コンパクトな荷物で身軽に旅行を楽しもう。持ち物を上手にまとめるコツを伝授

旅行に行くとなったら、必ず準備することになるのが「荷物」。パッキングしているうちに気がついたら荷物が多くなってしまった!ということもあるのではないでしょうか?今回は、女性にも嬉しい旅行の荷物をコンパクトにするコツをご紹介します!

公開日:
コンパクトな荷物で身軽に旅行を楽しもう。持ち物を上手にまとめるコツを伝授
yuzuko

yuzuko

ライター

おうちでのんびりするのが好きな主婦ライター。「自然体で、心地よく、喜んで生きる」がモットー。シンプルで心豊かな暮らしに役立つヒントをお届けします。

旅行の荷物をコンパクトにするコツをご紹介!

旅行に行くとなったら、必ず準備することになるのが「荷物」。

何かと必要な持ち物が多い女性となればなおさら、パッキングしているうちに気がついたら荷物が多くなってしまった!ということもあるのではないでしょうか?

重い荷物を持って長距離の移動は疲れますし、せっかくならコンパクトに荷物をパッキングして身軽に旅行を楽しみたいですよね。

今回は、女性にも嬉しい旅行の荷物をコンパクトにするコツを「基本編」「カバン」「リュック」「スーツケース」と持ち歩くカバンごとにご紹介します!

旅行の荷物をコンパクトにするコツ《基本編》

旅行の荷物をコンパクトにするコツ

「旅行の荷物をコンパクトにしたいけど、いつも荷物が多くなってしまう・・・」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのような方にはぜひ試してみてほしい、荷物をコンパクトにするために使えるコツがあります。

それは、「持ち物は最低限にすること」「旅行中のコーディネートを決めておくこと」「小物は用途ごとにポーチや袋にまとめる」ことです。

これはどのようなカバンであっても使える基本のコツ。パッキングのときに意識しておくと便利ですよ。

 

 

鉄則:持ち物は最低限に!

旅行で荷物をコンパクトにするための鉄則は「持ち物は最低限にすること」。当たり前のようですが、持ち物を少なくすれば自然と荷物はコンパクトになります。

「でも、もし旅行先で足りない持ち物があったら不安・・・!」と思ってしまい、結果的に持ち物が多くなってしまう女性も多いのではないでしょうか。

荷物をなるべく減らすためのコツは、「必要なものをリスト化」すること。旅行に必要なものをリスト化することで、余計な荷物を持っていかないですむ分荷物がコンパクトになります。

 

旅行中のコーディネートを決めておく

女性にとってどんな服で旅行するかは重要なポイントですよね。

同時に女性の旅行の荷物の中でも、特にかさばるのが「服」。服の量を減らすだけで、荷物はぐっとコンパクトになります。

なるべく荷物がコンパクトになるようにするには、着まわしできる服を選ぶのがコツです。たとえば、ジーンズなどシンプルなボトムスであれば、トップスを変えれば同じ服を着ているといった印象は小さくなります。

旅行する日数や現地の気温を考え、コーディネートを決めておきましょう。

 

小物は用途ごとにポーチや袋にまとめる

旅行の荷物をコンパクトにするためには、持ち物のまとめ方も重要です。

持ち物がバラバラにカバンの中に入っていると、見つけたいものを探すのに時間がかかったり、失くしてしまうリスクもあります。

そのためには、ポーチや袋を活用すると便利ですよ。アクセサリーやスマホの充電ケーブルなど、小物類はポーチや袋に入れるとカバンの中がスッキリし、荷物がコンパクトにまとまります。

おすすめのまとめ方は「用途ごとに」分けること。「アクセサリー」「電気機器系」「スキンケア用品」「お風呂グッズ」など、グッズを用途ごとに分けておくことで使いたい時に探しやすくなりますよ。

 

旅行の荷物をコンパクトにするコツ《手持ちカバン》

旅行の荷物をコンパクトにするコツ2

一泊二日の国内旅行など、短期旅行の荷物をコンパクトに持ち歩くのに便利な手持ちカバン。

移動中も荷物を取り出しやすい、持ち歩いたまま観光したりするのにも邪魔にならない、といったメリットがあります。しかし、たくさんの荷物を詰めると重くなり、持ち歩くのが大変になってしまいますよね。

手持ちカバンで旅行に行く時は、思い切って持っていく荷物を減らし、旅行に必要な分だけの持ち物を厳選しましょう。上手に詰めれば、連泊の旅行にも対応できますよ。

 

服は洗濯して着回す

手持ちカバンでコンパクトにパッキングするためには、まずはかさばる持ち物を減らすのがポイント。

かさばる荷物を減らすには、持っていく服を減らし、洗濯して着回すのもコツです。

ホテルにコインランドリーがあれば、洗濯から乾燥まで一気に仕上げてくれるので、持っていく着替えを減らすのに役立ちます。

女性ものの下着など型崩れが気になる方は、洗濯ネットや洗剤を持っていくと洗濯に便利ですよ。下着など乾きやすいものであれば、手洗いして部屋の浴室に干しておくのも○。

 

シャンプー・スキンケア用品は詰め替える

シャンプーなどのスキンケア用品は、旅行であっても普段自分が使っているものを使いたい女性も多いと思います。しかし、ボトルごと持っていくと荷物が重くなってしまいますよね。

荷物をコンパクトにするためのコツとしては、持ち歩くグッズの量をなるべく減らして、荷物を軽くすること。

そのためには、旅行日数分の量を旅行用の詰め替えボトルに詰め替えて持っていくのがおすすめです。旅行用の詰め替えボトルは、ドラッグストアや100均でも買うことができますよ。

 

宿泊先の設備やアメニティを使う

旅行の荷物をコンパクトにするには、「宿泊先にあるものは、宿泊先のものを使う」というのもコツ!

ドライヤーは部屋に備わっていることも多いですし、女性へのサービスとしてアメニティが無料で使えるホテルもあります。

もし「どうしても自分のものが使いたい!」といったこだわりがなければ、荷物をコンパクトに軽くするためにぜひ活用したいところです。

宿泊先のホテルにどのような設備や貸出グッズがあるのか、ホテルのホームページや宿泊予約サイトで確認しておきましょう。

旅行の荷物をコンパクトにするコツ《リュック》

旅行の荷物をコンパクトにするコツ3

両手があくので身軽な旅行にぴったりなリュック。そのまま観光したりするのにも便利ですよね。

リュックは、たとえ重い荷物であっても背負うことによって負荷を比較的軽くできる点で、女性にもおすすめの旅行カバン。荷物の入れ方や持ち物を工夫すれば、もっと持ち歩きを快適にできます。

一方、リュックに服をパッキングする際はどうしても小さくたたむ必要があるため、シワになりやすい服や型崩れしやすい服は不向きかもしれません。

そのようなリュックの特性を踏まえた上で、旅行の荷物をパッキングする際に使えるコツをご紹介します!

 

下に軽いもの、上に重いものを入れる

リュックに旅行の荷物をコンパクトにパッキングするためのコツは、下に軽いもの、上に重いものを入れること。

例えば、下にはタオルや洋服類、上には本や化粧ポーチといったようにです。

実は重いものはなるべく上のほうにあったほうが、荷物を軽く感じられるようになるんですよ。なるべく背中に近づけるとなお良いです。

旅行の荷物がコンパクトにまとまる上に、まとめ方を工夫するとさらに荷物を軽く感じられるという、女性にも嬉しいとっておきのコツですよ!

 

左右の重さを均等にする

リュックに旅行の荷物をパッキングするもう一つのコツは、左右の重さを均等にすること。リュックを背負うときに、左右のバランスが良いほうが歩きやすくなります。

例えば、右側に化粧ポーチを入れたら、左側には同じくらいの重さの本を入れる、といったようにです。先に紹介した「下に軽いもの、上に重いものを入れる」というコツと一緒に試してみてください。

厳密に同じ重さではなくても、荷造りの際に意識するだけでぐっと快適になりますよ。肩こりなどが心配という女性はお試しあれ!

 

素材が軽い服・シワになりにくい服を選ぶ

ボア素材のパーカーやジーンズなど、厚手の素材は重みが出やすいもの。荷物をコンパクトにまとめるには、薄手の素材を選ぶのがコツです。

また、小さくたためるようにシワになりにくい服を選ぶのがおすすめ。服は袖を中にたたんだ状態で端からくるくる丸めると、コンパクトにカバンに入ります。

ヒートテックなど、薄くて暖かいインターも活用しましょう。

もし厚手の素材を持っていきたいなら、カバンに入るサイズの圧縮袋に入れたり、カバンに入れずに「自分で着ていく」のも手ですよ。

 

旅行の荷物をコンパクトにするコツ《スーツケース》

旅行の荷物をコンパクトにするコツ4

スーツケースは女性が持ち歩きやすいだけでなく、パカっと開いてカバンの持ち物を見渡せるので荷物のパッキングにも便利ですよね。

一方、荷物をたくさん入れることができるだけに、「スーツケースが閉まらないほどパンパンになってしまう・・・」「どこに何があるのかわからなくなってしまう・・・」となってしまうこともあるかもしれません。

スーツケースに荷物を入れるときには、「まとめ方」がポイント。カバンの中の荷物がスッキリするおすすめのまとめ方を紹介します!

 

厚手の服は圧縮袋に入れる

スーツケースでの旅行の荷物をコンパクトにするコツは、圧縮袋を活用すること。特に、厚手の服は圧縮袋に入れると薄くコンパクトになります。

圧縮袋は、インナーやカットソーなど布製品であれば使用できますよ。ただし、型崩れが心配な服やブラジャーなどワイヤー入りのインナーは圧縮袋に入れないようにしましょう。

圧縮袋はサイズもいろいろあり、100均でも買うことができます。入れたい服のサイズに合わせたものを選びましょう。

 

使うシチュエーションが同じグッズをまとめる

同じシチュエーションで使う持ち物は、あらかじめ同じ袋にパッキングしておくのも旅行準備に使えるコツ。

例えば、まずは温泉に入ることがわかっている場合には、バスタオル、下着、スキンケア用品など、温泉に入る時に使いそうなものを一つの袋にまとめておくといったようにです。

そうすると、宿泊先に到着してからすぐに温泉に入るとなったときにも、必要なものがコンパクトにまとまっているので、荷物をあれこれ探す手間が省けてとっても楽ちん。旅行の時間を有効に使えますよ。

 

おみやげ品を入れるスペースも考えよう

旅行の楽しみといえば「おみやげ」という女性も多いのではないでしょうか。

旅行の荷物をコンパクトにするコツは、旅行中のおみやげ品を入れるスペースを確保しておくこと。スーツケースは容量が大きいため、ついつい旅行用の持ち物を多く入れてしまいがち。

旅行前に荷物をパッキングするときに、おみやげで荷物が増えることを考えて、あえてスペースを空けておくと便利ですよ。

しかし、荷物が増えて入りきらないこともありますよね。そういう時のために、コンパクトに折りたためる薄手のセカンドバックを持っていくと便利です。

 

旅行の荷物をコンパクトにするコツまとめ

旅行の荷物をコンパクトにするコツを基本編、手持ちカバン、リュック、スーツケースと、旅行の際に使うカバンごとにご紹介してきました。

これらのコツをまとめるならば、旅行の荷物をコンパクトにするための原則は、「最低限の持ち物」と「コンパクトなまとめ方」といえます。

女性はどうしても持ち物が多くなってしまいがちですが、コンパクトな荷物は心もからだも旅行に集中して楽しむのにも役立ちます。旅行の準備の際には、これらのコツをぜひ試してみてくださいね!

こちらもおすすめ☆