石鹸の作り方を分かりやすく解説!自宅で簡単ハンドメイドに挑戦しよう

アロマ石鹸や天然由来のナチュラル石鹸、見た目が可愛い石鹸など、様々な手作り石鹸の作り方をご紹介します。ハンドメイド石鹸のメリットは、使っている材料が自分自身でわかる点。肌に直接使うものなので、何が入っているかがわかる石鹸は安心ですよね。

著者:
公開日:
石鹸の作り方を分かりやすく解説!自宅で簡単ハンドメイドに挑戦しよう

自分でできる手作り石鹸の作り方特集

毎日の手洗いなどに使う石鹸。ドラッグストアなどで購入できますが、実は自宅でも簡単に手作りできるのをご存知ですか?

ハンドメイド石鹸のメリットは、使っている材料が自分自身でわかる点。肌に直接使うものなので、何が入っているかがわかる石鹸は安心ですよね。

アロマ石鹸や天然由来のナチュラル石鹸、見た目が可愛い石鹸など、様々な手作り石鹸の作り方をご紹介します。

自分でできる手作り石鹸の作り方

安心無添加石鹸の作り方

子供からお年寄りまで、家族みんなが安心して使える無添加石鹸も作り方。必要な材料は、せっけん素地、ドライハーブ、精油のたった3つ。

ドライハーブで淹れたハーブティーに精油を数滴垂らし、せっけん素地に混ぜて乾かすだけの簡単工程です。安全な材料のみなので、粘土のように手でこねて形成できます。

お子さんとも安心して作れるハンドメイド石鹸のレシピです♪

 

 

贅沢マルセイユ石鹸の作り方

“石鹸の王様”と呼ばれるマルセイユ石鹸の作り方は、オリーブオイルやココナッツオイルなどの油と苛性ソーダを反応させるコールドプレスト製法です。

材料を混ぜたあとは4週間熟成させるので、じっくり時間をかけた贅沢なハンドメイド石鹸が完成します。

苛性ソーダは水と混ざると高温になり、刺激臭も出る”劇物”なので、手作りする際は必ず手袋とメガネを装着して使用しましょう。

 

簡単アロマ石鹸の作り方

簡単なハンドメイド石鹸の作り方でベース材料となるグリセリンソープは、”Melt and Pour(溶かして注ぐ)”という意味のMPソープとも呼ばれています。

MPソープを使えば、混ぜる材料を変えて様々なハンドメイド石鹸が手作りできます。こちらは精油を混ぜたアロマ石鹸のレシピ。

色付けにはターメリックを入れると綺麗な黄色に仕上がります。天然由来の材料を用いる作り方は安心出来ますね♪

 

2層はちみつ石鹸の作り方

本物のハチミツを使ったハンドメイド石鹸のレシピです。可愛いキャラクター型は100均ダイソーなどの手作りケーキ用シリコーンモールドが便利です。

透明なMPソープを溶かし、ハチミツと食用色素を混ぜて型に流し込むので、作り方もお菓子作りのようですね。

2回目は色の違う石鹸を作り、1回目の石鹸とくっつけて乾かすことで、2層で面も裏も可愛い手作り石鹸が完成します!

 

簡単ハトムギ石鹸の作り方

こちらはハンドメイド石鹸のベースであるMPソープに、料理に使うハトムギ粉を混ぜたハトムギ石鹸の作り方です。

漢方にも用いられるハトムギは、肌荒れやニキビなどの効果が期待できますよ。混ぜるだけの簡単な作り方で、漢方石鹸を作れるのは嬉しいですよね!

ほんのりハトムギの香りがするので、精油などで香りづけをしたアレンジができるのもハンドメイドならではです。

 

米ぬか重曹石鹸の作り方

米ぬかと重曹を材料にしたナチュラルなハンドメイド石鹸の作り方です。劇物指定の苛性ソーダを使う石鹸レシピは、手作り石鹸の初心者にはハードルが高いですが、掃除などに使う身近な重曹を使うレシピは安心ですよ。

ナチュラルな材料のハンドメイド石鹸なので、洗顔から食器洗いまで幅広く使えます。食器洗い用の石鹸として使うなら、ハッカ油を数滴垂らすのもおすすですよ♪

 

エコな廃油石鹸の作り方

食器洗い用の手作り石鹸におすすめなのが、料理で使い終わった油と苛性ソーダを混ぜて作る廃油石鹸のレシピ。苛性ソーダを水に溶かす際には牛乳パックを使うと、後片付けも簡単になります。

混ぜる作業はミキサーなので、時短&楽チンな作り方なのが嬉しいですね。固まった直後はアルカリ性が強く肌が荒れてしまう場合があるので、1ヶ月以上置いてアルカリ成分が抜けた頃に使い始めましょう。

 

キラキラ宝石石鹸の作り方

せっかく作るなら、見た目が綺麗な石鹸を作りたいですよね!こちらはまるで天然石のような宝石石鹸のレシピです。まず溶かしたグリセリンソープを食用色素で色付けし、数色の石鹸を作っておきましょう。

各色の石鹸をカットして容器に重ね入れ、溶かして固めることで綺麗なグラデーションになります。表面を天然石風にカットすると、うっとりするほど綺麗な宝石石鹸が完成します!

 

プニプニ石鹸の作り方

簡単な工作感覚でハンドメイド石鹸を作るなら、ユニークな石鹸のレシピもおすすめです。こちらはプニプニした感触が面白いハンドメイド石鹸の作り方。

ベースとなる材料はMPソープなどではなく、ハンドソープやボディソープOKなので、材料の準備も簡単です。

プニプニ食感の正体は、お菓子作りに使う粉ゼラチン。スクイーズのような感触で、思わず触りたくなるハンドメイド石鹸です。

 

カップアイス石鹸の作り方

とうもろこしを原料としたコーンスターチを使った手作り石鹸のレシピもおすすめです。コンスターチにボディソープを加え、捏ねるだけなので、簡単にベースが出来上がりますよ。

色付けにはお菓子作りに使う着色料を使用。アイスのように形成してカップの中に入れると、カップアイス石鹸の完成です。本物のアイスに見えるので、食べてしまわないように注意しましょう!

 

キャラクター石鹸の作り方

手洗いを嫌がるお子さんには、可愛いキャラクター石鹸をハンドメイドしてあげましょう!市販の石鹸を使った簡単な作り方なので、コツなどは一切不要です。

石鹸を一度溶かし、100均ダイソーなどで購入できるキャラクターのシリコーンモールドに流し込むだけで、可愛いハンドメイド石鹸が出来上がります。色のついた石鹸も可愛いですね♪

 

 

オリジナルリキッドソープの作り方

手を洗うなら固形石鹸より液体石鹸派の方におすすめなのが、手作りリキットソープのレシピ。油・精製水・水酸化カリウム・無水エタノールを混ぜる作り方は、まるで化学実験のようで面白いですね!

水酸化カリウムを使用するので、手袋とマスクは必ず着用しましょう。完成した石鹸はリキッドソープの素となるので、精製水で溶かしてボトルなどに入れることでリキッドソープとして使えます。

 

アロマハンドソープの作り方

ナチュラルなアロマハンドソープもハンドメイドが可能です。こちらのレシピは、天然由来成分100%のマジックソープと穏やかな抗菌作用のあるハーブウォーターを同量混ぜるだけの簡単レシピ。

泡で出るタイプのポンプに入れると、ふわふわなムース状の泡で手を洗えます。携帯用ボトルに入れておけば、外出先でのお子さんの手洗い石鹸にもなりますよ♪

 

手作り紙石鹸の作り方

キャンプなどのアウトドアに石鹸を持って行くなら、手作りの石鹸ペーパーが便利です。キッチンペーパーにハンドソープを染み込ませ、乾燥させるだけのとてもシンプルで簡単な作り方。

ハンドソープだけでなく、食器用洗剤などを染み込ませてもOKです。一回分ずつカットして、タッパーやジップロックなどに入れておけば、液漏れなどすることなく石鹸を持ち運べますね。

 

オーガニック紙石鹸の作り方

無添加成分100%のマジックソープを使えば、オーガニックな紙石鹸も手作りできますよ。作り方は手作り紙石鹸のポピュラーなレシピと同様で、キッチンペーパーにマジックソープ染み込まして乾かします。

マジックソープは手洗いだけでなく顔も体も洗える万能ソープなので、キャンプなどのアウトドアだけでなく、防災グッズとして備えておくのもおすすめです。

 

自分でできる手作り石鹸の作り方まとめ

手作り石鹸のレシピと一口にいっても、MPソープなどを溶かして固めるだけの簡単な作り方から、苛性ソーダを使った本格的な作り方まで、様々なレシピがあります。

初めて石鹸を手作りするなら、シンプルな材料と簡単な工程の石鹸レシピがトライしやすいですよ。自分で作ったハンドメイド石鹸は愛着が湧くので、手洗いするのも楽しみになりますね♪

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告