事として始める前に費用相場を知り、安心して習い事に通わせられるように準備しましょう。

 

格闘技の習い事①空手

礼儀正しくなり精神面も鍛えられるというイメージの強い空手は、ご両親が勧めて習わせたいと思うスポーツの一つです。空手の月謝の相場は3,000円から5,000円ほどとなっています。空手を習い事として始めるには道着の購入が必要。道着の費用相場は10,000円ほどです。

空手道場で空手を教えている教室より、学校や公民館などを利用している教室の方が比較的月謝の相場が安くなっています。空手は月謝の他にも、昇格試験や試合の参加費などが出費として考えられますよ。

 

格闘技の習い事②剣道

重い防具を付けて行う剣道は、精神力と忍耐力ともに鍛えられるスポーツです。剣道は強くてかっこいいイメージがあるため男の子に人気があり、中学校の体育の授業でも取り入れられているスポーツです。そんな剣道の月謝の費用相場は、6,000円から10,000円ほどとなっています。

剣道は月謝の他にも、竹刀や道着、防具など習い事を始める際の準備物が多く、全て揃えると5万円ほどの出費が予想されます。剣道教室によっては、防具を貸し出している場合もあるため、事前に何を用意するのか確認をしておきましょう。

 

格闘技の習い事③柔道

柔道は日本がオリンピックでメダルを取る数が多いスポーツで、日本人が活躍するスポーツの一つです。柔道は「受け身」の練習が多く、いざというときに自分の身を守ることを習得できるスポーツですよ。柔道の月謝の相場は1,000円から5,000円ほどとなっています。

柔道を習い事として始めるには、月謝の他に道着と帯が必要になってきますよ。道着は10,000円ほどで帯は1,000円ほどの費用相場となっています。帯は段によって色が変わるため、何度も購入する必要があります。また、段の昇格試験の登録は20,000円ほどの出費が必要です。

 

格闘技の習い事④レスリング

レスリングは体重別で試合が行われるため、体格の小さい人でも勝てるスポーツです。またルールとしてパンチやキックが反則になっているスポーツなので、他の格闘技系のスポーツに比べると比較的怪我が少なく、子供に安心して習わすことのできるスポーツです。

そんなレスリングの月謝の費用相場は、5,000円から10,000円ほどになっています。月謝の他には、ユニフォームやレスリングシューズなどが必要になりますが、他のスポーツと比べても準備物が少なく、比較的安い費用で習わすことのできるスポーツです。

 

スポーツの習い事の費用相場《ダンス》

スポーツの習い事の費用相場《ダンス》

続いてはダンス系スポーツの習い事の費用相場をご紹介します。ダンス系と聞くと女の子の習い事というイメージが強いですが、最近はダンスが学校の授業に取り入れらたこともあり、男の子にも人気の高い習い事になりつつあります。

そんな近年の子供たちに人気のあるダンス系の習い事は、どれくらいの費用相場で通わせることができるのでしょうか?習い事によっては、近くに習い事の教室がない場合もあるでしょう。しっかりと費用相場を知った上で、子供がやりたい習い事の教室が家から通える範囲にあるのかをリサーチしてみましょう。

 

 

ダンスの習い事①バレエ

バレエは女の子に人気がある習い事です。バレエは柔軟性や表現力が養われ、子供から大人まで習える習い事です。子供にバレエを習わせる場合、月謝の相場が6,000円から15,000円ほどとなっています。

バレエを習い事として始めるには、バレエシューズやレオタード、タイツなどが必要です。また発表会もあり衣装代などの出費もあります。発表会に関しては自由参加の場合が多いですが、「子供の成長が見たい!」と思うご両親が多く、ほとんどの子供が発表会に参加するでしょう。

 

ダンスの習い事②フィギアスケート

フィギアスケートは女の子に人気が高いイメージの習い事ですが、近年、男性フィギアスケート選手の活躍が目覚ましく、男の子にも人気のあるスポーツです。そんな子供たちに人気があるフィギアスケートの月謝の費用相場は、5,000円から10,000円ほどとなっています。

個人レッスンの場合は、30分3,000円から10,000円の相場となっており、グループ指導に比べて費用が高くなりますよ。フィギアスケートの習い事を始めるには、スケート靴やフィギアスケートの衣装、スケートリングのレンタル代などが必要になり、年間で100万円以上かかる場合もあります。

 

ダンスの習い事③新体操

新体操は柔軟性やバランス感覚が養われ、子供に基礎的な運動神経を身につけさせたいと思っているご両親に人気の高い習い事です。女の子に人気のスポーツですが、新体操の教室は数が少なく、住んでいる場所によっては習い事として習わすことが難しい場合もあります。

新体操の月謝の費用相場は5,000円から10,000円ほど。新体操を習い事として始める場合は、月謝の他に保険料やユニフォーム、リボンやロープ、フープなどの出費が予想されます。

 

ダンスの習い事④ヒップホップダンス

ヒップホップダンスは学校の授業でも取り入れられており、子供たちに人気の習い事です。ヒップホップダンスを習うことで、リズム感や表現力を養えるという効果が期待できますよ。

そんなヒップホップダンスの月謝の費用相場は、6,000円から10,000円ほどとなっています。基本的に動きやすい恰好と靴でできるので、準備するモノがなく出費を抑えられる習い事といえるでしょう。ヒップホップダンスは4歳から始められる教室が多く、特に用意するモノもないため、手軽に始められる習い事の一つです。

 

ダンスの習い事⑤チアダンス

かわいいコスチュームを着てダンスをするイメージの強いチアダンスは、女の子に人気の高いスポーツです。チアダンスはプロスポーツの応援などでダンスを披露することもあり、発表の場が多いスポーツでもあります。

そんなチアダンスの月謝の費用相場は、5,000円から10,000円ほどです。月謝の他に衣装代として2万円前後が出費として考えられますよ。更にチアダンスは大会があり、その遠征費や宿泊費など、強いチアダンスのチームに所属するほど、出費は多くなるでしょう。

 

スポーツの習い事の費用相場のまとめ

スポーツの習い事の費用相場をご紹介しましたが、参考になりましたか?どのスポーツの習い事もメリットがたくさんあります。子供によって好きなことが違うので余計な出費を抑えるためにも、習い事は体験入学へ参加してから本格的に始めましょう。

小学生は平均2つの習い事をしているというアンケート結果もあるため、1つくらい子供に合った習い事をさせてあげたいと思うのが親心。

家庭のお金事情も考慮しつつ、子供たちが楽しみながら身につくスポーツの習い事を始められるとよいですね。

こちらもおすすめ☆