気遣いができる人はコレをやってる。仕事・恋愛で実践したい10個の習慣

「気遣い」とは、周囲の人を思いやり、よく気にかけることです。周囲の人との関わりにおいて、困っている人にサッと素敵な気遣いのできる女性は魅力的ですね。今回は、「気遣いができる人の特徴」や、「仕事や恋愛で実践したい習慣」についてご紹介します。

公開日:
気遣いができる人はコレをやってる。仕事・恋愛で実践したい10個の習慣
Runa

Runa

ライター

美術系大学を卒業し、現在はフリーライターとして活動しています。海外ドラマや映画の鑑賞、旅行、美術館巡りが大好き。読んでくださった方の心がワクワクするような、そんな記事づくりを目指します。

気遣いができる人の特徴をご紹介

「気遣い」とは、周囲の人を思いやり、よく気にかけることです。周囲の人との関わりにおいて、困っている人にサッと素敵な気遣いのできる女性は魅力的ですよね。

今回は、「気遣いができる人の特徴」や、「仕事や恋愛で実践したい習慣」についてご紹介していきます。日頃から気遣いに繋がるような習慣を実践しておけば、いざという時に適切な行動をとり、相手に幸福感を与えることができますね。

まずは、気遣いができる女性の「特徴」について探っていきましょう。

気遣いができる人の特徴って?

気遣いができる人の特徴って?

気遣いができる女性には、どのような特徴があるのでしょうか。「何から始めていいか分からない…」という時は、いつも気にかけてくれる周囲の人を思い浮かべてみてください。

特徴を照らし合わせてみると、共通点があるかもしれません。真似したいと思ったところは積極的に取り入れてみると、思わぬ発見がありますよ。

人間の習慣や性格を「変える」のはとても難しいことですが、少しずつ「意識」をしてみると良いでしょう。

 

 

周囲を常に気にかけている

気遣いができる人の特徴としては、「常に周囲をよく見て、気にかける」習慣があることが挙げられます。例えば、ある人が髪の毛を切ったとしたら、その変化にすぐに気が付いて声をかけることができます。

また、いつもと何か違うな…と気が付いたら、「大丈夫?」と気遣いの一言をかけてあげることもできますよね。自分が困っていてもすぐに頼れない状況だったら、その一声だけで救われたような気持ちになりますね。

 

積極的に行動できる

心の壁を乗り越えて、すぐに手を差し伸べることができるのが、気遣いができる人の特徴です。周囲のことに気がついていても、「今○○したら迷惑かな…」、「○○したいけど話したことないからな…」と考えていると、タイミングを逃してしまいます。

人見知りせず、適度な距離感でパーソナルスペースに入っていけると、人それぞれに合った気遣いができます。仕事や恋愛において相手に気遣いができる女性になるためには、時には勇気を出して人と関わることも大切なのですね。

 

前向きに考えられる

気遣いができる人は、気持ちの切り替えが早く、前向きなことも特徴です。ポジティブで誰とでも分け隔てなく接することができるので、その分人生の経験値が増え、人を気遣う習慣がついているとも言えます。

気遣いのつもりが、逆に迷惑になってしまった…ということも時にはあるかもしれません。それでも、失敗しなければずっとアクションを起こせないまま。

良い経験になったと思えれば、次に活かせますよね。落ち込んだ時も、「なんとかなるさ」と口ずさんでみましょう。

 

相手の気持ちを配慮している

「思いやり」がなければ、気遣いはできません。相手の気持ちを配慮することで、初めてその人の助けになるような気遣いができますよね。

様々な人と出会い、経験を積むことで相手が何を考えているか分かるようになるものです。

「以前同じような経験をしたな…」、「自分と似ているな」と感じたら、その時に周囲の人にされて嬉しかったことを実践してみてはいかがでしょうか。困っている時に気遣いをしてもらったら、きっと喜んでくれるはずですよ。

 

見返りを求めない

「自分は○○してあげたのに…」と考えてしまうと、どうしても満たされない、寂しい気持ちになってしまいます。気遣いができる人は、誰にでも分け隔てなく平等に接し、然るべき時に適切な対応を取ることができるのです。

「○○してあげた」ではなく、「○○できた」と考える習慣をつけるようにすると、幸福感を味わえますよ。何かを達成できたと感じたら、自分にご褒美をプレゼントしても良いですね。

あまり難しく考えすぎないのがポイントです。

 

気遣いができる人になる方法《仕事》

気遣いができる人になる方法《仕事》

まずは、「仕事」における、気遣いができる人になる方法を取り上げます。毎日顔を合わせる仕事相手や面識のない相手に対して、気の利いた気遣いができると心地が良いですよね。

相手に喜んでもらえるような気遣いをするためには、毎日を丁寧に過ごす習慣や、相手を理解する姿勢が必要と言えます。

時には「どうしても分かり合えない」、「相手のことを考える余裕がない…」ということもありますが、自分のプラスになるような習慣を継続して今後に繋げていきましょう。

 

①挨拶をする

仕事場では、面識のない人に対してもきちんと挨拶ができると、気分も晴れやかになります。今後の仕事を共にする相手となる可能性がありますし、爽やかな挨拶を習慣にすればしっかりとした印象を与えることができますね。

全く面識がない人に対しても、笑顔で会釈をしておくと雰囲気が良く見えます。挨拶を交わすと、その日の相手の調子や気分を汲み取ることができるので、柔軟な対応ができます。

メールにおいても、気の利いた挨拶文を入れるとさりげない気遣いができるでしょう。

 

②身だしなみ・仕事環境を整える

仕事で気遣いができる人の特徴としては、見だしなみや周囲の環境が整っていることも挙げられます。服装やヘアスタイルが整っていると、モチベーションも上がりますよね。

デスク周りを綺麗に整えていると、仕事を素早く処理できるのでおすすめです。また、周囲の人を「不快にさせない」ための気遣いにもなります。

身だしなみチェックやお掃除が習慣になると、整っている方が楽に感じるかもしれません。まずはいらない書類を処分したり、コード類をまとめると、簡単に整理することができるのでおすすめです。

 

③仕事相手の気持ちを考える

多忙な毎日が続くと、どうしても自分のことで精一杯になってしまいますが、そんな時は一度席を立って深呼吸してみてください。人から言われたことに対して疑問を感じたら、「どうしてそのように思っているのか」を落ち着いて考えてみるのも良いですね。

周囲の人のことを考える習慣が付いていると、状況を察し、その人に合った対応ができるようになります。相手をよく観察していると、思わぬ特徴に気付けますよ。

それぞれ、その人に合った気遣いができると良いですよね。

 

④小さな変化に気付く

気遣いができる女性は、「人の小さな変化に気付く」という特徴があります。新しい情報はないか毎日こまめに確認することで、仕事の効率がぐんと上がりますし、周囲の人への気遣いに繋がります。

具体例を挙げると、例えば備品が無くなりそうであれば前もって発注しておくことができるので、他の人が使う時に助かります。前もって変化に気づいて準備しておけば、お客様の急な要望や咄嗟の出来事にも対応できるメリットもありますね。

 

⑤マナーを勉強する

「え…そんなの知名らなかった…」と後悔する前に、気遣いができる女性になるための方法として、マナーを習得しておくのも良いでしょう。その場に応じたマナーに関する書籍やコラムを読んで、重要なイベントや仕事相手とのやり取りに備えましょう。

きちんと対応すれば、次の仕事にも繋がる可能性も。事前に余裕を持って準備しておくことで、いざという時に気の利いたプレゼントを用意したり、相手に丁寧な印象を与えることができますよ。

 

気遣いができる人になる方法《恋愛》

気遣いができる人になる方法《恋愛》

続いては、「恋愛」における、気遣いができる人になる方法を取り上げます。一緒の時間を過ごす大切なパートナーとは、ささやかな気遣いをし合えるような関係性を築きたいものですよね。

「自分とは異なる相手」と円滑な関係を長く続けるには、心の余裕を持ち、相手を思いやる習慣が必要と言えます。自分に正直に、無理しない範囲で出来ることから意識してやってみると、より良い関係性に繋がりますよ。

 

⑥相手の意見を尊重する

意見の食い違いが生じると、どうしても相手の気持ちを考えられなくなってしまいますよね。そんな時は、相手の意見をすぐに否定するのではなく、一度嚙み砕いて考えてみると良いでしょう。

お互いの主張を理解できるような関係性であれば、よく話し合って落としどころを見つけたり、順番に要望に応えるのも手です。何か思うことがあれば、なるべく早い段階で話し合っておくと良いでしょう。

「最初から人の意見を否定しない」というのは、気遣いができる女性の特徴と言えます。

 

⑦TPOに合わせた服装をする

TPOに合わせた服装を心がけると、デートがスムーズに進みます。女性が手軽にできる気遣いのひとつですよね。

オシャレにこだわりがあると、どうしても「自分の好きなファッションで出かけたい!」と思ってしまいますが、出かける場所によっては後々大変なことに。思わぬ喧嘩の原因にもなりかねません。

心に余裕を持って二人の時間を楽しむためにも、行く先々の環境や気候に合わせる気遣いがあると良いでしょう。

 

⑧お互いの時間を大切にする

恋愛において気遣いができる女性の特徴としては、「お互いの時間を大切にしている」ことが挙げられます。時には相手が仕事などで忙しく、会えない時間が増えることもありますが、そんな時こそ一人で過ごす時間を満喫すると良いでしょう。

友人に会って、余暇を思いっきり楽しむのも良いですよね。忙しくて連絡が取れない場合にも、焦らずゆっくりと相手のペースに合わせて返信をしてみてください。

相手から連絡が来ると、より一層嬉しく感じますね。

 

➈さりげない会話の内容を覚えている

日頃からできる気遣いとしては、相手のさりげない言葉や会話の内容を覚えておくと良いでしょう。「○○すると嬉しい」、「○○されるのは嫌だ」といった日常の出来事を覚えておくと、円滑に関係性を築けます。

相手が困っている時にサッと動くことができるので、より一層喜んでもらえます。例えば、大好物の手料理を用意して待っていたり、落ち込んでいる時は連絡しないようにしたりするなど。

様子を見ながら臨機応変に対応できますね。

 

⑩短所も受け入れる

恋愛において一緒にいると食い違うこともありますが、時には相手の短所を「他人」として受け入れる気遣いも大切です。どうしても「何回言っても○○してくれない!」と思った時は、自分ができる範囲でやってしまうのも手です。

その分、自分ができないことをお任せして、「○○してくれてありがとう」と一声気遣いの言葉をかけるのも良いですね。相手の長所と、自分の長所を見つけて、不得意な部分は補い合うように習慣づけると関係性が円滑に進みます。

 

気遣いができる人の特徴まとめ

今回は、「気遣いができる人の特徴」や、「仕事や恋愛で実践したい習慣」についてご紹介しました。今回取り上げた心がけだけでなく、周囲の尊敬できる人の気遣いや習慣を観察して取り入れてみると、物事が円滑に進むかもしれません。

無理のない範囲で、できることからトライしてみてください。積極的に分け隔てなく気遣いができると、周囲も影響されて明るい雰囲気になりますよね。

また、相手からの気遣いに対しては、「お気遣いありがとうございます」と感謝の気持ちを忘れずに伝えておくと良いですね。

 

こちらもおすすめ☆