少しでも楽に生きる方法。いつも頑張るあなたに人生を楽しむコツをご紹介。

気楽な心構えで生きるのは、一見簡単なようでなかなか難しいことではあります。しかし、思考の癖を上手に身につけることで、考え方自体をシンプルに変えていくことができるのです。今回は、人生をもっと楽に生きるためのコツをご紹介します。

公開日:
少しでも楽に生きる方法。いつも頑張るあなたに人生を楽しむコツをご紹介。
MooooN

MooooN

ライター

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

楽に生きる方法をご紹介!

人生をもっと楽に考えて生きることができれば、きっともっと人生を楽しく、生きやすくなるのではないでしょうか。気楽な心構えで生きるのは、一見簡単なようでなかなか難しいことではあります。

しかし、思考の癖を上手に身につけることで、考え方自体をシンプルに変えていくことができるのです。今回は、人生をもっと楽に生きるためのコツをご紹介します。ぜひチェックして、心をゆっくり癒すきっかけをみつけてくださいね。

楽に生きる方法《仕事》

楽に生きる方法《仕事》

人生を楽に生きる上で意識したいのが、仕事でのストレスです。とくに自分に合っていない仕事や、職場の空気が悪い環境、職場の人たちと上手く折り合いがついてない場合には、仕事に行くことさえ苦痛に感じてしまうもの。

辞めたくても簡単には辞められない人だって少なくないはずです。そこでここでは、楽に生きる方法を仕事に当てはめて考え、人生をもっと生きやすくするコツをご紹介します。毎日の習慣にぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

方法①他人と比べない

「人生を楽に生きる」というコツを仕事に当てはめてみると、まず意識していただきたいのが「人と比べない」ということです。仕事をしているとどうしても、業績のいい同僚に焦りを感じたり、世渡り上手な後輩や部下を羨ましく思うこともあるでしょう。

とくに自分の仕事が上手くいっていないときには「いいな」という感情が、いつしか劣等感や嫉妬に変わってしまうことも。人生を楽に生きるには、人と比べずに自分は自分だと、自分のペースを再認識するということが大切です。

 

方法②自分の力量を知る

自分の力量を知ることは、自分を客観的に見つめる上でとても重要なことです。なぜなら自分のキャパを知らないばかりに、お願いされる仕事を全て受け入れ、いつの間にかオーバーワークになってしまうことも珍しくありません。

オーバーワークになるとどうしても、ひとつひとつの仕事の質は下がりますし、「なんでできないの」という自分への焦りに繋がるのです。自分のキャパをしっかり理解して、心の余裕を持っておくことで、もっと人生を楽に生きることができるはずです。

 

方法③自分の長所を伸ばす

仕事で上手く成果を出せていないとき、それは「自分の長所を上手に生かしきれていない」からかもしれません。人生を楽に生きるには、自分が苦痛に感じることを全力で続けることはNGです。

苦痛とほどよい距離感で付き合っていかないことには、「人生が辛い…」と悲観的な考えに陥ってしまいますよ。自分は何が得意で、何が苦手なのか、仕事で活かせる自分の長所はどこかを見極めることこそが、もっと人生を楽に生きるコツなのです。

 

方法④優しい目標を立てる

人生がしんどい…。そう感じている人に多い特徴として、「自分に厳しい目標を課せていること」がよく見受けられます。自分ならきっとできるはず、と自分を信じることは悪いことではありません。

しかし度が過ぎると、それは自分自身への「過信」となってしまいます。厳しい目標を立てるのではなく、優しい目標を増やしていくことで、自然と達成感を得ることができます。小さな達成感の積み重ねこそ、人生を楽に生きるポイントでもあるのです。

 

楽に生きる方法《人間関係》

楽に生きる方法《人間関係》

人間関係に悩みを抱えている人はとても多いです。例えば、仲の良い仲間内に一人でも相性の悪い人がいれば、集まりに出かけるのも億劫になりますし、大好きな仕事でも人間関係がギクシャクしていると、仕事さえもう続けられないかもと諦めてしまうこともありますよね。

人間関係を円滑にすることで、毎日がもっと楽しくなるはずです。もっと人生を楽に生きるためにも、人間関係を楽にする方法やコツをしっかり見出していきましょう。

 

方法⑤合わせ過ぎない

人間関係において「人生を楽に生きるコツ」は、人に合わせ過ぎないということです。例えば、周囲の空気を読みすぎるばかりに人間関係に疲れてしまったり、誰も自分の気持ちをわかってくれない、と悲観的になってしまう人も少なくありません。

自分の意見を言うと面倒臭がられるのではないか、嫌われるのではないか、と自分の本心や望みを無視し続けると、心はどんどん疲弊してしまいます。まずは、人に合わせ過ぎるのをやめることで、もっと人生を楽に生きることができますよ。

 

方法⑥求め過ぎない

人間関係が原因で人生を生きづらいと感じている人は、人に求めすぎている場合があります。例えば、彼氏や夫に対して「もっとああして欲しい」「察してほしい」「なんでわからないんだろう…」など、思ったことはありませんか?

それは、自分自身の固定概念をただ押し付けているだけではないでしょうか。人と自分は違うのです。「私ならこうするけど、この人はこうするんだ」など、相手を受け入れることで、もっと人生を楽に生きることへと近づけるでしょう。

 

方法⑦相手を許す

人生を楽に生きるには、「人に求め過ぎない」と述べましたが、人に求め過ぎないことと同時に「相手を許す」ことも大切なコツのひとつです。人生を楽に生きるには、人を受け入れ認めることが一番の近道でしょう。

どこにだって完璧な人間はいません。かくいう自分自身だって、自分でも気づかない内に相手に負担をかけているものです。相手を許すことで、人間関係に良い意味で諦めがつき、もっと人生を楽に生きることができるのです。

 

方法⑧固定概念を捨てる

人生を楽に生きるコツとして、固定概念は捨てるべきだとお伝えします。極端に言えば「男だから強くないといけない」だとか「女だから家事ができないといけない」などという固定概念は、相手だけでなく自分自身をも苦しめる原因になります。

「他の人はできているのに、なんで自分はできないんだろう」という劣等感や、自分への戒めに変わってしまうので要注意ですよ。固定概念を捨て、「こんなこともあるよね」「こんな人もいるよね」と、視野を広くすることで、もっと人生を楽に生きることができるでしょう。

 

楽に生きる方法《自分自身》

楽に生きる方法《自分自身》

人生を楽に生きる方法で注意したいのが「自分自身への対応」です。人生を楽に生きる方法を求めている人は、現状の人生において「もっと楽に生きたい」「人生がしんどい」と思っている人がほとんどです。

ではなぜ、人生に辛さを抱えているのでしょうか。少しのコツやポイントを見つけるだけで、人生はもっと生きやすくなるはず。ここでは、人生を楽に生きる自分自身への向き合い方をご紹介します。

もっと人生を楽に生きるために、自分自身への対応のコツを見つけていきましょう。

 

方法⑨頑張りすぎない

人生を楽に生きるための自分自身への向き合い方のコツ1つめは「頑張りすぎない」ということです。人生に疲れたと感じている人は、何に対しても「報われない努力」を重ねている人が多い傾向にあります。

仕事でも対人関係でも、とくに自分の不得意なジャンルに一生懸命に努力を続けても、なかなか報われることは少ないもの。頑張り過ぎるのをストップして、少しだけ肩の力を抜くことで、もっと人生を楽に生きるコツとなるでしょう。

 

方法⑩自分を愛する

自分自身に対して人生を楽に生きるには、自分を愛することがとても大切です。まずは、自分を好きになりましょう。

自分に対して「なんで私はいつもこうなの」だとか「あの人みたいにもっとああだったら…」とばかり考えていては、いつしか「自分自身が嫌い」と、ネガティブな考えに陥ってしまうもの。

自分を一番に愛して大事にしてあげられるのは自分だけ、そう思考を転換して、もっと人生を楽に生きるコツを見出しましょう。

 

⑪否定しない

自分自身に対する劣等感や悲観的な考えから「人生がしんどい」と感じている人は、自分自身にとても厳しい性質である場合が多いです。自分自身を否定してばかりだと、目に映るもの全て、感じるもの全てに対して悲観的になってしまうものです。

「なんで、どうして」と、自分に対して疑問ばかりを繰り返すのではなく、自分自身を認めて受け入れることでもっと人生を楽に生きることへと近づいていけるのではないでしょうか。

自分への否定をやめることこそ、人生を楽に生きるコツなのです。

 

怒りをコントロール

「自分を嫌い」だと思っている人は、怒りのコントロールが苦手な人が多いという特徴があります。自分にも相手にも厳しいと、自分はもちろん、他人へも怒りが沸いてしまうんですよね。

人生を楽に生きるには、まずはふっと肩の力を抜いてみることが大切です。イラッとしたら、怒りに目を向ける前に1つ深い深呼吸をしてみましょう。もっと怒りをコントロールできれば、人生を楽に生きるコツが自然と見えてくるものですよ。

 

楽に生きる方法《思考》

楽に生きる方法《思考》

人生を楽に生きる上で、「思考」はとても大切なもの。怒りやネガティブな感情に深く関わってくるのが「思考」なので、人生を楽に生きるコツを見出すコツとして、まずは思考の働き方から見つめ直してみると良いですよ。

もっと思考をシンプルに簡単にすることで、人生を楽に生きるコツが見えてくるものなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。思考をシンプルに、「考えすぎないこと」を習慣にして、生きやすさを手に入れましょう。

 

方法⑬決めつけない

人生を楽に生きる思考方法のひとつが「決めつけない」ということです。固定概念とも似ていますが、物事や対人関係を決めつけてしまうと、極端に自分自身の視野が狭くなってしまいます。

決めつけるのではなく、それと反対の決めつけないことを意識的に思考に刷り込ませることで、相手や物事に対する先入観がなくなり、もっと人生を楽に生きることができるのです。

自分の価値観や固定概念を少しだけ緩めることで、心も少しだけ楽になっていきますよ。

 

方法⑭目標は低めでOK

人生を楽に生きる思考の流れとして、目標は低めに設定することをおすすめしまう。仕事でもそうですが、「人生って難しい」「しんどい」と感じている人は、仕事以外のプライベートの面でも意識高く過ごしている人が多いという特徴があります。

こんな自分になりたい、こうでありたい、と意識を高く持つのはとても良いことです。しかし、今の自分に合っていない目標だと、精神的負担になってしまうのです。

もっと人生を楽に生きるコツは「背伸びのない目標」だと思考チェンジを図りましょう。

 

方法⑮こだわりを捨てる

人生に生きづらさを抱えている人は、こだわりが強い人が多いです。固定概念とも似ていますが、「こうしたい」「ああしたい」という自分オリジナルのこだわりばかりを持っていると、自分で自分を追い詰める原因になります。

人生を楽に生きる方法やポイントは、常に心の中に余裕を持っておくことです。こだわりを捨て、広い視野で周りや自分を見つめてみると、案外違う見え方に気づくものです。

自分の中のこだわりを、勇気を持って捨ててみてはいかがでしょうか。

 

方法⑯執着しない

執着心こそ、心を苦しめるもののひとつです。例えば、人や物事に対して「嫌われたくない」「捨てられない」そんな強い執着心を抱えていると、常に「失ったらどうしよう」と恐怖を感じてしまうもの。

執着心のために常に脅迫概念を抱えることとなるのです。人や物事に対する執着心をなくすには、自分の軸をしっかり持つことがコツとなります。「何かを失っても生きていける自分」を作り上げることで、執着心は薄れ、もっと人生を楽に生きることができるのではないでしょうか。

 

楽に生きる方法まとめ

人生を楽に生きる方法を「仕事」「人間関係」「自分自身」「思考」と、4つのカテゴリに分けて紹介しましたが、今よりもっと人生を楽に生きる大前提のコツは「肩の力を抜くこと」です。

何かを失ったとしても、人間関係が崩れたとしても、人生が終わるわけではありません。それは人生の転機なんだと前向きに考えて、もっと人生を楽に生きましょう。

毎日の習慣に少しずつ「楽に生きる思考方法」を意識づけることで、一歩一歩、生きやすい毎日が送れるはずです。

こちらもおすすめ☆