大人の部屋作りは北欧スタイルがおすすめ。おしゃれにするポイントと実例をご紹介

北欧スタイルの部屋作りは、シンプルだけどおしゃれさを感じるインテリアが魅力的。しかし具体的にどうしたら良いの?という方もいるはずです。本記事は北欧スタイルにする部屋作りとはどんなものなのか、そのポイントを実例と共に解説します。

公開日:
大人の部屋作りは北欧スタイルがおすすめ。おしゃれにするポイントと実例をご紹介
みかみえれ

みかみえれ

ライター

主にライフスタイル情報を発信しているライターです。毎日を心地よく生きるのをモットーに、皆さんの日々の暮らしが快適で楽しくなるような話題をお届けします。

北欧スタイルにする部屋作りの実例をご紹介!

北欧スタイルの部屋作りは、シンプルだけどおしゃれさを感じるインテリアが魅力的。しかし北欧スタイルを意識した部屋作りをしてみたいけど、具体的にどうしたら良いの?という方もいるはずです。

本記事は北欧スタイルにする部屋作りとはどんなものなのか、そのポイントを実例と共に解説します。ぜひ最後までご覧ください。

北欧スタイルにする部屋作りの実例《リビング》

テーマカラーを3色程度にまとめる

テーマカラーを3色程度にまとめる

nico__4316

北欧スタイルの部屋作り最大のポイントは、テーマカラーの設定です。

人が着る服と同じで、テーマカラーによって部屋の雰囲気が大きく左右されるといっても間違いないです。

実例は白やベージュといった穏やかな色味を中心とした、落ち着いた統一感のあるリビング。

テーマカラーは3色程度にまとめるのがポイントです。白やベージュに加え、緑や青、黄色などを締め色として使うのが基本です。


 

 

木材を使った自然な内装がポイント

木材を使った自然な内装がポイント

ya_ma3638

北欧スタイルの部屋作りには木材でできた家具がポイントです。森林資源が豊富な北欧では、自宅にも木材を使った家具を用いています。

実例は白を基調に、木材を使った家具が置かれたリビング。シンプルだけど、木の温もりと穏やかさを感じる部屋ですね。

木の素材によっても雰囲気が変わります。理想とする部屋の雰囲気によって、素材を吟味しておきましょう。


 

角の取れた家具を置いて

角の取れた家具を置いて

FILT.

北欧スタイルの部屋作りにおいては、できるだけ角のない丸みを帯びた家具を置くのがポイント。

実例では丸いテーブルを使っています。また椅子も角が取れて丸みを帯びていますね。角の取れた家具を使用すると、優しい雰囲気の部屋に。

家族で過ごすことの多いリビングでは、家族に対する配慮も大切です。お子様のいるご家庭では、怪我防止にも役立ちます。


 

暖かみのある照明

暖かみのある照明

ume._.home

冬の北欧は日が短く、長い夜を過ごすことになります。そのため北欧では照明にも部屋作りのこだわりがいっぱい。

よって北欧スタイルの部屋作りを行う場合でも、おしゃれな照明選びが大切です。

天井に取り付けるメインの照明以外に、スタンドライトなどを置くのがおすすめ。

実例のようなオレンジがかった色は、部屋に温かい印象を与えてくれます。光の色で部屋の印象が変わります。


 

家具の配置を意識

家具の配置を意識

ume._.home

家で過ごす時間の長い北欧の人たちにとって、部屋の過ごしやすさは重要なポイント。

動きを妨害してしまうような内装は、決して過ごしやすい部屋とは言えません。

だからこそ、スムーズな動きを意識した部屋作りが大切。特に出入りの多いリビングは、内装の動線を意識した部屋作りがポイントになってきます。

動線をスムーズにするには配置だけはなく、置くものを減らしてすっきりシンプルにまとめることも大切です。


 

植物を取り入れるのがおしゃれ

植物を取り入れるのがおしゃれ

nabeka2016

緑を見ているとなんだか癒されますよね。北欧スタイルの部屋作りでは、部屋に植物を置くことが多いです。

植物は差し色にもなるので、部屋のワンポイントで植物を置くとおしゃれに見えます。

部屋作りの際は大きな観葉植物は難しくても、実例のようなテーブルに置けるサイズであれば取り入れやすいですね。北欧スタイルの部屋との相性も良いです。


 

小物で差し色を入れるのがポイント

小物で差し色を入れるのがポイント

leaf_asch

シンプルなリビングには派手めな小物をワンポイントとして入れるのがおしゃれ。北欧スタイルの部屋作りといえばおしゃれな小物使い。

少し派手な色や柄でも、実例のようにクッションのような小物であれば自然に取り入れられます。

マリメッコなど北欧のブランドには、このような鮮やかな柄のアイテムが多数。これを取り入れるだけでも、部屋の北欧度がアップすること間違いなしです。


 

北欧スタイルにする部屋作りの実例《寝室》

落ち着きのある部屋作り

落ち着きのある部屋作り

tokoyume107

寝室は落ち着きのある空間を目指した部屋作りを。実例の白とベージュの配色で優しいテイストの内装からは、木の温もりが感じられますね。

ゆっくり身体を休めたい寝室では、自分が一番リラックスできる環境作りが大切です。

そのため配色はもちろんのこと、大きな家具から小物まで、寝室に置くものは癒されるものを選びましょう。


 

テーマカラーを用いたファブリック

テーマカラーを用いたファブリック

zwinacollection

テーマカラーの青を大胆にファブリックに使用。これだけでグッと部屋が引き締まっておしゃれに見えます。

実例は白とブラウンで家具や壁のトーンを落ち着けて、青にフォーカスした部屋作りがおしゃれです。

全体のトーン落ち着いている分、北欧らしいまとまりのある雰囲気は損なわれていません。

柄が入っていても子供っぽくはならず、大人っぽさをキープ。落ち着きのある大人っぽい部屋になります。


 

物を減らしたミニマルな部屋作り

物を減らしたミニマルな部屋作り

_____mariagram

寝室はできるだけ物を減らし、最小限に留めることが大切。北欧スタイルの部屋作りでは全体のトーンをまとめ、大人っぽく落ち着いた雰囲気が理想です。

しかし物が多いと統一感が損なわれてしまいますよね。だから部屋に置くものはベッド、チェスト、デスクなど最低限に抑えるのがポイントです。

物が少なくすっきりした寝室だと、気持ちよく眠れますよね。だから寝室はミニマルな内装が理想的です。


 

まくらでおしゃれさを演出

まくらでおしゃれさを演出

zwinacollection

北欧スタイルの寝室では、リビングと同じようにワンポイントとして派手めな小物を使っても素敵です。

取り入れやすいのはまくらカバーです。シーツなどの色は抑えておき、まくらカバーでアクセントを入れることで、おしゃれな部屋へと大変身。

これなら簡単にできますね。全体の色をまとめておけば浮くこともありません。

統一感は意識しつつも華があり、おしゃれでテンションの上がる部屋作りをしましょう。


 

優しいサブ照明が部屋作りのポイント

優しいサブ照明が部屋作りのポイント

minimal._.white

寝室のサブ照明には、眠りを誘うような優しい光に。

照明北欧スタイルの部屋作りをしていく上で重要なポイントのひとつ。だからこそじっくりこだわって選ぶべきです。

照明の種類を変えるだけで、部屋の印象はガラリと変わります。実例のように光の当て方を工夫してみると、部屋のおしゃれ度がグッと上がります。

枕元にシェードランプやスタンドライトを置いても良いですね。


 

柄カーテンがおしゃれ

柄カーテンがおしゃれ

4696mono1222_shoko

個人のスペースである寝室では、カーテンに遊び心をプラス。

リビングのみたいな人の集まる部屋では少し使いづらい柄カーテンも、寝室なら全く問題ないです。

また比較的閉めている状態を見ることが多い部屋ですので、柄カーテンを使いコーディネートを楽しんでみても良いですね。

植物がモチーフの実例のような柄であれば、北欧らしいの自然味が溢れる部屋とも相性もバッチリ。


 

香りにもこだわりを

香りにもこだわりを

mayumichan12

北欧らしい部屋作りの際は香りも一緒に意識しましょう。

良い香りに包まれると癒されますよね。アロマオイルやルームシャワー、アロマキャンドルなどを使って、癒し空間を演出します。

北欧の森林をイメージした爽やかな木の香りはどうですか?

すっきりとしたレモングラスの香り、洗練されたムスクの香りなど、おしゃれな香りを部屋に添えてみましょう。


 

北欧スタイルにする部屋作りの実例まとめ

北欧の人たちは家で過ごす時間が長いからこそ、部屋作りでは過ごしやすさに重点をおきます。そんな北欧の人たちの暮らしをお手本に、部屋作りでは置いてある物一個一個への思い入れを持ちましょう。

北欧スタイルの部屋作りにはシンプルさやおしゃれさも大切ですが、何よりも大切なのは過ごしやすさ。自分が最も心地よいと感じる部屋作りをしてくださいね。

こちらもおすすめ☆