今更聞けない《朝活》とは?気になるメリット・デメリットやおすすめの活動をご紹介!

幅広い世代の男女から注目を集める「朝活」という言葉をご存知でしょうか。朝活とはその名の通り「朝に行う活動」のこと。ひとくちに「活動」と言っても、何をするかは人それぞれ。趣味に充ててもいいですし、健康のためにジョギングをするのもいいですね。

著者:
公開日:
今更聞けない《朝活》とは?気になるメリット・デメリットやおすすめの活動をご紹介!

朝活とは?

幅広い世代の男女から注目を集める「朝活」という言葉をご存知でしょうか。朝活とはその名の通り「朝に行う活動」のことです。ひとくちに「活動」と言っても、何をするかは人それぞれ。趣味に充ててもいいですし、健康のためにジョギングをするのもいいですね。

では、なぜ「朝活」がこれほどまでに注目を集めているのか、今回は「朝活」の意味や効果、朝活のコツやおすすめの活動まで、朝活に関するトピックをご紹介いたします。

朝活とは?《朝活のメリット》

朝活

朝活とは、日々の生活リズムに少しだけ早起きをして「朝に活動をすること」を表します。早起きして太陽の光を体に浴びるのは、それだけでも気持ちがシャキッと上を向きそうですよね。

ですが、朝活にはそれだけではない素敵なメリットが存在するのです。ここでは、朝活がもたらす代表的なメリットを4つご紹介します。朝活とは何なのかを深く理解していきましょう。

 

 

メリット①健康・美容に効果的

朝活とは、健康・美容に気を使う女性にとって嬉しい効果があるのです。お肌のターンオーバーや成長ホルモンは、夜の10時から夜中の2時の間に分泌されると言われています。朝活をすると肌が生まれ変わる時間帯にしっかり睡眠に入ることができるので、お肌に気を使う女性はぜひ朝活に挑戦してみてくださいね。

また、夜にしっかり眠ることで脳と身体をきちんと休めて疲労を回復することができるのです。朝活とは、健康・美容に対しても深い意味を持つのです。

 

メリット②気持ちがポジティブになる

朝、少しだけ早めに起きて自分のために時間を使えた日は、一日の時間が長くなったような気がしませんか?

実際に、朝活を習慣にすることで「充実感を感じるようになった」と答える人は多いです。中には、残業続きだった生活から抜け出すために時間を見直すために、朝活を始めたという人もいるほど。

朝活とは、朝日を浴びることで体内時計を正常に戻し、脳をすっきりと目覚めさせることで気持ちを明るく前向きにする効果があるのです。

 

メリット③出会いの質が上がる

人生を変えたいなら出会う人を変える、という言葉があるほど人との付き合いは大切なもの。志が高くイキイキとした人と一緒にいると、同じように気分が上がった経験がある人も少なくないでしょう。

朝活とは、出会いの質を上げる効果もあるのです。例えば、早起きしてカフェに行けば、同じように朝型の人が朝食を食べたり仕事の準備のための時間を使っているはず。ジョギングや趣味でもそうです。

同じ意思を持っている人で出会うことで、人生の充実度も広がっていくのです。

 

メリット④勉強・仕事の効率化に繋がる

朝活とは、勉強や仕事で効率を図りたいと感がている人にもおすすめの効果があるんですよ。朝はアドレナリンやドーパミンの分泌量が多いと言われているタイミングです。そのため、朝に勉強や仕事の下調べや準備をすることで、夜よりも集中して取り組めますよ。

夜は脳と身体が休息に入ろうと、まったりする時間。夜に作業や勉強を行うよりも、スッキリ目覚めた朝に行う方が効率的。朝活とは効率的な思考を作る上でも大切なポイントです。

朝活の意味をしっかり押さえて行うことで、日々のスケジュール管理も効率的になるでしょう。

 

朝活とは?《朝活のデメリット》

朝活2

朝活とは、朝に活動を行うことで仕事や勉強に意欲的に取り組めたり、出会いの質が上がったりと、朝活がもたらす効果や意味が幅広く得られます。しかし、メリットの裏側にはもちろんデメリットもあるのです。

とくに現在、夜型の生活が身に染み付いてしまっている人は、朝活の生活に変えることで、デメリットを強く感じてしまうことも。自分に合った朝活とは何なのかを知るために、デメリットもしっかり把握し朝活の効果や意味を深く掘り下げていきましょう。

 

デメリット①生活リズムのズレ

朝活とは朝に活動を行うことなので、家庭を持っている人は家族との生活リズムにズレが生じてしまうでしょう。朝活とは、朝5時に起きる計算だと、睡眠時間が7時間の人は遅くても夜の9時には睡眠に入る必要があります。

社会人の場合、仕事を終えて帰宅し夜の9時に眠るのはなかなかハードルが高いと感じる人も多いでしょう。家族との時間も減ってしまったり、恋人とコミュニケーションを取ることが減る、などのデメリットがあります。

 

デメリット②夜の活動が極端に減る

早寝早起きは、心身の健康に大きな意味をもたらしたり効果が大きい分「健康の基本」と言っても過言ではないもの。しかし早寝をするということは、夜の活動を切り上げなければいけません。

朝活とは、お酒のお付き合いが多い人や、仕事が終わった夜に自分へのご褒美としてリラックスタイムを味わう人にはデメリットに感じるようです。朝活とは、夜の活動を極端に減らし、朝の活動に重点を置く、ということをしっかり理解しておくことが大切です。

 

デメリット③朝活がストレスになる

朝活とは朝に重点を置く生活をすることなので、生活リズムが習慣化するまではどうしても「朝活のために早起きをしなければ」や「何時に寝ればいいの?」と、構えてしまいがち。

そうなるとせっかくの朝活の意味や効果が得られるどころか、ストレスの方が大きくなってしまいます。朝活は、必ず毎日行わなければいけないというルールはありません。

まずは週に4日早寝早起きをする、週に一度くらいはお酒のお付き合いを楽しむ、など自分のペースで少しずつ習慣化しましょう。

 

デメリット④睡眠時間が減る

「朝活とは早起きをすること」と、それだけに着目し、勘違いの朝活を行っている人は少なくありません。朝活を行うことで睡眠時間が減ってしまっては、本末転倒です。

朝活とは、睡眠時間自体を前倒しにすることが大切です。朝5時に起床するなら夜の21時頃には睡眠に入る、4時に起きるなら20時、というように自分の生活リズムをしっかりコントロールしましょう。朝活のために睡眠時間を減らしてしまっては、せっかくの効果や意味も得られなくなってしまうでしょう。

 

朝活とは?《朝活のコツ》

朝活3

朝活とは、睡眠時間をシフトチェンジして早寝早起きの習慣を身につけることから始まります。そんな朝活は、生活リズムに慣れるまで、なかなか上手くいかないと感じることも多いでしょう。

「朝活とは心身の健康にいいものだから、明日から始めよう!」と思い立っても、急激に生活習慣や体内リズムが馴染むということはありません。ここでは、朝活を行う上で、きちんと把握しておきたいコツを紹介します。

 

コツ①移動時間の有効活用

朝活とは「早寝早起きをして健康的な活動を行うこと」と朝活の意味を解釈してしまっている人も多いです。もちろん間違いではありませんが、まずは朝の時間を有効活用することからスタートするのも悪くありませんよ。

例えば、職場や学校までの朝の移動時間。電車や徒歩で移動するなら、その時間にリスニング系の勉強を行ったり、ニュース系のラジオで時事ネタを収集するのもいいですよね。電車での移動ならその時間に読書をするのもいいでしょう。

朝活とは、朝の時間を有効活用することで意味や効果をもたらしてくれるのです。

 

コツ②起きる時間よりも寝る時間を意識

朝活を行う上でどうしても気になってしまうのが「起きる時間」ではないでしょうか。夜遅くに寝たとしても、朝はしっかり早く起きなきゃ、と考えてしまう人は多いです。

しかしそうなると、朝活のデメリットにもあった「睡眠時間が減る」ことに繋がってしまいます。早く寝ればそれだけ早く目覚めるもの。朝活とは、早寝早起きの習慣化が大切なので、まずは起床時間に意識を置くよりも「早寝の習慣」に着目したほうが、朝活を効果的に習慣化することができますよ。

 

コツ③無理のない設定

「朝活とは健康と美にいいもの」「朝活をしっかり楽しみたい」と意気込みを持っている人は、どうしても無理をしてしまいがち。やらなければいけないこと、やりたいことが多い社会人は、時間をたくさん使いたいと考える人は多いです。

しかし、一日の時間は決まっていますし身体にはどうしても休息の時間が必要です。最初からハードな設定をしては、身体に負担をかけたり朝活自体がストレスになることも。朝活とは、朝に時間を効果的に使うことだという意味をきちんと踏まえて、無理のない設定からスタートさせましょう。

 

コツ④周りを巻き込む

朝活とは、習慣化するまでにどうしても時間がかかってしまうもの。とくに3日坊主の人や1人では続かないと考える人は、朝活を成功させるために周りを巻き込むのもひとつのポイントです。

例えば、この機会に家族も一緒に朝活を楽しんでもらうことができれば、朝活のデメリットにある「生活リズムのズレ」が解消されます。また、朝活サークルに入って、同じ志の仲間を見つけたり、SNSで「朝活宣言」をするのも、朝活を成功させるコツのひとつです。

 

朝活とは?《おすすめの活動》

朝活4

朝活とは、心身の健康や美、自分を高めるために大きな意味や効果をもたらすものです。早寝早起きは健康の基本だと言えるほど、古くから推奨されてきたこと。

しかし「朝活をやってみたいけど、朝活とは何をすればいいの?」と疑問に思っている人も少なくありませんよね。ここでは、朝活におすすめの活動を4つご紹介いたします。

 

おすすめ①資格の勉強

朝活とは何をすればいいいのか疑問に思っている人には、資格の勉強をおすすめします。例えば、英会話や資格の勉強を始めてみるのもいいですし、仕事のスキルアップのために勉強やリサーチを行うのもいいですね。

朝は脳がスッキリと冴える時間帯なので、朝に勉強や仕事のリサーチを行うのはとても効果的で意味をもたらしてくれるでしょう。朝活をきっかけに、触れてみたかった勉強を始めてみるのはいかがでしょうか。

 

おすすめ②運動・ストレッチ

朝活には、運動やストレッチもおすすめです。朝の空気が澄んでいる時間にジョギングをしたり、朝日を浴びながらヨガやストレッチをすると、気分がスッキリと爽やかになるもの。

朝活とは、心身の健康に大きな意味を与えてくれるものなので、まずは運動やストレッチをして、朝活の効果をしっかり受け止めてみてはいかがでしょうか。

運動やストレッチの朝活サークルも多いので、仲間と楽しむのもいいですね。

 

おすすめ③趣味に充てる

趣味の時間を帰宅後の夜に充てている人も多いでしょう。夜にまったり趣味を楽しむのも素敵ですが、夜だとついつい時間の歯止めがきかずに、気づいたらこんな時間になっていた…ということも少なくないはず。

朝活とは、朝の通勤時間に行ったり早起きして仕事までの時間まで、などきちんとした区切りをつけやすいので、つい遅くまで、ということもなく充実した時間を趣味に充てることができるのです。

 

おすすめ④一人時間を楽しむ

朝活とは、朝の静かな時間に活動を行えるので、1人の時間をまったり楽しむのに最適です。例えば、まだ街が動き出していない時間に1人で散歩に出かけたり、家族が起き出す時間まで、ゆったりと本を読みながらお気に入りのコーヒーを楽しむのもいいでしょう。

とくに小さいお子さんを抱えるママは、一日中忙しく騒がしくしている人も多いですよね。家族の朝食やお弁当の準備を始める前に少しだけ早起きして、心身ともにゆったりできる時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

朝活とは?まとめ

朝活とは、古くから推奨されている「早寝早起き」の習慣を効果的に活用した、理にかなった取り組みです。現在夜型の生活をしていて、解消されない疲労感や気だるさを感じている人は、ぜひ一度でも朝活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

朝活の意味や効果を最大限に得るためにも、朝活とは、という意味をしっかりと理解して、充実した毎日を送ってくださいね!

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告