知っていると役にたつ、おそうじの基礎!おそうじ基本4原則

苦手なことでも、コツがわかれば楽しくなる。おそうじだって同じです。基本を知ることで、さあ上達への道を一歩前進!

公開日:
知っていると役にたつ、おそうじの基礎!おそうじ基本4原則
ダスキン おそうじ大辞典

ダスキン おそうじ大辞典

専門家ライター

ハウスクリーニング、家事代行サービス、そうじ用具のレンタルなど、 様々な事業を展開しているダスキンが、衛生的で快適な暮らしのヒントを提供。 ご家庭でできるおそうじのお役立ち情報を紹介しています。

おそうじ基本4原則

苦手なことでも、コツがわかれば楽しくなる。おそうじだって同じです。基本を知ることで、さあ上達への道を一歩前進!

1. 自分でできる範囲でおそうじ計画を立てる

1. 自分でできる範囲でおそうじ計画を立てる

一度にあれもこれもやろうと欲ばりすぎると、途中でイヤになってしまうもの。夜になってもまだ終わらない、なんて無理な計画は立てないこと。まず、おそうじを毎日する場所、週1回でいい場所、月1回念入りにする場所に分けましょう。

そして、毎日のおそうじは少しの時間でもいいから、必ず実行。自分の生活の中に習慣づけていくことが、長続きするコツです。モップがけなどは、動線を考えてから始めれば、効率もアップ。

ダスキンのおそうじノウハウがいっぱい!おそうじ大辞典はこちら

 

 

2. 汚れはため込まないで、軽いうちに落とす

2. 汚れはため込まないで、軽いうちに落とす

たとえば、ガスレンジのふきこぼれ。放っておくと、こびりついて落ちにくくなり、後始末が大変。

家の中のホコリだって油断は禁物。時間がたつと、頑固な汚れやシミになってしまうからです。汚れがついたら軽いうちに、手早くこまめに取り除く。これを心がければ、おそうじは簡単にすみます。

もうひとつ大事なことは、落としたい汚れの種類と状態を知ること。どんな汚れかによって、どの洗剤や道具を使えばいいのかがわかります。

 

3. おそうじ部分の材質チェックをお忘れなく

3. おそうじ部分の材質チェックをお忘れなく

床ひとつとっても、フローリング、白木、クッションフロアなど材質はいろいろ。汚れたからといって、洗剤をつけてゴシゴシ拭けばOK、というわけではありません。

もし、その材質に合わない洗剤を使ったり、間違ったやり方をすれば、せっかくの努力も台なしに。汚れが落とせないどころか、材質を傷つけたり、変色や脱色を起こすことも…。

そんな失敗をしないためにも、材質のチェックはとっても大切なポイントなのです。

 

4. 洗剤や用具の特徴を知って、上手に使いこなす

4. 洗剤や用具の特徴を知って、上手に使いこなす

ラクにキレイにするために欠かせないのが、洗剤や用具類。汚れと材質に合わせて、効果的に使うためには、特性や正しい取り扱い方を知ることが一番。

どの洗剤をどの用具で、どれくらいの時間使用すればいいのか。なんてことも、基礎知識があれば判断できます。

迷った場合は、影響の少ない洗剤・用具から始めて、汚れの落ち具合と材質への影響を見ながら、徐々に強力なものを試していきましょう。

ダスキンのおそうじノウハウがいっぱい!おそうじ大辞典はこちら

 

こちらもおすすめ☆