自分時間の作り方って?忙しくても自分だけの時間を作るちょっとしたコツをご紹介

みなさんは自分時間をうまく有効活用できていますか?今回は「自分時間の作り方」をご紹介していきます。仕事や育児に追われて、時間が自分時間が確保できないという方もいらっしゃるでしょうが、意外と簡単な方法で自分時間を確保できるものですよ。

公開日:
自分時間の作り方って?忙しくても自分だけの時間を作るちょっとしたコツをご紹介
saku

saku

ライター

1K6畳に住む都内在住のアラサーです。インテリア雑貨やメイクやファッションが好きなので、手軽に役立つ情報を発信していければと思います。3歳のチワワと暮らす愛犬家でもありますので、ペットとのより楽しい暮らしも提案します。

自分時間についてご紹介!

自分時間とは「自分の時間」ということ。みなさんはこの自分時間を有効活用できていますか?仕事や育児に追われて、自分時間が確保できないという方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、自分時間の作り方をご紹介していきます。自分時間を活用できれば、今よりも生活を楽しむことができるはずです。

自分時間とは自分と向き合うことができる、ストレスを発散させる時間でもありますから、ゆっくりする時間が持てないという方は記事を参考にしてくださいね。

自分時間とは?

自分時間とは?

そもそも自分時間とはどのような時間を指すのでしょうか?「自分の時間」と言っても、何をしてよいのか迷ってしまう方も少なくないかと思います。そこでここでは、自分時間とはどのような時間なのかご紹介していきます。

もちろん好きなことをやる時間に費やしていただくのが1番ですが、何をしていいか迷っている方は時間の作り方を見る前にこの項目からチェックしましょう。自分時間を有効活用して楽しむことができれば、より充実した人生を送れるはずですよ。

 

 

自分時間とは①自分のために使える時間

自分時間とは文字通り「自分のために使える時間」のことを指します。なので、基本的に自分のためならば何をしても大丈夫です。疲れているのなら睡眠時間として自分時間を使ってもよし、好きな映画を見て楽しむのもよし。とにかく自分の好きなことをやる時間として活用してみましょう。

「せっかく時間を作ったのだから、何か意義のあることをしなくては!」と気負わなくて大丈夫です。自分の好きなことを好きなペースでやってみてくださいね。

 

自分時間とは②リラックスするための時間

自分時間を自分の心と体を癒す、リラックスするための時間として活用するのも良いでしょう。平日は仕事で疲れているという方は、休日は長い時間お風呂につかるなど、ご自身を労る時間にするのもおすすめです。

リラックスする方法は人それぞれなので、自分にあった方法を探してみましょう。美味しいケーキを買って、紅茶を淹れて味わうだけでも、心がほぐれて癒されるはず。自分にあった癒しの時間を、自分のために作ってあげましょう。

 

自分時間とは③自分を高めるための時間

自分時間に自分を高めるための行動をするのもおすすめです。仕事のための勉強や資格取得のための勉強をするなど、自分を磨くための行動をしてみましょう。社会人になると仕事で毎日忙しいかと思いますが、意識的に時間を作れば行えるはず。

これまでやりたかったけど、中々手が出ないことなどあれば挑戦してみると良いでしょう。ここでのポイントは、明確な目標を作ることです。TOEIC○点以上とる、資格に合格するなど、自分にできそうな目標を制定して行ってみましょう。

 

自分時間の作り方《朝》

自分時間の作り方《朝》

自分時間とは「自分のための時間」のことを指し、様々なメリットをもたらします。例えば、趣味のための時間に費やして自分を癒すこともできれば、資格取得のために勉強をして自分を高めることもできるのです。

つまり、自分時間を作れていない人は、自分の時間を活かすことができていないということ。ここでは、朝の時間帯における自分時間の作り方をご紹介していきます。ライフスタイルに応じて出来そうなものから取り組んでいきましょう。

 

朝①いつもより早起きをする

こちらは自分時間を作るために1番効果的な方法です。普段より早起きをして、時間にゆとりを持つ方法です。仕事がある平日は、疲れて早起きが難しいという方もいらっしゃるでしょう。そういう方は無理をする必要はありませんが、普段より10分早起きすることを心がけてみてください。

早起きは三文の徳ということわざもあるほど、早起きすることで良いことが起きます。時間に余裕を持つだけでも、その日のパフォーマンスが上がるはずですよ。

 

朝②起床後にストレッチをする

起床後にストレッチをすると、頭も心も目覚めてすっきりします。その結果、いつもよりシャキシャキと動けて自分時間を作ることができるのです。朝に激しい運動をすると、不調のきっかけになることもあります。ですので、軽く体を伸ばすストレッチが最適。

最近ではYouTubeチャンネルでストレッチの方法を見ることができるので、こちらもおすすめです。自分時間の作り方として手軽に始められる方法ですので、ぜひトライしてみてください。

 

朝③通勤時間も無駄にしない

仕事のある平日の朝はついバタバタしてしまい、落ち着くのが電車の中という方もいらっしゃるでしょう。そういう方は、通勤時間を自分時間に変える方法を実践してみましょう。ただスマートフォンをいじって音楽を聞くだけではなく、実になる情報を入手しても良いでしょう。

好きな映画やドラマを見て、心を落ち着かせるのもおすすめです。何を行うかは自分次第ですが、通勤時間は意外と有効活用できる時間ですよ。自分時間の作り方に迷ったら、通勤時間に変化を加えることを試してみてください。

 

朝④朝食に好きな物を食べる

朝食は簡単に済ませる方や、食べないという方も多いかもしれません。時間がない朝にゆっくりご飯を食べるのは難しいですものね。しかし、あえて朝食に好きな物を食べて、朝食の時間を特別な自分時間へと変えていきましょう。

そうすることで、夜寝る前には「朝食が楽しみだから早く寝よう」と次の日をワクワクした感情で迎えられます。朝食におすすめなのがフルーツ。手軽に食べられる上、美容に欠かせない水分やビタミンを摂取することができます。朝食こそ好きな物を食べるようにしましょう。

 

自分時間の作り方《昼》

自分時間の作り方《昼》

平日の昼間は仕事で忙しなく、自分時間を作りづらいものですよね。しかし、ちょっとした工夫で自分時間を上手に確保することができます。ここでは、お昼間の自分時間の作り方をご紹介していきます。

平日と休日関係なく実践できる方法もあるので、ぜひ参考にしていただければと思います。自分時間を活用して、人生を今よりももっともっと楽しみましょう。限られた人生の中でどう過ごすのかは、自分自身の行動によって決まりますよ。

 

 

昼間①ランチタイムを大切にする

エネルギー補給をするために大切なランチタイム。こちらも自分のための時間に変えることは十分にできます。好きな物や食べたかったものを食べて、午後への活力に変えていきましょう。

夕食を重視する人は多くても、ランチは安く済ませたいという方も多いでしょう。しかし、ランチタイムこそ大切にすることで、1日を豊かな時間として過ごせますよ。休日はホテルのランチビュッフェを利用して、ちょっぴり贅沢な自分時間を過ごすのもおすすめです。

 

昼間②休日はデジタルデトックスをする

平日は難しいかと思いますので、休日に試してほしい自分時間の作り方がこちらです。「デジタルデトックス」という単語を、最近聞くようになったという方も多いでしょう。デジタルデトックスとは、スマホなどのデジタル機器から距離を置くというもの。

自分時間を作るためには、デジタルデトックスが大切なのです。出かける際にスマホがないと不便かもしれません。ですので、近所を散歩する時・くつろぐ時などはスマホを触らないようにしましょう。

 

昼間③とにかく好きなものに打ち込む

休日の昼間はとにかく好きなものに打ち込む時間を作ってみましょう。その時間は自分のための時間になり、ストレスやイライラを解消させる時間になります。「自分時間を作らなければ」と肩肘張らず、思いのままに過ごしてみてください。

打ち込むものは、なんでもOKです。好きな音楽やアイドルや映画など、心が惹かれるものに時間を費やしましょう。また興味があったけど飛び込めなかったものを調べるのもおすすめです。新たな自分に出会うきっかけになるはずですよ。

 

昼間④30分程度のお昼寝を導入する

大人でもお昼寝を導入してみましょう。しっかりと休憩時間を取るのも、自分時間の過ごし方の1つです。休日でなくとも最近はリモートワークを導入している会社も多いので、平日でも試すことができますよね。

お昼寝の時間は、15分から30分と短時間がおすすめです。脳がすっきりして、お昼寝後からは活力的に動くことができますよ。昼間から夕方にかけて疲れやすい・眠いという方は、この自分時間の作り方を試してみてください。

 

自分時間の作り方《夜》

自分時間の作り方《夜》

夜は何かとやることが多く、気づけば深夜になってしまうという方も多いでしょう。しかし、少しのコツを普段の生活に加えることで、充実した自分時間を作り出すことができるのです。ここでは、夜の時間帯における自分時間の作り方をご紹介していきます。

「いつの間にか寝る時間になってしまった」「もっと夜の時間を有効活用したい」という方は必見です。自分時間の作り方だけではなく、癒しの時間を送る方法もお伝えしていくので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

夜①食べたいものを自分で作る

夜は外食ではなく、お家で食べたいものを自分で作るようにしましょう。そうすることで、食事を食べ終えたあとの時間をスムーズに過ごすことができます。またここでのポイントは、自分のために食べたいものを作って、自分で味わうということです。

そうすることで外食よりも満足度も格段にあがり、美味しく楽しく食事の時間を楽しむことができます。食事の時間までも自分のための時間、いわゆる自分時間にかえて、充実した夜を送りましょう。

 

夜②早めに入浴を済ませておく

自分時間を作るために、夜は早めに入浴を済ませておくことをおすすめします。お風呂に入るのを先延ばしにしていると、どうしても面倒くさくなってしまいますよね。だからこそ、帰宅時すぐに入浴する・食事のあとすぐに入浴するなど、早めにお風呂に入りましょう。

そうすることで、お風呂によるリラックス効果をゆったりと味わうことができるでしょう。また入浴時もバスタイムを楽しむ工夫を忘れずに。お気に入りの入浴剤やバスソルトを入れて、癒しのバスタイムを過ごしましょう。

 

夜③晩酌やデザートタイムをとる

入浴やスキンケアを済ませた後は、晩酌タイム・デザートタイムで自分時間を楽しみましょう。食事の流れで晩酌やデザートタイムをとるのではなく、専用の時間を設けることがポイントです。

ゆっくりと優雅に楽しみな時間をとることで、豊かな自分時間を作り出すことができますよ。デザートはご自分の好きな種類や季節にあったものを選びましょう。そうることによって日々飽きずに、毎日の自分時間がもっともっと楽しみになるはずですよ。

 

夜④スマホの電源を切る

夜はスマートフォンの電源をきって、情報に縛られないようにしましょう。目的がないネットサーフィンで、時間を浪費することを防げるというメリットもあります。スマートフォンを眺める時間が多いという方は、今日からでも電源をきることを実践してみましょう。

はじめはスマートフォンを見たいという思いから、ソワソワすることがあるかもしれません。しかし慣れていくと、自分だけの時間をゆったり過ごせるはずですよ。さらにスマートフォンから距離を置くと、心が軽くなります。

 

自分時間の作り方まとめ

自分時間の作り方を朝・昼・夜と時間帯に分けてご紹介していきました。ライフスタイルに応じて、取り入れられるものから実践してみましょう。

自分時間は日々を豊かにするだけではなく、成長や癒しを与えてくれる時間です。毎日忙しく過ごしているという方は、積極的に自分時間をつくるように努めましょう。

人生が楽しくなり、自分のことも好きになれるはずですよ。充実した自分時間を過ごすと多くのメリットが生まれるので、ぜひお試しください。

こちらもおすすめ☆