考えすぎを克服する5つのヒント。切り替え上手になるための方法をご紹介

心の中でひっかかることがあると、ずっとその事柄が浮かんで仕事が手につかないなんていうことはありませんか?もし心当たりがあれば、それは「考えすぎ」かもしれません。この記事では「考えすぎな人」にスポットを当ててご紹介していきます。

公開日:
考えすぎを克服する5つのヒント。切り替え上手になるための方法をご紹介
saku

saku

ライター

1K6畳に住む都内在住のアラサーです。インテリア雑貨やメイクやファッションが好きなので、手軽に役立つ情報を発信していければと思います。3歳のチワワと暮らす愛犬家でもありますので、ペットとのより楽しい暮らしも提案します。

考えすぎな人についてご紹介!

心の中でひっかかることがあると、ずっとその事柄が浮かんで仕事が手につかないなんていうことはありませんか?もし心当たりがあれば、それは「考えすぎ」かもしれません。

考えすぎということを言い換えると、思慮深く慎重な性格ということ。ですので、よくない点ばかりではありませんが、考えすぎると心が疲れてしまいますよね。

そこでこの記事では「考えすぎな人」にスポットを当ててご紹介していきます。自分は考えすぎな性格だと思ったことがある方は、ぜひ記事をご一読いただき今後の参考にしてくださいね。

考えすぎな人のメリット

考えすぎな人のメリット

考えすぎな性格は、悪いことばかりではありません。思慮深く慎重な面を持っているとも言い換えることができ、人から意見を求められることもあるでしょう。

ここでは、考えすぎな性格を持つ人のメリットをご紹介していきます。考えすぎな性格から悩みが生じている方は、メリットをチェックして気持ちを軽くしてくださいね。ストレスを溜めるのは体に毒です。考えすぎな性格を克服するために、まずメリットを知って、自分を認めてあげましょう。

 

 

メリット①慎重に行動ができる

考えすぎな性格な人は、計画性を持って行動することができます。その慎重さのおかげで、成功を勝ち得ることだって数多くあるでしょう。無鉄砲に行動するのは、勢いがあり周囲の士気を高めることもあります。しかし、それだけ失敗することもあるのです。

それに比べて考えすぎな性格の人は、慎重に行動ができます。チームに1人は慎重派の人がいた方が、計画がスムーズに進行する場合があるのです。これは考えすぎな性格の人の最大のメリットと言えましょう。

 

メリット②安定している

考えすぎな人は、変化を好まない傾向があります。そのため、生活環境や行動が安定していますよ。周囲の人からは「落ち着いた人」「大人っぽい人」というイメージを抱かれることもあるでしょう。

落ち着いた人というのは、多くの人から好感を得やすいもの。アグレッシブに色々な行動をしている人よりも清楚な印象も与えられるので、その点をうまく活かすと良いでしょう。考えすぎな性格で悩みを抱えるよりも、自分の良い部分に向き合ってくださいね。

 

メリット③ミスが少ない

考えすぎな性格の人は、計画性があることに加えて、計画の進行中も常に慎重に物事を見ることができます。ですので、基本的にミスや失敗が少ないというメリットがあるのです。そのため周囲からの信頼も勝ち得やすく、頼られることもあるでしょう。

用心深さから悩みを抱くこともあるかもしれませんが、結果的には期待通りの成功を収めることが多いです。挑戦的な姿勢ではないことの方が多いですが、ミスが少ない人は社会人としてとても重宝されます。

 

メリット④人への気遣いができる

考えすぎは一見すると悩みの種に思われがちですが、人への気遣いができるというメリットもあります。あなたの性格が、周囲の人を救っているということもあるかもしれません。考えすぎな人は、同時に心配性でもあります。

そのため、周囲の人の心配や気遣いを無意識で行える心の優しい人なのです。人への気遣いが無意識でできる人は、そう多くはありません。考えすぎてしまう人は、周囲を注意深く観察する洞察力があるということです。長所として大事に育んでくださいね。

 

メリット⑤一途な傾向がある

考えすぎな性格の人は、対人関係において一途な傾向があります。そのため恋愛においても友人関係においても、深く堅い関係性を結ぶことができるのです。

人生の中で、自信を持って「親友」と呼べる人に出会うことはとても難しいこと。しかし考えすぎな性格を持つ人は、1人1人に真剣に向き合える優しさを持つので、円満な人間関係を築きやすいのです。

恋愛に関して言えば、考えすぎな性格から余計なことまで悩みが及ぶかもしれません。しかしそれだけ真剣で真摯ということなので、結果的にお相手とも深い愛情を育むことができるのです。

 

考えすぎな人のデメリット

考えすぎな人のデメリット

考えすぎな人は悩みを抱きやすく、しかもその悩みの根が深い傾向があります。それにより心に負担を抱えて、ストレスを背負ってしまうことだってあるでしょう。考えすぎな性格は悪いことばかりではありませんが、デメリットも多いのが事実です。

ここでは、考えすぎな性格を持つ人のデメリットをご紹介していきます。考えすぎということから悩みがある人は、この機会にデメリットを知って対策する術をチェックしてください。悩みから解放されると、驚くほど世界が明るくなるはずですからね。

 

 

デメリット①ストレスを抱えることが多い

考えすぎることによって、心にストレスを抱えてしまうことがあります。ストレスは心の健康だけではなく、体の健康も脅かす可能性がありますよ。食欲不振・睡眠の質の低下・集中力の欠如など、生活のレベルが下がってしまうことがあるのです。

できる限りストレスを溜めないように、悩みから解放されるように行動をしてみましょう。考えすぎによって貴重な時間が割かれる上、ストレスが溜まっては悪いことばかり。気持ちを切り替える癖をつけて、感情や思考のコントロールをできるようにしましょう。

 

デメリット②ネガティブな思考が強い

考えすぎることによって明るい思考に到達すればいいのですが、日常的に考え過ぎてしまう人は大抵ネガティブな思考に陥ってしまうことが多いです。ネガティブな思考は、心を暗くしてしまいますよ。その結果、眠れなくなるなどという事態が起きてしまいます。

失敗を予測して慎重な行動ができるのは良いこと。ですが、ネガティブな思考に支配されては人生を楽しむことは難しいです。前向きな思考に変換できるよう、心の換気をしてあげてくださいね。

 

デメリット③行動力がない

とある行動を「する」か「しない」かだけでも悩み抜き、時間を消費してしまうこともあるでしょう。考えすぎてしまう人は、何事に対しても行動力がないのです。そのせいで、目の前に好機が来ても行動するという決断に至るまでに時間がかかり、好機を逃してしまうことがあります。

失敗を恐れて行動ができないという悩みを抱いている方がいらっしゃるのなら、たまには思い切って飛び込んでみるのもおすすめですよ。行動力は自分の意識次第でどうにでもなります。今ある考えを転換させて、新しい自分になってみましょう。

 

デメリット④お節介してしまうことがある

考えすぎな人のメリットとして、一途な傾向があるとお話しさせていただきましたが、これはデメリットにもなりえます。というのも、心配性すぎてしまう性格からお節介をしてしまうことがあるのです。お節介は人によってはありがた迷惑になり、人間関係を崩してしまうこともあるでしょう。

もちろんお節介は世話焼きということですし、その人を思うがゆえの行動なので、100%デメリットというわけではありません。しかし、相手に自分の考えすぎる性分を押し付けるのはやめておきましょう。

 

デメリット⑤プレッシャーを感じすぎてしまう

周囲の期待が原動力になる人もいますが、考えすぎてしまう傾向がある人は「期待=プレッシャー」になってしまいます。そうして行動や考えが空回りして、自分の力がうまく発揮できないことがあるのです。

また期待やプレッシャーをかけられていない場面でも、周囲の人の発言が気になりすぎてしまうことも。考えすぎな人は基本的に気にしいな性格で悩みを抱えることも多いので、受け流す力をつけると良いでしょう。そうすることで次第に悩みは減っていき、ありのままの自分で生きられます。

 

考えすぎを改善する方法

考えすぎを改善する方法

考えすぎる性格にはメリットもデメリットもあるので、無理をしてまで性格を変える必要はないと言えます。けれど、考えすぎによって心が重たくなって悩みが生じるのなら、少しずつ改善をした方がよいでしょう。

ここでは、考えすぎな性格を改善する方法をご紹介していきます。メリットとデメリットを把握した上で、対策するかどうかご自身で決めてください。変わりたいという思いがあれば、今日から変わることだって十分できるはずですよ。

 

 

方法①考えすぎることを強みと捉える

考えすぎる性格を自分の強みと捉えてみましょう。そうすることで、考えすぎてもネガティブな思考に落ちることなく、発展的な思考を持つことができます。完全に強みと捉えることができれば、「考えすぎだ」なんて考えること自体なくなるでしょう。

思慮深く様々な面に考えが及ぶことは、確かに強みになります。自分の性格を自分で認めてあげて、悪い意味での考えすぎから抜け出せるようにしましょう。しっかりと物事に向き合うことができるのですから、難しいことではありませんよ。

 

方法②何もしない時間をつくる

考えることが癖になってしまっている人は、意図的になにもしない時間を作りましょう。考えすぎによって頭も心も疲れてしまう時には、作業がはかどらず悪循環。1度頭をからっぽにするため、ぼーっとする時間をつくってみてください。そうすることで思考から解放されて、肩の力をぬいて生きることができるはずです。

ぼーっとする際は好きな音楽を聴く・映画を流すなどしてもOK。ただ現在の自分の状況とリンクするような音楽や映画はやめておきましょう。頭をからっぽにして感じられる音楽や映画をチョイスすることをおすすめします。

 

方法③心をリラックスさせる

考えすぎによってメンタルが疲弊していることがあります。心を休ませてあげて、少しでも前向きな発想ができるように自分自身で環境を整えてあげましょう。

睡眠不足などで疲れが取れていない状態だと、思考もマイナスな方向へいって結果考えすぎてしまうこともあります。心をリラックスさせること・体を十分に休ませてあげることを意識しましょう。リラックスさせるには、休む他にも好きなことに時間を気にせず打ち込むのもおすすめです。

 

方法④行動に連携をもたせる

「考える」という行動にまた1つの行動を連携づけて、気持ちを落ち着かせるようにしましょう。例えば、考えすぎた時には深呼吸をする・考えすぎた時にはお笑いの動画を1本見るなど。自分にあった落ち着く方法を連携付けて、考えすぎた自分を癒してあげましょう。

そうすることで、負の連鎖を断ち切ることができ、思考をリセットできます。だらだらと考えすぎてしまう癖があるという人は、ぜひこの方法を試して考えすぎから抜け出してくださいね。

 

方法⑤適度な運動をする

考えすぎてしまう状態を改善させるために、適度な運動をすることもおすすめします。体を動かすことはストレス発散にもなり、気持ちをすっきりさせることができますよ。また運動に集中することで、余計なことを考えすぎずに済むというメリットもあります。

普段運動をしない人にとっては、運動不足を解消してダイエットにも繋がるので一石二鳥。さらに運動は、自律神経を安定させるというメリットもあります。体も心も整えて、なりたい自分像に近づいてくださいね。

 

考えすぎな人についてまとめ

考えすぎな性格を持つ人について、様々な面からご紹介しました。お伝えした通り、考えすぎという性格にはメリットもデメリットもあるため、一概に改善しなければいけないというわけではありません。

しかし、心に影を生む原因になっている方は、少しずつ改善するために対策をしていきましょう。考えすぎる性格から卒業することができれば、今よりもずっと生きやすくなるはずです。

自分らしい生き方もできるようになり、充実した幸せな人生を送ることにも繋がるので、ぜひ実践してくださいね。

こちらもおすすめ☆